論文

査読有り
2015年10月

ORIGINAL ARTICLE Provision of a Family-care seminar for64 demented individuals using Takeuchei’stheory:Afamily-led dementia-alleviation program

Asian Journal of Human Service
  • 小平めぐみ
  • ,
  • 竹内孝仁

9
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.14391/ajhs.9.1

認知症改善事業の指導者として関わっている立場から3塾64名の成果と介護者の変化について報告する。塾開始時64例が示した141の認知症状のうち、塾終了時に消失した92(65.2%)、ほとんど改善15(10.6%)をあわせると75.8%に達した。一方、介護者のアンケート調査は、認知症状の変化は非常によい、いくらかよいで57.8%と実践の症状消失の75.8%と比べると低い割合を示していた。これらから、認知症状はケアのやり方で消失・改善が可能であること、さらに介護者の不安を軽減し、家族介護者が非常によくなったと言えるよう継続的アプローチが必要性であることが示唆された

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.14391/ajhs.9.1

エクスポート
BibTeX RIS