山中 宏二

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/15 02:57
 
アバター
研究者氏名
山中 宏二
 
ヤマナカ コウジ
URL
http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/4/mnd/index.html
所属
名古屋大学
部署
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)
科研費研究者番号
80446533
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-4655-0035

プロフィール

運動ニューロンを選択的に障害する神経変性疾患ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病態解明を目指しています。モデルマウスを用いた研究で,ALSの発症と進行は,それぞれ運動ニューロンとグリア細胞の病的変化により規定されていることを見いだし,疾患進行に関与するグリア細胞の分子病態解明を目指しています。また、新規ALS原因遺伝子であるTDP-43, FUS/TLSの発見を機にALSの新たなモデル動物の作製を通じた病態解明に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2001年6月
 - 
2006年8月
米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 博士研究員
 
2006年9月
 - 
2009年4月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター ユニットリーダー
 
2009年5月
 - 
2014年3月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 運動ニューロン変性研究チーム チームリーダー
 
2013年4月
 - 
現在
名古屋大学 環境医学研究所 教授
 
2013年4月
 - 
現在
名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 教授
 

受賞

 
2013年
日本神経学会 2013年度 日本神経学会賞 学術研究部門
 
2004年
米国 筋ジストロフィー協会 Carrier Development Award
 

論文

 
Nishino K, Watanabe S, Shijie J, Murata Y, Oiwa K, Komine O, Endo F, Tsuiji H, Abe M, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K
Acta neuropathologica communications   7(1) 118   2019年7月
Trias E, Barbeito L, Yamanaka K
Clinical & experimental neuroimmunology   9(4) 225-234   2018年11月
Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Misawa H
Neuroscience Research   133 48-57   2018年8月   [査読有り]
Tokuda Eiichi, Nomura Takao, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE   1864(6) 2119-2130   2018年6月
Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K
Journal of Neurochemistry   145(1) 80-89   2018年4月   [査読有り]
Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K
Cell Death and Differentiation   25(12) 2130-2146   2018年3月   [査読有り]
Tsuiji H, Inoue I, Takeuchi M, Furuya A, Yamakage Y, Watanabe S, Koike M, Hattori M, Yamanaka K
Scientific Reports   7 14972   2017年11月   [査読有り]
Endo F., Kurita T., Yamanaka K.
JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 203-204   2017年10月
Watanabe S., Ilieva H., Tamada H., Nomura H., Komine O., Endo F., Jin S., Mancias P., Kiyama H., Yamanaka K.
JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 104-104   2017年10月
Nishino K, Watanabe S, Komine O, Yamanaka K.
Journal of the Neurological Sciences   381 570   2017年10月
Yamasaki T, Deki-Arima N, Kaneko A, Miyamura N, Iwatsuki M, Matsuoka M, Fujimori-Tonou N, Okamoto-Uchida Y, Hirayama J, Marth JD, Yamanashi Y, Kawasaki H, Yamanaka K, Penninger JM, Shibata S, Nishina H
Scientific Reports   7 7348   2017年8月   [査読有り]
Anzai I, Tokuda E, Mukaiyama A, Akiyama S, Endo F, Yamanaka K, Misawa H, Furukawa Y.
Protein Sci   26(3) 484-496   2017年3月   [査読有り]
Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis.
Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Toichi K, Watanabe M, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y.
Molecular Neurodegeneration   12 2   2017年1月   [査読有り]
Watanabe S, Ilieva Hristelina, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, Yamanaka K
EMBO Molecular Medicine   8(12) 1421-1437   2016年11月   [査読有り]
Amanullah A, Upadhyay A, Chhangani D, Joshi V, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A
J. Cell. Biochem.      2016年8月
Morisaki Y, Niikura M, Watanabe M, Onishi K, Tanabe S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Murayama S, Takao M, Uchida S, Yamanaka K, Misawa H.
Scientific Reports   6 27354   2016年6月   [査読有り]
Lasiene J, Komine O, Fujimori-Tonou. N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shjie J, Ravits J, Horner P, Misawa H, Yamanaka K
Acta Neuropathologica Communications   18(4)    2016年2月   [査読有り]
Neuroinflammation in motor neuron disease.
Komine O, Yamanaka K
Nagoya Journal of Medical Science   77(4) 537-549   2015年11月
Mahogunin ring finger 1 confers cytoprotection against mutant SOD1 aggresomes and is defective in an ALS mouse model.
Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A
Neurobiology of Disease   86 16-28   2015年11月   [査読有り]
Endo F, Komine O, Fujimori-Tonou N, Katsuno M, Jin S, Watanabe S, Sobue G, Dezawa M, Wyss-Coray T, Yamanaka K
Cell Reports   11(4) 592-604   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Misawa H
Neuroscience Research   133 48-57   2018年8月   [査読有り]
Tokuda Eiichi, Nomura Takao, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE   1864(6) 2119-2130   2018年6月
Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K
Journal of Neurochemistry   145(1) 80-89   2018年4月   [査読有り]
Tokuda E, Nomura T, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease   1864(6 Pt A) 2119-2130   2018年3月   [査読有り]
Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K
Cell Death and Differentiation   in press in press   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
神経変性疾患におけるミクログリア病態・神経炎症
祖父江 顕、遠藤史人、山中宏二 (担当:共著)
羊土社   2018年9月   
Neuroscience Research: The Multi-dimensional roles of astrocytes in ALS.
Yamanaka K, Komine O.
日本神経科学学会   2018年1月   
ミクログリアと神経変性疾患. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩
山中宏二 (担当:共著)
医学書院   2017年9月   
日本神経精神薬理学雑誌・神経・グリア連関に着目した神経変性疾患の病態解明
山中宏二
日本神経精神薬理学会   2017年8月   
アストロサイト
小峯 起、山中宏二 (担当:共著)
メディカルドゥ   2017年3月   ISBN:9784944157648
高橋良輔, 山中宏二, 樋口真人, 漆谷真 編集

講演・口頭発表等

 
運動神経変性におけるオルガネラ連携の破綻 [招待有り]
山中宏二
第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   
ALSモデルマウスのミクログリア機能を変化させる末梢免疫関連分子の同定
小峯 起、大沼周平、池田沙織、山中宏二
第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   
ALS/FTLD原因遺伝子によって引き起こされるTDP-43の凝集は2つの異なる経路によって生じる
渡邊征爾、大岩康太郎、山中宏二
第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   
アルツハイマー病患者脳とAPP- KIマウス由来ミクログリアにおける遺伝子発現解析
祖父江顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道 隆臣、山中宏二
第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   
TDP-43の多量体化が、その細胞内局在の決定に重要である
大岩康太郎、渡邊征爾、祖父江 顕、小峯 起 、勝野雅央、山中宏二
第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   

競争的資金等の研究課題

 
小胞体・ミトコンドリア連関に着目した運動神経変性機序の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
TBK1遺伝子ネットワークから解明するALSの分子病態とその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
TBK1遺伝子ネットワークから解明するALSの分子病態とその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
グリア・末梢免疫連関の制御を通じた神経変性機序の解明と治療標的同定
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
アストロサイト異常に着目した遺伝性・孤発性ALSの病態解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月

学歴

 
1986年4月
 - 
1992年3月
京都大学 医学部 医学科
 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 医学研究科