松田 光司

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/26 19:22
 
アバター
研究者氏名
松田 光司
 
マツダ コウジ
eメール
kmatsudanig.ac.jp
所属
国立遺伝学研究所
職名
特任研究員
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
40845228

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 新分野創造センター 特任研究員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 研究員
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 
 
2010年4月
 - 
2012年3月
徳島大学大学院 先端技術科学教育部 
 

論文

 
Matsuda K, Yoshida M, Kawakami K, Hibi M, Shimizu T
Scientific reports   7(1) 11865   2017年9月   [査読有り]
Hibi M, Matsuda K, Takeuchi M, Shimizu T, Murakami Y
Development, growth & differentiation   59(4) 228-243   2017年5月   [査読有り]
Takeuchi M, Yamaguchi S, Sakakibara Y, Hayashi T, Matsuda K, Hara Y, Tanegashima C, Shimizu T, Kuraku S, Hibi M
The Journal of comparative neurology   525(7) 1558-1585   2017年5月   [査読有り]
Takeuchi M, Matsuda K, Yamaguchi S, Asakawa K, Miyasaka N, Lal P, Yoshihara Y, Koga A, Kawakami K, Shimizu T, Hibi M
Developmental biology   397(1) 1-17   2015年1月   [査読有り]
Matsumoto CS, Shidara H, Matsuda K, Nakamura T, Mito T, Matsumoto Y, Oka K, Ogawa H
Journal of insect physiology   59(12) 1235-1241   2013年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Dissecting roles of genetically defined pretectal populations underlying integration of the optic flow in zebrafish
松田 光司
ZEBRAFISH NEURAL CIRCUITS & BEHAVIOR (CSHL Meeting)   2019年11月   
Roles of cerebellar neural circuits in active avoidance conditioning and classical fear conditioning in zebrafish
松田 光司
第24回 小型魚類研究会   2018年8月   
The cerebellar neural circuits differentially regulate freezing and active avoidance responses in the classical fear conditioning
松田 光司
13th International Zebrafish Conference   2018年6月   
Cerebellar neural circuitry is involved in the classical fear conditioning in zebrafish
松田 光司
第12回 水生動物の行動と神経系シンポジウム   2017年12月   
How did the weakly electric mormyrid fish Gnathonemus petersii evolve a large and foliated cerebellum?
松田 光司
第50回 日本発生生物学会   2017年5月   

競争的資金等の研究課題

 
視覚情報の統合を司るゼブラフィッシュ前視蓋における階層的な神経回路基盤
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2019年8月 - 2021年3月    代表者: 松田 光司
小脳神経回路にコードされる恐怖応答記憶のメカニズムの解析
名古屋大学: グリーン自然科学国際教育研究プログラム 独創的研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 松田 光司