基本情報

所属
東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 教務補佐
学位
修士(学術)(2016年3月 東京大学)

連絡先
miurakoutanifty.com
J-GLOBAL ID
201801014116708530

社会運動が政策形成過程に与える影響やそのメカニズム、社会運動の政治的帰結について主に研究しています。

現在は博士論文のテーマとして、南米チリにおける高等教育無償化を求める学生運動を分析しています。チリでは1990年代から、奨学金や学生ローンの拡充、学生支援制度改革を求める学生運動が毎年のように行われてきました。2000年代後半からは学生支援制度のみならず高等教育制度全体に対する問題提起がなされるようになり、2011年には高等教育の無償化を要求する数十万人規模の抗議運動が発生しました。その結果として、学生運動が提唱する無償化案とは異なるものの、2016年に無償化制度 "Gratuidad" が導入されるに至りました(gratuidadはスペイン語で「無償」の意味)。本事例を通じて、現在以下の問いを中心に博士論文に取り組んでいます。

  1. 問題設定プロセス:政策に至る出発点として、学生運動はいかにして教育制度が抱える構造的な問題を提起したのか。
  2. アジェンダ化プロセス:学生運動は高等教育の無償化をいかにしてアジェンダ化することができたのか。
  3. 政策案形成選択プロセス:学生運動が提案する政策案の中で何が取り入れられ、取り入れられなかったのか。なぜ学生運動が提案する無償化案とは異なる無償化案が採用されたのか
  4. 法制化プロセス:国会審議に対して学生運動はいかに影響を与えたのか、与えなかったのか。

これらの疑問に答えながら、チリにおける高等教育無償化と学生運動の関係を社会運動の政策的帰結分析の立場から明らかにしたいと考えています。

また、2019年10月中旬以来にチリで発生したチリ史上最大級の抗議行動やその後の社会変動、政治変動についてもウォッチを続けています。

その他、以下のようなテーマについても関心を持っています。

  • 社会運動とフォーマルな政治参加(選挙など)の関係
  • 社会運動組織から政党への転換のプロセスと、そのプロセスにおける社会運動組織が抱える葛藤。コミュニケーションスタイルの変化。
  • 社会運動におけるソーシャルメディアの使用と、それが社会運動の展開や帰結にもたらす影響
  • 新しい左派勢力を中心としたチリの政治社会の変化
  • 授業料制度、学生支援制度などの高等教育制度の変化と学生運動の関係(国際的趨勢)

研究キーワード

  4

論文

  4

MISC

  5

講演・口頭発表等

  17

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

その他

  3
  • ・2016年度 東京大学 駒場ライターズスタジオ(TA) ・2016年度 東京大学 大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻(RA) ・2015年度 東京大学 教養学部 メキシコ国際研修(アシスタント) ・2014年度~2017年度 東京大学 教養学部 社会1(TA)
  • ・2020年1月 The 2020 UTokyo LAINAC Workshop on “Rethinking Inequality: Its Causes, Perceptions and Politics” (Organizing Committee) ・2019年11月 国際開発学会&人間の安全保障学会 2019共催大会(学生委員) ・2016年度 東京大学地域院生研究フォーラム(運営委員) ・2016年1月 The 2016 UTokyo LAINAC Workshop on “The Future of Democracy after Neoliberalism: Challenges from Latin America” (Organizing Committee)
  • 2014年12月よりUTokyo LAINAC(Latin American & Iberian Network for Academic Collaboration、東京大学グローバル地域研究機構ラテンアメリカ研究センター)のスタッフを務めています。研究会や学生交流の企画運営補助、Webページ編集などを行っています。 http://www.lainac.c.u-tokyo.ac.jp/