論文

査読有り
2020年5月

縄文時代後期後半の北日本における竪穴床面出土土器

縄文時代
  • 中村耕作

31
開始ページ
51
終了ページ
78
記述言語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)

標題資料の集成により時期・地域の偏在、当該行為の稀少価値維持のための新器種・新変異が次々に出現したことを指摘した。

リンク情報
共同研究・競争的資金等の研究課題
縄文時代後期における注口土器の異形化とその社会的・象徴的意義
共同研究・競争的資金等の研究課題
出土状況・セット関係にみる縄文時代中期の儀礼行為に関する基礎的研究
共同研究・競争的資金等の研究課題
儀礼の場としての竪穴 ―函館市垣ノ島遺跡・八木B遺跡・臼尻小学校遺跡の土器供献の位置づけ-
ID情報
  • 共同研究・競争的資金等の研究課題の業績ID : 10844026
  • 共同研究・競争的資金等の研究課題の業績ID : 10391280
  • 共同研究・競争的資金等の研究課題の業績ID : 11047227

エクスポート
BibTeX RIS