MISC

2020年11月

JMTR・UCL系統冷却塔の健全性調査

JAEA-Review 2020-018
  • 大戸 勤
  • ,
  • 浅野 典一
  • ,
  • 川俣 貴則
  • ,
  • 箭内 智博
  • ,
  • 西村 嵐
  • ,
  • 荒木 大輔
  • ,
  • 大塚 薫
  • ,
  • 高部 湧吾
  • ,
  • 大塚 紀彰
  • ,
  • 小嶋 慶大
  • ,
  • 麻村 晶子
  • ,
  • 中西 龍二
  • ,
  • 海津 貴将
  • ,
  • 井上 雄貴
  • ,
  • 山田 純也
  • ,
  • 小笠原 靖史
  • ,
  • 根本 浩喜

開始ページ
66
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-review-2020-018

令和元年9月9日の台風15号の強風により、JMTR(材料試験炉)にある二次冷却系統冷却塔の倒壊事象が発生した。その倒壊に至った原因調査及び原因分析を行い、4つの原因が重なって起こったことが特定された。これを受け、JMTR内にある二次冷却系統冷却塔と同時期に設置された木造の冷却塔であるUCL(Utility Cooling Loop)系統冷却塔の健全性調査を行った。健全性調査項目は、UCL系統冷却塔の運転状態の把握、UCL冷却系統の構造材料の劣化状態、点検項目及び点検状況、過去の気象データの確認である。この調査結果から、当該設備を安全に維持・管理するため、点検項目の改善、UCL系統冷却塔の構造材料である木材の交換・補修計画及び今後のUCL系統冷却塔の使用計画を策定するとともに、既存UCL系統冷却塔に代わる新規冷却塔の更新計画を策定した。本報告書はこれらの健全性調査の結果をまとめたものである。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-review-2020-018
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069126
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-review-2020-018

エクスポート
BibTeX RIS