石谷 孔司

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 19:33
 
アバター
研究者氏名
石谷 孔司
 
イシヤ コウジ
所属
国立研究開発法人産業技術総合研究所
部署
生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ
学位
理学(博士)(東京大学)
その他の所属
早稲田大学

プロフィール

機械学習等の情報処理技術を用いた生物進化や形質推定に関する新規手法開発,遺伝的多様性や遺伝的集団構造の時空間的変遷の解明に向けた理論研究・情報解析技術の開発等を行っています.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立研究開発法人産業技術総合研究所 産総研特別研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京大学大学院 理学系研究科生物科学専攻 博士課程
 

受賞

 
2017年12月
日本DNA多型学会 優秀研究賞
 
2013年3月
理学部優秀学生賞
 
2013年3月
TOEIC優秀賞
 

論文

 
Koji Ishiya, Shintaroh Ueda
Peerj   5    2017年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Robust age prediction model based on massive methylation data among multi-tissue
Koji Ishiya, Sachiyo Aburatani
19th International Conference on Systems Biology   2018年10月   
機械学習による混入ミトコンドリアハプログループの高精度検出
石谷孔司, 植田信太郎
日本 DNA多型学会第26回学術集会   2017年12月   
古代ゲノミクス:劣化・汚染試料のゲノム解析へ向けて
石谷孔司, 植田信太郎
東京大学・人類学セミナー   2017年11月   
古代ゲノムから探る人類史:課題と展望 [招待有り]
石谷孔司
日本生理人類学会第75回大会・若手研究者講演会   2017年6月   
An introduction to paleogenomics: Challenges in poorly preserved fossil remains
Koji Ishiya
Chile-Japan Academic Forum 2016   2016年11月   
機械学習アルゴリズムによる混入配列分類法の開発
石谷孔司, 植田信太郎
第70回日本人類学会   2016年10月   
機械学習アルゴリズムによる混入配列の分類 -古人骨ミトゲノムデータへの適用-
石谷孔司, 植田信太郎
第70回日本人類学会   2016年10月   
Inference of contaminated haplogroup in high-throughput sequencing data
石谷孔司, 植田信太郎
第39回日本分子生物学会年会   2016年10月   
ヒトミトゲノム統合解析ツール及びインピュテーションツールの開発と古代ゲノム解析への応用
石谷孔司
人類学若手の会 第四回総合研究集会   2015年10月   
HuMAP: A comprehensive tool for accessing NGS data on human mitogenome
Koji Ishiya, Shintaroh Ueda
The 11th International Workshop on Advanced Genomics   2015年5月   
Evaluating modern-day human contamination based on mitogenomic data
Koji Ishiya
HTSA2014:Practical Course on High-Throughput Sequencing Data Analysis   2014年10月   
A Bioinformatics Strategy for Separating Ancient DNA from Modern DNA Contamination
Koji Ishiya, Shintaroh Ueda
The 12th KCJ Bioinformatics Training Course and Symposium   2014年6月   

Works

 
石谷 孔司   コンピュータソフト   2017年5月
次世代シーケンスデータに対応したヒトミトコンドリアゲノム統合解析ソフトウェア

競争的資金等の研究課題

 
ミトコンドリアゲノム及び核ゲノム情報を用いた古代中国人類集団の遺伝的背景の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石谷 孔司