西村 浩平

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/24 08:13
 
アバター
研究者氏名
西村 浩平
 
ニシムラ コウヘイ
所属
大阪大学
部署
生命機能研究科 染色体生物学研究室
職名
特任助教
学位
理学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
大阪大学大学院 生命機能研究科 特任助教
 
2014年4月
 - 
2015年9月
英国MRC研究所 タンパク質リン酸化ユビキチン化ユニット 学術振興会海外特別研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
国立遺伝学研究所 新分野創造センター 日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2011年2月
 - 
2011年3月
国立遺伝学研究所 新分野創造センター 特別研究員
 
2010年4月
 - 
2011年2月
大阪大学大学院 理学研究科生物科学専攻 特任研究員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士前期課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
大阪大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
2014年4月
日本学術振興会 海外特別研究員 植物ホルモンを用いたタンパク質分解系AID法による新たな動物細胞遺伝学の構築
 
2014年4月
内藤記念科学振興財団 内藤記念海外研究留学助成金 植物ホルモンを用いたタンパク質分解系AID法による新たな動物細胞遺伝学の構築
 
2011年4月
日本学術振興会 特別研究員(PD) 動物細胞におけるオーキシン誘導デグロン法を応用した、合成生物学的遺伝学の創出
 
2008年4月
日本学術振興会 特別研究員(DC2) 高等真核生物における蛋白質分解系の開発
 

論文

 
Nishimura K, Komiya M, Hori T, Itoh T, Fukagawa T
The Journal of cell biology   218(1) 134-149   2019年1月   [査読有り]
Nishimura K, Fukagawa T
Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology   25(3-4) 253-260   2017年10月   [査読有り]
Natsume T, Nishimura K, Minocherhomji S, Bhowmick R, Hickson ID, Kanemaki MT
Genes & development   31(8) 816-829   2017年4月   [査読有り]
Imai R, Komeda S, Shimura M, Tamura S, Matsuyama S, Nishimura K, Rogge R, Matsunaga A, Hiratani I, Takata H, Uemura M, Iida Y, Yoshikawa Y, Hansen JC, Yamauchi K, Kanemaki MT, Maeshima K
Scientific reports   6 24712   2016年4月   [査読有り]
Nishimura K, Kanemaki MT
Current protocols in cell biology   64 20.9.1-16   2014年9月   [査読有り]

Misc

 
夏目豊彰, 夏目豊彰, 西村浩平, HICKSON Ian, 鐘巻将人, 鐘巻将人
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   90th 96   2018年8月
堀哲也, 曹静暉, 西村浩平, 有村泰宏, 有吉眞理子, 豊田敦, 三須定彦, 池尾一穂, 胡桃坂仁志, 深川竜郎
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.2P‐0234 (WEB ONLY)   2018年
西村浩平, 堀哲也, 古宮正隆, 伊藤武彦, 深川竜郎
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.1P‐0213 (WEB ONLY)   2018年
夏目豊彰, 西村浩平, HICKSON Ian D, 鐘巻将人
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.1PW1‐07‐5 (WEB ONLY)   2018年
古宮正隆, 西村浩平, 堀哲也, 深川竜郎, 伊藤武彦
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐0621 (WEB ONLY)   2017年

書籍等出版物

 
First Author's Mcm8とMcm9は複合体を形成しDNA二本鎖間架橋のひき起こす相同組換え修復において機能する
西村浩平, 鐘巻将人
2012年   
動物の培養細胞における迅速なタンパク質発現制御法(AID法)
西村浩平、鐘巻将人 (担当:共著, 範囲:実験医学 2010年 Vol. 28 No.14, 2279-2284)
羊土社   2010年9月   

講演・口頭発表等

 
植物ホルモン・オーキシンを利用したユビキチン依存的タンパク質分解系とその利用 [招待有り]
西村 浩平
名古屋大学GTRセミナー   2019年4月16日   
4C解析による核内セントロメア構造 分子基盤とその役割の解明
西村 浩平
第36回 染色体ワークショップ   2019年1月24日   
3D structural analysis of neo-centromere region in vertebrate cells.
西村 浩平
ASCB/EMBO 2018 meeting, San Diego   2018年12月11日   
Easy construction of Auxin Inducible Degron mutants in vertebrate cells
西村 浩平
Genome Editing and Functional Genomics 2018   2018年7月4日   
ネオセントロメアの解析により明らかになったセントロメア領域のゲノム3D構造の実態
西村 浩平
生命科学系学会合同年次学会 (第40回 日本分子生物学会年会)   2017年12月9日   

競争的資金等の研究課題

 
三次元ゲノム構造解析による核内セントロメア構造分子基盤とその役割の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 西村 浩平
間期核内におけるセントロメアの三次元ゲノム構造の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 西村 浩平
動物細胞におけるオーキシン誘導デグロン法を応用した、合成生物学的遺伝学の創出
文部科学省: 特別研究員奨励費 (PD)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 西村 浩平
高等真核生物における蛋白質分解系の開発
文部科学省: 特別研究員奨励費(DC2)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 西村 浩平