Kosuke Kaji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 21:04
 
Avatar
Name
Kosuke Kaji
E-mail
kajiknaramed-u.ac.jp
Affiliation
Nara Medical University
Research funding number
20623490

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Lecturer, Third Department of Internal Medicine, Nara Medical University
 
Sep 2015
 - 
Mar 2018
Assistant professor, Third Department of Internal Medicine, Nara Medical University
 
Nov 2012
 - 
Aug 2015
Research fellow, Laboratory of Experimental Carcinogenesis, National Cancer Institute
 
Apr 2010
 - 
Oct 2012
Postdoctoral fellow, Third Department of Internal Medicine, Nara Medical University
 
Apr 2006
 - 
Mar 2010
Graduate student, Third Department of Internal Medicine, Nara Medical University
 

Awards & Honors

 
Nov 2016
Presidential Poster of Distinction, AASLD
 
Nov 2015
Presidential Poster of Distinction, AASLD
 
Nov 2014
Presidential Poster of Distinction, AADLD
 

Published Papers

 
Nishimura N, Kaji K, Kitade M, Aihara Y, Sato S, Seki K, Sawada Y, Takaya H, Okura Y, Kawaratani H, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Yoshiji H
BMC cancer   18(1) 1164   Nov 2018   [Refereed]
Takaya H, Kawaratani H, Tsuji Y, Nakanishi K, Saikawa S, Sato S, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Shimozato N, Kitade M, Akahane T, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
United European gastroenterology journal   6(9) 1401-1409   Nov 2018   [Refereed]
Sawada Y, Kawaratani H, Kubo T, Fujinaga Y, Furukawa M, Saikawa S, Sato S, Seki K, Takaya H, Okura Y, Kaji K, Shimozato N, Mashitani T, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Akahane T, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Oct 2018   [Refereed]
Saikawa S, Kaji K, Nishimura N, Seki K, Sato S, Nakanishi K, Kitagawa K, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Yoshiji H
Cancer letters   434 120-129   Oct 2018   [Refereed]
Okura Y, Namisaki T, Sato S, Moriya K, Akahane T, Kitade M, Kawaratani H, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Shimozato N, Seki K, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Fujinaga Y, Kubo T, Kaya D, Tsuji Y, Ozutsumi T, Kitagawa K, Mashitani T, Ogawa H, Ishida K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Sep 2018   [Refereed]
Takeda K, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Akahane T, Kitade M, Kawaratani H, Shimozato N, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Seki K, Fujinaga Y, Tsuji Y, Kubo T, Sato S, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kitagawa K, Ozutsumi T, Kaya D, Mitoro A, Mashitani T, Okura Y, Yamao J, Yoshiji H
Experimental and therapeutic medicine   16(3) 2743-2750   Sep 2018   [Refereed]
Moriya K, Namisaki T, Sato S, Douhara A, Furukawa M, Kawaratani H, Kaji K, Kitade M, Shimozato N, Sawada Y, Seki K, Saikawa S, Takaya H, Akahane T, Mitoro A, Okura Y, Yamao J, Yoshiji H
Journal of gastrointestinal oncology   9(4) 741-749   Aug 2018   [Refereed]
Seki K, Kitade M, Nishimura N, Kaji K, Asada K, Namisaki T, Moriya K, Kawaratani H, Okura Y, Takaya H, Sawada Y, Sato S, Nakanishi K, Yoshiji H
Oncotarget   9(47) 28638-28651   Jun 2018   [Refereed]
Kaji K, Nishimura N, Seki K, Sato S, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Yoshiji H
International journal of cancer   142(8) 1712-1722   Apr 2018   [Refereed]
Asada S, Kawaratani H, Mashitani T, Kaya D, Nishigori M, Kubo T, Sawada Y, Fujinaga Y, Kaji K, Kitade M, Namisaki T, Moriya K, Mitoro A, Yoshiji H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(8) 1087-1092   Apr 2018   [Refereed]
Takaya H, Kawaratani H, Kubo T, Seki K, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Takeda K, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(3) E52-E60   Feb 2018   [Refereed]
Kaneko M, Mitoro A, Yoshida M, Sawai M, Okura Y, Furukawa M, Namisaki T, Moriya K, Akahane T, Kawaratani H, Kitade M, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Seki K, Sato S, Fujii T, Yamao J, Obayashi C, Yoshiji H
BMC gastroenterology   18(1) 16   Jan 2018   [Refereed]
Fukui H, Kawaratani H, Kaji K, Takaya H, Yoshiji H
Hepatic medicine : evidence and research   10 55-71   2018   [Refereed]
Kaji K, Takaya H, Saikawa S, Furukawa M, Sato S, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Akahane T, Mitoro A, Yoshiji H
World journal of gastroenterology   23(47) 8355-8366   Dec 2017   [Refereed]
Okura Y, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kaji K, Noguchi R, Nishimura N, Seki K, Kawaratani H, Takaya H, Sato S, Sawada Y, Shimozato N, Furukawa M, Nakanishi K, Saikawa S, Kubo T, Asada K, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(12) 1317-1328   Nov 2017   [Refereed]
Takeda K, Noguchi R, Kitade M, Namisaki T, Moriya K, Kawaratani H, Okura Y, Kaji K, Aihara Y, Douhara A, Nishimura N, Sawada Y, Seki K, Yoshiji H
Molecular medicine reports   16(5) 5752-5758   Nov 2017   [Refereed]
Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kaji K, Okura Y, Shimozato N, Sato S, Nishimura N, Seki K, Kawaratani H, Takaya H, Sawada Y, Akahane T, Saikawa S, Nakanishi K, Kubo T, Furukawa M, Noguchi R, Asada K, Kitagawa K, Ozutsumi T, Tsuji Y, Kaya D, Fujinaga Y, Yoshiji H
Hepatology communications   1(9) 928-945   Nov 2017   [Refereed]
Douhara A, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Kaji K, Kawaratani H, Takeda K, Okura Y, Takaya H, Noguchi R, Nishimura N, Seki K, Sato S, Sawada Y, Yamao J, Mitoro A, Uejima M, Mashitani T, Shimozato N, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kubo T, Yoshiji H
Oncology letters   14(3) 3028-3034   Sep 2017   [Refereed]
Noguchi R, Kaji K, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kawaratani H, Okura Y, Aihara Y, Furukawa M, Mitoro A, Yoshiji H
World journal of gastroenterology   23(36) 6705-6714   Sep 2017   [Refereed]
Kawaratani H, Moriya K, Namisaki T, Uejima M, Kitade M, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Takaya H, Nishimura N, Sato S, Sawada Y, Seki K, Kubo T, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
International journal of molecular medicine   40(2) 263-270   Aug 2017   [Refereed]
Kawaratani H, Fukui H, Moriya K, Noguchi R, Namisaki T, Uejima M, Kitade M, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Nishimura N, Takaya H, Aihara Y, Sawada Y, Sato S, Seki K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(9) 854-861   Aug 2017   [Refereed]
Namisaki T, Moriya K, Noguchi R, Kitade M, Kawaratani H, Yamao J, Mitoro A, Yoshida M, Sawai M, Uejima M, Mashitani T, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Takaya H, Aihara Y, Douhara A, Nishimura N, Sawada Y, Sato S, Seki K, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(3) E178-E186   Mar 2017   [Refereed]
Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Kawaratani H, Takeda K, Okura Y, Takaya H, Nishimura N, Seki K, Kaji K, Sato S, Sawada Y, Yamao J, Mitoro A, Uejima M, Mashitani T, Shimozato N, Nakanishi K, Furukawa M, Saikawa S, Kubo T, Yoshiji H
European journal of gastroenterology & hepatology   29(1) 23-30   Jan 2017   [Refereed]
Furukawa M, Kaji K, Masuda H, Ozaki K, Asada S, Koizumi A, Kubo T, Nishimura N, Sawada Y, Takeda K, Mashitani T, Kubo M, Amano I, Ootani T, Ohbayashi C, Murata K, Ann T, Mitoro A, Yoshiji H
Case reports in hepatology   2017 1359486   2017   [Refereed]
Kitade M, Kaji K, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   46(12) 1187-1193   Nov 2016   [Refereed]
Asada K, Aihara Y, Takaya H, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Uejima M, Kitade M, Mashitani T, Takeda K, Kawaratani H, Okura Y, Kaji K, Douhara A, Sawada Y, Nishimura N, Seki K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
World journal of hepatology   8(28) 1194-1199   Oct 2016   [Refereed]
Kaji K, Factor VM, Andersen JB, Durkin ME, Tomokuni A, Marquardt JU, Matter MS, Hoang T, Conner EA, Thorgeirsson SS
Hepatology (Baltimore, Md.)   64(2) 582-598   Aug 2016   [Refereed]
Matter MS, Marquardt JU, Andersen JB, Quintavalle C, Korokhov N, Stauffer JK, Kaji K, Decaens T, Quagliata L, Elloumi F, Hoang T, Molinolo A, Conner EA, Weber A, Heikenwalder M, Factor VM, Thorgeirsson SS
Hepatology (Baltimore, Md.)   63(6) 1888-1899   Jun 2016   [Refereed]
Bae WK, Kang K, Yu JH, Yoo KH, Factor VM, Kaji K, Matter M, Thorgeirsson S, Hennighausen L
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   29(5) 1653-1662   May 2015   [Refereed]
Douhara A, Moriya K, Yoshiji H, Noguchi R, Namisaki T, Kitade M, Kaji K, Aihara Y, Nishimura N, Takeda K, Okura Y, Kawaratani H, Fukui H
Molecular medicine reports   11(3) 1693-1700   Mar 2015   [Refereed]
Kaji K, Yoshiji H, Ikenaka Y, Noguchi R, Aihara Y, Douhara A, Moriya K, Kawaratani H, Shirai Y, Yoshii J, Yanase K, Kitade M, Namisaki T, Fukui H
Journal of gastroenterology   49(3) 481-491   Mar 2014   [Refereed]
Aihara Y, Yoshiji H, Noguchi R, Kaji K, Namisaki T, Shirai Y, Douhara A, Moriya K, Kawaratani H, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43(11) 1241-1250   Nov 2013   [Refereed]
Kitade M, Factor VM, Andersen JB, Tomokuni A, Kaji K, Akita H, Holczbauer A, Seo D, Marquardt JU, Conner EA, Lee SB, Lee YH, Thorgeirsson SS
Genes & development   27(15) 1706-1717   Aug 2013   [Refereed]
Douhara A, Mitoro A, Otani E, Furukawa M, Kaji K, Uejima M, Sawai M, Yoshida M, Yoshiji H, Yamao J, Fukui H
World journal of gastrointestinal oncology   5(8) 181-185   Aug 2013   [Refereed]
Noguchi R, Yoshiji H, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Shirai Y, Namisaki T, Kitade M, Douhara A, Moriya K, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43(7) 765-774   Jul 2013   [Refereed]
Shirai Y, Yoshiji H, Noguchi R, Kaji K, Aihara Y, Douhara A, Moriya K, Namisaki T, Kawaratani H, Fukui H
Journal of gastroenterology and hepatology   28(4) 723-730   Apr 2013   [Refereed]
Aihara Y, Yoshiji H, Yamazaki M, Ikenaka Y, Noguchi R, Morioka C, Kaji K, Tastumi H, Nakanishi K, Nakamura M, Yamao J, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Fujimoto M, Uemura M, Fukui H
World journal of gastrointestinal oncology   4(5) 115-118   May 2012   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Douhara A, Yamao J, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Morioka C, Fujimoto M, Uemura M, Fukui H
Molecular medicine reports   5(2) 539-544   Feb 2012   [Refereed]
Kaji K, Yoshiji H, Ikenaka Y, Noguchi R, Aihara Y, Shirai Y, Douhara A, Fukui H
Current medicinal chemistry   19(12) 1889-1898   2012   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Yamazaki M, Yamao J, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Morioka C, Fujimoto M, Uemura M, Fukui H
Oncology reports   26(6) 1547-1553   Dec 2011   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Shirai Y, Yoshii J, Yanase K, Fukui H
International journal of molecular medicine   28(1) 81-88   Jul 2011   [Refereed]
Kaji K, Yoshiji H, Kitade M, Ikenaka Y, Noguchi R, Shirai Y, Aihara Y, Namisaki T, Yoshii J, Yanase K, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   300(6) G1094-104   Jun 2011   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Fukui H
Current cancer drug targets   11(4) 431-441   May 2011   [Refereed]
Shirai Y, Yoshiji H, Ko S, Yamazaki M, Ikenaka Y, Noguchi R, Morioka C, Kaji K, Aihara Y, Nakanishi K, Yamao J, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Fujimoto M, Uemura M, Nakajima Y, Fukui H
Journal of medical case reports   5 124   Mar 2011   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Shirai Y, Aihara Y, Yamao J, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Morioka C, Fujimoto M, Uemura M, Kawaratani H, Tsujimoto T, Fukui H
Oncology letters   2(1) 69-73   Jan 2011   [Refereed]
Noguchi R, Yoshiji H, Ikenaka Y, Kaji K, Shirai Y, Aihara Y, Yamazaki M, Namisaki T, Kitade M, Yoshii J, Yanase K, Kawaratani H, Tsujimoto T, Fukui H
International journal of molecular medicine   26(3) 407-413   Sep 2010   [Refereed]
Namisaki T, Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Shirai Y, Aihara Y, Yoshii J, Yanase K, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
Journal of angiogenesis research   2 16   Aug 2010   [Refereed]
Kaji K, Yoshiji H, Kitade M, Ikenaka Y, Noguchi R, Shirai Y, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   40(5) 540-549   May 2010   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Kaji K, Ikenaka Y, Shirai Y, Namisaki T, Kitade M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
Journal of gastroenterology   45(4) 443-450   Apr 2010   [Refereed]
Kitade M, Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kaji K, Shirai Y, Yamazaki M, Uemura M, Yamao J, Fujimoto M, Mitoro A, Toyohara M, Sawai M, Yoshida M, Morioka C, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
World journal of gastroenterology   15(41) 5193-5199   Nov 2009   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Toyohara M, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Yamazaki M, Yamao J, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Fujimoto M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Uemura M, Fukui H
Journal of hepatology   51(2) 315-321   Aug 2009   [Refereed]
Noguchi R, Yoshiji H, Ikenaka Y, Namisaki T, Kitade M, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Yamazaki M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Fukui H
Oncology reports   22(2) 355-360   Aug 2009   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Namisaki T, Kitade M, Kaji K, Shirai Y, Yoshii J, Yanase K, Yamazaki M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Akahane T, Aihara Y, Fukui H
BMC research notes   2 70   May 2009   [Refereed]
Mashitani T, Yoshiji H, Yamazaki M, Ikenaka Y, Noguchi R, Ishikawa M, Kawaratani H, Matsuo N, Uemura M, Yamao J, Fujimoto M, Mitoro A, Toyohara M, Yoshida M, Sawai M, Morioka C, Tsujimoto T, Kitade M, Kaji K, Aihara Y, Fukui H
Cases journal   2(1) 18   Jan 2009   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Kitade M, Kaji K, Ikenaka Y, Namisaki T, Yoshii J, Yanase K, Yamazaki M, Tsujimoto T, Akahane T, Kawaratani H, Uemura M, Fukui H
Journal of gastroenterology   44(5) 483-491   2009   [Refereed]
Kaji K, Yoshiji H, Kitade M, Ikenaka Y, Noguchi R, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Moriya K, Tsujimoto T, Kawaratani H, Akahane T, Uemura M, Fukui H
International journal of molecular medicine   22(6) 801-808   Dec 2008   [Refereed]
Neovascularization and oxidative stress in the progression of non-alcoholic steatohepatitis.
Kitade M, Yoshiji H, Kojima H, Ikenaka Y, Noguchi R, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Tsujimoto T, Moriya K, Kawaratani H, Akahane T, Fukui H
Molecular medicine reports   1(4) 543-548   Jul 2008   [Refereed]
Different tumoricidal effects of interferon subclasses and p53 status on hepatocellular carcinoma development and neovascularization.
Noguchi R, Yoshiji H, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Yoshi J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Tsujimoto T, Akahane T, Uemura M, Fukui H
International journal of oncology   32(1) 193-199   Jan 2008   [Refereed]
Yoshiji H, Yoshikawa M, Kaji K, Fukui H
World journal of gastroenterology   13(45) 6119   Dec 2007   [Refereed]
Crosstalk between high-molecular-weight adiponectin and T-cadherin during liver fibrosis development in rats.
Asada K, Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Tsujimoto T, Akahane T, Uemura M, Fukui H
International journal of molecular medicine   20(5) 725-729   Nov 2007   [Refereed]
Eosinophilic cholecystitis along with pericarditis caused by Ascaris lumbricoides: a case report.
Kaji K, Yoshiji H, Yoshikawa M, Yamazaki M, Ikenaka Y, Noguchi R, Sawai M, Ishikawa M, Mashitani T, Kitade M, Kawaratani H, Uemura M, Yamao J, Fujimoto M, Mitoro A, Toyohara M, Yoshida M, Fukui H
World journal of gastroenterology   13(27) 3760-3762   Jul 2007   [Refereed]
Combined treatment of vitamin K2 and angiotensin-converting enzyme inhibitor ameliorates hepatic dysplastic nodule in a patient with liver cirrhosis.
Yoshiji H, Noguchi R, Yamazaki M, Ikenaka Y, Sawai M, Ishikawa M, Kawaratani H, Mashitani T, Kitade M, Kaji K, Uemura M, Yamao J, Fujimoto M, Mitoro A, Toyohara M, Yoshida M, Fukui H
World journal of gastroenterology   13(23) 3259-3261   Jun 2007   [Refereed]
Synergistic inhibition of hepatocellular carcinoma growth and hepatocarcinogenesis by combination of 5-fluorouracil and angiotensin-converting enzyme inhibitor via anti-angiogenic activities.
Yanase K, Yoshiji H, Ikenaka Y, Noguchi R, Kitade M, Kaji K, Yoshii J, Namisaki T, Yamazaki M, Asada K, Tsujimoto T, Akahane T, Uemura M, Fukui H
Oncology reports   17(2) 441-446   Feb 2007   [Refereed]
Yoshiji H, Noguchi R, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Tsujimoto T, Uemura M, Fukui H
Current medicinal chemistry   14(26) 2749-2754   2007   [Refereed]
Interferon augments the anti-fibrotic activity of an angiotensin-converting enzyme inhibitor in patients with refractory chronic hepatitis C.
Yoshiji H, Noguchi R, Kojima H, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Uemura M, Yamao J, Fujimoto M, Yamazaki M, Toyohara M, Mitoro A, Fukui H
World journal of gastroenterology   12(42) 6786-6791   Nov 2006   [Refereed]
Yoshiji H, Kuriyama S, Noguchi R, Ikenaka Y, Kitade M, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Yamazaki M, Asada K, Tsujimoto T, Akahane T, Uemura M, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   36(2) 124-129   Oct 2006   [Refereed]
Kitade M, Yoshiji H, Kojima H, Ikenaka Y, Noguchi R, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Asada K, Yamazaki M, Tsujimoto T, Akahane T, Uemura M, Fukui H
Hepatology (Baltimore, Md.)   44(4) 983-991   Oct 2006   [Refereed]

Misc

 
【肝硬変の治療薬-どのように使いこなすか?】 ラクチトールとリファキシミン
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
消化器・肝臓内科   4(3) 236-242   Sep 2018
【SGLT2阻害薬による可能性を探る】 グルコーストランスポーターを標的とする癌治療の可能性 SGLT2阻害による糖代謝制御を標的とした肝癌治療の試み
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
医学のあゆみ   266(4) 288-293   Jul 2018
SGLT2はGLUTと同様に癌細胞における糖の輸送にも関与している可能性が示唆されている。Warburg効果が基盤となる癌の糖代謝においてはグルコーストランスポーターの発現機構が重要であり、肝癌を含めた癌治療のあらたな標的として期待されているが、いまだ解明されていない部分も多く、その全容解明が課題とされている。また慢性肝疾患の分野においては今後非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を背景とする発癌の頻度が増加していくなかで、糖代謝は背景肝と癌、両者の病態制御において鍵となる役割を果たすため、...
肝星細胞への薬物デリバリーを意図したヒアルロン酸被覆高分子ミセルの機能評価
永田 拓也, 山田 莉央, 能崎 優太, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 葛谷 明紀, 大矢 裕一
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   34回 197-197   May 2018
筋肉量低下は切除不能進行膵癌の予後規定因子となりうるか?
古川 政統, 佐藤 慎哉, 井上 雄太, 尾山 雅文, 西村 尚起, 森 仁志, 久保 卓也, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A392-A392   Apr 2018
Von Willebrand因子およびADAMTS13の肝癌早期診断マーカーとしての有用性
高谷 広章, 浪崎 正, 辻 祐樹, 下里 直隆, 中西 啓祐, 鍛治 孝祐, 関 健一郎, 北川 洸, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 赤羽 たけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A390-A390   Apr 2018
YAP経路を介したAngiotensin-II受容体阻害薬による胆管細胞癌抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 小堤 隆広, 賀屋 大介, 久保 卓也, 辻 裕樹, 藤永 幸久, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 北川 洸, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A365-A365   Apr 2018
肝硬変患者における筋痙攣 サルコペニア、肝予備能、QOLとの関連
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 北川 洸, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 下里 直隆, 北出 光輝, 赤羽 たけみ, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A297-A297   Apr 2018
マイクロバイオームと消化器疾患 肝硬変におけるリファキシミンの効果と腸内細菌叢への影響
鍛治 孝祐, 高谷 広章, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A142-A142   Apr 2018
肝線維化:診断・治療の基礎と臨床 NOTCH1阻害剤による新規抗線維化治療の基礎的検討
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A101-A101   Apr 2018
低受診率地域における肝炎ウイルス検査受診率向上に向けた取り組み
赤羽 たけみ, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 増谷 剛, 瓦谷 英人, 下里 直隆, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A470-A470   Apr 2018
肝内胆管癌の診断と治療の進歩 NOTCH1選択的阻害剤とAngiotensin-II受容体阻害薬による肝内胆管癌抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A199-A199   Apr 2018
肝硬変のQOL改善を目指した総合的治療戦略 リファキシミンによる肝硬変の病態改善の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A158-A158   Apr 2018
肝線維化の基礎と臨床 NOTCH1を標的分子とした新規抗線維化・肝再生治療法の基礎的検討
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A87-A87   Apr 2018
TS1膵癌の臨床的特徴と内視鏡的病理診断能の検討
小堤 隆広, 古川 政統, 北川 洸, 関 建一郎, 尾山 雅文, 西村 尚起, 井上 雄太, 森 仁志, 久保 卓也, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   60(Suppl.1) 741-741   Apr 2018
早期胃癌の深達度診断における超音波内視鏡検査(EUS)の有用性
古川 政統, 美登路 昭, 西村 尚起, 尾山 雅文, 井上 雄太, 森 仁志, 小堤 隆広, 久保 卓也, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   60(Suppl.1) 693-693   Apr 2018
【NASH/NAFLDの新知見】 予後・肝発癌 グルコース・トランスポーターと肝癌
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝・胆・膵   76(4) 719-726   Apr 2018
【診断と治療のABC[131]肝硬変】 (第2章)病態生理 腸内細菌叢
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
最新医学   別冊(肝硬変) 70-76   Feb 2018
肝臓は門脈を介して腸管と交通しており、従来から肝硬変における病態生理に、腸内細菌やエンドトキシンが大きく関連していることが指摘されてきた。さらに近年、16SリボソームRNA(rRNA)遺伝子を標的とした腸内細菌叢の解析法の開発により、肝硬変患者での腸内細菌叢の組成変化の詳細が明らかとなりつつある。また本邦でも、リファキシミンが肝性脳症(HE)に対して適応となり、病態解析のみならず、治療の標的としても腸内細菌叢に注目が集まっている。(著者抄録)
【肝炎ウイルス克服時代の肝臓病学】 ウイルス性肝炎克服時代の慢性肝疾患 NASHとアルコール性肝障害の現状
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
日本内科学会雑誌   107(1) 57-63   Jan 2018
Angiotensin-II受容体阻害薬によるHippo-YAP経路を介した肝内胆管癌抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 下里 直隆, 北出 光輝, 守屋 圭, 波崎 正, 吉治 仁志
The Liver Cancer Journal   9(2) 162-163   Dec 2017
ヒアルロン酸被覆高分子ミセルによる肝星細胞への効率的デリバリー
永田 拓也, 山田 莉央, 能崎 優太, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 葛谷 明紀, 大矢 裕一
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   39回 142-142   Nov 2017
関節リウマチを背景に難治性腹水を呈した肝線維症の1例
尾山 雅文, 瓦谷 英人, 西村 尚起, 井上 雄太, 森 仁志, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A947-A947   Nov 2017
ヘリコバクター・ピロリ除菌が奏功したPBC、Sjogren症候群を合併した蛋白漏出性胃腸症の一例
田中 美彩子, 野口 隆一, 小島 邦行, 小泉 有利, 芝本 彰彦, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 西村 義明, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A925-A925   Nov 2017
C型肝炎における肝線維化診断法としての新しい超音波shear wave elastographyの可能性
野口 隆一, 浪崎 正, 北出 光輝, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 守屋 圭, 瓦谷 英人, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A816-A816   Nov 2017
肝硬変合併症に対する新薬の現況 リファキシミンによる肝硬変合併症改善の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A735-A735   Nov 2017
B型肝炎に対する治療の成果と今後の課題 B型肝炎における新規線維化マーカーの確立 血清ACEの有用性
賀屋 大介, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A699-A699   Nov 2017
肝硬変合併症対策の進歩 リファキシミンによる腸内細菌制御を介する肝硬変治療の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.2) 2045-2045   Sep 2017
SGLT2阻害薬による肝癌抑制効果
鍛治 孝祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A638-A638   Sep 2017
CDAA食およびLPS腹腔内投与による新しいNASHモデルマウスの作成
中西 啓祐, 久保 卓也, 才川 宗一郎, 下里 直隆, 古川 政統, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 鍛治 孝祐, 浪崎 正, 北出 光輝, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A635-A635   Sep 2017
FXR作動薬及びDPP4阻害薬併用によるNASH肝線維化進展抑制効果と作用機序
下里 直隆, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 高谷 広章, 澤田 保彦, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 関 建一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A629-A629   Sep 2017
C型慢性肝炎Genotype 1型に対するDAAレジメの治療効果とQOLに対する影響の検討
久保 卓也, 竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 澤田 保彦, 関 建一郎, 山尾 純一, 美登路 昭, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 才川 宗一郎, 古川 政統, 中西 啓祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A583-A583   Sep 2017
肝硬変合併症対策の進歩 リファキシミンによる腸内細菌制御を介する肝硬変治療の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A542-A542   Sep 2017
肝再生研究の進歩 NOTCH1阻害剤による新規肝再生療法の試み
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A522-A522   Sep 2017
肝硬変合併症対策の進歩 リファキシミンによる腸内細菌制御を介する肝硬変治療の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A601-A601   Sep 2017
肝再生研究の進歩 NOTCH1阻害剤による新規肝再生療法の試み
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A522-A522   Sep 2017
アルコール性肝障害研究の最先端 エンドキシンやサルコペニアがアルコール性肝硬変に与える影響
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 浪崎 正, 赤羽 たけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本アルコール・薬物医学会雑誌   52(4) 118-118   Aug 2017
有腹水肝硬変症例におけるサルコペニアの影響
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 関 健一郎, 才川 宗一郎, 澤田 保彦, 下里 直隆, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 浪崎 正, 赤羽 あけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 145-145   Aug 2017
リファキシミンによる肝硬変合併症改善の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 才川 宗一郎, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 竹田 幸祐, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 131-131   Aug 2017
トルバプタンによる胸水腹水治療戦略 トルバプタンの治療効果は判定基準の設定で異なる
瓦谷 英人, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 佐藤 慎也, 久保 卓也, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 63-63   Aug 2017
肝星細胞への薬物デリバリーを意図したヒアルロン酸被覆高分子ミセル
永田 拓也, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 葛谷 明紀, 大矢 裕一
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   33回 195-195   Jun 2017
若手に役立つ議論・オピニオンリーダーからのメッセージ 肝がん再発抑制に向けた戦略 抗ウイルス薬vsケモプリベンション ケモプリベンション
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓クリニカルアップデート   3(1) 59-63   May 2017
NASH肝病態進展におけるDPP4阻害薬併用及びアンギオテンシンII受容体拮抗薬を用いた新規治療の試み
大倉 康志, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 下里 直隆, 古川 正統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 浅田 潔, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-496   Apr 2017
ラットNASHモデルにおけるFructoseによる肝線維化促進効果と機序
関 建一郎, 北出 光輝, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-495   Apr 2017
SGLT2阻害薬による肝癌抑制効果
鍛治 孝祐, 大倉 康志, 関 建一郎, 下里 直隆, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-494   Apr 2017
慢性肝障害モデルにおける新規NOTCH1選択的阻害剤の治療効果の基礎的検討
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A410-A410   Apr 2017
CDAA食およびLPS併用による新規NASHモデルマウス作成の試み
中西 啓祐, 久保 卓也, 才川 宗一郎, 下里 直隆, 古川 政統, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 北出 光輝, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A390-A390   Apr 2017
マウス急性肝不全モデルにおけるADAMTS13の動態
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 澤田 保彦, 大倉 康志, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A373-A373   Apr 2017
動注化学療法および分子標的治療薬を用いた進行肝癌治療の効果予測における腫瘍径と腫瘍マーカーの意義
守屋 圭, 浪崎 正, 下里 直隆, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 古川 政統, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A339-A339   Apr 2017
YAP-Hippo経路を介した胆管細胞癌に対するangiotensin-II受容体阻害薬の腫瘍抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A287-A287   Apr 2017
SGLT2阻害薬による肝癌抑制効果
鍛治 孝祐, 西村 典久, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A286-A286   Apr 2017
進行肝癌に対するSorafenibおよび動注化学療法における腫瘍径と腫瘍マーカーによる治療選択の試み
守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 鍛治 孝祐, 佐藤 慎哉, 古川 政統, 瓦谷 英人, 西村 典久, 竹田 幸祐, 関 建一郎, 澤田 保彦, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A361-A361   Mar 2017
NASH肝線維化進展におけるProbioticsおよびAngiotensin II受容体拮抗薬併用投与による腸肝相関への影響
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 関 建一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 下里 直隆, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A320-A320   Mar 2017
非環式レチノイドとアンギオテンシンII受容体拮抗薬併用による肝発癌抑制効果とメカニズム
西村 典久, 北出 光輝, 浪崎 正, 守屋 圭, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 澤田 保彦, 下里 直隆, 関 建一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 浅田 潔, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A319-A319   Mar 2017
C型慢性肝炎Genotype 1型に対する各DAA治療間のQOLに及ぼす差異
竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 才川 宗一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A315-A315   Mar 2017
アンギオテンシンII受容体拮抗薬およびDPP4阻害薬併用によるNASH肝病態進展抑制効果と作用機序
大倉 康志, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 下里 直隆, 古川 政統, 中西 啓介, 才川 宗一郎, 浅田 潔, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A308-A308   Mar 2017
肝線維化治療と肝再生医療の最新知見 肝線維化モデルにおける新規NOTCH1選択的阻害剤を用いた肝再生治療の試み
北出 光輝, 鍛治 孝祐, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A183-A183   Mar 2017
肝硬変患者におけるサルコペニア合併例の特徴
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 157-157   Feb 2017
【肝硬変を理解する-分子機構から実臨床に至るまで-】 治療 抗線維化療法(Anti-fibrotic therapy)
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
肝・胆・膵   73(6) 1101-1108   Dec 2016
NASH肝発癌モデルに対するソラフェニブとangiotensin-II受容体阻害薬(ARB)の併用効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 中西 啓祐, 守屋 圭, 吉治 仁志
The Liver Cancer Journal   8(2) 142-143   Dec 2016
竹田 幸祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   57(9) 496-498   Sep 2016
2010年8月〜2011年12月にインターフェロン(IFN)治療を行った50例中、Beck Depression Inventory-II(BDI-II)で点数が高く、経過中に鬱病と診断した14例を除外した36例と、2014年11月〜2015年10月にダクラタスビル/アスナプレビル(DCV/ASV)併用療法を行った80例(抑鬱なし73例、抑鬱あり7例)を対象に、DCV/ASV併用療法における抑鬱の評価とともに、背景因子、治療効果を比較検討した。IFN治療群36例の年齢中央値は55歳で治療効...
アンギオテンシンII受容体拮抗薬およびDPP4阻害薬併用によるNASH肝線維化及び発癌抑制効果と作用機序
大倉 康志, 浪崎 正, 野口 隆一, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A567-A567   Sep 2016
NASH肝線維化進展におけるProbioticsおよびAngiotensin II受容体拮抗薬併用投与による腸肝相関への影響
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A567-A567   Sep 2016
Angiotensin-II受容体メチル化のNASH肝線維化におけるバイオマーカーとしての可能性
浅田 潔, 相原 洋祐, 高谷 広章, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 堂原 彰敏, 西村 典久, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A553-A553   Sep 2016
ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の抑うつに及ぼす影響
竹田 幸祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A539-A539   Sep 2016
肝疾患と栄養 新しい視点から 肝硬変の発がん予防
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
New Diet Therapy   32(2) 116-116   Sep 2016
難治性胸・腹水 治療法の評価 トルバプタンの治療効果は判定基準の設定で異なる
瓦谷 英人, 守屋 圭, 浪崎 正, 上嶋 昌和, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 西村 典久, 佐藤 慎也, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   22(3) 98-98   Aug 2016
【肝硬変のマネージメント-その進歩と課題-】 非ウイルス性肝硬変に対する治療 肝不全・肝癌への進展をどう抑制するか
鍛治 孝祐, 北出 光輝, 吉治 仁志
消化器の臨床   19(3) 216-221   Jun 2016
今後B型、C型慢性肝炎から肝硬変へ至る症例は減少し、非ウイルス性肝硬変の割合が増加してくることが予測される。なかでもメタボリックシンドロームの肝臓における表現型である非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が肝硬変や肝癌発生の背景として重要な位置を占めてくると考えられる。その他にもアルコール性肝障害や自己免疫性疾患などの病態進展にも肥満や糖尿病が増悪因子となることが報告されている。そのため肝不全・肝癌への進展を抑制するためには、各疾患の病態を見極めて、解析・治療にあたるうえでいかにハイリスク患...
非抗ウイルス薬による肝癌抑制のエビデンス 代謝要因からみた肝発癌抑制
鍛治 孝祐, 吉治 仁志
The Liver Cancer Journal   8(1) 18-24   Jun 2016   [Invited]
抗ウイルス薬であるDirect-acting antivirals(DAA)の出現によって、今後C型慢性肝炎におけるウイルス排除効率は大きく進展し、それに伴ってC型肝炎ウイルス(HCV)キャリアの数は大きく減少することが期待されている。今後はSVR後の発癌や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を背景とした肝癌に対する肝癌抑制治療の開発が重要な課題になってくると思われる。肝臓は糖、アミノ酸や金属などの代謝における中心的な臓器であり、肝発癌における環境因子とも言える代謝異常をコントロールするこ...
結腸・直腸静脈瘤破裂に対するヒストアクリルの使用経験
上嶋 昌和, 梅本 典江, 浪崎 正, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 浅田 翔平, 美登路 昭, 吉治 仁志, 山尾 純一, 松村 雅彦
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 846-846   Apr 2016
術前診断が困難であった膵過誤腫の一例
関 建一郎, 吉田 太之, 浅田 翔平, 岩井 聡始, 金子 三紀, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 守屋 圭, 上嶋 昌和, 沢井 正佳, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 799-799   Apr 2016
抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインの課題 胃ESDにおける検討
吉田 太之, 美登路 昭, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 澤田 保彦, 関 建一郎, 藤本 優樹, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 741-741   Apr 2016
肝線維化過程におけるperiostinの役割 レニン・アンジオテンシン系とのクロストーク
竹田 幸祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A237-A237   Apr 2016
ラットNASHモデルに対するProbioticsおよびアンジオテンシンII受容体拮抗薬併用投与による肝線維化抑制効果
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A199-A199   Apr 2016
肝線維化の分子機構 DNMT1欠損によるDNA脱メチル化の肝線維化進展における役割
鍛治 孝祐, 北出 光輝, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A102-A102   Apr 2016
自己免疫性肝炎における血清フェリチン/亜鉛濃度比を用いた肝病態予測の有用性
守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 上嶋 昌和, 沢井 正佳, 吉田 太之, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A302-A302   Mar 2016
臨床応用を見据えた肝再生医学・線維化研究の新展開 DNMT1による肝細胞の恒常性維持、再生の制御制構
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, Thogeirsson Snorri S.
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A121-A121   Mar 2016
非アルコール性脂肪性肝炎における酸化ストレスおよび血管新生の役割 新規経口鉄キレート剤・アンジオテンシンII受容体拮抗薬を用いた新規治療の試み
鍛治 孝祐
奈良県医師会医学会年報   26(1) 57-60   Aug 2013
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)における病態進展の全容は未だ明らかでないが、進展過程において肝内の酸化ストレス(ROS)増加が重要な促進因子として働くと考えられる。近年、アンジオテンシンII(AT-II)は循環器系のみならず肝臓に対しても様々な生物学的作用を示すことが報告されている。また、AT-IIと鉄は、それぞれNADPH oxidase、Fenton反応を介してROS産生を増加させることが報告されている。著者等はこれまでに、肝線維化や肝癌といった慢性肝疾患の病態進展にはROSに加え...
デキサメサゾンで褐色細胞腫クリーゼが誘発されたMEN2型の1例
中谷 聡, 上嶋 昌和, 榑松 由佳子, 美登路 昭, 吉田 太之, 守屋 圭, 鍛治 孝祐, 堂原 彰敏, 古川 政統, 辻 裕樹, 吉治 仁志, 伊藤 武文, 竹澤 祐一, 岡本 新悟, 福井 博
日本内分泌学会雑誌   88(3) 1031-1031   Dec 2012
堂原 彰敏, 美登路 昭, 古川 政統, 才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 上嶋 昌和, 沢井 正佳, 吉田 太之, 山尾 純一, 福井 博
Gastroenterological Endoscopy   54(9) 3141-3147   Sep 2012
症例は62歳、女性。1998年に健診目的の上部消化管内視鏡検査にて胃粘膜下腫瘤を指摘された。2009年に施行された上部消化管透視検査にて増大傾向にあったため、当院紹介受診。胃角部小彎前壁に表面平滑で、立ち上がりが急峻な30mm大の胃粘膜下腫瘍を認めた。通常光観察および超音波内視鏡検査にて、粘膜下層に存在する胃脂肪腫を疑ったが、発見時より増大傾向を示すことから完全に悪性を除外することができないため、診断的治療目的に、胃粘膜下層剥離術(以下、ESD)を施行した。ESDにより腫瘍は一括切除でき、...
肝細胞癌における各種トランスポーター発現
浪崎 正, 吉治 仁志, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 守屋 圭, 堂原 彰敏, 植村 正人, 福井 博
肝臓   53(Suppl.2) A738-A738   Sep 2012
Dipeptidyl Peptidase 4阻害薬による肝線維化抑制機序の検討
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 相原 洋祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 堂原 彰敏, 福井 博
肝臓   53(Suppl.2) A708-A708   Sep 2012
当科における耐術能不良な食道がん症例に対する集学的治療の現状 特に高齢者治療の観点から
古川 政統, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉田 太之, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 浪崎 正, 藤永 幸久, 大谷 絵美, 辰巳 晴規, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 堂原 彰敏, 高谷 広章, 武山 真也, 津呂 公規, 森岡 千恵, 野口 隆一, 池中 康英, 豊原 眞久, 吉治 仁志, 藤本 正男, 植村 正人, 福井 博, 山尾 純一
Journal of Nara Medical Association   63(3-4) 47-53   Aug 2012
耐術能不良な食道がん症例に対する集学的治療の現状とその問題点を検討した。耐術能不良の食道扁平上皮癌40例を対象とした。Stage Iは、1例に化学放射線療法(CRT)、5例に放射線療法(RT)を行い両群ともに100%の完全寛解(CR)率を得たが、RT治療群では経過観察中に2例で局所再発を認めた。Stage IIは5例にCRT、4例にRTを行い、奏功率はそれぞれ100%と75%であった。Stage IIIは全症例にCRTを行い、奏功率100%であったが、CR維持率は17%であった。Stage...
肝線維化 直接的レニン阻害薬による肝線維化抑制機序の検討
相原 洋祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 守屋 圭, 堂原 彰敏, 福井 博
肝臓   53(Suppl.1) A336-A336   Apr 2012
門脈圧亢進症 肝硬変における食道静脈瘤とADAMTS13活性・VWF抗原の動態
高谷 広章, 植村 正人, 相原 洋祐, 武山 真也, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 上嶋 昌和, 森岡 千恵, 藤本 正男, 松本 雅則, 松村 雅彦, 藤村 義博, 福井 博
肝臓   53(Suppl.1) A252-A252   Apr 2012
肝線維化の病態解明と治療への展開 Dipeptidyl Peptidase IV(DPPIV)阻害薬による肝線維化の新規治療
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 相原 洋祐, 堂原 彰敏, 福井 博
肝臓   53(Suppl.1) A169-A169   Apr 2012
肝細胞癌の発症と再発予防を目指した慢性肝炎の治療 分岐鎖アミノ酸(BCAA)製剤の肝癌再発予防 インスリン抵抗性の意義
吉治 仁志, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 守屋 圭, 堂原 彰敏, 福井 博
肝臓   53(Suppl.1) A97-A97   Apr 2012
NASH/NAFLDから進展する肝硬変・肝癌の現状と対応 NASH肝硬変におけるplasminogen activator inhibitor-1(PAI-1)の関与
野口 隆一, 吉治 仁志, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 白井 勇作, 堂原 彰敏, 福井 博
肝臓   53(Suppl.1) A76-A76   Apr 2012
ACE阻害薬、低用量IFN、リバビリン併用カクテル療法による肝線維化抑制効果
吉治 仁志, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 守屋 圭, 堂原 彰敏, 福井 博
日本消化器病学会雑誌   109(臨増総会) A233-A233   Mar 2012
Dipeptidyl Peptidase IV(DPPIV)阻害薬の肝線維化抑制効果
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 相原 洋祐, 堂原 彰敏, 福井 博
日本消化器病学会雑誌   109(臨増総会) A231-A231   Mar 2012
直接的レニン阻害薬による肝線維化阻止の試み 作用機序の検討
相原 洋祐, 吉治 仁志, 池中 康英, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 堂原 彰敏, 福井 博
日本消化器病学会雑誌   109(臨増総会) A230-A230   Mar 2012
Dipeptidyl Peptidase IV(DPPIV)阻害薬の肝星細胞に対する作用 活性化の有無による比較
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 池中 康英, 野口 隆一, 相原 洋祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.3) A947-A947   Nov 2011
直接的レニン阻害薬の肝線維化抑制効果と作用機序
相原 洋祐, 吉治 仁志, 池中 康英, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.3) A946-A946   Nov 2011
アルドステロンを標的とする肝癌治療 血管新生の観点から
野口 隆一, 吉治 仁志, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.3) A838-A838   Nov 2011
可溶性VEGFR-2の血管新生阻害療法における効果予測マーカーとしての有用性 既存薬剤を用いた臨床的検討(Soluble VEGF receptor-2 is a useful predictive marker of anti-angiogenic therapy with clinically available safe agents)
吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 福井 博
日本癌学会総会記事   70回 431-431   Sep 2011
肝発癌に対するレニンアンジオテンシン系dual suppressionの効果 血管新生を中心として(Inhibition of hepatocarcinogenesis by dual inhibition of renin-angiotensin system with clinically used agents)
野口 隆一, 吉治 仁志, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 福井 博
日本癌学会総会記事   70回 431-431   Sep 2011
分枝鎖アミノ酸(BCAA)とACE阻害薬の併用によるインスリン抵抗性条件下での肝発癌抑制効果(Combination of branched-amino acids and ACE inhibitor attenuates the insulin resistance-based hepatocarcinogenesis)
相原 洋祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 福井 博
日本癌学会総会記事   70回 129-129   Sep 2011
新規経口鉄キレート剤とアンジオテンシンII受容体拮抗薬併用による非アルコール性脂肪性肝炎における肝発癌抑制効果(Dual block of angiotensin-II and iron accumulation inhibits hepatocarcinogenesis of nonalcoholic steatohepatitis in rats)
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 野口 隆一, 池中 康英, 相原 洋祐, 福井 博
日本癌学会総会記事   70回 129-129   Sep 2011
慢性C型肝炎患者における潜在的耐糖能障害と肝線維化
野口 隆一, 吉治 仁志, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.2) A663-A663   Sep 2011
レニンの肝星細胞に対する作用は活性化状態により異なるのか?
相原 洋祐, 吉治 仁志, 池中 康英, 野口 隆一, 鍛治 孝祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.2) A639-A639   Sep 2011
Dipeptidyl Peptidase IV(DPPIV)の活性化肝星細胞に及ぼす影響と細胞内伝達経路の解析
鍛治 孝祐, 吉治 仁志, 池中 康英, 野口 隆一, 相原 洋祐, 白井 勇作, 福井 博
肝臓   52(Suppl.2) A638-A638   Sep 2011
NASH進展過程におけるレニン・アンジオテンシン系のクロストークの解明と新規治療の試み
野口 隆一, 吉治 仁志, 池中 康英, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 白井 勇作, 吉井 純一, 福井 博
肝臓   52(Suppl.1) A427-A427   Apr 2011

Books etc

 
Clinical Investigation of Portal Hypertension.
Kosuke Kaji (Part:Contributor, Hepatic encephalopathy Treatment)
Springer   2018   
Physiologic and Pathologic Angiogenesis-Signaling Mechanisms and Targeted Therapy.
Kosuke Kaji、Hitoshi Yoshiji (Part:Contributor, Antiangiogenic Therapy for Hepatocellular Carcinoma.)
In Tech   2017