小林和也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 13:08
 
アバター
研究者氏名
小林和也
 
コバヤシカズヤ
ハンドル
kobakaz
eメール
kobakazkais.kyoto-u.ac.jp
URL
http://kobakaz.web.fc2.com/
所属
京都大学
部署
フィールド科学教育研究センター
職名
講師
学位
博士(農学)(北海道大学)
科研費研究者番号
00648280
Twitter ID
@kobakaz_jp
ORCID ID
0000-0002-9475-6807

プロフィール

最近の動向などはtwitterやFacebook(https://www.facebook.com/kazuya.kobayashi.161)に、これまでの研究についてはHP(http://kobakaz.web.fc2.com/)に順次お知らせしていきます。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都大学 フィールド科学教育研究センター 講師
 
2017年2月
 - 
現在
京都大学フィールド科学教育研究センター 北海道研究林 講師
 
2014年4月
 - 
2017年1月
京都大学 日本学術振興会特別研究員PD
 
2012年10月
 - 
2014年3月
京都大学 研究員
 
2012年4月
 - 
2012年9月
京都大学 研修員
 

受賞

 
2017年10月
個体群生態学会 個体群生態学会奨励賞
 

論文

 
Kazuya Kobayashi
Journal of Ecology      2018年11月   [査読有り]
Tasaki E, Mitaka Y, Nozaki T, Kobayashi K, Matsuura K, Iuchi Y
Aging      2018年10月   [査読有り]
Yuki Mitaka, Eisuke Tasaki, Tomonari Nozaki, Taro Fuchikawa, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura
Insect Science      2018年10月   [査読有り]
Toshihisa Yashiro, Nathan Lo, Kazuya Kobayashi, Tomonari Nozaki, Taro Fuchikawa, Nobuaki Mizumoto, Yusuke Namba & Kenji Matsuura
BMC Biology   (16) 96   2018年9月   [査読有り]
Matsuura K, Mizumoto N, Kobayashi K, Nozaki T, Fujita T, Yashiro T, Fuchikawa T, Mitaka Y, Vargo EL
The American naturalist   191(6) 677-690   2018年6月   [査読有り]
Tasaki E, Kobayashi K, Matsuura K, Iuchi Y
Oxidative medicine and cellular longevity   2018 5127251   2018年2月   [査読有り]
Hasegawa E, Mizumoto N, Kobayashi K, Dobata S, Yoshimura J, Watanabe S, Murakami Y, Matsuura K
Scientific reports   7(1) 14436   2017年10月   [査読有り]
Mitaka Y, Kobayashi K, Matsuura K
PloS one   12(4) e0175417   2017年4月   [査読有り]
Kobayashi K
Scientific reports   7 43966   2017年3月   [査読有り]
Tasaki E, Kobayashi K, Matsuura K, Iuchi Y
PLOS ONE   12(1) e0167412   2017年1月   [査読有り]
Imai S, Kobayashi K, Ohkubo Y, Yagi N, Hasegawa E
Scientific reports   6 39451   2016年12月   [査読有り]
Kobayashi K, Miyaguni Y
Scientific reports   6 30712   2016年7月   [査読有り]
Kobayashi Kazuya, Hasegawa Eisuke
Scientific Reports   6 23982   2016年   [査読有り]
Mitaka Y, Kobayashi K, Mikheyev A, Tin MM, Watanabe Y, Matsuura K
PLOS ONE   11 e0146125   2016年   [査読有り]
Hasegawa E, Ishii Y, Tada K, Kobayashi K, Yoshimura J
Scientific reports   6 20846   2016年   [査読有り]
Mizumoto Nobuaki, Kobayashi Kazuya, Matsuura Kenji
Royal Society open science   2(11) 150360   2015年   [査読有り]
Okamoto Misato, Kobayashi Kazuya, Hasegawa Eisuke, Ohkawara Kyohsuke
Myrmecol News   21 13   2015年   [査読有り]
Asanuma Hiromi, Kakishima Satoshi, Ito Hiromu, Kobayashi Kazuya, Hasegawa Eisuke, Asami Takahiro, Matsuura Kenji, Roff Derek A, Yoshimura Jin
Scientific reports   4    2014年   [査読有り]
Kobayashi Kazuya, Yoshimura Jin, Hasegawa Eisuke
Scientific reports   3    2013年   [査読有り]
Kobayashi K, Hasegawa E.
Journal of Insect Science   13    2013年   [査読有り]
Kobayashi Kazuya, Hasegawa Eisuke, Yamamoto Yuuka, Kawatsu Kazutaka, Vargo Edward L, Yoshimura Jin, Matsuura Kenji
Nature Communications   4    2013年   [査読有り]
Kobayashi K, Hasegawa E.
Journal of Economic Entomology   105(2) 555-559   2012年   [査読有り]
Hasegawa E, Yao I, Futami K, Yagi N, Kobayashi K, Kudo S.
Conservation Genetics Resources   4(1) 89-91   2012年   [査読有り]
Kobayashi K, Tamura K, Okamoto M, Hasegawa E, Ohkawara K.
Annals of the Entomological Society of America   105(3) 454-461   2012年   [査読有り]
Hasegawa E, Kobayashi K, Yagi N, Tsuji K.
Myrmecological News   15 85-90   2011年   [査読有り]
Kobayashi K, Hasegawa E, Ohkawara K.
Insectes Sociaux   58(2) 163-168   2011年   [査読有り]
Kobayashi K, Hasegawa E, Ohkawara K.
Entomological Science   11(2) 167-172   2008年   [査読有り]
黒沢令子, 徳永珠未, 小林和也, 平田和彦
Bird Res   2 A19-A24   2006年12月
黒沢令子.松尾太郎.徳永珠未.小林和也.佐藤瑛子
Strix   22 109-116   2004年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
効率か?存続か?それが問題だ!-生物は何に対して最適化されているのか?-
小林和也
第65回日本生態学会大会   2018年3月19日   
性に秘められた鍵 -生物多様性の維持メカニズム-
小林和也
第65回日本生態学会大会   2018年3月17日   
性を維持する分子基盤の解明
小林和也
第5回生態進化発生コロキウム   2017年12月28日   
男性〜有性生殖がもたらす非効率とそれゆえに生じる多様性〜 [招待有り]
小林和也
数理科学談話会   2017年12月12日   
社会性昆虫の特異な繁殖様式に惑わされて [招待有り]
小林和也
教室セミナー   2017年12月12日   
Sex as a maintenance mechanism of biodiversity
小林和也
CER-NIEシンポジウム   2017年12月9日   
生態系を駆動するメカニズムとしての進化生態学 〜遺伝子から物質循環まで〜
小林和也
道東森里海連環シンポジウム   2017年10月27日   
Sex as a maintenance mechanism of biodiversity [招待有り]
小林和也
第33回個体群生態学会大会   2017年10月14日   
性に彩られた世界 [招待有り]
小林和也
厚岸臨海実験所セミナー   2017年8月17日   
性を維持する分子メカニズム -遺伝子がせめぎ合う現場を求めて- [招待有り]
小林和也
Aniecoセミナー   2017年8月10日   
身勝手な遺伝子達が築く安定した群集 [招待有り]
小林和也
応用昆虫学研究室セミナー   2017年6月20日   
性に彩られた世界 [招待有り]
小林和也
教室セミナー   2017年6月19日   
身勝手な遺伝子が築く社会と群集 [招待有り]
小林和也
生態研セミナー   2017年6月16日   
性を維持する分子メカニズム -遺伝子がせめぎ合う現場を求めて- [招待有り]
小林和也
ななしセミナー   2017年5月16日