MISC

2020年8月

原子炉廃止措置に係る原子炉構造物の放射化評価に関する研究,2

KURNS Progress Report 2019
  • 関 美沙紀
  • ,
  • 石川 幸治*
  • ,
  • 佐野 忠史*
  • ,
  • 永田 寛
  • ,
  • 大塚 薫
  • ,
  • 大森 崇純
  • ,
  • 花川 裕規
  • ,
  • 井手 広史
  • ,
  • 土谷 邦彦
  • ,
  • 藤原 靖幸*
  • ,
  • Zhang J.*
  • ,
  • 堀 順一*

開始ページ
終了ページ
279
記述言語
英語
掲載種別

JMTR施設の廃止措置を進めるにあたり、多くの放射性廃棄物が発生するが、これらはドラム缶等に格納し、コンクリートを充填して、廃棄体とする計画である。しかし、アルミニウムは、コンクリートと反応し水素ガスが発生し、廃棄体を破損することが懸念されている。本研究は、これまで行ってきた湿式法によるアルミニウムの安定化処理法の溶液pHの最適条件を求めることを目的とした。JMTRで多く使用されている2種類のアルミニウム試料を準備し、KURで照射した後、強塩基であるNaOHに溶解した。溶解液をろ過した後、中和処理をしてpH=5$\sim$11にてAl(OH)$_{3}$を生成した。それぞれの工程で得た残差及び溶液は放射化分析を行った。この結果、pH=7, 9にてAl全量の固体としての回収が可能であることが分かった。また、廃液中にはCr-51及びNa-24が含まれることが分かった。Cr-51は全ての条件にて同等の回収率であった。一方でNa-24は中和の際に生成されるNaCl量が相対的に多いことから、溶液中のNa-24が増加したと考えられる。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5068888
ID情報
  • ISSN : 2434-947X

エクスポート
BibTeX RIS