Kouichi Misaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 25, 2018 at 22:10
 
Avatar
Name
Kouichi Misaki
Research funding number
20507082

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Carotid artery plaque diagnosis using CT
Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Nakada M
Journal of Neuroendovascular Therapy      Aug 2018   [Refereed][Invited]
Mohri M, Ichinose T, Uchiyama N, Misaki K, Nambu I, Takabatake Y, Nakada M
World neurosurgery   115 143-146   Jul 2018   [Refereed]
Nambu I, Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Suzuki T, Takao H, Murayama Y, Futami K, Kawamura T, Inoguchi Y, Matsuzawa T, Nakada M
Neurosurgery      Mar 2018   [Refereed]
Misaki K, Uchiyama N, Inaki A, Kinuya S, Nambu I, Kamide T, Mohri M, Hayashi Y, Nakada M
Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie      Mar 2018   [Refereed]
Aida Y, Misaki K, Kamide T, Mohri M, Uchiyama N, Nakada M
World neurosurgery   111 e850-e855   Mar 2018   [Refereed]
Hayashi Y, Sasagawa Y, Oishi M, Kita D, Misaki K, Fukui I, Tachibana O, Nakada M
Neurosurgery      Mar 2018   [Refereed]
Hayashi Y, Fukui I, Sasagawa Y, Misaki K, Oishi M, Nakada M
Surgical neurology international   9 153   2018   [Refereed]
Misaki K, Takao H, Suzuki T, Nishimura K, Kan I, Yuki I, Ishibashi T, Yamamoto M, Murayama Y
Technology and health care : official journal of the European Society for Engineering and Medicine   25(5) 843-850   Oct 2017   [Refereed]
Yoshiki K, Misaki K, Nambu I, Fukui I, Mohri M, Uchiyama N, Nakada M
Case reports in neurology   9(3) 261-266   Sep 2017   [Refereed]
Kamide T, Tsutsui T, Misaki K, Sano H, Mohri M, Uchiyama N, Nakada M
Pediatric neurology   71 73-76   Jun 2017   [Refereed]
Samuraki M, Sakai K, Odake Y, Yoshita M, Misaki K, Nakada M, Yamada M
Multiple sclerosis and related disorders   13 44-46   Apr 2017   [Refereed]
Futami K, Nambu I, Kitabayashi T, Sano H, Misaki K, Uchiyama N, Nakada M
Neuroradiology   59(4) 411-418   Apr 2017   [Refereed]
Ueda F, Uchiyama N, Mohri M, Misaki K, Matsui O, Kida S, Sanada J, Yoshikawa J, Aburano H, Yoshie Y, Gabata T
Neurologia i neurochirurgia polska   51(2) 116-126   Mar 2017   [Refereed]
Kamide T, Misaki K, Nambu I, Mohri M, Uchiyama N, Nakada M
Acta neurochirurgica   159(3) 593-598   Mar 2017   [Refereed]
Kouichi Misaki, Naoyuki Uchiyama, Masanao Mohri, Yasuhiro Aida, Takehiro Uno, Mitsutoshi Nakada
World Neurosurgery   97 753.e1-753.e5   Jan 2017   [Refereed]
Hayashi Y, Sasagawa Y, Fukui I, Oishi M, Kita D, Misaki K, Kozaka K, Tachibana O, Nakada M
Surgical neurology international   8 306   2017   [Refereed]
Uchiyama N, Misaki K, Mohri M, Kamide T, Hirota Y, Higashi R, Minamide H, Kohda Y, Asahi T, Shoin K, Iwato M, Kita D, Hamada Y, Yoshida Y, Nakada M
Neurologia medico-chirurgica   56(12) 737-744   Dec 2016   [Refereed]
Kouichi Misaki, Naoyuki Uchiyama, Masanao Mohri, Tomoya Kamide, Taishi Tsutsui, Naomi Kanamori, Keisuke Kurokawa, Mitsutoshi Nakada
Acta Neurochirurgica   158(11) 2085-2088   Nov 2016   [Refereed]
Futami K, Kitabayashi T, Sano H, Misaki K, Uchiyama N, Ueda F, Nakada M
AJNR. American journal of neuroradiology   37(7) 1318-1323   Jul 2016   [Refereed]
Kouichi Misaki, Naoyuki Uchiyama, Iku Nambu, Yasuhiro Aida, Tomoya Kamide, Masanao Mohri, Fumiaki Ueda, Mitsutoshi Nakada
World Neurosurgery   90 397-402   Jun 2016   [Refereed]
Kouichi Misaki, Naoyuki Uchiyama, Masanao Mohri, Yutaka Hayashi, Fumiaki Ueda, Mitsutoshi Nakada
Journal of Neuroradiology   43(1) 18-24   Feb 2016   [Refereed]
Kamide T, Mohri M, Misaki K, Uchiyama N, Nakada M
Surgical neurology international   7(Suppl 37) S880-S882   2016   [Refereed]
福井 一生, 内山 尚之, 毛利 正直, 見崎 孝一, 会田 泰裕, 南部 育, 林 裕, 濱田 潤一郎
脳卒中の外科   43(5) 335-337   Sep 2015
症例は43歳男性で、右上肢の痙攣発作と構音障害で前医にてarteriovenous malformationと診断され紹介受診した。MRI T2強調で左前大脳動脈領域に広範なflow voidを認め、その間に正常脳の介在を認めた。脳血管造影検査では左前大脳動脈領域に細い血管で構成される約7cmの内部に動脈瘤を有するdiffuseなnidusを認め、feederは複数の細い血管で、drainerも太い血管はなく正常血管とほぼ等しい灌流速度であった。対側内頸動脈から前大脳動脈を介する流入、両側...
Futami K, Sano H, Kitabayashi T, Misaki K, Nakada M, Uchiyama N, Ueda F
AJNR. American journal of neuroradiology   36(2) 342-348   Feb 2015   [Refereed]
Nakada M, Tanaka S, Oishi M, Miyashita K, Misaki K, Mohri M, Hayashi Y, Uchiyama N, Watanabe T, Hayashi Y
NMC case report journal   2(1) 36-39   Jan 2015   [Refereed]
福井 一生, 内山 尚之, 毛利 正直, 見崎 孝一, 大石 正博, 林 裕
脳神経外科ジャーナル   23(12) 981-986   Dec 2014
コレステロール結晶塞栓症(CCE)はカテーテル操作に伴う重篤な合併症である。CAS後に発生したCCEに関し、発生率および予測因子に関して検討した。2005〜2013年にCASを施行した症例を対象とした。35症例中、術後に持続的な腎機能障害を認めたのは4例であった。うち1例は皮膚所見を伴いCCEと診断された。これら4例は術後有意にGFRが低く、好酸球数が高かった。また胸部にshaggy aortaを認めた。多変量解析の結果、胸部shaggy aortaがCCEの危険因子であった。CASに合併...
見崎 孝一, 内山 尚之, 毛利 正直, 中尾 庸人, 林 裕
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8(5) 280-284   Nov 2014
【目的】経上腕動脈アプローチによる右頸動脈ステント留置術の際に右鎖骨下動脈(subclavian artery;SA)と総頸動脈(common carotid artery;CCA)の角度が強いと直接の誘導が難しい.この状況でCCAにガイドワイヤを容易に挿入する方法を紹介する.【症例】71歳男性.黒内障で発見された右内頸動脈狭窄症で紹介された.胸部大動脈瘤で弓部置換術後であったため経上腕アプローチで大動脈内操作を行わないステント留置術を計画した.右SAと右CCAの角度が強く直接ガイドワイヤ...
Futami K, Sano H, Misaki K, Nakada M, Ueda F, Hamada J
AJNR. American journal of neuroradiology   35(7) 1363-1370   Jul 2014   [Refereed]
Furuta T, Nakada M, Misaki K, Sato Y, Hayashi Y, Nakanuma Y, Hamada J
Brain tumor pathology   31(1) 32-39   Jan 2014   [Refereed]
武井 淳, 西村 健吾, 石橋 敏寛, 村山 雄一, 結城 一郎, 荒川 秀樹, 加藤 正高, 見崎 孝一, 大橋 洋輝, 常喜 達裕, 阿部 俊昭
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7(5) 323-329   Nov 2013
【目的】出血源として特定困難であった破裂末梢性解離性上小脳動脈瘤の1例を認めたので報告する.【症例】55歳,男性.意識障害で発症し,当院へ救急搬送となった.頭部CTではくも膜下出血を認めたが,脳血管造影検査で主幹動脈に明らかな嚢状動脈瘤を認めなかった.左上小脳動脈末梢部に形状変化を認めたが,確定診断に至らず待機的観察となった.発症3日後に施行した3D-DSAでも左上小脳動脈末梢部の形状変化を認め,MRIで左上小脳動脈領域に梗塞を認めることから,左上小脳動脈解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出...
毛利 正直, 内山 尚之, 見崎 孝一, 林 康彦, 林 裕, 濱田 潤一郎
脳卒中の外科   41(5) 358-362   Sep 2013
急性期治療を行った後下小脳動脈(PICA)の分岐部を含んだPICA-involved typeの破裂椎骨動脈解離性動脈瘤5例(男性4例、女性1例、平均52.4歳)を対象に、PICAの灌流領域と近位部閉塞(PO)後の瘤の形状変化について検討した。PICAの灌流領域が広範なtype Aが3例、灌流領域が小さいtype Bが2例であった。PO直後の瘤の造影で全体が造影3例、部分的に造影2例であり、PO後1〜2週後の瘤の造影では瘤が増大2例、不変1例、造影されなくなった2例では、PICAも造影され...
荒川 秀樹, 村山 雄一, 石橋 敏寛, 結城 一郎, 野中 雄一郎, 見崎 孝一, 梶原 一輝, 西村 健吾, 菅 一成, 青木 建, 阿部 俊昭
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7(3) 162-171   Jul 2013
【目的】乳幼児期の脳動脈瘤は,稀な疾患である.我々は,活動性低下と発熱で発症した乳児破裂脳動脈瘤を経験したので報告する.【症例】生後38日の乳児が,発熱と活動性低下で救急外来を受診.頭部CTにて,くも膜下出血,脳室内出血,脳出血とともに,基底槽に円形の腫瘤性病変を認めた.MRIおよびMRAで確定診断がつかず,経頭蓋超音波検査で脳動脈瘤の診断となり,血管内治療を施行した.【結論】稀な乳児破裂脳動脈瘤に対し血管内治療を行い,良好な結果を得た.(著者抄録)
見崎 孝一, 内山 尚之, 毛利 正直, 福井 一生, 南部 育, 林 裕, 濱田 潤一郎
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6(1) 56-60   May 2012
【目的】左総頸動脈(CCA)狭窄症に対するステント留置術の際にガイディングシースの保持を右上腕動脈経由のGooseNeck Snareで行った症例を報告する.【症例】70歳,男性.一過性の右片麻痺で発見された症候性左CCA狭窄症に対してステント留置術を行った.狭窄病変とCCA起始部の距離が短いためガイディングシースを十分遠位まで挿入できなかった.そのため右上腕動脈経由のGooseNeck Snareでガイディングシースを保持してステント留置術を施行し得た.【結論】上腕動脈経由のGooseN...
Uchiyama N, Misaki K, Mohri M, Watanabe T, Hirota Y, Nakada M, Hayashi Y, Ueda F, Hamada J
Neuroradiology   54(5) 487-493   May 2012   [Refereed]
見崎 孝一, 内山 尚之, 毛利 正直, 河原 庸介, 林 裕, 濱田 潤一郎
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5(3) 171-172   Feb 2012
毛利 正直, 内山 尚之, 渡邉 卓也, 見崎 孝一, 林 康彦, 林 裕, 濱田 潤一郎
脳卒中の外科   39(6) 393-397   Nov 2011
未破裂脳動脈瘤に対して瘤内コイル塞栓術を行う際、塞栓率を上げるために瘤内に2本のマイクロカテーテルを留置するダブルマイクロカテーテル法を用いて治療を行い、その治療成績について検討した。その結果、ダブルマイクロカテーテル法により、特に長径と短径の比が大きな形状の動脈瘤に対する塞栓率を上げることができた。また、手技はより複雑になるものの、合併症の増加もみられなかった。以上の結果より、ダブルマイクロカテーテル法は未破裂脳動脈瘤に対する有用で安全な方法であると考えられた。
Misaki K, Nakada M, Mohri M, Hayashi Y, Hamada J
Brain tumor pathology   28(3) 259-263   Jul 2011   [Refereed]
内山 尚之, 濱田 潤一郎, 毛利 正直, 東 良, 廣田 雄一, 見崎 孝一, 林 裕, 高畠 靖志, 山崎 法明, 荒川 泰明, 江塚 勇
JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   4(1) 3-8   May 2010
【目的】海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻(CSdAVF)に対するdouble micocatheter technique(DMT)による経静脈的塞栓術(TVE)の有用性について検討した.【対象と方法】CSdAVF 11例(男:女1:10,年齢56〜81歳平均66.9歳)に対して13回のTVEを行った.2本のマイクロカテーテルをCS内に留置後,それぞれのカテーテルを逆流静脈(RLVD)および上眼静脈(SOV)へ誘導し,RLVD,SOV,CSの順で塞栓した.【結果】13回のTVEのうち,11回(85...
Misaki K, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada J
Neurologia medico-chirurgica   50(1) 76-79   Jan 2010   [Refereed]
Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Hirota Y, Hayashi Y, Hamada J
Neurologia medico-chirurgica   50(7) 581-585   2010   [Refereed]
Misaki K, Uchiyama N, Nitta H, Hamada J
Neurologia medico-chirurgica   50(6) 466-469   2010   [Refereed]
Misaki K, Muramatsu N, Nitta H
Neurologia medico-chirurgica   48(5) 208-210   May 2008   [Refereed]
Fujisawa H, Misaki K, Takabatake Y, Hasegawa M, Yamashita J
Journal of neuro-oncology   73(2) 117-124   Jun 2005   [Refereed]
Misaki K, Marukawa K, Hayashi Y, Fukusato T, Minamoto T, Hasegawa M, Yamashita J, Fujisawa H
Journal of neurosurgery   102(2 Suppl) 197-206   Mar 2005   [Refereed]
Misaki K, Nakada M, Hayashi Y, Tachibana O, Yamashita J, Ueda F, Suzuki M
Journal of computer assisted tomography   25(6) 953-956   Nov 2001   [Refereed]

Misc

 
片側顔面けいれんに対する、椎骨動脈移動予測の試み VA-REZ/VA-Clivus distance測定の有用性
荒川 泰明, 江塚 勇, 吉川 陽文, 見崎 孝一, 林 裕, 中田 光俊
信州医学雑誌   65(3) 187-188   Jun 2017
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 血管障害 脳内出血 視床出血
見崎 孝一, 濱田 潤一郎
日本臨床   別冊(神経症候群I) 217-219   Dec 2013
脳血管内治療における数値流体力学 CFD(Computational Fluid Dynamics)の最前線 脳動脈瘤におけるCFDのパラメーター
見崎 孝一, 高尾 洋之, 鈴木 貴士, 山本 誠, 村山 雄一
脳神経外科速報   23(6) 650-654   Jun 2013
脳血管疾患に対する血管内治療の現状
見崎 孝一, 村山 雄一
臨床麻酔   37(臨増) 313-320   Mar 2013
【この1冊でパーフェクトマスター! 脳神経疾患の画像の見かた】 実践!画像の見かた 病態編 脳血管攣縮
見崎 孝一, 濱田 潤一郎
Brain Nursing   (2010夏季増刊) 204-208   Aug 2010
髄芽腫における免疫組織化学的及び細胞遺伝学的異常とその臨床的意義 c-myc,N-myc,β-,γ-カテニン,cyclin D1に着目して
見崎 孝一
金沢大学十全医学会雑誌   112(4〜6) 140-150   Dec 2003
髄芽腫24例の手術標本を対象に,Wntシグナル関連分子について,免疫組織化学的,および分子生物学的に解析した.γ-カテニンの細胞質/細胞膜陽性所見を9例(37%)に認め,陽性群は陰性群より有意に予後良好であった.また,診察時に髄腔内播種を認めなかった症例も,播種を認めた症例より有意に予後良好であった.β-カテニンの細胞質/細胞膜陽性所見を19例(79%)に,cyclin D1,およびc-mycの核染色を6例(25%),21例(83%)に認めた.cyclin D1陽性群は,髄腔内播種の有無に...
症候性ラトケ氏嚢胞の診断と治療-24例の臨床的検討
立花 修, 見崎 孝一, 林 康彦, 野村 素弘, 林 裕, 山下 純宏
日本内分泌学会雑誌   79(Suppl.) 86-87   Aug 2003
1991〜2002年に経蝶形骨手術或いは開頭術にて治療した症候性ラトケ氏嚢胞24例(男8例,女16例,平均37.1歳)について検討した.外科的治療により,大部分は症状の改善が得られ,予後良好であった.視機能障害や中等度から軽度の内分泌機能異常は改善した.急性発症例は16.7%にみられ,下垂体卒中との鑑別が困難であった.また,嚢胞性頭蓋咽頭腫との鑑別においては,嚢胞内容液のHCGを測定が有用と考えられた