古城幸子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 16:08
 
アバター
研究者氏名
古城幸子
 
コジョウ サチコ
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部 看護学科
職名
特任教授
学位
修士(社会学)(吉備国際大学), 博士単位取得満期退学(社会学)(吉備国際大学)

プロフィール

看護基礎教育において、短期大学看護学科および大学看護学科での看護専門職養成に36年間携わりました。その間、主として老年看護学を担当し、看護基礎教育での老年看護学の位置づけ、教育方法などの研究、対象となる高齢者の理解とケアについての研究などを行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
吉備国際大学 保健医療福祉学部 看護学科 特任教授
 
2016年4月
 - 
現在
新見公立大学 名誉教授
 
2016年4月
 - 
現在
吉備国際大学 保健科学研究科 特任教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
新見公立大学 大学院看護学研究科 研究科長
 
2010年4月
 - 
2016年3月
新見公立大学 看護学部 看護学科 学部長 教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
吉備国際大学 社会学研究科 博士後期課程 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
吉備国際大学 社会学研究科 博士前期課程
 
1969年4月
 - 
1972年3月
岡山大学医学部附属看護学校  
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
日本医学看護学教育学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本高齢者虐待防止学会  論文査読委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本老年看護学会  理事
 
2012年6月
 - 
2016年6月
岡山県看護協会  副会長 看護師職能委員長
 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本看護診断学会  理事
 

受賞

 
2017年11月
厚生労働省 優良看護職厚生労働大臣表彰
 
2014年6月
日本看護協会 協会長表彰
 
2010年5月
全国公立短期大学協会 教育功労者表彰
 
2005年5月
岡山県 岡山県地域医療事業功労者表彰 県知事表彰
 

論文

 
老年看護学実習において看護学生が感じた看護ジレンマ
岡本さゆり 古城幸子 一ノ瀬公美 大森文子 谷本博香
インターナショナル Nursing Care Research   17(3) 85-94   2018年10月   [査読有り]
中山間地域における「子育て親子ふれあいサロン」づくりを体験した保健師課程選択学生の学び
高尾茂子 古城幸子 竹崎和子
インターナショナル Nursing Care Research   17(3) 47-56   2018年10月   [査読有り]
潜在看護職の復職不安と復職支援に関する研究の動向
中村芳子 古城幸子
インターナショナル Nursing Care Research   17(1) 101-110   2018年   [査読有り]
回復期脳血管患者と配偶者2事例に対する家族機能改善を図る看護介入
梶谷みゆき 古城幸子
日本医学看護学教育学会誌   26(3) 32-39   2018年   [査読有り]
看護学生の統合実習における地域連携実習を通した学び
高尾茂子 古城幸子 池永理恵子 和泉とみ代 
第48回日本看護学会論文集―看護管理―   48 99-101   2018年   [査読有り]

Misc

 
高尾 茂子, 髙橋 睦子, 池永 理恵子, 古城 幸子
インターナショナルnursing care research   16(1) 31-40   2017年4月
荒井 優花, 古城 幸子
インターナショナルnursing care research   15(2) 153-160   2016年5月
中島 加保子, 古城 幸子
インターナショナルnursing care research   15(2) 143-151   2016年5月
山本 智恵子, 古城 幸子
新見公立大学紀要   37 161-165   2016年
 2015年度の国際交流・国際貢献活動として「カンボジア・スタディツアー」を実施した。研修前に学内活動として,現地小学校で不足している文房具の寄付活動,カンボジアの歴史や文化の理解のための英語の勉強会や子供たちとの交流のための準備活動を実施した。研修は,主に2つの小学校の訪問と交流,郊外の巡回診療視察,アンコール小児病院見学,トレンサップ湖の水上生活の見学,CVSGジャックフルーツ園の見学と植樹を行った。今回の研修では,医療のことがわかる通訳の同行を加えたことにより,現在のカンボジアの疾患...

書籍等出版物

 
『大学生のための「看護研究」ガイドマップ』 改訂版
古城幸子 (担当:編者)
ふくろう出版   2013年3月   
『新看護観察のキーポイントシリーズ「急性期・周手術期Ⅱ」』
編者:富田幾枝 (担当:共編者)
中央法規出版   2011年1月   
『新看護観察のキーポイントシリーズ「急性期・周手術期Ⅰ」』
編者:富田幾枝 (担当:共編者)
中央法規出版   2010年1月   
『看護学生のための「看護研究」ガイドマップ
古城幸子 (担当:編者)
ふくろう出版   2009年3月   
『老年看護学サブノート』
古城幸子 (担当:編者)
ふくろう出版   2007年3月   

講演・口頭発表等

 
看護系大学生のキャリアデザインに影響する「看護教育」科目の学び
飯田尚美・竹﨑和子・古城幸子
日本看護科学学会 第38回学術集会   2018年12月15日   
老年看護学実習において看護学生が体験した看護ジレンマ
岡本さゆり 古城幸子
日本看護学会―看護教育―学術集会   2018年8月16日   
中山間地域における「子育て親子ふれあいサロン」づくり体験をした保健師過程選択学生の学び
高尾茂子 古城幸子
日本看護研究学会中国四国地方会   2018年3月4日   
潜在看護職の復職不安と復職支援に関する研究の動向
中村芳子 古城幸子
日本看護研究学会中国四国地方会   2018年3月4日   
アセスメントデータベースシートの活用による入退院支援を行った看護師の認識―急性期中規模病院における入退院支援の必要性-
大塚久美恵 玉田泰子 古城幸子
第48回日本看護学会―看護管理―学術集会   2017年10月12日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
笑顔を引き出すテレビ電話を使った遠隔医療と在宅高齢者を支援するユビキタスコミュニケーションの効果に関する研究
厚生労働省: 医療安全・医療技術評価総合研究事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 古城幸子
岡山県北部参観地域の在宅高齢者の健康・生活相談におけるITの活用
川崎医学・医療福祉学術振興会: 平成17年度教育研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 古城幸子
岡山県北部山間地域の在宅高齢者の健康・生活相談におけるITの活用
岡山県医学振興会: 平成17年度教育助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 古城幸子
看護学生が在宅高齢者を対象に主体的に取り組んだ「サテライト・デイ」における学習効果
日本看護学教育学会: 研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 古城幸子
阿新地域の在宅高齢者への介護・福祉相談に関するITの活用
財団法人両備檉園記念財団: 平成15年度助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 古城幸子

社会貢献活動

 
成羽病院看護研究発表
【講師】  成羽病院  2018年1月22日
認知症サポーター養成講座
【講師】  吉備国際大学 作業療法学科  2017年12月15日
松田病院院内看護研究発表会
【助言・指導】  倉敷 松田病院  2017年12月3日
認知症のひとの理解と認知症予防
【講師】  大学コンソーシアム岡山・山陽新聞社  吉備創生カレッジ さん太キャンパス  2017年11月29日
医療と医療者教育のための質的研究とプロトコルセミナー・ワークショップ
【企画, 運営参加・支援】  吉備国際大学保健科学研究科・看護学科  2017年11月11日

教育業績

 
2007年4月   文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラムに選定
文部科学省の現代GPに選定され、3年間の助成を受けた。取組チームの中で、学科長として統括責任者として携わった。
取組テーマは、「電子カルテ教育システムによる看護基礎教育」
2007年4月   文部科学省の特色ある大学教育支援プログラムに選定
文部科学省の特色GPに選定され、3年間の女性を受けた。取組チームの中で学科長としての統括責任者として携わった。
取組テーマは、「質の高い看護職養成のための看護研究」
2006年4月   文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」選定
文部科学省の優れた教育実践を行っている大学に送られる大学改革推進等補助金を3年間授与された。取組責任者として、全体の統括を行った。
取組テーマは「地域のニーズに応える看護専門職養成」