基本情報

所属
金沢医科大学 一般教育機構 准教授
同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC) 共同研究員
学位
修士(文学)(2003年3月 北海道大学)
修士(学術)(1997年3月 東京農工大学)
master of literature
Master of Science

連絡先
kh-hondakanazawa-med.ac.jp
J-GLOBAL ID
200901067891675424

外部リンク

技術の哲学と科学技術の倫理学について研究しています。
勤務校では医療倫理教育と初年次教育を担当しています。

金沢医科大学人文科学教室:
http://general-hum-sci.kanazawa-med.labos.ac/one/

■【医療倫理と技術哲学の接点】
現在進行しているGNR革命(遺伝子工学、ナノテクノロジー、ロボット工学の急激な進歩)は人体改造を可能にする新しい技術を生み出しつつあります。これからの医療は、患者を健康に戻すだけでなく、人間を人間以上の存在にするために活用されるのでしょうか。その是非について研究しています。

■【現象学】
「知識の伝承」が何故可能なのか、また知識を受け継ぐ側にどのような責任が発生するのかという問題を、主に現象学的身体論を手懸りに考察しています。


卒業論文 「模倣と表現」(北海道大学、2000)
修士論文 「模倣の現象学」(北海道大学、2003)
修士論文 「液晶構造相転移の基礎的研究」(東京農工大学、1997)
博士論文 coming soon.

共同研究・競争的資金等の研究課題

  14

主要な書籍等出版物

  8

主要なMISC

  32

主要な講演・口頭発表等

  93

主要な論文

  13

学術貢献活動

  1

社会貢献活動

  3

メディア報道

  2