論文

査読有り
2015年6月

原著:竹内理論を用いた家族による認知症改善事業第1報

自立支援介護学
  • 小平めぐみ
  • ,
  • 小谷尚美
  • ,
  • 竹内孝仁

8
2
開始ページ
146
終了ページ
152
記述言語
日本語
掲載種別

竹内理論をもとに家族自身のケアによる認知症改善事業が全国に広まっている。その指導者として家族教育を行っている立場から3塾64名の活動成果を報告した。64名が示した認知症状は141、塾を通して消失92(65.2%)であった。認知症状はケアの方法で改善可能であることを示唆した。

エクスポート
BibTeX RIS