小出 剛

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 09:23
 
アバター
研究者氏名
小出 剛
 
コイデ ツヨシ
ハンドル
Koide Tsuyoshi
eメール
tkoidenig.ac.jp
URL
http://mgrl-lab.jp/index.html
所属
国立遺伝学研究所
職名
准教授
学位
医学博士(大阪大学医学研究科)
その他の所属
総合研究大学院大学遺伝学専攻
科研費研究者番号
20221955
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-1055-9073

プロフィール

野生マウス系統を用いた行動遺伝学
不安様行動に関する遺伝的基盤の解明
自発活動性の遺伝的基盤解明
社会行動の遺伝解析
動物家畜化の遺伝的基盤解明

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 動物飼育実験施設 施設長
 
2007年3月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター マウス開発研究室 准教授
 
2007年3月
 - 
現在
総合研究大学院大学 遺伝学専攻 准教授
 
2011年4月
 - 
2015年3月
国立遺伝学研究所 マウス研究支援ユニット ユニット長
 
2003年3月
 - 
2007年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 助教授
 
2002年9月
 - 
2007年2月
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター マウス開発研究室 助教授
 
1998年3月
 - 
2003年2月
総合研究大学院大学 遺伝学専攻 助手
 
1995年4月
 - 
2002年8月
国立遺伝学研究所 系統生物研究センタ− 哺乳動物遺伝研究室 助手
 
1992年10月
 - 
1995年3月
ケンブリッジ大学 Wellcome/CRC Institute 研究員
 
1992年4月
 - 
1992年9月
AFRC Institute of Animal Physiology and Genetic Research ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
大阪大学 大学院医学研究科博士課程 
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
日本実験動物学会  評議員
 
2016年11月
 - 
現在
International Behavioural and Neural Genetics Society  IBANGS Membership Committee
 
2016年8月
 - 
2017年5月
日本ゲノム編集学会  教育実習委員
 
2016年7月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  評議員
 
2016年6月
 - 
現在
国立大学法人動物実験施設協議会  学術情報・広報委員会委員
 

受賞

 
1992年4月
上原記念生命科学財団 海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
 

論文

 
Nagayama H, Matsumoto Y, Tanave A, Nihei M, Goto T, Koide T
Journal of visualized experiments : JoVE   (138)    2018年8月   [査読有り]
Horii Y, Nagasawa T, Sakakibara H, Takahashi A, Tanave A, Matsumoto Y, Nagayama H, Yoshimi K, Yasuda MT, Shimoi K, Koide T
Scientific reports   7(1) 6991   2017年8月   [査読有り]
Matsumoto Y, Goto T, Nishino J, Nakaoka H, Tanave A, Takano-Shimizu T, Mott RF, Koide T
Scientific reports   7(1) 4607   2017年7月   [査読有り]
Okabe S, Tsuneoka Y, Takahashi A, Ooyama R, Watarai A, Maeda S, Honda Y, Nagasawa M, Mogi K, Nishimori K, Kuroda M, Koide T, Kikusui T
Psychoneuroendocrinology   79 20-30   2017年5月   [査読有り]
Arakawa T, Tanave A, Takahashi A, Kakihara S, Koide T, Tsuchiya T
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1552 185-197   2017年   [査読有り]
Hirata H, Takahashi A, Shimoda Y, Koide T
PloS one   11(1) e0147887   2016年   [査読有り]
Hirata H, Umemori J, Yoshioka H, Koide T, Watanabe K, Shimoda Y
Journal of neuroscience research      2015年9月   [査読有り]
Takahashi A, Lee RX, Iwasato T, Itohara S, Arima H, Bettler B, Miczek KA, Koide T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(16) 6452-6463   2015年4月   [査読有り]
Takahashi A, Sugimoto H, Kato S, Shiroishi T, Koide T
PloS one   10(9) e0137764   2015年   [査読有り]
Arakawa T, Tanave A, Ikeuchi S, Takahashi A, Kakihara S, Kimura S, Sugimoto H, Asada N, Shiroishi T, Tomihara K, Tsuchiya T, Koide T
Journal of neuroscience methods      2014年4月   [査読有り]
Kanno K, Kokubo H, Takahashi A, Koide T, Ishiura S
Journal of neuroscience research   92 287-297   2014年3月   [査読有り]
Kato S, Ishii A, Nishi A, Kuriki S, Koide T.
Heredity   113 416-423   2014年   [査読有り]
Takahashi A, Nagayasu K, Nishitani N, Kaneko S, Koide T
PloS one   9 e94657   2014年   [査読有り]
Takahashi A, Shiroishi T, Koide T
Frontiers in neuroscience   8 156   2014年   [査読有り]
Goto T, Tanave A, Moriwaki K, Shiroishi T, Koide T
Genes, brain, and behavior   12 760-770   2013年11月   [査読有り]
Umemori J, Mori A, Ichiyanagi K, Uno T, Koide T
BMC genomics   14 455   2013年7月   [査読有り]
Takahashi A, Schilit AN, Kim J, Debold JF, Koide T, Miczek KA
Psychopharmacology   224 155-166   2012年11月   [査読有り]
Koide T, Goto T, Takano-Shimizu T
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science   61 503-509   2012年   [査読有り]
Miyake K, Hirasawa T, Koide T, Kubota T
Advances in experimental medicine and biology   724 91-98   2012年   [査読有り]
Ishii A, Koide T, Takahashi A, Shiroishi T, Hettinger TP, Frank ME, Savoy LD, Formaker BK, Yertutanol S, Lionikas A, Blizard DA
Behavior genetics   41 716-723   2011年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
小出 剛
ベレ出版   2015年12月   ISBN:4860644573
小出 剛 (担当:編者)
オーム社   2013年6月   ISBN:4274504573
小出 剛, 山元 大輔 (担当:共編者)
裳華房   2011年11月   ISBN:4785358475
小出 剛 (担当:編者)
オーム社   2009年3月   ISBN:4274502171

講演・口頭発表等

 
ヒトになつくマウスの行動・生理・神経および遺伝的基盤
小出 剛
第95回日本生理学会大会   2018年3月30日   
選択交配マウスを用いて明らかにする動物家畜化の遺伝的基盤 [招待有り]
小出 剛
日本畜産学会第124回大会   2018年3月29日   
PACAP遺伝子改変マウスにおける情動行動および恐怖記憶学習の解析
田邉彰、小出剛
第47回日本神経精神薬理学会   2017年9月28日   
マウスの能動的従順性(人に対する接触行動)に関わる行動特性および神経基盤の解析
永山博通、松本悠貴、小出剛
第77回日本動物心理学会   2017年8月30日   
野生由来マウス集団の選択交配による高度な従順化とその関連遺伝子座解析
小出剛、永山博通、後藤達彦、松本悠貴
第77回日本動物心理学会   2017年8月30日   

競争的資金等の研究課題

 
情動伝染に関わる遺伝子の同定とその進化的役割の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 小出剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小出 剛
研究の目的私たちは、日本産愛玩用マウス由来の系統として本研究所で樹立され、一般的な実験用系統とは遺伝的に大きく異なるJF1系統を用いて従順化に関わる遺伝子の同定を進め、そのJF1を行動遺伝学研究に適した我が国を代表するリソースとするために、その基盤の確立を目指して研究を進めている。これまでに、Agouti遺伝子座と咬みつき行動との関連を調べるために、JF1系統にAgouti遺伝子座(遺伝子型はA/A)を導入した系統とMSM系統に黒の毛色(遺伝子型はa/a)を導入した二種類のコンジェニック系...

社会貢献活動

 
脳における遺伝子-環境相互作用の分子メカニズム
【その他】  小出剛  第82回日本遺伝学会大会ワークショップ  (札幌)  2010年9月20日
Molecular and genetic approaches towards understanding behavior
【その他】  Koide, T., Palmer, A.  第32回日本分子生物学会シンポジウム  (横浜)  2009年12月10日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
第5回行動遺伝学研究会
【その他】  森裕司,小出剛  国立遺伝学研究所研究会  (三島)  2009年3月12日
日本行動神経内分泌研究会
【その他】  小出剛  第7回行動神経内分泌研究会  (御殿場)  2008年7月26日
Approaches for understanding the genetic basis of behavior
【その他】  Koide, T., IIno, T.  第29回日本神経科学大会ワークショップ  (京都)  2006年7月19日