小峯 敦

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/29 02:25
 
アバター
研究者氏名
小峯 敦
 
コミネ アツシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00262387
所属
龍谷大学
部署
経済学部 国際経済学科
職名
教授
学位
博士(経済学)(一橋大学)
その他の所属
Clare Hall, Cambridge

プロフィール

経済学史・経済思想の研究者。主にケンブリッジ学派(マーシャルからケインズへ)の知性史、経済政策思想を調べる。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
龍谷大学 経済学部 教授
 
2012年10月
 - 
2013年3月
京都大学 経済学部 非常勤講師
 
2011年10月
 - 
2011年10月
慶應義塾大学 通信教育部 非常勤講師
 
2009年9月
 - 
2010年9月
ケンブリッジ大学 クレアホール 客員研究員
 
2007年10月
 - 
2008年3月
一橋大学 経済研究所 客員准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
龍谷大学 経済学部 准教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 産業経営研究所 嘱託
 
2005年4月
 - 
2007年3月
龍谷大学 経済学部 助教授
 
2005年4月
 - 
2006年3月
新潟産業大学 経済学部 非常勤講師
 
1999年4月
 - 
2005年3月
新潟産業大学 経済学部 助教授
 
1999年4月
 - 
2005年3月
新潟大学 経済学部 非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2004年3月
一橋大学 経済学部 非常勤講師
 
2001年9月
 - 
2002年9月
エクセター大学 客員研究員
 
1995年4月
 - 
1999年3月
新潟産業大学 経済学部 専任講師
 
1994年4月
 - 
1995年3月
一橋大学 経済学部 助手
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
2020年3月
経済学史学会 幹事
 
2018年4月
 - 
2019年3月
経済学史学会  経済学史学会賞選考委員長
 
2017年4月
 - 
2019年3月
経済学史学会  代表幹事
 
2011年4月
 - 
2018年3月
ケインズ学会  幹事
 
2015年4月
 - 
2017年3月
経済学史学会  常任幹事(大会組織委員長)
 

受賞

 
1990年3月
一橋大学 内藤章記念賞 金融論・貨幣論に関する研究
 

論文

 
仲北浦 淳基, 小峯 敦
Journal of Ryukoku Economics   58(1)    2019年1月   [査読有り]
How to avoid war Federalism in L. Robbins and W. H. Beveridge
Komine Atsushi
WAR IN THE HISTORY OF ECONOMIC THOUGHT: ECONOMISTS AND THE QUESTION OF WAR   179-196   2018年   [査読有り]
The History of Economic Thought      2016年   [査読有り]
Komine Atsushi
INTERNATIONAL JOURNAL OF SOCIAL ECONOMICS   43(9) 917-930   2016年   [査読有り]
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   55(1) 1-35   2016年2月
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   51(4) 71-92   2012年2月
小峯 敦
経済学史研究   51(1) 60-75   2009年7月
Frederick Lavington (1881-1927) played a significant role as a node between Marshall's and Keynes's eras. While Marshall trusted the concept of an individual chivalrous entrepreneur, Keynes no longer depended on such an individual and placed his h...
Atsushi Komine
The History of Economic Thought   51(1) 60   2009年   [査読有り]
小峯 敦
経済学史研究   51(1) 60-75   2009年7月   [査読有り]

Misc

 
Atsushi Komine
War in the History of Economic Thought: Economists and the Question of War   179-196   2017年1月
© 2018 selection and editorial matter, Yukihiro Ikeda and Annalisa Rosselli; individual chapters, the contributors. Since the early 1930s, Lionel Robbins (1898-1984) and William H. Beveridge (1879-1963) had been the leaders on ‘how to avoid wars’....
小峯 敦
経済セミナー = The keizai seminar   (704) 48-52   2018年10月
小峯 敦, 石田 教子
経済セミナー = The keizai seminar   (691) 112-115   2016年8月
仲北浦 淳基, 小峯 敦
龍谷大学経済学論集   55(1) 49-66   2016年2月
Atsushi Komine
Keynes and his Contemporaries: Tradition and Enterprise in the Cambridge School of Economics   1-167   2014年5月
© 2014 Atsushi Komine. All rights reserved. This book examines how the Cambridge School economists, such as J. M. Keynes, constructed revolutionary theories and advocated drastic policies based on their ideals for social organizations and their pe...
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   51(4) 197-225   2012年2月
Atsushi Komine, Fabio Masini
The Dissemination of Economic Ideas   223-259   2011年12月
Atsushi Komine
No Wealth but Life: Welfare Economics and the Welfare State in Britain, 1880-1945   207-222   2010年1月
© Cambridge University Press 2010. INTRODUCTION It is generally accepted that the Beveridge Report, formally entitled the Social Insurance and Allied Services (1942), was ‘regarded as the main blueprint for the creation of the post-war welfare sta...
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   48(3) 191-202   2009年3月
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   47(1) 63-86   2007年10月
経済学会・編集委員会, 小峯 敦, 篠原 雅武, 村澤 真保呂
龍谷大学経済学論集   48(3) 191-212   2009年3月
小峯 敦
経済学史学会年報   (45) 91-94   2004年6月
小峯 敦
経済学史学会年報   38(38) 179-180   2000年
小峯 敦
龍谷大学経済学論集   45(4) 1-20   2006年3月

書籍等出版物

 
西沢 保, 平井 俊顕
ミネルヴァ書房   2018年   ISBN:9784623081035
Robbins Lionel Charles Robbins Baron, 小峯 敦, 大槻 忠史
京都大学学術出版会   2016年   ISBN:9784876988853
西沢 保, 小峯 敦, Backhouse Roger, 西沢 保, 中井 大介, Groenewegen Peter D., 藤井 賢治, 山崎 聡, 本郷 亮, Marcuzzo Maria Cristina, 永嶋 信二郎, 塩野谷 祐一, 姫野 順一, 松永 友有, 江里口 拓, 鈴村 興太郎
ミネルヴァ書房   2013年   ISBN:9784623063352
Hayek Friedrich A. von (Friedrich August), 小峯 敦, 下平 裕之
春秋社   2012年   ISBN:9784393622018
小峯 敦
ミネルヴァ書房   2011年3月   ISBN:4623058476
ライオネル ロビンズ (担当:共訳)
京都大学学術出版会   2016年1月   ISBN:4876988854
小峯 敦
ミネルヴァ書房   2011年   ISBN:9784623058471
ナカニシヤ出版   2010年5月   ISBN:4779504554
西沢 保, 小峯 敦 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2013年8月   ISBN:4623063356

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 小峯敦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 小峯敦
持続可能な福祉国家システムの歴史的・理論的研究
一橋大学経済研究所: 共同利用共同研究拠点事業プロジェクト研究
研究期間: 2011年5月 - 2012年3月    代表者: 小峯敦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 渡会勝義
分担者各自が本研究プロジェクトのテーマに沿って研究を行い、それぞれ学会発表等を行った。小峯敦(龍谷大学教授)は、本年度は協力研究者として参加した。そうした研究の成果の今年度の仕上げとして2010年3月8日早稲田大学において、国際シンポシウム「経済思想史における人口・貧困・福祉:国際比較」を、外国研究者3名を招聘し開催した。招聘外国研究者は、John Vint(Manchester Metropolitan University), Gilbert Faccarello(University...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 小峯敦
本研究の最終的な目的は「福祉国家理念の起源と現代性を確定する試み」である。当初の予定通り、本年度も昨年に続き、LSEの教授であったライオネル・ロビンズ、学長であったウィリアム・ベヴァリッジ、ケンブリッジ大学の講師であったフレデリック・ラヴィントンに注目した。その中で、次のような成果が出た。(1)経済学史学会・全国大会にて、「日本におけるロビンズの導入過程-1930年代と1950年代-」を発表したこと(2009.5)。これは新厚生経済学の提唱者であるロビンズが、いかに戦間期日本の文脈に導入さ...