根田昌典

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/27 18:59
 
アバター
研究者氏名
根田昌典
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10273434
所属
京都大学
部署
理学系研究科 (研究院)
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
   
 
京都大学 理学(系)研究科(研究院) 助教
 
2008年
 - 
2009年
京都大学 理学(系)研究科(研究院) 助教
 
2007年
 - 
2008年
京都大学 大学院・理学研究科 助教
 
2007年
 - 
2008年
京都大学 理学研究科 助教
 
2007年
   
 
京都大学 理学(系)研究科(研究院) 助手
 

受賞

 
2003年
NASA Group Achievement Award
 

論文

 
A comprehensive, simultaneous ocean and atmosphere observation north of the Kuroshio Extension in autumn 2009
Iwasaka, N., F. Kobashi, K. Uehara, E. Oka, M. Konda, T. Murayama, Y. Tanimoto, K. Kutsuwada, M. Kubota, K. Suzuki
海と空   89(3) 99-114   2014年   [査読有り]
A. Nagano; K. Ichikawa; H. Ichikawa; M. Konda; K. Murakami
Journal of Oceanography   69(3) 285-293   2013年   [査読有り]
M.F. Cronin; N.A. Bond; J. Thomas Farrar; H. Ichikawa; S.R. Jayne; Y. Kawai; M. Konda; B. Qiu; L. Rainville; H. Tomita
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   85 62-74   2013年   [査読有り]
実用的条件下での渦相関法とバルク法による海面乱流フラックスの比較
安藤雄太,立花義裕,根田昌典,内田誠,前川陽一,中村亨,仲里慧子
海と空   89(1) 1-8   2013年   [査読有り]
M. Konda; H. Ichikawa; H. Tomita; M.F. Cronin
Journal of Climate   23(19) 5206-5221   2010年10月   [査読有り]

Misc

 
Ocean mixing layer variation as indicated by the measurement of the dissipation rate in the Kuroshio Extension region
根田昌典
PICES      2012年10月
KT09-21淡青丸観測航海における乱流フラックス直接観測(II)
小野 珠実, 根田昌典, 塚本 修, 植原 量行, 近藤 文義, 轡田 邦夫, 岩坂 直人 (
日本海洋学会2011年度秋季大会講演要旨集   P11   2011年9月
Shipboard Measurement of Turbulent Fluxes by Eddy Covariance Technique in the Kuroshio Extension Region
Techno Ocean 2010      2010年10月
名倉 元樹, 根田 昌典, 芹澤 重厚
京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B   47 509-516   2004年4月

書籍等出版物

 
(1) 海は百面相
根田昌典 (担当:分担執筆, 範囲:2-1-01,2-1-02, 2-1-04節執筆)
京都通信社   2013年   
(3) 気候変動の解明に向けて: AMSR/AMSR-Eによる水惑星観測
根田昌典 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「大気と海洋の相互作用」執筆)
2005年   

競争的資金等の研究課題

 
人工衛星データを用いた大気海洋の熱的相互作用の研究
海洋混合層の熱収支に関する研究
衛星データを用いた大気海洋相互作用の研究