今村 幸太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/16 14:54
 
アバター
研究者氏名
今村 幸太郎
 
イマムラ コウタロウ
eメール
kouima-tkyumin.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80722793.ja.html
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科公共健康医学専攻精神保健学分野
職名
特任講師
学位
博士(保健学)(東京大学), 公衆衛生学修士(専門職)(東京大学), 修士(臨床心理学)(立正大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 精神保健学分野 特任講師
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学 大学院通信教育部 人間学研究科 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 精神保健学分野 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 精神保健学分野 特任研究員
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 博士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 専門職学位課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
立正大学 大学院心理学研究科 臨床心理学専攻 修士課程
 

委員歴

 
2014年11月
 - 
現在
日本産業衛生学会  代議員
 

受賞

 
2017年5月
日本産業衛生学会 優秀口演賞 時間選好の違いはインターネット認知行動療法(iCBT)の抑うつ症状改善に影響するか?
 
2015年5月
日本産業衛生学会 優秀演題賞 労働者に対するインターネット認知行動療法(iCBT)がワーク・エンゲイジメントおよび職場関連アウトカムを改善する:無作為化比較試験
 

論文

 
Watanabe K, Kawakami N, Imamura K, Inoue A, Shimazu A, Yoshikawa T, Hiro H, Asai Y, Odagiri Y, Yoshikawa E, Tsutsumi A
Scientific reports   7(1) 10758   2017年9月   [査読有り]
Sakuraya A, Watanabe K, Kawakami N, Imamura K, Ando E, Asai Y, Eguchi H, Kobayashi Y, Nishida N, Arima H, Shimazu A, Tsutsumi A
BMJ open   7(6) e016716   2017年6月   [査読有り]
Asai Y, Imamura K, Kawakami N
Journal of occupational and environmental medicine   59(6) 516-521   2017年6月   [査読有り]
Sakuraya A, Imamura K, Inoue A, Tsutsumi A, Shimazu A, Takahashi M, Totsuzaki T, Kawakami N
Journal of epidemiology and community health      2017年2月   [査読有り]
Watanabe K, Imamura K, Kawakami N
Occupational and environmental medicine   73(12) 877-884   2016年12月   [査読有り]
Imamura K, Kawakami N, Tsuno K, Tsuchiya M, Shimada K, Namba K, Shimazu A
Journal of occupational health   59(1) 46-54   2016年11月   [査読有り]
Imamura K, Sekiya Y, Asai Y, Umeda M, Horikoshi N, Yasumura S, Yabe H, Akiyama T, Kawakami N
BMC public health   16(1) 1144   2016年11月   [査読有り]
Sakuraya A, Shimazu A, Imamura K, Namba K, Kawakami N
BMC psychology   4(1) 49   2016年10月   [査読有り]
Imamura K, Kawakami N, Tsuno K, Tsuchiya M, Shimada K, Namba K
Journal of affective disorders   203 30-37   2016年5月   [査読有り]
Imamura K, Kawakami N, Inoue A, Shimazu A, Tsutsumi A, Takahashi M, Totsuzaki T
PloS one   11(2) e0148157   2016年   [査読有り]

Misc

 
うつ病治療におけるインターネット認知行動療法(iCBT)の可能性 マンガを用いたiCBT型e-learningの可能性
今村 幸太郎
認知療法研究   9(2) 130-132   2016年8月
【ストレスチェック制度-現状と課題】 ストレスチェック制度の1年目の現状と課題、効果評価
今村 幸太郎, 川上 憲人
医学のあゆみ   263(3) 230-233   2017年10月
本稿では、ストレスチェック制度施行初年度における現状と課題およびその効果について整理する。1府3県の労働局の報告によると、ストレスチェックを実施した事業場での受検率は74〜92%と高い一方で、医師による面接指導を受けた者は0.6〜0.9%と少なかった。ストレスチェック後の集団分析は、半分以上の事業場で実施されていた。ストレスチェックの有用性と効果については、川上(2017)の調査から、単にストレスチェックを実施するだけではその有用性や効果は得られず、ストレスチェックに医師面接や職場環境改善...
今村幸太郎, 川上憲人
月刊精神科   30(5) 425‐430   2017年5月
あなたにもわかる産業ストレス研究(疫学編) いろいろな研究デザイン 介入研究
今村 幸太郎
産業ストレス研究   23(3) 225-227   2016年7月
【職域でみられる多様なストレスとその対応】 相談・対応の実践 労働者の抑うつ症状への認知行動療法の効果 文献レビュー
今村 幸太郎
産業精神保健   24(特別号) 52-57   2016年6月

書籍等出版物

 
AKihito Shimazu, Rusli Bin Nordin, Maureen Dollard, Jodi Oakman (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 15 Effects of internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) among healthy workers: current research evidence)
Springer   2016年10月   ISBN:3319443992
島津明人, 種市康太郎 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 対象者のニーズに合わせたセルフケアの支援方法 Part2 人間関係の円滑化 Ⅱ アサーティブネス・トレーニング)
誠信書房   2016年9月   ISBN:4414416183
川上 憲人, 小林 由佳 (担当:分担執筆, 範囲:5章 復職支援のおさえどころ:能力開発とキャリアの観点から)
培風館   2015年6月   ISBN:4563052426
川上 憲人, 島津 明人, 守島 基博, 北居 明 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 参加型ワークショップによる健康いきいき職場づくり)
生産性出版   2014年12月   ISBN:4820120344
島津 明人, 関屋 裕希, 今村 幸太郎 (担当:共著, 範囲:実践編 I 実践例1:仕事に役立つメンタルヘルス研修)
誠信書房   2014年2月   ISBN:4414400813
宮城まり子, 今村幸太郎, 杉山雅宏, 山蔦圭輔, 渡部卓, 渡邉祐子 (担当:共著, 範囲:第6章 メンタルヘルス不調による休職と復職)
産業能率大学出版部   2014年1月   ISBN:4382057027

講演・口頭発表等

 
時間選好の違いはインターネット認知行動療法(iCBT)の抑うつ症状改善に影響するか?
今村 幸太郎
第90回日本産業衛生学会   2017年5月   
Does Internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) prevent major depressive episode for workers? A 12-month follow-up of a randomized controlled trial.
今村 幸太郎
International Congress of Behavioural Medicine   2016年12月   
長時間労働と大うつ病性障害発症との関連:系統的レビューとメタ分析
今村 幸太郎
第89回日本産業衛生学会   2016年5月   
マンガを用いたiCBT型e-learningの可能性
今村 幸太郎
第12回うつ病学会総会・第15回認知療法学会   2015年7月   
Effects of an Internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) intervention on improving work engagement and other work-related outcomes: An analysis of secondary outcomes of a randomized controlled trial
今村 幸太郎
The International Commission of Occupational Health   2015年6月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 今村 幸太郎

資格

 
2009年4月   臨床心理士
2008年4月   産業カウンセラー