杉本興運

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 04:55
 
アバター
研究者氏名
杉本興運
eメール
koun.sugimotogmail.com
所属
首都大学東京
部署
都市環境学部
職名
助教

プロフィール

首都大学東京の博士後期課程在籍時に日本学術振興会特別研究員DC1に採用され、そのときの研究成果を基に博士号を取得。その後、筑波大学で日本学術振興会特別研究員PDとして研究活動を続け、平成26年7月より首都大学東京都市環境学部の助教として勤務。専門は観光地理学、観光行動論、応用地理学、地理情報科学。現在は、1)地理情報技術の観光行動や観光産業の分析および観光地評価への応用、2)国際都市における観光MICE戦略と基盤整備の動向、3)若者を通してみる次世代の新たな観光・レジャーの展開と予測、4)グローバリゼーションによる観光変容、などに関する研究に取り組んでいる。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年7月
 - 
現在
首都大学東京 都市環境学部 助教
 
2019年1月
 - 
2019年2月
University of Surrey School of Hospitality & Tourism Management Visiting Research Fellow
 
2015年4月
 - 
2016年3月
筑波大学 生命環境科学研究科 教育研究機関受託研究員
 
2014年10月
 - 
2016年3月
茨城大学 人文学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2014年6月
日本学術振興会 特別研究員PD(筑波大学)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1(首都大学東京)
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 観光科学域 (博士後期課程)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 観光科学域(博士前期課程)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
首都大学東京 都市環境学部 建築都市コース
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
地理情報システム学会  代議員
 
2017年10月
 - 
現在
地理情報システム学会  2018年度学術大会本部コアスタッフ
 
2015年4月
 - 
現在
日本地理学会  観光地域研究グループ発起人
 
2014年4月
 - 
現在
日本地理学会  総務委員会委員
 
2017年10月
 - 
2018年3月
地理空間学会  ゲストエディター
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本観光研究学会  研究分科会代表
 
2015年8月
 - 
2016年8月
11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography  Organizing Committee Member
 

受賞

 
2019年1月
首都大学東京 リーディングサイエンティスト
 
2018年5月
日本観光研究学会 優秀論文賞
 
2015年10月
第10回日中韓地理学会議(第1回アジア地理学会議) 優秀ポスター賞
 
2015年5月
地理空間学会 奨励賞
 

論文

 
Sugimoto Koun, Ota Kei, Suzuki Shohei
Sustainability   11(3) 919   2019年2月   [査読有り]
Relationship between childhood nature play and adulthood participation in nature-based recreation among urban residents in Tokyo area
Hosaka Tesuro, Numata Shinya, and Sugimoto Koun
Landscape and Urban Planning   180 1-4   2018年   [査読有り]
コミュニティサイクル利用観光者の回遊行動特性 ―埼玉県川越市を事例に―
西村圭太・杉本興運・菊地俊夫
観光研究   29(2) 29-42   2018年   [査読有り]
東京都における訪日教育旅行の地域的特性-受入態勢と外国人児童生徒の観光行動の分析を通して
磯野巧・杉本興運・飯塚遼・池田真利子・小池拓也・太田慧
地理空間   10(3) 180-194   2018年3月   [査読有り]
東京におけるナイトクルーズの集客戦略と存立形態―東京湾納涼船における若者の利用特性―
太田慧・杉本興運・上原明・池田真利子・飯塚遼・磯野巧・小池拓矢
地理空間   10(3) 165-179   2018年3月   [査読有り]
東京におけるナイトライフ観光の特性-夜間音楽観光資源としてのクラブ・ライブハウスに着目して-
池田真利子・卯田卓矢・磯野巧・杉本興運・太田慧・小池拓矢・飯塚遼
地理空間   10(3) 149-164   2018年3月   [査読有り]
東京大都市圏におけるクラフトビールイベントの展開と若者観光
飯塚遼・太田慧・池田真利子・小池拓矢・磯野巧・杉本興運
地理空間   10(3) 140-148   2018年3月   [査読有り]
東京大都市圏における若者のアニメに関連した観光・レジャーの特性
小池拓矢・杉本興運・太田慧・池田真利子・飯塚遼・磯野巧
地理空間   10(3) 125-139   2018年3月   [査読有り]
東京大都市圏における若者の日帰り観光・レジャーの時間的・空間的特性-大規模人流データによる分析-
杉本興運
地理空間   10(2) 51-66   2017年12月   [査読有り]
Use of GIS-based analysis to explore the characteristics of preferred viewing spots indicated by the visual interest of visitors
Sugimoto, K.
Landscape Research   43(3) 345-359   2017年   [査読有り]
Childhood experiences of nature influences the willingness to coexist with biodiversity in cities
Hosaka,T., Sugimoto, K., and Numata, T.
Palgrave Communications      2017年   [査読有り]
Effects of childhood experience with nature on tolerance of urban residents toward hornets and wild boars in Japan
Hosaka,T., Sugimoto, K., and Numata, T.
PLOS ONE   12(4)    2017年   [査読有り]
シンガポールにおける観光とMICEの発展
杉本興運
E-journal GEO   12(2) 246-260   2017年   [査読有り]
イベント開催時における訪問者の目的地内移動パターン―東京都・上野公園でのフェスティバルを事例に―
杉本興運
観光研究   29(1) 17-28   2017年   [査読有り]
杉本興運・小池拓矢
地学雑誌   124(6) 1015-1031   2015年   [査読有り]
Ranaweerage, E., Ranjeewa, A. D. and Sugimoto, K.
Global Ecology and Conservation   4 625-631   2015年   [査読有り]
杉本興運・菊地俊夫
地学雑誌   123(1) 1-24   2014年   [査読有り]
地学雑誌の2014・2015年度の「Most Download 10論文」に選出
Sugimoto, K.
Geographical Review of Japan series B   86(2) 189-197   2014年   [査読有り]
Sugimoto, K.
Landscape and Urban Planning   110 59-63   2013年   [査読有り]
レンタサイクル利用による観光回遊行動の実態-長野県安曇野市におけるGPS・GIS支援による調査とデータ解析-
杉本興運・岡野祐弥・菊地俊夫
観光研究   24(2) 15-27   2013年   [査読有り]
観光者の視覚的体験情報に基づく回遊空間の評価-デジタルカメラ,GPS,GISを使った分析手法-
杉本興運
GIS-理論と応用   20(1) 39-49   2012年   [査読有り]

Misc

 
小笠原諸島のエコツアーにおける心理的リアクタンス
服部陽太・杉本興運・菊地俊夫
小笠原研究年報   41 65-81   2018年   [査読有り]
大都市圏の若者にみる観光・レジャーの行動特性
杉本興運
地理   63(9)    2018年9月   [依頼有り]
都市におけるアニメショップの分布と地域イメージの関係性
小池卓矢、上原明、杉本興運
地理   63(9)    2018年9月   [依頼有り]
若者の観光行動と地域受容基盤に関する研究 最終成果報告―2017年度活動報告を中心に―
杉本興運, 磯野巧, 飯塚遼, 池田真利子, 太田慧, 小池拓矢, 上原明
観光研究   29(2) 135-138   2018年4月   [依頼有り]
若者に着目した観光・レジャー研究の成果と今後の課題
杉本興運
地理空間   10(3) 195   2018年3月   [査読有り]
大都市・東京を中心とした若者の観光・レジャーの行動と空間
杉本興運
地理空間   10(3) 123-124   2018年3月   [査読有り]
Regional Characteristics of International Educational Travel in Tokyo
Isono, T., Liu, J., Zhang, G., and Sugimoto, K.
Proceedings of the 12th Korea-China-Japan Joint & 3rd Asian Conference on Geography      2017年
東京・上野地域における商業集積地の空間特性の分析
太田慧・杉本興運・菊地俊夫・土居利光
観光科学研究   10 1-8   2017年   [査読有り]
日帰りハイキング旅行における観光者の感情変化に関する一考察
杉本興運
観光科学研究   10 19-29   2017年   [査読有り]
昭和39年以降の上野地域の歴史の編纂:中間報告書
杉本興運・太田慧・菊地俊夫
   2017年   [依頼有り]
若者の観光行動と地域受容基盤に関する研究ー2016年度の活動報告ー
杉本興運・磯野巧・飯塚遼・池田真利子・太田慧・小池拓矢
観光研究   28(2) 125-126   2017年   [依頼有り]
箱根・元箱根における観光と空間構成
服部陽太・杉本興運・太田慧・菊地俊夫
観光科学研究   9 59-66   2016年   [査読有り]
上野「文化の杜」アーツフェスタの評価に関する報告書
杉本興運・鈴木祥平・菊地俊夫
   2016年   [依頼有り]
東京 MICE 戦略のための効果的な空間活用方策を実現するための基礎研究
杉本興運・菊地俊夫
   2016年
WebGISによる観光統計データの地理的可視化
杉本興運・池田拓生
観光科学研究   8 163-168   2015年   [査読有り]
データからみる東京を中心とした観光行動の特徴
杉本興運
観光を科学するPBL:東京都区部における新しい観光の提案   26-29   2015年   [依頼有り]
都市圏スケールにおける観光動態の分析-人の流れデータの活用-
杉本興運・村山祐司
地理情報システム学会学術大会研究発表論文集   23 CD-ROM   2014年
東京都市圏における一日の観光動態の時空間的可視化
杉本興運・村山祐司
日本観光研究学会全国大会論文集   29 113-116   2014年
Spatial characteristics of tourist attractions distribution in the Sydney Metropolitan area: Focusing on the travel guidebook analysis
Isono, T and Sugimoto, K.
Proceedings of the 8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography   8-12   2013年
観光者の関心点に対する空間統計•円周統計の応用
杉本興運
地理情報システム学会学術大会研究発表論文集   22 CD-ROM   2013年
自己組織化マップによる農村観光の動機分析-安曇野市を事例として-
杉本興運・飯塚遼
観光科学研究   5 39-49   2012年   [査読有り]
あえて案内しない着地型観光案内: 観光関心点データの抽出と活用
倉田陽平・杉本興運・矢部直人
地理情報システム学会学術大会研究発表論文集   19 CD-ROM   2010年
何を,いつ,どれくらい見て,どこに興味を示すのか?-訪日外国人観光客のより詳細な行動調査に向けて-
倉田陽平・矢部直人・駒木伸比古・有馬貴之・杉本興運
観光情報学会第2回研究発表会講演論文集      2010年
観光行動としての写真撮影に着目した景観資源探索と「みどころ」の抽出-都立石神井公園を事例として-
杉本興運
地理情報システム学会学術大会研究発表論文集   19 CD-ROM   2010年

書籍等出版物

 
東京地理入門
杉本興運 (担当:共著, 範囲:観光)
朝倉書店   2019年   
ツーリズムの地理学 ―観光から考える地域の魅力―
杉本興運 (担当:共著, 範囲:ベルギー・国際都市ブリュッセルにおけるMICE)
二宮書店   2018年   
地誌トピックス 2. ローカリゼーションー地域へのこだわりー
杉本興運 (担当:共著, 範囲:外国人の集まる国際観光拠点シンガポール)
朝倉書店   2018年   
よくわかる観光学3:文化ツーリズム学
杉本興運・太田慧 (担当:共著, 範囲:展望タワーと都市観光)
朝倉書店   2016年   
よくわかる観光学2:自然ツーリズム学
杉本興運 (担当:共著, 範囲:自然ツーリズムと計画システム)
朝倉書店   2015年   

講演・口頭発表等

 
Regional Characteristics of Internationl Educational Travel in Tokyo
Isono, T., Liu, J., Zhang, G. and Sugimoto, K.
12th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography   2017年   
Intra-region tourist movement during a local event for tourists: A case study of a cultural festival in the Ueno district of Tokyo
Sugimoto, K., Koike, T. and Kikuchi, T.
11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography   2016年   
The challenges of implementing the recent MICE strategy in Tokyo
Sugimoto, K.
2015 Korea-China-Japan Joint International Seminar: The Present and the Future of Urban Management in Northeast Asia: Searching for New Possibilities   2015年   
Exploration of day trippers’ movement in the Tokyo metropolitan area through the pattern mining of people flow data
Sugimoto, K.
10th China-Japan-KoreaJoint Conference on Geography (The 1st Asian Conference on Geography)   2015年   
Geographical analysis of photographs taken during a guided tour: A case study of an experimental group tour in Izu Oshima island, Japan
Koike, T.,Sugimoto, K. and Kikuchi, T.
International Geographical Union Regional Conference 2015   2015年   
GIS-based location analysis of accommodation facilities in the Greater Kanto Region of Japan
Sugimoto, K.
International Geographical Union Regional Conference 2014   2014年   
Spatial characteristics of tourist attractions distribution in the Sydney Metropolitan area: Focusing on the travel guidebook analysis
Sugimoto, K.
8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography   2013年   
Spatial analytical approach for perception-based assessment of urban recreational spaces: An extraction of sightseeing spot clusters based on different preference levels
Sugimoto, K.
Association of American Geographers (AAG) Annual Meeting 2013   2013年   
Sequential characteristics of emotions during hiking experiences in nature-based tourist destination
Sugimoto, K.
32th International Geographical Congress   2012年   
Regional differences in distribution and types of tourism resources in Japan
Sugimoto, K.
7th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
若者の観光需要と潜在性の評価:将来の観光産業の維持発展に資する研究拠点の形成
首都大学東京: ミニ研究環
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 杉本興運
大都市圏のジェントリフィケーションの研究
首都大学東京: 研究環
研究期間: 2017年7月 - 2020年3月    代表者: 菊地俊夫
若者の観光行動と地域受容基盤に関する研究
日本観光研究学会: 研究分科会活動費
研究期間: 2016年10月 - 2018年3月    代表者: 杉本興運
昭和39年度以降の上野地域の歴史の編纂
上野観光連盟: 受託研究
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 菊地俊夫
観光行動の動態シミュレーションと地理的可視化の手法構築
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 杉本興運
エリアマーケティング手法を応用した観光集客圏や観光行動の分析
首都大学東京: 傾斜研究費
研究期間: 2016年7月 - 2017年3月    代表者: 杉本興運
東京MICE戦略のための効果的な空間活用方策を実現するための基礎研究
首都大学東京: 改革推進費
研究期間: 2015年11月 - 2017年3月    代表者: 杉本興運
東京都における新しい市民農園等の展開と実態に関する調査・研究
首都大学東京: 改革推進費
研究期間: 2015年11月 - 2017年3月    代表者: 菊地俊夫
アジア大都市圏の自然環境における生物多様性保全と持続的利用に関する研究
東京都: アジア人材育成資金高度研究
研究期間:  - 2017年3月    代表者: 沼田真矢
上野「文化の杜」アーツフェスタの評価
上野観光連盟: 受託研究
研究期間: 2016年2月 - 2016年3月    代表者: 菊地俊夫
マルチスケール空間分析による観光空間の特性把握と評価
首都大学東京: 傾斜研究費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 杉本興運
観光者の行動選択プロセスに基づく観光行動動態のモデリング
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(初年度で辞退)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 杉本興運
体験論パラダイムに基づく景観評価と景観資源の適正配置モデル
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 杉本興運