小林 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 15:09
 
アバター
研究者氏名
小林 徹
 
コバヤシ トオル
所属
防衛省 防衛大学校
部署
外国語教育室
職名
准教授
学位
修士(文学)(明治学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
防衛大学校 外国語教育室 准教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
國學院大學 文学部 兼任講師
 
2005年10月
 - 
2009年3月
防衛大学校 外国語教育室 講師
 
2003年4月
 - 
2005年9月
防衛大学校 外国語教育室 助手
 
2001年4月
 - 
2003年3月
明治学院大学 教養教育センター 兼任講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
明治学院大学 文学研究科 英文学専攻博士後期課程単位取得満期退学
 
1995年4月
 - 
1997年3月
明治学院大学 文学研究科 英文学専攻博士前期課程修了
 
1991年4月
 - 
1995年3月
青山学院大学 文学部 英米文学科卒業
 

受賞

 
2006年3月
財団法人防衛大学校学術・教育振興会 研究奨励賞
 

論文

 
「独身男たちの楽園と乙女たちの地獄」における「色眼鏡」の必要性
小林 徹
英語表現研究   (34) 61-73   2017年6月   [査読有り]
メルヴィルの「私と私の煙突」と「リンゴ材のテーブル」における「夫」の役割
小林 徹
防衛大学校紀要   (110) 39-50   2015年3月   [査読有り]
メルヴィルとピンチョン―「コケコッコー」と『競売ナンバー49の叫び』における「トランペット」という表象
小林 徹
防衛大学校紀要   (102) 117-132   2011年3月   [査読有り]
Herman Melvilleの“Jimmy Rose”とBilly Buddにおける色彩表現
小林 徹
英語表現研究   (26) 1-13   2009年6月   [査読有り]
「貧者のプディングと富者の食べ残し」における「貧困」の色
小林 徹
片平   (43) 15-24   2008年3月   [査読有り]

Misc

 
メルヴィルの作品における「視線」
小林 徹
ブレティン・英語表現研究   (71) 11-11   2017年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
真理を求めて-アメリカ文学・文化を読む
小林 徹 (担当:共著, 範囲:pp.74-90)
開成出版   2003年3月   
概説アメリカ文化史
小林 徹 (担当:分担執筆, 範囲:コラム・グロッサリー)
ミネルヴァ書房   2002年4月   
基礎知識辞典 20世紀 クロノぺディア
小林 徹 (担当:共訳, 範囲:pp.355-383)
ゆまに書房   2001年7月   

講演・口頭発表等

 
TOEIC® L&R Testへの効果的なアプローチとはー文学教材および多読の観点からの考察ー
小林 徹
第54回片平会夏期研究会   2018年8月26日   
現在、英米文学を研究対象としている多くの学会では、「いかにして英米文学のテキストを英語の授業で生かしていくか」という議論および提案が度々行われている。その一方で2020年度からセンター試験が「大学入学共通テスト」に名称が変わり、英語については、共通テストと民間の資格・検定試験が併用されることが決定したが、すでに各大学においては資格・検定英語に関連した様々な動きが近年、見受けられる。英検やTOEICで、ある一定の成績を取得した学生に対して入学試験を受験する資格を与える大学や、入学後に1科目も...
メルヴィルの作品における「視線」
小林 徹
日本英語表現学会第46回全国大会   2017年6月25日   
鈴木章能著『文学の認識論―ルーカス・クーパー著『同窓生近況』について―』
小林 徹
平成21年度片平会冬期研究会   2009年12月   
「色」から見る“The Paradise of Bachelors and the Tartarus of Maids”
小林 徹
日本アメリカ文学会第46回全国大会   2007年10月   
土田訓康著『Margaret Fullerのこと』書評
小林 徹
平成17年度片平会冬期研究会   2005年12月   

その他

 
2006年8月   EFL Teachers Training Seminar
ハワイ大学マノア校にてEFL Teachers Training Seminarを受講