中丸宏二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 11:55
 
アバター
研究者氏名
中丸宏二
所属
医療法人社団TOC 寺嶋整形外科医院
部署
リハビリテーション科
職名
部長
学位
博士 (学術)(首都大学東京大学院)
その他の所属
東京医科歯科大学附属病院スポーツ医学診療センター

研究分野

 
 

学歴

 
2018年9月
   
 
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 博士(学術)  
 
2009年4月
 - 
2015年3月
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 理学療法科学系 研究生
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京都立保健科学大学大学院 保健科学研究科 理学療法専攻 修士課程
 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京都立医療技術短期大学  理学療法学科
 
1995年1月
 - 
1995年5月
University of Tulsa  Athletic training学科
 
1994年9月
 - 
1994年12月
Kansas State University  Kinesiology学科
 
1990年4月
 - 
1994年3月
中央大学 商学部 商業貿易学科
 
1986年4月
 - 
1989年3月
茨城県立水戸桜ノ牧高等学校 普通科 
 

委員歴

 
2018年12月
   
 
第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会準備委員
 
2016年4月
 - 
現在
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構  Medical Advisory Board
 
2013年
 - 
現在
日本理学療法士協会  関東甲信越ブロック理学療法士学会 演題査読者
 
2011年
 - 
2011年
専門リハビリテーション研究会機関誌  査読者
 

競争的資金等の研究課題

 
下肢疾患患者における日本語版Lower Extremity Functional Scaleの信頼性・妥当性・反応性の検討
公益社団法人 日本理学療法士協会: 専門領域エビデンス研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 中丸宏二、相澤純也、小山貴之、新田収

論文

 
Immediate effects of thoracic spine self-mobilization in patients with mechanical neck pain- a randomized controlled trail-
Koji Nakamaru, Junya Aizawa, Keizo Kawarada, Yukari Uemura, Osamu Nitta
Journal of Bodywork and Movement Therapies in press      2018年
自動形状変化機能付きランバーサポートが骨盤肢位および腰部筋疲労に及ぼす影響
小山貴之、松田雅弘、中丸宏二、相澤純也、相澤純也、新田収
理学療法東京   (5) 8-14   2017年7月   [査読有り]
瓦田恵三、中丸宏二、波戸根行成、相澤純也、小山貴之、松本高志郎、橋本明秀、来間弘展、新田收
理学療法科学   31(1) 107-110   2016年3月   [査読有り]
Nakamaru K, Aizawa J, Koyama T, Nitta O
European Spine Journal   24(12) 2816-2820   2015年12月   [査読有り]
中丸宏二、相澤純也、小山貴之、新田收
理学療法学   31(1) 414-420   2014年12月   [査読有り]
Aizawa J, Masuda T, Hyodo K, Jinno T, Yagishita K, Nakamaru K, Koyama T, Morita S
Disability and Rehabilitation   (35) 1342-1349   2013年8月   [査読有り]
Nakamaru K, Vernon H, Aizawa J, Koyama T, Nitta O
Spine   (37) E1343-E1347   2012年10月   [査読有り]
ベルト付き把持筋力計を用いた頸部筋力測定の信頼性の検討‐頸部に既往を持つ大学アメリカンフットボール選手を対象として‐
小山貴之,櫛英彦,中丸宏二,相澤純也
専門リハビリテーション   11(1) 26-32   2012年3月   [査読有り]
中丸宏二,相澤純也,小山貴之、新田收
日本保健科学学会誌   14(3) 137-143   2011年12月   [査読有り]
大学アメリカンフットボール選手に対するベルト付き把持筋力計を用いた頸部筋力測定の信頼性の検討
小山貴之、櫛英彦、中丸宏二、相澤純也
臨床理学療法研究   28 1-4   2011年8月
大学アメリカンフットボール選手におけるベルト付き把持筋力計を用いた頸部筋力測定の信頼性の検討
小山貴之,櫛英彦,中丸宏二,相澤純也
臨床理学療法研究   28 1-4   2011年8月   [査読有り]
人工股関節全置換術を待機している変形性股関節症患者の主観的疼痛に関連する因子
相澤純也、神野哲也、古賀大介、小山貴之、中丸宏二、美崎定也、磯崎弘司、森田定雄
専門リハビリテーション   10 16-22   2011年3月   [査読有り]
変形性膝関節症患者における昇段時の床反力特性
小山貴之、斎藤明義、角野隆信、相澤純也,中丸宏二,新田收
専門リハビリテーション   10 42-46   2011年3月   [査読有り]
Aizawa J, Masuda T, Koyama T, Nakamaru K, Isozaki K, Okawa A, Morita S
Journal of Biomechanics   43(15) 2915-2922   2010年11月   [査読有り]
健常成人における頭蓋脊椎角と頸部屈筋群機能との関係
中丸宏二,相澤純也,小山貴之,新田收
理学療法科学   25(6) 837-841   2010年7月   [査読有り]
変形性膝関節症患者における立位重心動揺の関連要因
小山貴之 斎藤明義 角野隆信 相澤純也 中丸宏二 新田收
専門リハビリテーション研究会誌   9 38-42   2010年3月   [査読有り]
中丸宏二、柳澤健
日本保健科学学会誌   8(1) 46-50   2005年6月   [査読有り]

Misc

 
変形性股関節症に対する的確・迅速な臨床推論のポイント
相澤純也,中丸宏二,小山貴之,神野哲也,磯崎弘司,森田定雄
理学療法   28(1) 176-189   2011年1月   [依頼有り]
両側下肢術後の動作障害に対する理学療法アプローチ
小山貴之,萩原礼紀,相澤純也,中丸宏二
理学療法   27(1) 167-176   2010年1月   [依頼有り]
片側下肢術後の動作障害に対する理学療法アプローチ
相澤純也,美崎定也,小山貴之,中丸宏二,勝木員子,森田定雄
理学療法   27(1) 154-166   2010年1月   [依頼有り]
変形性股関節症保存療法・観血療法の理学療法プログラム
相澤純也 小山貴之 中丸宏二
理学療法   25(1)    2008年1月   [依頼有り]
変形性股関節症治療における理学療法のシステマティックレビュー
相澤純也 中丸宏二 小山貴之 新田收
理学療法   23(1) 909-919   2006年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
中丸宏二、小山貴之 (担当:共訳)
ナップ   2019年1月   ISBN:4905168589
相澤純也、中丸宏二、平尾利行 (担当:共編者)
中外医学社   2018年11月   ISBN:449808330X
相澤 純也, 中丸 宏二, 平尾 利行 (担当:共著)
中外医学社   2018年11月   ISBN:4498083288
相澤純也、中丸宏二 (担当:分担執筆)
羊土社   2017年6月   ISBN:4758102201
相澤純也、中丸宏二 (担当:分担執筆)
羊土社   2017年5月   ISBN:4758102198
相澤純也、中丸宏二 (担当:編者)
羊土社   2017年4月   ISBN:475810218X
中丸宏二(地神裕史,斉藤秀之 編集) (担当:分担執筆)
三輪書店   2016年6月   ISBN:4895905551
中丸宏二(小山貴之 編集) (担当:分担執筆)
NAP   2016年5月   ISBN:4905168430
中丸宏二(相澤純也、美崎定也、石黒幸治 編集) (担当:分担執筆)
羊土社   2016年2月   ISBN:4758102147
中丸宏二 (担当:単訳)
NAP   2015年10月   ISBN:4905168384
中丸宏二、小山貴之、相澤純也、新田収 (担当:共訳)
NAP   2014年1月   ISBN:4905168287
相澤純也、中丸宏二 (担当:編者)
羊土社   2012年5月   ISBN:4758107874
相澤純也、中丸宏二 (担当:共訳)
三輪書店   2012年4月   ISBN:4895904008
中丸宏二、小山貴之、相澤純也、新田収 (担当:共著)
NAP   2011年6月   ISBN:4905168058
中丸宏二(新田収、他 監訳) (担当:共訳)
NAP   2010年6月   ISBN:4931411959
中丸宏二、新田收(監訳)
NAP   2009年7月   ISBN:4931411827
新田收,、中丸宏二、相澤純也、小山貴之 (担当:共著)
NAP   2009年4月   ISBN:4931411800

講演・口頭発表等

 
可動性に対するコレクティブエクササイズがFunctional Movement Screenのスコアに及ぼす影響
小山貴之、中丸宏二、相澤純也、新田收
第52回日本理学療法学術大会   2017年5月14日   
Effect of office chair with active back rest on lumbo-pelvic position and back muscle
Koyama T, Matsuda T, Nakamaru K, Aizawa J, Nitta O
9th Interdisciplinary World Congress on Low Back and Pelvic Girdle Pain   2016年11月2日   
頭頸部屈曲運動機器における負荷強度が頸部筋活動に及ぼす影響
小山 貴之, 中丸 宏二, 相澤 純也, 新田 收
第51回日本理学療法学術大会   2016年5月27日   
頸部痛患者における日本語版Patient-Specific Functional Scaleの信頼性・妥当性・反応性の検討
中丸宏二、相澤純也、小山貴之、波戸根行成、瓦田恵三、新田收
第50回日本理学療法学術大会   2015年6月5日   
Cervical complaints in college American football players
Koyama T, Matsuda T, Nakamaru K, Aizawa J, Nitta O
The 15th World Congress on Pain   2014年10月   
アメリカンフットボールにおける頸部外傷発生数と日本語版Neck Disability Indexを用いた頸部障害程度の把握
小山貴之,中丸宏二,相澤純也,新田收
第17回日本レーザー・スポーツ医科学学会   2013年12月7日   
The characteristics of trunk isokinetic strengths in college American football players
T. Koyama, K. Nakamaru, J. Aizawa, T. Matsuda, O. Nitta
8th Interdisciplinary World Congress on Low Back & Pelvic Pain   2013年10月   
大学アメリカンフットボール選手の頸部既往が主観的アウトカムに及ぼす影響
小山貴之, 中丸宏二, 相澤純也, 新田收
第48回日本理学療法学術大会   2013年5月   
頸部痛に対する専用機器を用いた頭頸部屈曲エクササイズが主観的・客観的アウトカムに及ぼす影響
瓦田恵三, 中丸宏二, 波戸根行成, 相澤純也, 小山貴之, 松本高志郎, 来間弘展, 新田收, 橋本明秀
第48回日本理学療法学術大会   2013年5月   
大学アルペンスキー選手における体幹筋力と膝関節筋力の関連性
小山貴之,中丸宏二,相澤純也,新田收
第67回日本体力医学会大会   2012年9月15日   
The Effect of a Micro Vibration to Peroneal Muscle on the Stability of One Leg Standing
Koyama T, Mimori Y, Nakamaru K, Aizawa J, Suzuki Y
XIX Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology   2012年7月   
頸部痛患者における日本語版Neck Disability Indexの信頼性・妥当性・反応性の検討
中丸宏二,相澤純也,小山貴之,波戸根行成,瓦田恵三,新田收
第47回日本理学療法学術大会   2012年5月   
変形性股関節症患者の最小関節裂隙幅と股関節可動域との関連
相澤純也,神野哲也,古賀大輔,小山貴之,中丸宏二,森田定雄
第38回日本股関節学会学術集会   2011年10月7日   
大学アルペンスキー選手における体幹筋力と跳躍能力の関連性
小山貴之,中丸宏二,相澤純也,新田收
第21回日本保健科学学会学術集会   2011年10月   
ベルト付き把持筋力計を用いた頸部筋力測定の信頼性の検討-頸部に既往を持つ大学アメリカンフットボール選手を対象として-
小山貴之,櫛英彦,中丸宏二,相澤純也
第30回関東甲信越ブロック理学療法士学会   2011年9月   
Relationship between neck strength and head posture in college american football player
Koyama T, Kushi H, Nakamaru K, Aizawa J, Nitta O
The 16th International Congress, World Physical Therapy   2011年6月   
日本語版Lower Extremity Functional Scaleの開発-パイロットテストによる暫定版の信頼性・妥当性の検討-
中丸宏二,相澤純也,小山貴之,波戸根行成,瓦田恵三,新田收
第46回日本理学療法学術大会   2011年5月   
ベルト付き把持筋力計を用いた頸部筋力測定の信頼性の検討
小山貴之,櫛英彦,中丸宏二,相澤純也
第28回日本私立医科大学理学療法学会   2010年10月30日   
日本語版Neck Disablity Indexの開発-ガイドラインに準拠した翻訳と暫定版による予備テスト-
中丸宏二,相澤純也,小山貴之,波利根行成,瓦田恵三,新田收
第20回日本保健科学学会学術集会   2010年10月9日   
変形性股関節症患者における股関節可動域の特徴
相澤純也,神野哲也,古賀大介,小山貴之,中丸宏二,美崎定也,勝木員子,森田定雄
第37回日本股関節学会学術集会   2010年10月1日   
Reduced foolr reaction force during atair ascending in patients with knee osteoarthritis
Koyama T, Nitta O, Nakamaru K, Aizawa J, Shiota K, Matsuda M
The 18th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology   2010年6月17日   
頭部前方位姿勢と頸部深層屈筋群の機能との関係
中丸宏二 相澤純也 小山貴之 新田收
第45回日本理学療法学術大会   2010年5月28日   
変形性膝関節症患者における立位重心動揺の関連要因
小山貴之 斎藤明義 角野隆信 相澤純也 中丸宏二 新田收
第45回日本理学療法学術大会   2010年5月27日   
人工股関節全置換術待機中の変形性股関節症患者における主観的疼痛の関連因子
相澤純也,神野哲也,古賀大介,小山貴之,中丸宏二,森田定雄
第40回日本人工関節学会   2010年2月   
高齢者介護施設職員における腰痛発生要因
新田收 中丸宏二 相澤純也 小山貴之
第54回東日本整形災害外科学会   2005年9月   
上肢PNF肢位と頚部回旋位との組み合わせ肢位変化がヒラメ筋H波に及ぼす影響
中丸宏二、柳澤健
第10回東京保健科学学会学術集会   2003年9月13日   
血圧計を用いた大腿四頭筋セッティングの検討
小山貴之 中丸宏二 白坂史樹 新田收 柳澤健
第36回日本理学療法士学会   2001年5月