Komatsu Youhei

J-GLOBAL         Last updated: Feb 14, 2019 at 11:50
 
Avatar
Name
Komatsu Youhei
Affiliation
Nishikyushu University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
小松 洋平, 青山 宏
作業療法佐賀 = The Saga journal of occupational therapy   5(1) 29-35   2016
小松洋平, 青山宏
臨床精神医学   43(5) 771-774   May 2014
小松洋平, 藤原和彦, 上城憲司, 小松千恵, 青山宏
臨床精神科作業療法研究   9(1) 48-51   Dec 2012
小松 洋平, 藤原 和彦, 上城 憲司
West kyushu journal of rehabilitation sciences   4(0) 65-68   2011
小松洋平, 小松千恵, 上城憲司, 浅野雅子, 青山宏
臨床精神科作業療法研究   7(1) 53-59   Mar 2010
小松 洋平, 上城 憲司, 青山 宏
柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要   6(0) 21-26   2010
小松 洋平, 上城 憲司, 納戸 美佐子
柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要   5(0) 6-9   2009
小松 洋平, 浅野 雅子, 上城 憲司
West kyushu journal of rehabilitation sciences   2(0) 33-37   2009

Misc

 
青山 宏, 小松 洋平, 青山 真美
作業療法佐賀 = The Saga journal of occupational therapy   4(1) 25-29   2014
藤原 和彦, 小松 洋平, 奥永 盛太
醫學と生物學 : 速報學術雜誌   157(6) 1101-1106   Jun 2013
大串 円香, 上城 憲司, 小松 洋平
The Japanese journal of occupational therapy   45(11) 1252-1258   Oct 2011
上城 憲司, 小松 洋平, 加藤 稔子
日本作業療法研究学会雑誌   14(1) 33-38   2011
藤原 和彦, 上城 憲司, 小松 洋平
柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要   7 22-27   2011
上城 憲司, 小松 洋平, 堀川 晃義
West kyushu journal of rehabilitation sciences   3 9-15   2010
上城 憲司, 小松 洋平, 納戸 美佐子
West kyushu journal of rehabilitation sciences   2 55-62   2009
浅野 雅子, 杉原 式穂, 小松 洋平
West kyushu journal of rehabilitation sciences   2 21-26   2009
上城 憲司, 白石 浩, 小松 洋平
柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要   4 13-17   2008
NAGAZUMI TATSUKI, KOMATSU YOUHEI, HORIE JUN
West Kyushu journal of rehabilitation sciences   1 47-50   2008
本研究は,IT機器(ライフコーダ)を用いて,特定高齢者介護予防教室(以下,教室)に参加している虚弱高齢者の日常活動量を測定し,教室の影響による身体機能の変化と運動の習慣化について検討した。教室開始10週後には,平均運動強度の全般的な活動量増加が見られ,特に,運動強度の5から7レベルにおいて有意な活動量の増加が認められた(p<0.01)。また,身体機能面では最大歩行速度やTUG,下肢筋力に有意な改善が認められた(p<0.01)。これらのことから,教室開始10週後には,強歩やジョギングなどに相...
ASANO MASAKO, SUGIHARA SHIHO, KOMATSU YOUHEI, AOYAMA HIROSHI
West Kyushu journal of rehabilitation sciences   1 15-19   2008
The purpose of this study was to examine the therapeutic effects of communal singing for schizophrenia. We analyzed an open ward with 14 subjects and an isolation ward with 10 subjects. Subjects were evaluated using the Positive and Negative Syndr...