岩永 耕

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 09:35
 
アバター
研究者氏名
岩永 耕
 
イワナガ コウ
ハンドル
koiwanaga
eメール
k.iwanagawesleyan.ac.jp
所属
長崎ウエスレヤン大学
部署
現代社会学部 基盤教育センター
職名
准教授
学位
博士(社会福祉学)(九州保健福祉大学大学院博士課程)
その他の所属
キャリア支援センター
科研費研究者番号
60758796

プロフィール

諫早市社会福祉協議会を退職した後、長崎ウエスレヤン大学の現代社会学部基盤教育センターの助教に就任。
2018年度から准教授となり、キャリア支援センター長を兼務。

研究分野

 
 

論文

 
ふれあい・いきいきサロンの利用状況の変化に関する一考察 -地域性と設立時期による違いに着目して-
岩永耕、中野伸彦、小川睦
九州社会福祉学   14 81-90   2018年3月   [査読有り]
ふれあい・いきいきサロンによる効果の地域性 ―サロンの担い手への質問紙調査からー
岩永耕、佐藤快信、中野伸彦、岩永秀徳、村岡則子、小川睦、林田眞由美、原章
長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所研究紀要   14(1) 9-16   2018年3月
独居高齢者のごみ出しに関する質的考察 ~ソーシャルサポートに着目して~
岩永耕
長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要   (15巻) 15-22   2017年
アクティブ・ラーニングの評価に関する一考察 -コミュニティサービスラーニングの評価に焦点をあてて-
銭坪玲子、岩永耕 他
長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要   (14号) 85-102   2016年
独居高齢女性のサポートの変容に関する質的考察 ~コンボイに着目して~
岩永耕、横山奈緒枝
長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要   (14号) 21-32   2016年
独居高齢女性へのインフォーマルサポート形成要因 -質的アプローチによる考察-
岩永耕
九州保健福祉大学大学院   博士論文    2016年   [査読有り]
独居高齢女性の買い物行動の実態とその要因 -買い物への親族サポートに着目して-
岩永耕
臨床福祉ジャーナル   (13号)    2016年   [査読有り]
独居高齢女性の他者とのつながりに関する質的考察 -近隣と友人との相違に着目して-
岩永耕、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (10号) 33-47   2015年   [査読有り]
独居高齢者の課題発生プロセスにおける一考察 -Q市における専門職への質的調査から-
岩永耕、横山奈緒枝
臨床福祉ジャーナル   (11号) 22-29   2014年   [査読有り]
高齢者に対する国内ソーシャルサポート研究に関する考察 -近隣サポートと独居高齢者に着目して-
岩永耕、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (14号) 69-84   2014年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ふれあい・いきいきサロン利用後の近隣との交流の変化
岩永 耕
日本社会福祉学会九州部会大会第59回研究大会 自由研究発表   2018年6月10日   
担い手が考えるふれあい・いきいきサロンの効果や課題
岩永 耕
日本社会福祉学会第65回秋季大会 口頭発表    2017年10月21日   
いきいきサロン参加による高齢者の変化とその要因
岩永耕
日本地域福祉学会 第31回大会 自由研究発表   2017年6月4日   
住民が主体のまちづくり ~防減災まち歩き事業の紹介から
岩永耕
国際学術交流セミナー(慶北大学・長崎ウエスレヤン大学共催)   2017年6月9日   慶北大学・長崎ウエスレヤン大学
いきいきサロンの利用状況の変化とその要因
岩永 耕
日本社会福祉学会九州部会大会第58回研究大会 自由研究発表   2017年5月21日   
独居高齢女性の買い物行動の実態とその要因 ~買い物への親族サポートに着目して~
岩永 耕
日本社会福祉学会九州地域部会 自由研究発表   2016年6月19日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
青年海外協力隊
【助言・指導】  独立行政法人 国際協力機構  青年海外協力隊  1996年12月 - 1998年6月
生活体験塾 あすなろ(通学合宿)
【企画, 運営参加・支援】  ネットワークあすなろ  生活体験塾 あすなろ(通学合宿)  2001年6月 - 2005年3月