小清水 久嗣

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/30 18:16
 
アバター
研究者氏名
小清水 久嗣
所属
藤田保健衛生大学
部署
総合医科学研究所 システム医科学
職名
助教
学位
博士(理学)(大阪大学)

プロフィール

精神疾患発症メカニズムの細胞レベルでの解析に興味があります。

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門
 
2006年4月
 - 
2011年3月
米国国立衛生研究所(NIH) 国立小児保健発達研究所(NICHD) 研究員(VF)
 
2002年4月
 - 
2006年3月
産業技術総合研究所(AIST) セルエンジニアリング研究部門 客員研究員/日本学振振興会(JSPS) 特別研究員(PD)
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
Neuropsychopharmacology Reports (NPPR)  アソシエイト・エディター
 
2016年10月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  編集委員会委員
 
2016年10月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  会員連携促進タスクフォース委員
 
2016年4月
 - 
現在
「日本の科学を考えるガチ議論」委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本神経科学学会  神経科学教育委員会委員
 
2014年12月
 - 
2016年3月
日本分子生物学会 第38回日本分子生物学会年会 - 第88回日本生化学会大会 合同大会  「ガチ議論」シンポジウム 委員会委員
 
2012年12月
 - 
2014年3月
日本分子生物学会  第36回日本分子生物学会年会「日本の科学を考える」/「生命科学を考えるガチ議論」シンポジウム 委員会委員
 

受賞

 
2010年6月
National Institutes of Health The Fellows Award for Research Excellence 2011
 
2007年8月
National Institutes of Health The Fellows Award for Research Excellence 2008
 
2007年7月
The Scholarship from International Symposium on Chromaffin Cell Biology (ISCCB)
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻, 博士後期過程
 
 
 - 
1999年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻, 博士前期過程
 
 
 - 
1997年3月
大阪大学 理学部 
 

論文

 
Murano T, Koshimizu H, Hagihara H, Miyakawa T
Scientific Reports   7 44531   2017年3月   [査読有り]
Suzuki S, *Koshimizu H, Adachi N, Matsuoka H, Fushimi S, Ono J, Ohta K, Miki T; *共同責任著者, 共同筆頭著者
Peptides   89 42-49   2017年1月   [査読有り]
Koshimizu H, Takao K, Matozaki T, Ohnishi H, Miyakawa T
PLoS ONE   9(2) e89584   2014年2月   [査読有り]
Umemori J, Takao K, Koshimizu H, Hattori S, Furuse T, Wakana S, Miyakawa T
BMC Research Notes   6 203   2013年5月   [査読有り]
Takao K, Kobayashi K, Hagihara H, Ohira K, Shoji H, Hattori S, Koshimizu H, Umemori J, Toyama K, Nakamura HK, Kuroiwa M, Maeda J, Atsuzawa K, Esaki K, Yamaguchi S, Furuya S, Takagi T, Walton NM, Hayashi N, Suzuki H, Higuchi M, Usuda N, Suhara T, Nishi A, Matsumoto M, Ishii S, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology   38(8) 1409-1425   2013年7月   [査読有り]
Tota B, Gentile S, Pasqua T, Bassino E, Koshimizu H, Cawley NX, Cerra MC, Loh YP, Angelone T
FASEB Journal   26(7) 2888-2898   2012年7月   [査読有り]
Koshimizu H, Leiter LM, Miyakawa T
Molecular Brain   5 10   2012年4月   [査読有り]
Loh YP, Koshimizu H, Cawley NX, Tota B
Current Medicinal Chemistry   19(24) 4086-4092   2012年8月   [査読有り]
Koshimizu H, Fukui Y, Takao K, Ohira K, Tanda K, Nakanishi K, Toyama K, Oshima M, Taketo MM, Miyakawa T
Frontiers in Behavioral Neuroscience   5 85   2011年12月   [査読有り]
Koshimizu H, Cawley NX, Yergy AL, Loh YP
Journal of Molecular Neuroscience   45(2) 294-303   2011年10月   [査読有り]
Koshimizu H, Cawley NX, Kim T, Yergey AL, Loh YP
Molecular Endocrinology   25(5) 732-744   2011年5月   [査読有り]
*Koshimizu H, Suzuki S, Araki T, Yamada M, Kojima M, Hatanaka H; *責任著者
Cellular and Molecular Neurobiology   31(7) 1027-1032   2011年10月   [査読有り]
Koshimizu H, Kim T, Cawley NX, Loh YP
Regulatory Peptides   165(1) 95-101   2010年11月   [査読有り]
Koshimizu H, Hazama S, Hara T, Ogura A, Kojima M
Neuroscience Letters   473(3) 229-232   2010年4月   [査読有り]
Koshimizu H, Kim T, Cawley NX, Loh YP
Regulatory Peptides   160(1-3) 153-159   2010年2月   [査読有り]
Woronowicz A, Cawley NX, Chang SY, Koshimizu H, Phillips AW, Xiong ZG, Loh YP
Journal of Neuroscience Research   88(1) 64-72   2010年1月   [査読有り]
Koshimizu H, Senatorov V, Loh YP, Gozes I
Journal of Molecular Neuroscience   39(1-2) 1-8   2009年9月   [査読有り]
Koshimizu H, Kiyosue K, Hara T, Hazama S, Suzuki S, Uegaki K, Nagappan G, Zaitsev E, Hirokawa T, Tatsu Y, Ogura A, Lu B, Kojima M
Molecular Brain   2 27   2009年8月   [査読有り]
Park JJ, Koshimizu H, Loh YP
Journal of Molecular Neuroscience   37(2) 151-159   2009年2月   [査読有り]
Woronowicz A, Koshimizu H, Chang SY, Cawley NX, Hill JM, Rodriguiz RM, Abebe D, Dorfman C, Senatorov V, Zhou A, Xiong ZG, Wetsel WC, Loh YP
Hippocampus   18(10) 1051-1063   2008年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
A genome-wide association study identifies a novel locus associated with depressive state in the Japanese population
Koshimizu H., Asano S., Takahashi S., Saito K., Miyakawa T.
The XXV World Congress of Psychiatric Genetics, Orlando, FL   2017年10月   
Contrasting expression patterns of inflammation-related genes in mouse models of depression and psychosis
Koshimizu H., Hagihara H., Miyakawa T.
Societ for Neuroscience 46th Annual Meeting, San Diego, CA   2016年11月   
Contrasting expression patterns of inflammation-related genes in mouse models of depression and psychosis
Koshimizu H., Hagihara H., Miyakawa T.
The 30th CINP World Congress, Seoul, Korea   2016年7月3日   
Transcriptomic “hyper-maturity” of the hippocampus in mice
Koshimizu H., Hagihara H., Ohira K., Takao T., Miyakawa T.
Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, Chicago, IL   2015年10月   
Contrasting expression patterns for immaturity and maturity marker genes in the dentate gyrus between mouse lines with ‘immature dentate gyrus’ and mice overexpressing glucocorticoid receptor
Koshimizu H., Hagihara H., Takao T., Miyakawa T.
Society for Neuroscience 44th Annual Meeting, Washington, DC   2014年11月   
Contrasting expression patterns for immaturity and maturity marker genes in the dentate gyrus between mouse lines with ‘immature dentate gyrus’ and mice overexpressing glucocorticoid receptor
Koshimizu H., Hagihara H., Takao T., Miyakawa T.
Annual Molecular and Cellular Cognition Society Meeting, Washington, DC   2014年11月   
Dysregulation of BDNF signaling pathway in the hippocampus of mice with “immature dentate gyrus”
Koshimizu H., Ohira K., Hagihara H., Takao K., Takagi T., Kataoka M., Ishii S., Takahashi M., Miyakawa T.
Society for Neuroscience 43rd Annual Meeting, San Diego, CA   2013年11月   
Dysregulation of BDNF signaling pathway in the hippocampus of mice with “immature dentate gyrus”
Koshimizu H., Ohira K., Hagihara H., Takao K., Takagi T., Kataoka M., Ishii S., Takahashi M., Miyakawa T.
Annual Molecular and Cellular Cognition Society Meeting, San Diego, CA   2013年11月   
Upregulation of mature form brain-derived neurotrophic factor and carboxypeptidase E, and ectopic expression of tyrosine kinase receptor B in the hippocampus of mice with maturation failure in dentate gyrus neurons
Koshimizu H., Ohira K., Hagihara H., Takao K., Takagi T., Kataoka M., Ishii S., Takahashi M., Miyakawa T.
Society for Neuroscience 42nd Annual Meeting, New Orleans, LA   2012年10月   
Upregulation of mature form brain-derived neurotrophic factor and carboxypeptidase E, and ectopic expression of tyrosine kinase receptor B in the hippocampus of mice with maturation failure in dentate gyrus neurons
Koshimizu H., Ohira K., Hagihara H., Takao K., Takagi T., Kataoka M., Ishii S., Takahashi M., Miyakawa T.
Annual Molecular and Cellular Cognition Society Meeting, New Orleans, LA   2012年10月   

特許

 
KOJIMA MASAMI, HARA TOMOKO, KOSHIMIZU HISATSUGU, KASHIHARA MEGUMI, TAGUCHI TAKAHISA
小島 正己、原 とも子、小清水 久嗣、柏原 めぐみ、田口 隆久
小島 正己、原 とも子、小清水 久嗣、上垣 浩一、柏原 めぐみ
H19NOH-494 : (ノウハウ)「変異型BDNF調製法その2」
小島 正巳、原 ともこ、上垣 浩一、萩原 義久、小清水 久嗣

Misc

 
サイエンストークス委員会・編集部
1-40   2015年2月   [依頼有り]
宮川 剛、小清水 久嗣
第36回日本分子生物学会年会「日本の科学を考えるガチ議論」(公式サイト)      2014年4月
第36回日本分子生物学会年会「日本の科学を考えるガチ議論」委員会
1-65   2014年2月
高雄 啓三、小清水 久嗣、宮川 剛
脳科学辞典   10.14931/bsd.4058    2013年7月
小島 正己、原 とも子、小清水 久嗣
神経研究の進歩 特集 ポストゲノム時代の神経疾患の分子遺伝学   48 799-807   2004年10月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究 (C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小清水久嗣
NIH: FARE2011
研究期間: 2010年10月 - 2011年3月    代表者: 小清水久嗣
NIH: FARE2008
研究期間: 2007年10月 - 2008年9月    代表者: 小清水久嗣
文部科学省: 特別研究員奨励費
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 小清水久嗣

研究キーワード

 
 

その他

 
「教育の内容・方法の工夫(授業評価等を含む)」
なし
「教育方法・教育実践に関する発表、講演等」
なし
「その他教育活動上特記すべき事項」
・米国国立衛生研究所(NIH) 国立小児保健発達研究所(NICHD) にてインターン生の研究指導を実施
・藤田保健衛生大学 アセンブリ教育Ⅰ英語班 担当