Yoshiaki Kondo

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2019 at 14:32
 
Avatar
Name
Yoshiaki Kondo
Affiliation
Nihon University
Section
School of Medicine

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Jan 1989
Research Fellow, Renal Physiology, Max Planck Institute of Biophysics
 
Apr 1984
 - 
Mar 1986
Postgraduate student, School of Medicine, Tohoku University
 
Apr 1984
 - 
Mar 1986
Research Student, Department of Pharmacology, Research Center, National Cardiovascular Center
 

Education

 
Apr 1975
 - 
Mar 1981
School of Medicine, Tohoku University
 

Published Papers

 
Misawa J, Ichikawa R, Shibuya A, Maeda Y, Arai I, Hishiki T, Kondo Y
BMC complementary and alternative medicine   19(1) 251   Sep 2019   [Refereed]
Misawa J, Ichikawa R, Shibuya A, Maeda Y, Hishiki T, Kondo Y
PloS one   13(9) e0203985   Sep 2018   [Refereed]
Misawa J, Ichikawa R, Shibuya A, Maeda Y, Hishiki T, Kondo Y
PloS one   13(7) e0200578   Jul 2018   [Refereed]
Ando F, Mori S, Yui N, Morimoto T, Nomura N, Sohara E, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Kagechika H, Uchida S
Nature communications   9(1) 1411   Apr 2018   [Refereed]
Uchida N, Kumagai N, Kondo Y
Advances in experimental medicine and biology   1103 199-218   2018   [Refereed]
Shibuya A, Misawa J, Maeda Y, Ichikawa R, Kamata M, Inoue R, Morimoto T, Nakayama M, Hishiki T, Kondo Y
Journal of evaluation in clinical practice   23(6) 1459-1465   Dec 2017   [Refereed]
Ichikawa R, Maeda Y, Shibuya A, Umesato Y, Kondo Y, Maeda T, Yoshino A, Takahashi S
Pediatric emergency care      Oct 2017   [Refereed]
Uchida N, Kushida Y, Kitada M, Wakao S, Kumagai N, Kuroda Y, Kondo Y, Hirohara Y, Kure S, Chazenbalk G, Dezawa M
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   28(10) 2946-2960   Oct 2017   [Refereed]
Teruyoshi Hishiki,Rie Ichikawa,Jimpei Misawa,Yukihiro Maeda,Akiko Shibuya,Yoshiaki Kondo
AMIA 2017, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Washington, DC, USA, November 4-8, 2017      2017   [Refereed]
Ando F, Sohara E, Morimoto T, Yui N, Nomura N, Kikuchi E, Takahashi D, Mori T, Vandewalle A, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Uchida S
Nature communications   7 13636   Nov 2016   [Refereed]
Uchida N, Kumagai N, Nozu K, Fu XJ, Iijima K, Kondo Y, Kure S
The Tohoku journal of experimental medicine   240(3) 251-257   Nov 2016   [Refereed]
根東義明, 森本哲司
腎と透析   80 320‐323   Jun 2016
【腎と透析診療指針2016】 (第10章)尿細管疾患等 Liddle症候群
根東 義明, 森本 哲司
腎と透析   80(増刊) 320-323   Jun 2016
Clinical overview of nephrogenic diabetes insipidus based on a nationwide survey in Japan.
Fujimoto M, Okada S, Kawashima Y, Nishimura R, Miyahara N, Kawaba Y, Hanaki K, Nanba E, Kondo Y, Igarashi T, Kanzaki S
Yonago acta medica   57(2) 85-91   Jun 2014   [Refereed]
ヘンレループの謎を追い求めて 今井正先生を偲ぶ
根東 義明
腎と透析   76(3) 422-426   Mar 2014
YAMAKITA KATSUO, KANNO NOBUYUKI, OMICHI HISASHI, KONDO YOSHIAKI, UMESATO YOSHIMASA
日本医療・病院管理学会誌   50(3) 189-197   Jul 2013
厚生労働省は、医薬品のトレーサビリティの確保に加え医薬品の取り違え事故防止等を目的として新バーコード表示を推進している。本研究は、保険薬局において、新バーコードを活用して医薬品のトレーサビリティを実現するためにどのような課題があるか検証し、さらに、医薬品の取り違え防止効果等にどのような効果があるか分析した。当保険薬局において、医薬品のトレーサビリティを実現するためには、システムの追加や既存システムの機能変更等、様々な課題があったが、医薬品の最終消費者である患者まで、処方薬の製造番号又は製造...
KONDO YOSHIAKI
腎と透析   74(4) 534-537   Apr 2013
(1)尿濃縮には、腎髄質外層での能動的NaCl再吸収と内層での受動的尿素貯留による腎髄質部の高浸透圧環境構築が基盤となる。(2)ヘンレの太い上行脚では、Na-K-2Cl共輸送体NKCC2を介して能動的に尿が希釈される。(3)集合管では、ADHのV2受容体への作用により、水チャネルAQP-2と尿素輸送体UT-A1の機能が活性化されて尿が濃縮される。(4)尿濃縮の調節は主に、抗利尿ホルモンADHの腎集合管V2受容体V2Rへの作用による。(5)最大尿濃縮能は、新生児・乳児で低く、2歳前後に成熟し...
KONDO YOSHIAKI
腎と透析   74(4) 538-540   Apr 2013
(1)希釈セグメントとも呼ばれる遠位尿細管と集合管が尿希釈に重要な役割を果たす。(2)尿希釈時には、抗利尿ホルモンの抗利尿作用が抑制されている。(3)尿希釈の基本機序は、希釈セグメントの水不透過性と能動的NaCl再吸収である。(4)最大希釈尿の浸透圧は50mOsm/kg前後であり、小児も成人も変わらない。(5)尿希釈能はサイアザイドなどの利尿薬で直接的に抑制される。(著者抄録)
小川圭介, 松本一則, 橋本真幸, 渋谷昭子, 根東義明
医療情報学連合大会論文集   32nd 436-439   Nov 2012
Yoshiaki Kondo
JOURNAL OF MEDICAL SYSTEMS   37(4) 9956   Aug 2012   [Refereed]
Inoue Ryusuke, Ohkubo Takayoshi, Kikuya Masahiro, Metoki Hirohito, Asayama Kei, Kanno Atsuhiro, Obara Taku, Hirose Takuo, Hara Azusa, Hoshi Haruhisa, Totsune Kazuhito, Satoh Hiroshi, Kondo Yoshiaki, Imai Yutaka
AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION   25(5) 568-575   May 2012   [Refereed]
KONDO Yoshiaki
Journal of Nihon University Medical Association   71(1) 77-79   Feb 2012
Akiko Shibuya,Ryusuke Inoue,Masaharu Nakayama,Shin Kasahara,Yukihiro Maeda,Yoshimasa Umesato,Yoshiaki Kondo
J. Medical Systems   37(4) 9956   2012   [Refereed]
森本哲司, 根東義明
小児内科   43(12) 2093-2096   Dec 2011
臨床検査の意義と限界 ADH
森本 哲司, 根東 義明
小児内科   43(12) 2093-2096   Dec 2011
Shibuya A, Inoue R, Ohkubo T, Takeda Y, Teshima T, Imai Y, Kondo Y
Blood pressure monitoring   16(5) 224-230   Oct 2011   [Refereed]
Nomura Naohiro, Tajima Masato, Sugawara Noriko, Morimoto Tetsuji, Kondo Yoshiaki, Ohno Mayuko, Uchida Keiko, Mutig Kerim, Bachmann Sebastian, Soleimani Manoocher, Ohta Eriko, Ohta Akihito, Sohara Eisei, Okado Tomokazu, Rai Tatemitsu, Jentsch Thomas J., Sasaki Sei, Uchida Shinichi
AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY   301(2) F297-F307   Aug 2011   [Refereed]
熊谷直憲, 小沼正栄, 入江正寛, 渡辺庸平, 菅原典子, 鎌田文顕, 森本哲司, 西村秀一, 根東義明, 土屋滋
日本小児腎臓病学会雑誌   24(1) 103-108   Apr 2011
臍帯血移植後にアデノウイルス出血性膀胱炎から尿管炎と水腎症を来したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病症例を経験した。7歳男児、フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対して臍帯血移植が行われた。生着が認められたが、移植後40日目より発熱、排尿痛、肉眼的血尿が認められた。画像検査で両側腎の腎盂拡張と右尿管の拡張および粘膜肥厚、膀胱粘膜の肥厚が認められた。尿よりアデノウイルスが分離培養されたため、アデノウイルス出血性膀胱炎から尿管炎と水腎症を来したと考えられた。リンパ球の増加と...
【小児の酸塩基平衡Q&A-異常へのアプローチ-】 酸塩基平衡異常と電解質 代謝性アシドーシスでは高K+血症が起きやすく、代謝性アルカローシスでは低K+血症が起きやすい理由
根東 義明
小児科学レクチャー   1(1) 77-82   Apr 2011
<point>●酸塩基平衡の変化が最も異常をひき起こす電解質はK+である。●K+代謝は、細胞内外間・腸管・腎でのK輸送の総和であり、酸塩基平衡に基く影響される。●急性の酸塩基平衡障害では、まず細胞内外間のK+移動により血清K+濃度が変化する。●慢性の酸塩基平衡障害では、主に尿中K+排泄がアシドーシスで抑制されて高K+血症が、アルカローシスで増加して低K+血症が起こる。●アルドステロンは、集合管主細胞のK+分泌と介在細胞のH+分泌を促進することにより、血清のK+低下とアルカローシスをひき起こ...
KONDO Yoshiaki
The Japanese journal of nephrology   53(2) 177-180   Mar 2011
根東義明
日本腎臓学会誌   53(2) 177-180   Mar 2011
Keisuke Ogawa,Kazunori Matsumoto,Masayuki Hashimoto,Tatsuaki Hamai,Yoshiaki Kondo
HEALTHINF 2011 - Proceedings of the International Conference on Health Informatics, Rome, Italy, 26-29 January, 2011   405-410   2011   [Refereed]
水電解質・腎機能に関する最近の話題 キーワードから学ぶ Aquaporin
根東 義明
腎と透析   69(5) 537-540   Nov 2010
Sugawara N, Morimoto T, Farajov EI, Kumagai N, Aslanova UF, Rai T, Uchida S, Sasaki S, Tsuchiya S, Kondo Y
Pflugers Archiv : European journal of physiology   460(1) 197-205   Jun 2010   [Refereed]
根東義明, 森本哲司
小児科診療   73 713-716   Apr 2010
水電解質異常
根東 義明
小児科学レビュー   2010 139-146   Apr 2010
小児科臨床の場で遭遇する様々な水電解質異常を、ナトリウム代謝とその異常、カリウム代謝とその異常、カルシウム、リン、マグネシウムの代謝とその異常、水代謝とその異常、酸塩基平衡異常などに分け、最近の論文の中から重要と思われるものについて私見を併せ解説した。低ナトリウム血症の病態と治療、呼吸器感染症の重篤度と低ナトリウム血症との相関、高カリウム血症におけるアンモニア産生を介したアシドーシス誘発、CaSR刺激薬の臨床応用、水代謝におけるV2受容体拮抗薬の開発と心不全急性期への臨床応用等について述べた。
【小児の治療指針】 腎・尿路 尿細管疾患
根東 義明, 森本 哲司
小児科診療   73(増刊) 713-716   Apr 2010
Inoue R, Ohkubo T, Kikuya M, Metoki H, Asayama K, Kanno A, Obara T, Hirose T, Hara A, Hoshi H, Totsune K, Satoh H, Kondo Y, Imai Y
Stroke   40(8) 2859-2861   Aug 2009   [Refereed]
根東義明
岩手県立病院医学会雑誌   49(1) 53-55   Jul 2009
21世紀に入り、世界的にも電子情報システムが大きく発展する中、医療の分野でも、様々な目的を持って電子情報化が進められてきている。しかし診療現場では、急激な電子情報化による様々な矛盾が生じた結果、電子情報化が必ずしも医療にとって好ましい方向性を持っていないのではないかという疑問すら生じている。こうした中で、医学医療における電子情報化の本当の目的は何か、そのメリットとデメリットは何か、そしてデメリットを克服した先にある電子情報化のあるべき姿は何かという点に焦点を当てて、情報学の立場から論を展開...
森本哲司, 根東義明
腎と透析   67(1) 49-52   Jul 2009
【アンモニア代謝と酸塩基調節】 Fanconi症候群とNH3代謝
森本 哲司, 根東 義明
腎と透析   67(1) 49-52   Jul 2009
根東義明
日本小児腎臓病学会雑誌   22(1) 70-71   Jun 2009
菅原典子, 森本哲司, 熊谷直憲, 村田弥栄子, 菅原由美, 加藤潔, 佐藤寿伸, 根東義明, 土屋滋
日本小児腎臓病学会雑誌   22(1) 1-5   Apr 2009
近年、各種腎不全治療の目覚ましい進歩により、小児末期慢性腎不全の生命予後は著しく改善している。しかし、精神発達遅滞や合併奇形を伴う場合、患者の遅滞や障害の程度、家族のサポート状況などを踏まえ、個々に腎代替治療の適応を判断する必要がある。今回われわれは、精神発達遅滞を伴う末期慢性腎不全の3症例に血液透析(hemodialysis:HD)を導入した。いずれの症例も成人年齢に達していたが、家族の希望があり、当科で治療を行っていた。3症例とも、家族の患者や病気に対する考え方の変化や、患者自身の精神...
Saito H, Takahashi S, Nagata M, Tsuchiya T, Mugishima H, Yan K, Kondo Y, Matsuyama T, Sekine T, Igarashi T
Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   24(3) 609-612   Mar 2009   [Refereed]
根東義明, 森本哲司
小児内科   41(2) 174-179   Feb 2009
Ohsaga A, Murata Y, Kondo Y, Hira R, Maruyama Y
The journal of physiological sciences : JPS   58(6) 363-369   Dec 2008   [Refereed]
森本哲司, 根東義明
小児内科   40 905-908   Nov 2008
根東義明
腎と透析   65(5) 645-649   Nov 2008
菅原典子, 森本哲司, 熊谷直憲, 土屋滋, 村田弥栄子, 菅原由美, 加藤潔, 佐藤寿伸, 根東義明
日本小児腎臓病学会雑誌   21(2) 253-254   Nov 2008
【小児疾患診療のための病態生理】 腎・泌尿器疾患 腎性尿崩症
森本 哲司, 根東 義明
小児内科   40(増刊) 905-908   Nov 2008
【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病のフォローアップシステム IT活用によるケアー体制の充実 電子カルテの活用 勤務医の立場
根東 義明
日本臨床   66(増刊9 新時代の糖尿病学(4)) 558-563   Nov 2008
Farajov EI, Morimoto T, Aslanova UF, Kumagai N, Sugawara N, Kondo Y
The Tohoku journal of experimental medicine   216(1) 7-15   Sep 2008   [Refereed]
SAITO Hiroshi, TAKAHASHI Shori, TUCHIYA Tatsuyuki, NAGATA Michio, YAN Kunimasa, KONDO Yoshiaki, MATSUYAMA Takeshi, SEKINE Takashi, IGARASHI Takashi
Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi   21(1) 55-59   Apr 2008
  Resent advances in podocyte biology indicated that the main cause of the heavy proteinuria in nephrotic syndrome (NS) is a dysfunction of slit diaphragm. On the other hand, we need to consider the theory of charge selective barrier dysfunction o...
熊谷直憲, 菅原典子, 西野美奈子, 西尾利之, 森本哲司, 根東義明, 土屋滋
日本小児腎臓病学会雑誌   21(1) 65-70   Apr 2008
6歳、女児。父がDenys-Drash症候群であり、26歳時より腎機能低下が進行し、31歳時に血液透析が導入された。本児は8ヵ月時に両側のWilms腫瘍と診断され、JWITS Regimen EE-4Aに従い化学療法が行われたが、腫瘍の縮小が認められず両側腫瘍摘出術を受けた。父親および患児の末梢血、および患児のWilms腫瘍からWT1遺伝子のR390Xを来たすナンセンス変異が検出された。1歳8ヵ月時より尿蛋白が出現し次第に増悪したため、5歳時に開放腎生検が施行された。病理組織学的に巣状糸球...
【腎・尿路疾患 ABCと新たな展開】 尿細管疾患の病態と治療 偽性低アルドステロン症
根東 義明, 森本 哲司
小児科診療   71(2) 311-316   Feb 2008
Tanaka H, Oki E, Tsuruga K, Sato N, Matsukura H, Matsunaga A, Kondo Y, Suzuki J
Nephron. Clinical practice   110(2) c73-9   2008   [Refereed]
【輸液のすべて 基本から実際まで】 輸液に必要な知識 尿の濃縮および希釈機構
菅原 典子, 森本 哲司, 根東 義明
腎と透析   63(増刊) 55-60   Dec 2007
【腎・泌尿器疾患診療マニュアル 小児から成人まで】 尿細管機能異常症 腎性尿崩症
根東 義明
日本医師会雑誌   136(特別2) S252-S253   Oct 2007
Inoue R, Ohkubo T, Kikuya M, Metoki H, Asayama K, Obara T, Hirose T, Hara A, Hoshi H, Hashimoto J, Totsune K, Satoh H, Kondo Y, Imai Y
American journal of hypertension   20(10) 1125-1131   Oct 2007   [Refereed]
Yang SS, Morimoto T, Rai T, Chiga M, Sohara E, Ohno M, Uchida K, Lin SH, Moriguchi T, Shibuya H, Kondo Y, Sasaki S, Uchida S
Cell metabolism   5(5) 331-344   May 2007   [Refereed]
免疫抑制薬の臨床応用実践論 小児ネフローゼ
熊谷 直憲, 根東 義明
炎症と免疫   15(2) 258-261   Feb 2007
小児ネフローゼとは高度蛋白尿、低蛋白血症、低アルブミン血症、浮腫を生じる疾患であり、治療においてはステロイドが中心となる。ステロイドの副作用が著しい例、頻回再発例やステロイド依存性の強い例、ステロイド抵抗性の例においては免疫抑制薬が併用されている。日本において小児ネフローゼに頻用される免疫抑制薬にはシクロスポリン、シクロホスファミド、ミゾリビンがある。免疫抑制薬の使用によりステロイドの副作用の軽減、頻回再発の軽減やステロイド依存性の改善、寛解導入例の増加が得られている。(著者抄録)
Nishino M, Morimoto T, Nishio T, Aslanova UF, Farajov EI, Kumagai N, Sugawara N, Takahashi S, Ohsaga A, Maruyama Y, Tsuchiya S, Kondo Y
Pediatric research   61(2) 171-175   Feb 2007   [Refereed]
C. N. Inoue, Y. Chiba, T. Morimoto, T. Nishio, Y. Kondo, M. Adachi, S. Matsutani
Clinical Nephrology   67 298-305   Jan 2007
The exact pathophysiology of HSN remains elucidated. Hence, a therapeutic strategy that enables curative treatments for all the various grades of HSN patients has yet to be established. We report our experience performing tonsillectomy combined wi...
Keiko Hosohata, Shin Saito, Kei Asayama, Kei Asayama, Takayoshi Ohkubo, Takayoshi Ohkubo, Masahiro Kikuya, Hirohito Metoki, Taku Obara, Tetsuo Kato, Junichiro Hashimoto, Junichiro Hashimoto, Kazuhito Totsune, Kazuhito Totsune, Yukio Miura, Yutaka Imai, Yutaka Imai, Yutaka Imai, Kikuo Arakawa, Masatoshi Fujishima, Jun Fujii, Koushiro Fukiyama, Shigeru Hisamichi, Osamu Iimura, Masao Ishii, Teruo Omae, Takao Saruta, Kaoru Yoshinaga, Isao Abe, Kouji Abe, Teruo Abukawa, Terunao Ashida, Nobutaka Dohba, Tanenao Etoh, Akio Fujimura, Toshiro Fujita, Akio Fukui, Toshikazu Gotoh, Hitoshi Hama, Takuzo Hano, Hiroshi Hayashi, Noriaki Hayashida, Masato Hayashi, Katsuhiko Hiramori, Yasunobu Hirai, Yukio Hirata, Kunio Hiwada, Kazuhito Hora, Shuichi Ichikawa, Toshiho Iida, Toshio Ikeda, Tsutomu Imaizumi, Kinji Ishikawa, Ichisuke Ito, Masaaki Ito, Sadayoshi Ito, Daisuke Iwaoka, Ken Kanamasa, Takashi Katagiri, Shigehiro Katayama, Hiroshi Kawamura, Yuhei Kawano, Hiroshi Kida, Kenjiro Kikuchi, Genjiro Kimura, Kenjiro Kimura, Hiroshi Kitaoka, Shoutai Kobayashi, Katsuhiko Kohara, Shunichi Kojima, Issei Komuro, Hiroo Kumagai, Yuji Kumagai, Eiji Kusano, Toshio Kushiro, Iwao Kuwajima, Yukio Maruyama, Fumiaki Masani, Hiroaki Matsubara, Tatsuaki Matsubara, Masayasu Matsumoto, Hiroaki Matsuoka, Hideo Matsuura, Yasuo Mishima, Mamoru Miura, Isamu Miyamori, Hideki Mori, Hidenori Murakami, Hiromi Muratani, Motoya Nakagawa, Kazuwa Nakao, Mitsuhide Naruse, Ichiro Nishio, Toshio Ogihara, Masahiro Ohta, Kuniaki Ohtsuka, Youichi Ohtsuka, Yasuyoshi Ohuchi, Shinichi Oikawa, Masaaki Okabe
Clinical and Experimental Hypertension   29 69-81   Jan 2007
The Hypertension Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure (HOMED-BP) Study is the first large-scale intervention trial in Japan using a PROBE design to determine an optimal target blood pressure (BP) level o...
Aslanova UF, Morimoto T, Farajov EI, Kumagai N, Nishino M, Sugawara N, Ohsaga A, Maruyama Y, Tsuchiya S, Takahashi S, Kondo Y
The Tohoku journal of experimental medicine   210(4) 291-300   Dec 2006   [Refereed]
Uematsu M, Sakamoto O, Nishio T, Ohura T, Matsuda T, Inagaki T, Abe T, Okamura K, Kondo Y, Tsuchiya S
American journal of medical genetics. Part A   140(21) 2355-2360   Nov 2006   [Refereed]
【小児疾患の診断治療基準】 泌尿・生殖器疾患 間質性腎炎
根東 義明, 森本 哲司
小児内科   38(増刊) 614-615   Nov 2006
Inoue R, Ohkubo T, Kikuya M, Metoki H, Asayama K, Obara T, Hoshi H, Hashimoto J, Totsune K, Satoh H, Kondo Y, Imai Y
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   48(5) 877-882   Nov 2006   [Refereed]
糸球体疾患におけるcharge selective barrier機能の検討
高橋 昌里, 村上 仁彦, 舩木 聡, 原田 研介, 和田 尚弘, 楊 国昌, 根東 義明, 長田 道夫
発達腎研究会誌   14(1) 36-41   Sep 2006
従来ネフローゼ症候群は糸球体基底膜におけるcharge barrierの破綻により発症すると考えられてきたが、最近ではslit diaphragmの機能破綻が想定され、charged dextran polymerを用いたcharge barrier機能の研究の方法論における問題が明らかとなってきた。そこで著者等はIgAとIgGのクリアランス比から尿タンパク質の荷電選択性について113名の糸球体疾患患児(Alport症候群;8名・紫斑病性腎炎;20名・IgA腎症;39名・膜性増殖性腎炎;5...
Kondo Y, Morimoto T, Nishio T, Aslanova UF, Nishino M, Farajov EI, Sugawara N, Kumagai N, Ohsaga A, Maruyama Y, Takahashi S
Clinical and experimental nephrology   10(3) 165-174   Sep 2006   [Refereed]

Misc

 
【医療情報をどう活用するか】医療における情報学とは
根東 義明
JOHNS   35(10) 1395-1398   Oct 2019
免疫染色ガイドによる病理診断支援のためのアプリ開発の検討
中西 陽子, 五味 悠一郎, 廣谷 ゆかり, 西巻 はるな, 小林 博子, 大荷 澄江, 楠美 嘉晃, 唐 小燕, 根東 義明, 増田 しのぶ
日本病理学会会誌   108(1) 442-442   Apr 2019
【Muse細胞-現状と将来展望-】腎不全におけるMuse細胞を用いた治療戦略
内田 奈生, 熊谷 直憲, 根東 義明
血液フロンティア   29(2) 205-214   Jan 2019
<文献概要>腎臓は生体の恒常性の維持に重要な役割を果たしており,腎機能が低下すると高血圧,浮腫,電解質異常,心不全などが起こる。慢性腎臓病の患者数は増加の一途であるが,現行の治療は対症療法や進行抑制にとどまり,失われた腎機能を回復する手段は腎移植のみである。そのため,腎臓の再生医療に期待が寄せられ,研究が進められている。本稿では,腎臓病に対する幹細胞治療の現状,Muse細胞を用いた腎臓病治療の基礎実験と展望を紹介する。
病理診断ガイドアプリケーションの検討
高橋 遼, 五味 悠一郎, 中西 陽子, 増田 しのぶ, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   38回 946-948   Nov 2018
FMP-API-1はバゾプレシンに匹敵するAQP2水チャネル活性化作用を持つ 新規腎性尿崩症治療薬の開発
安藤 史顕, 油井 直史, 森本 哲司, 野村 尚弘, 蘇原 映誠, 頼 建光, 佐々木 成, 根東 義明, 内田 信一
日本腎臓学会誌   60(3) 335-335   Apr 2018
医療事故の発生に関与した小児科医の感情因子に関する事例分析
市川 理恵, 三澤 仁平, 前田 幸宏, 渋谷 昭子, 日紫喜 光良, 根東 義明
日大医学雑誌   77(1) 70-70   Feb 2018
東日本大震災以前の精神的健康状態に関する生態学的研究
三澤 仁平, 市川 理恵, 渋谷 昭子, 前田 幸宏, 日紫喜 光良, 根東 義明
日大医学雑誌   77(1) 70-70   Feb 2018
日本医療・病院管理学会 重点用語事典(2017)の作成 学術情報委員会活動報告
池崎 澄江, 伊藤 弘人, 伊藤 道哉, 千葉 宏毅, 岡田 美保子, 折井 孝男, 加藤 多津子, 根東 義明, 相馬 孝博, 副島 秀久, 山下 哲郎, 山本 光昭, 前田 光哉, 日本医療病院管理学会学術情報委員会
日本医療・病院管理学会誌   54(Suppl.) 129-129   Sep 2017
小児科での医療事故発生過程における医師の感情因子の影響の検討
市川 理恵, 三澤 仁平, 前田 幸宏, 渋谷 昭子, 日紫喜 光良, 根東 義明
医療の質・安全学会誌   11(Suppl.) 265-265   Oct 2016
単一検体を用いた同時多項目(呼吸器ウイルス)測定システムの試み
西村 光司, 西村 佑美, 三井 元子, 釼持 順子, 伊達 正恒, 根東 義明, 高橋 昌里
日本小児科学会雑誌   120(2) 405-405   Feb 2016
夜尿症をモデルとした自己管理情報のクラウド連携システム構築の試み
根東 義明, 木暮 洋司, 渋谷 昭子, 前田 幸宏, 市川 理恵, 鈴木 晴奈, 日紫喜 光良
医療情報学連合大会論文集   35回 1312-1314   Nov 2015
処方せんの多目的性分析による医療安全へのアプローチ
渋谷 昭子, 根東 義明
医療の質・安全学会誌   10(Suppl.) 309-309   Oct 2015
RAAS blockの開始時期により腎機能の経過が異なった常染色体劣性Alport症候群の3姉弟例
内田 奈生, 熊谷 直憲, 付 学軍, 野津 寛大, 飯島 一誠, 根東 義明, 呉 繁夫
日本小児腎臓病学会雑誌   28(1Suppl.) 124-124   Jun 2015
医療IT化時代の医療安全と医療情報システムの未来
根東 義明
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   33(2) 25-25   Jun 2015
慢性腎臓病モデルに対するMuse細胞を用いた細胞治療の検討
内田 奈生, 若尾 昌平, 串田 良祐, 熊谷 直憲, 出澤 真理, 呉 繁夫, 根東 義明
日本腎臓学会誌   57(3) 601-601   Apr 2015
西藤成雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   141‐147   2014
西藤成雄, 中山裕雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   125‐140   2014
西藤成雄, 中山裕雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   148‐162   2015
西藤成雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   163‐169   2015
西藤成雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
新興・再興感染症の発生に備えた感染症サーベイランスの強化とリスクアセスメント 平成27年度 総括・分担研究報告書   137‐142   2016
西藤成雄, 宝樹真理, 根東義明, 砂川富正, 谷口清洲, 松井珠乃
新興・再興感染症の発生に備えた感染症サーベイランスの強化とリスクアセスメント 平成27年度 総括・分担研究報告書   121‐136   2016
思考過程におけるインシデントの分析方法とその臨床応用に関する一考察
根東 義明, 渋谷 昭子, 森本 哲司, 高橋 昌里, 近藤 克幸
医療の質・安全学会誌   8(Suppl.) 406-406   Oct 2013
思考インシデント分析による医療安全へのアプローチ
根東 義明, 渋谷 昭子, 森本 哲司, 高橋 昌里, 近藤 克幸
日本クリニカルパス学会誌   15(4) 494-494   Oct 2013
問題指向型連続タイムラインビューによるモバイル端末を用いた医療情報の効率的活用
渋谷 昭子, 小川 圭介, 松本 一則, 橋本 真幸, 前田 幸宏, 梅里 良正, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   32回 360-361   Nov 2012
同居家族の喫煙は脳卒中発症の危険因子である 大迫研究
井上 隆輔, 大久保 孝義, 菊谷 昌浩, 関 真美, 浅山 敬, 目時 弘仁, 小原 拓, 廣瀬 卓男, 原 梓, 橋本 貴尚, 佐藤 倫広, 星 晴久, 戸恒 和人, 根東 義明, 今井 潤
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   35回 400-400   Sep 2012
慢性腎疾患の臨床と研究におけるタイムライン診療記録の有用性に関する理論検証
根東 義明, 森本 哲司, 高橋 昌里
日本腎臓学会誌   54(3) 248-248   Apr 2012
急速進行性糸球体腎炎を呈したループス腎炎の1女児例
鎌田 文顕, 熊谷 直憲, 中山 真紀子, 守谷 充司, 佐藤 優子, 内田 奈生, 菅野 潤子, 土屋 滋, 呉 繁夫, 森本 哲司, 藤井 邦裕, 伊藤 健, 石田 和之, 渡辺 みか, 佐藤 博, 根東 義明
日本小児科学会雑誌   116(3) 609-609   Mar 2012
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 遊免治仁
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書   119-125   2012
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 中山裕雄
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書   105-118   2012
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 中山裕雄
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   267-280   2012
歯磨剤によると思われる高リン血症をきたした腹膜透析患者の1例
西野 美奈子, 西尾 利之, 勝島 史夫, 森本 哲司, 永野 千代子, 藤原 幾磨, 小川 英伸, 根東 義明, 飯沼 一宇
腎と骨代謝   17(4) 396-396   Oct 2004
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 遊免治仁
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   281-287   2012
【腎髄質の機能と病態】 尿濃縮機構の系統発生と個体発生
根東 義明
腎と透析   57(4) 444-450   Oct 2004
根東義明, 森本哲司
腎性尿崩症の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書   44-50   2012
過期産ラットを用いたヘンレの細い上行脚(tAL)の新生児期における形質転換機序の解析
西尾 利之, 森本 哲司, 熊谷 直憲, ウルビヤ・アスラノバ, 西野 美奈子, 根東 義明, 飯沼 一宇, 内田 信一
日本小児腎臓病学会雑誌   17(1Suppl.) 121-121   Jun 2004
根東義明, 森本哲司
腎性尿崩症の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   19-24   2012
両側の腎臓に石灰化を来たした2歳児のサルコイドーシス
熊谷 直憲, 堤 和泉, 勝島 史夫, 藤原 幾磨, 奈良 正之, 根東 義明, 飯沼 一宇
日本小児腎臓病学会雑誌   17(1Suppl.) 135-135   Jun 2004
急速進行性糸球体腎炎を呈したループス腎炎の1女児例
鎌田 文顕, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 守谷 充司, 佐藤 優子, 内田 奈生, 中山 真紀子, 菅野 潤子, 土屋 滋, 藤井 邦裕, 伊藤 健, 石田 和之, 渡辺 みか, 佐藤 博, 根東 義明
日本小児腎臓病学会雑誌   24(2) 272-273   Nov 2011
Fanconi症候群様所見を呈したミトコンドリア病の一女児例
西野 美奈子, 西尾 利之, 藤原 幾磨, 柳田 紀之, 熊谷 直憲, 勝島 史夫, 森本 哲司, 大浦 敏博, 根東 義明, 飯沼 一宇, 土屋 滋, 久間木 悟, 峯岸 正好, 宮林 重明, 工藤 充哉
日本小児腎臓病学会雑誌   17(1Suppl.) 140-140   Jun 2004
課題指向型タイムラインによる新しいパス表現の理論検証
根東 義明, 渋谷 昭子, 前田 幸宏, 梅里 良正
日本クリニカルパス学会誌   13(4) 383-383   Nov 2011
バルプロ酸によるFanconi症候群に伴い頻回の骨折をきたした小児脳性麻痺患者の2例
藤原 幾磨, 勝島 史夫, 西尾 利之, 森本 哲司, 小川 英伸, 萩野谷 和裕, 根東 義明, 飯沼 一宇
脳と発達   36(2) 171-171   Mar 2004
中年者におけるヘルスリテラシーと血圧との関連に関する検討
渋谷 昭子, 井上 隆輔, 前田 幸宏, 梅里 良正, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   31回 539-540   Nov 2011
【腎炎・ネフローゼ:そこが知りたい】 尿中低分子蛋白とは何のことですか?
根東 義明
小児内科   36(2) 291-292   Feb 2004
同居家族の喫煙は家庭高血圧発症の危険因子である 大迫研究
井上 隆輔, 大久保 孝義, 菊谷 昌浩, 関 真美, 浅山 敬, 目時 弘仁, 小原 拓, 廣瀬 卓男, 原 梓, 橋本 貴尚, 佐藤 倫広, 星 晴久, 戸恒 和人, 佐藤 洋, 根東 義明, 今井 潤
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回 527-527   Oct 2011
電子カルテは外来小児科をどう変えるか
根東 義明
外来小児科   6(4) 365-370   Dec 2003
NTT東日本関東病院における電子カルテの新しい展開 タイムラインの導入に向けて
石原 照夫, 根東 義明, 落合 慈之
日本医療マネジメント学会雑誌   12(Suppl.) 223-223   Jun 2011
【水・電解質異常症】 水・電解質調節機構の特徴 小児
西野 美奈子, 西尾 利之, 根東 義明
小児内科   35(11) 1766-1770   Nov 2003
偽性低アルドステロン症II型患児における遺伝子変異解析
鎌田 文顕, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 中山 真紀子, 根東 義明
日本腎臓学会誌   53(3) 440-440   May 2011
早期より腎機能の悪化を認めた,メチルマロン酸血症の一例
大浦 敏博, 坂本 修, 西尾 利之, 根東 義明, 飯沼 一宇, 虻川 大樹, 三上 仁
特殊ミルク情報(先天性代謝異常症の治療)   (39) 43-47   Nov 2003
男児.日齢25頃より哺乳力低下,嘔吐,けいれん様の症状がみられ,夜間に呼吸困難も出現した.著明な代謝性アシドーシスと高アンモニア血症が認められた.先天代謝異常症を疑いメイロンによるアシドーシス補正に加えて交換輸血,腹膜透析更には高カロリー輸液,各種ビタミン投与を開始した.入院時の尿有機酸分析によりメチルマロン酸血症と診断された為,日齢37よりS-22ミルクを開始し,更に日齢44よりS-23ミルクを併用した.又,ビタミンB12,カルニチンも併用し,日齢78に退院となった.3歳11ヵ月からは尿...
学校検尿を契機に発見されたANCA関連血管炎の1例
鎌田 文顕, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 菅野 潤子, 箱田 明子, 土屋 滋, 石田 和之, 渡辺 みか, 佐藤 博, 根東 義明
日本小児腎臓病学会雑誌   24(1) 147-147   Apr 2011
医学部情報教育施設におけるネットワークブート型Windows PCクライアントの導入効果
大佐賀 敦, 佐藤 大, 志澤 聡一郎, 大沼 祥子, 古関 義人, 國井 重男, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   23回 776-777   Nov 2003
臍帯血移植後にアデノウイルス出血性膀胱炎から尿管炎と水腎症を来したPh+ALLの1男児例
熊谷 直憲, 小沼 正栄, 入江 正寛, 渡辺 庸平, 菅原 典子, 鎌田 文顕, 森本 哲司, 土屋 滋, 根東 義明
日本小児腎臓病学会雑誌   24(1) 147-148   Apr 2011
大学病院に特化したグループウェアの開発
大沼 祥子, 佐藤 大, 坂部 祐子, 神谷 秀美, 遠藤 慶子, 鈴木 由美, 水上 冨士子, 大佐賀 敦, 志澤 聡一郎, 古関 義人, 國井 重夫, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   23回 802-806   Nov 2003
小児にステロイドを内服させる時
根東 義明
日本皮膚科学会雑誌   121(4) 718-719   Mar 2011
編集可能なテンプレートにより入力できる多施設共同症例集積研究支援サイトのプロトタイプ開発
古関 義人, 渡辺 淳, 柴 信行, 篠崎 毅, 王 文輝, 岩渕 薫, 大佐賀 敦, 大沼 祥子, 志澤 聡一郎, 佐藤 大, 國井 重男, 根東 義明, 白土 邦男
医療情報学連合大会論文集   23回 838-840   Nov 2003
メチルマロン酸血症患児における血液透析時の血中メチルマロン酸濃度についての検討
鎌田 文顕, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 中山 真紀子, 菅野 潤子, 坂本 修, 呉 繁夫, 土屋 滋, 大浦 敏博, 根東 義明
日本小児科学会雑誌   115(2) 387-387   Feb 2011
ZOPEを利用した病理診断書情報管理システム 分散型電子カルテへの応用の可能性の検討
志澤 聡一郎, 古関 義人, 佐藤 大, 大佐賀 敦, 大沼 祥子, 國井 重雄, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   23回 857-858   Nov 2003
MLインフルエンザ流行前線情報データベースから見たA/H1N1(2009)の臨床症状
西藤 成雄, 宝樹 真理, 根東 義明, 砂川 富正, 谷口 清洲
日本小児科学会雑誌   115(2) 397-397   Feb 2011
WebブラウザのJavaScript実装
佐藤 大, 大佐賀 敦, 志沢 聡一郎, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   23回 869-870   Nov 2003
有志医師による「RSウイルス・オンライン・サーベイ」の運用について
西藤 成雄, 宝樹 真理, 根東 義明, 砂川 富正, 谷口 清洲
日本小児科学会雑誌   115(2) 401-401   Feb 2011
尿濃縮機構の発生・発達そして病態・治療
根東 義明
日本腎臓学会誌   47(6) 698-698   Aug 2005
シクロスポリン投与により尿蛋白減少し得たアルポート症候群の1例
西野 美奈子, 西尾 利之, 森本 哲司, 千葉 明子, 勝島 史夫, 根東 義明, 佐藤 博, 高橋 昌里
日本小児科学会雑誌   107(8) 1132-1132   Aug 2003
尿濃縮の正常と異常
根東 義明
日本小児腎臓病学会雑誌   18(1Suppl.) 67-67   Apr 2005
【プライマリケアのための検診・人間ドックの構築のコツ】 乳児健診における身体所見の留意すべきポイント
大沼 祥子, 根東 義明, 飯沼 一宇
治療   85(8) 2284-2288   Aug 2003
乳児健診外来は,一般外来と別に設け,予約制とし,スタッフと業務を分担する.診察前に母子手帳などから事前に情報を入手し,的確な診察を行えるよう心がける.視診・聴診・触診及び発達の診察を順序だてて,もれなく行えるよう工夫する.乳児期前半では,発達に問題のある児を注意深く観察し,後半では,それをある程度確定し,更に軽度の発達異常児の発見に努め,適切な対策を講じていく
腹膜透析を離脱しえたRenal Tubular Dysgenesisの1例
西尾 利之, 植松 貢, 平井 真紀子, 熊谷 直憲, 西野 美奈子, 松田 直, 根東 義明, 飯沼 一宇, 稲垣 徹史
日本小児腎臓病学会雑誌   18(1Suppl.) 107-107   Apr 2005
オンラインを利用したインフルエンザ流行情報収集と公開について
西藤 成雄, 砂川 富正, 宝樹 真理, 根東 義明
外来小児科   6(2) 194-195   Jul 2003
腎浸潤による急性腎不全で発症した小児急性リンパ性白血病の一例
西野 美奈子, 西尾 利之, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 平井 真紀子, 根東 義明, 飯沼 一宇, 佐藤 篤, 今泉 益栄
日本小児腎臓病学会雑誌   18(1Suppl.) 166-166   Apr 2005
医療薬学関連文献検索システム(e-Motion)の制作
石渡 俊二, 佐藤 大, 猪岡 京子, 全田 文子, 中川 直人, 高桑 直美, 高橋 克史, 天野 郁子, 和泉 宇一郎, 富岡 佳久, 古関 義人, 大槻 昌夫, 根東 義明, 池川 繁男, 中村 仁, 水柿 道直
日本病院薬剤師会雑誌   39(5) 583-586   May 2003
薬剤師がかかわる業務の効率化を目的に独自に構築した医療薬学関連文献検索システムについてその概要を紹介した
2004年に当科で新規に診断,治療した膜性増殖性糸球体腎炎の2例
熊谷 直憲, 伊藤 美智子, 菅野 潤子, 西尾 利之, 藤原 幾磨, 根東 義明, 飯沼 一宇
日本小児腎臓病学会雑誌   18(1Suppl.) 181-181   Apr 2005
免疫抑制剤により白質脳症をきたした小児例3例
石飛 真美子, 福與 なおみ, 廣瀬 三恵子, 北村 太郎, 冨樫 紀子, 奈良 千恵子, 宗形 光敏, 横山 浩之, 萩野谷 和裕, 根東 義明, 飯沼 一宇, 三上 仁
脳と発達   35(Suppl.) S321-S321   May 2003
オンラインを利用したインフルエンザ流行情報収集と公開について
西藤 成雄, 砂川 富正, 宝樹 真理, 根東 義明
日本小児科学会雑誌   109(3) 406-407   Mar 2005
ポストゲノムの腎研究 イオン輸送体遺伝子ターゲティングマウスにおけるヘンレ上行脚機能の生理学的解析
根東 義明
日本腎臓学会誌   45(3) 186-186   Apr 2003
オンラインを利用したインフルエンザ流行情報収集と公開について 2004-2005年のMLインフルエンザ流行前線情報データベースの運用
西藤 成雄, 大日 康史, 砂川 富正, 宝樹 真理, 根東 義明
外来小児科   8(1) 89-89   Mar 2005
【小児腎疾患 EBMに基づく診療のために】 膜性糸球体腎炎
熊谷 直憲, 根東 義明
小児科診療   66(4) 591-594   Apr 2003
膜性糸球体腎炎は病理診断名であり,その診断は病理組織による.小児においては症例が少ないため成人における成績を参考に治療される.無症候性蛋白尿の症例や腎機能障害をきたしていない症例では,無治療で経過観察をし,ネフローゼ症候群や高度尿蛋白の持続をきたした症例,腎機能低下をきたした症例ではアルキル化剤とステロイドの併用,又はcyclosporine単独,又はステロイドとの併用治療が選択される
小児科の電子カルテ
矢田 公裕, 遠藤 郁夫, 根東 義明, 清水 健, 山本 康仁, 中山 裕雄, 片岡 正
外来小児科   7(3〜4) 284-285   Dec 2004
【最近話題の用語 知っておきたい豆知識】 医療 電子カルテ
根東 義明
小児科   44(4) 734-735   Mar 2003
内視鏡下手術における安価なテレメンタリングの実現
佐藤 大, 福山 尚治, 渋谷 和彦, 杉山 啓輔, 阿部 永, 江川 新一, 砂村 眞琴, 武田 和憲, 松野 正紀, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   24回 510-511   Nov 2004
当科における過去9年間の腎生検症例の検討
森本 哲司, 西尾 利之, 勝島 史夫, 藤原 幾磨, 永野 千代子, 千葉 靖, 千葉 明子, 師 保之, 大沼 祥子, 熊谷 直憲, 堤 和泉, 根東 義明, 飯沼 一宇
日本小児科学会雑誌   107(3) 595-595   Mar 2003
医学部情報教育施設におけるネットワークブート型Windows PCクライアントシステムの端末起動時間とクライアント/サーバ構成との関係
大佐賀 敦, 井上 隆輔, 佐藤 大, 大沼 祥子, 古関 義人, 國井 重男, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   24回 1006-1007   Nov 2004
DXA(dual-energy X-ray absorptiometry)による骨密度測定とその意義について
藤原 幾磨, 小島 加奈子, 勝島 由利子, 西尾 利之, 勝島 史夫, 森本 哲司, 小川 英伸, 萩野谷 和裕, 根東 義明, 大浦 敏博
日本小児科学会雑誌   107(3) 606-606   Mar 2003
院内ポータルサイトにおける東北大学病院職員の情報獲得行動
佐藤 大, 坂部 祐子, 神谷 秀美, 遠藤 慶子, 水上 冨士子, 大佐賀 敦, 國井 重男, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   24回 1152-1153   Nov 2004
オンラインを利用したインフルエンザ流行情報収集と公開について
西藤 成雄, 砂川 富正, 宝樹 真理, 根東 義明
外来小児科   6(1) 67-67   Mar 2003
当科においてPD療法を施行した慢性腎不全症例の検討
勝島 史夫, 森本 哲司, 西尾 利之, 熊田 直憲, 根東 義明
小児PD研究会雑誌   16 12-15   Sep 2003
リツキシマブ療法により寛解が得られた難治性ネフローゼ症候群の1例
鎌田 文顕, 森本 哲司, 熊谷 直憲, 菅野 潤子, 箱田 明子, 中山 真紀子, 内田 奈生, 土屋 滋, 千葉 靖, 永野 千代子, 石田 和之, 渡辺 みか, 佐藤 博, 根東 義明
日本小児科学会雑誌   115(1) 149-150   Jan 2011
小児科領域 尿濃縮の発達
西尾 利之, 根東 義明
Annual Review腎臓   2003 166-172   Jan 2003
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 遊免治仁
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   275-283   2011
情報が支える21世紀の医学・医療を模索して
根東 義明
東北医学雑誌   114(2) 205-208   Dec 2002
西藤成雄, 谷口清洲, 砂川富正, 根東義明, 宝樹真理, 中山裕雄
国際的な感染症情報の収集、分析、提供機能およびわが国の感染症サーベイランスシステムの改善・強化に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   251-274   2011
【医療におけるIT革命 電子カルテで医療を変える】 地域医療ネット 宮城県における医療ASP
古関 義人, 根東 義明, 根本 建二, 大内 憲明
カレントテラピー   20(12) 1233-1237   Nov 2002
宮城県では,仙台市に医療資源が集中し,他地域から仙台への入院依存率が高い.このため地域医療連携体制は,県を一つの単位として構築する必要があり,広い地域をサポートできるシステムが求められる.一方,医療情報システムに対するニーズは多様であり,その構築には専門分野別に異なる知識が必要である.このため,多数のソフトウェア会社が,各々得意な専門分野をもち,連携して使用できることが,利用者にとって好ましい.このように,県全体という広い地域,幅広い分野での適応という目標に対し,「みやぎメディカルモール(...
根東義明, 森本哲司
腎性尿崩症の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   40-45   2011
両側の腎に石灰化をきたした2歳児のサルコイドーシス
熊谷 直憲, 吉田 芳郎, 堤 和泉, 勝島 史夫, 藤原 幾磨, 根東 義明, 飯沼 一宇, 奈良 正之
日本小児腎臓病学会雑誌   15(2) 151-151   Nov 2002
電子カルテで臨床経過を俯瞰する「タイムライン」の概念・実例および今後の展開
根東 義明, 中安 一幸, 塚田 悦恵, 笠原 紳, 石原 照夫, 矢野 喜代子, 近藤 克幸
医療情報学連合大会論文集   30回 217-218   Nov 2010
【小児疾患診療のための病態生理】 腎・泌尿器疾患 腎性尿崩症
森本 哲司, 根東 義明
小児内科   34(増刊) 815-818   Nov 2002
タイムライン電子診療記録システムを用いた臨床教育の可能性に関する理論検証
根東 義明
医学教育   41(Suppl.) 178-178   Jul 2010
横断的検索が可能な薬剤文献データベースの構築
佐藤 大, 石渡 俊二, 猪岡 京子, 中川 直人, 全田 文子, 高桑 直美, 中村 仁, 古関 義人, 水柿 道直, 根東 義明
医療情報学連合大会論文集   22回 787-788   Nov 2002
小児腎疾患患者尿からの腎臓間葉系幹細胞の分離培養
熊谷 直憲, 佐藤 美季, 菅原 典子, 鎌田 文顕, 森本 哲司, 稲垣 徹史, 根東 義明, 土屋 滋
日本小児腎臓病学会雑誌   23(1Suppl.) 136-136   Jun 2010
【ここまでできるようになっている!新しい小児医療】 尿中落下尿細管細胞による腎疾患の診断
森本 哲司, 根東 義明
小児科   43(11) 1609-1614   Oct 2002
ヒトにおける尿細管細胞の機能を検討することは,その方法論の困難さもあって必ずしも順調に発展してきたとはいえない.しかし,1970年代に入ってSutherlandらが,新生児尿より近位尿細管細胞由来と思われる上皮細胞の培養に成功したことに端を発し,1990年代にRacusenらがcystinosis患者の尿より近位尿細管細胞の培養を確立したことで,患者腎組織を採取せずに,尿細管機能を解析する手法の糸口がみえはじめてきた.近年,著者等はこの方法を更に熟成させ,腎尿細管機能異常症の遺伝子診断に応...
小児腎疾患患者尿からの腎臓組織幹細胞の分離培養
熊谷 直憲, 佐藤 美季, 菅原 典子, 鎌田 文顕, 森本 哲司, 稲垣 徹史, 根東 義明, 土屋 滋
日本小児腎臓病学会雑誌   23(1Suppl.) 137-137   Jun 2010
当科において腹膜透析(PD)療法を施行した慢性腎不全症例の検討
勝島 忠夫, 森本 哲司, 西尾 利之, 熊谷 直憲, 藤原 幾磨, 千葉 明子, 永野 千代子, 師 保之, 大沼 祥子, 堤 和泉, 根東 義明
日本小児科学会雑誌   106(9) 1310-1310   Sep 2002
臍帯血移植後にアデノウイルス出血性膀胱炎から尿管炎と水腎症を来したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の一男児例
熊谷 直憲, 小沼 正栄, 入江 正寛, 渡辺 庸平, 菅原 典子, 鎌田 文顕, 森本 哲司, 根東 義明, 土屋 滋
日本小児腎臓病学会雑誌   23(1Suppl.) 176-176   Jun 2010

Conference Activities & Talks

 
安藤史顕, 油井直史, 森本哲司, 野村尚弘, 蘇原映誠, 頼建光, 佐々木成, 根東義明, 内田信一
日本腎臓学会誌   30 Apr 2018   
医療事故の発生に関与した小児科医の感情因子に関する事例分析
市川 理恵, 三澤 仁平, 前田 幸宏, 渋谷 昭子, 日紫喜 光良, 根東 義明
日大医学雑誌   Feb 2018   
東日本大震災以前の精神的健康状態に関する生態学的研究
三澤 仁平, 市川 理恵, 渋谷 昭子, 前田 幸宏, 日紫喜 光良, 根東 義明
日大医学雑誌   Feb 2018   
池崎澄江, 伊藤弘人, 伊藤道哉, 千葉宏毅, 岡田美保子, 折井孝男, 加藤多津子, 根東義明, 相馬孝博, 副島秀久, 山下哲郎, 山本光昭, 前田光哉
日本医療・病院管理学会誌   Sep 2017   
Akiko Shibuya,Tsuneo Yamada,Jimpei Misawa,Yukihiro Maeda,Rie Ichikawa,Teruyoshi Hishiki,Yoshiaki Kondo
AMIA 2017, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Washington, DC, USA, November 4-8, 2017   2017