山中 宏二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:02
 
アバター
研究者氏名
山中 宏二
 
ヤマナカ コウジ
URL
http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/4/mnd/index.html
所属
名古屋大学
部署
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)
科研費研究者番号
80446533
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-4655-0035

プロフィール

運動ニューロンを選択的に障害する神経変性疾患ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病態解明を目指しています。モデルマウスを用いた研究で,ALSの発症と進行は,それぞれ運動ニューロンとグリア細胞の病的変化により規定されていることを見いだし,疾患進行に関与するグリア細胞の分子病態解明を目指しています。また、新規ALS原因遺伝子であるTDP-43, FUS/TLSの発見を機にALSの新たなモデル動物の作製を通じた病態解明に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2001年6月
 - 
2006年8月
米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 博士研究員
 
2006年9月
 - 
2009年4月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター ユニットリーダー
 
2009年5月
 - 
2014年3月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 運動ニューロン変性研究チーム チームリーダー
 
2013年4月
 - 
現在
名古屋大学 環境医学研究所 教授
 
2013年4月
 - 
現在
名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 教授
 

受賞

 
2013年
日本神経学会 2013年度 日本神経学会賞 学術研究部門
 
2004年
米国 筋ジストロフィー協会 Carrier Development Award
 

論文

 
Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Misawa H
Neuroscience Research   133 48-57   2018年8月   [査読有り]
Tokuda Eiichi, Nomura Takao, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE   1864(6) 2119-2130   2018年6月
Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K
Journal of Neurochemistry   145(1) 80-89   2018年4月   [査読有り]
Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K
Cell Death and Differentiation   in press in press   2018年   [査読有り]
Tsuiji H, Inoue I, Takeuchi M, Furuya A, Yamakage Y, Watanabe S, Koike M, Hattori M, Yamanaka K
Scientific Reports   7 14972   2017年11月   [査読有り]
Yamasaki T, Deki-Arima N, Kaneko A, Miyamura N, Iwatsuki M, Matsuoka M, Fujimori-Tonou N, Okamoto-Uchida Y, Hirayama J, Marth JD, Yamanashi Y, Kawasaki H, Yamanaka K, Penninger JM, Shibata S, Nishina H
Scientific Reports   7 7348   2017年8月   [査読有り]
Anzai I, Tokuda E, Mukaiyama A, Akiyama S, Endo F, Yamanaka K, Misawa H, Furukawa Y.
Protein Sci   26(3) 484-496   2017年3月   [査読有り]
Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis.
Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Toichi K, Watanabe M, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y.
Molecular Neurodegeneration   12 2   2017年1月   [査読有り]
Watanabe S, Ilieva Hristelina, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, Yamanaka K
EMBO Molecular Medicine   8(12) 1421-1437   2016年11月   [査読有り]
Amanullah A, Upadhyay A, Chhangani D, Joshi V, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A
J. Cell. Biochem.      2016年8月
Morisaki Y, Niikura M, Watanabe M, Onishi K, Tanabe S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Murayama S, Takao M, Uchida S, Yamanaka K, Misawa H.
Scientific Reports   6 27354   2016年6月   [査読有り]
Fumito Endo, Okiru Komine, Koji Yamanaka
Clinical and Experimental Neuroimmunology   7 126-138   2016年5月
© 2016 Japanese Society for Neuroimmunology.Neuroinflammation, which is characterized by activated microglia, astrocytes, infiltrating immune cells and the subsequent production of inflammatory mediators, is linked to a pathological process common...
Deepak Chhangani, Fumito Endo, Ayeman Amanullah, Arun Upadhyay, Seiji Watanabe, Ribhav Mishra, Koji Yamanaka, Amit Mishra
Neurobiology of Disease   86 16-28   2016年2月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Inc.Proteotoxicity of misfolded, disease-causing proteins is deeply implicated in the pathomechanisms for neurodegenerative diseases including copper-zinc superoxide dismutase (SOD1)-linked amyotrophic lateral sclerosis (ALS). Howe...
Lasiene J, Komine O, Fujimori-Tonou. N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shjie J, Ravits J, Horner P, Misawa H, Yamanaka K
Acta Neuropathologica Communications   18(4)    2016年2月   [査読有り]
Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A
Neurobiology of Disease   86 16-28   2015年11月   [査読有り]
Komine O, Yamanaka K
Nagoya journal of medical science   77(4) 537-549   2015年11月   [査読有り]
Endo F, Komine O, Fujimori-Tonou N, Katsuno M, Jin S, Watanabe S, Sobue G, Dezawa M, Wyss-Coray T, Yamanaka K
Cell Reports   11(4) 592-604   2015年4月   [査読有り]
Fumito Endo, Koji Yamanaka
Oncotarget   6 15728-15729   2015年1月
Okiru Komine, Koji Yamanaka
Nagoya Journal of Medical Science   77 537-549   2015年1月
Increasing evidence suggests that the pathogenesis of neurodegenerative diseases including amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is not restricted to the neurons but attributed to the abnormal interactions of neurons and surrounding glial and lympho...
Fumito Endo, Fumito Endo, Fumito Endo, Okiru Komine, Noriko Fujimori-Tonou, Masahisa Katsuno, Shijie Jin, Seiji Watanabe, Gen Sobue, Gen Sobue, Mari Dezawa, Tony Wyss-Coray, Koji Yamanaka, Koji Yamanaka, Koji Yamanaka
Cell Reports   11 592-604   2015年1月
© 2015 The Authors.Neuroinflammation, which includes both neuroprotective and neurotoxic reactions by activated glial cells and infiltrated immune cells, is involved in the pathomechanism of amyotrophic lateral sclerosis (ALS). However, the cytoki...

Misc

 
Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Misawa H
Neuroscience Research   133 48-57   2018年8月   [査読有り]
Tokuda Eiichi, Nomura Takao, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE   1864(6) 2119-2130   2018年6月
Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K
Journal of Neurochemistry   145(1) 80-89   2018年4月   [査読有り]
Tokuda E, Nomura T, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease   1864(6 Pt A) 2119-2130   2018年3月   [査読有り]
Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K
Cell Death and Differentiation   in press in press   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Neuroscience Research: The Multi-dimensional roles of astrocytes in ALS.
Yamanaka K, Komine O.
日本神経科学学会   2018年1月   
ミクログリアと神経変性疾患. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩
山中宏二 (担当:共著)
医学書院   2017年9月   
日本神経精神薬理学雑誌・神経・グリア連関に着目した神経変性疾患の病態解明
山中宏二
日本神経精神薬理学会   2017年8月   
アストロサイト
小峯 起、山中宏二 (担当:共著)
メディカルドゥ   2017年3月   ISBN:9784944157648
高橋良輔, 山中宏二, 樋口真人, 漆谷真 編集
Dementia Japan(日本認知症学会誌): グリア細胞からみた運動神経変性機序
山中 宏二
日本認知症学会   2017年   

講演・口頭発表等

 
Mice deficient of C-terminal domain of TDP-43 develop age-dependent motor dysfunction via Notch1-Akt signaling pathway
Watanabe S, Nishino K, Matsuoka Y, Jin S, Komine O, Endo F,Tsuiji H, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K
5th RNA metabolism in neurological desease conference   2018年11月1日   
TDP-43 accelerates age-dependent degeneration of interneurons
Tsuiji H, Hattori M, Yamanaka K
5th RNA metabolism in neurological desease conference   2018年11月1日   
ALSモデルマウスにおけるアクアポリン4欠損は異常タンパク質蓄積と病態進行を加速させる
設楽周聖、渡辺-松元さおり、廣瀬美嘉子、山中宏二、阿部陽一郎、安井正人、徳田栄一、古川良明、三澤日出巳
第139回日本薬理学会関東部会   2018年10月12日   
早期アルツハイマー病理を呈する患者脳における神経炎症関連遺伝子発現解析
祖父江顕、遠藤史人、小峯 起、村山繁雄、山中宏二
第37回日本認知症学会学術集会   2018年10月12日   
筋萎縮性側索硬化症における免疫・グリア連関. [招待有り]
山中宏二
第40回日本生物学的精神医学会 第61回日本神経化学会大会 合同年会   2018年9月6日   

競争的資金等の研究課題

 
小胞体・ミトコンドリア連関に着目した運動神経変性機序の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
TBK1遺伝子ネットワークから解明するALSの分子病態とその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
TBK1遺伝子ネットワークから解明するALSの分子病態とその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
グリア・末梢免疫連関の制御を通じた神経変性機序の解明と治療標的同定
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
アストロサイト異常に着目した遺伝性・孤発性ALSの病態解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月

学歴

 
1986年4月
 - 
1992年3月
京都大学 医学部 医学科
 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 医学研究科