共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2016年3月

出土状況・セット関係にみる縄文時代中期の儀礼行為に関する基礎的研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 中村 耕作

課題番号
25770278
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
2,990,000円
(直接経費)
2,300,000円
(間接経費)
690,000円
資金種別
競争的資金

関東地方、縄文時代中期における儀礼的要素、特に屋内倒置土器と人骨の残る廃屋墓を中心に、広範な事例集成と、良好な発掘調査事例の検討を行い、竪穴住居の廃絶後の様々な段階で、多様な儀礼行為が行われたことを明らかにした。従来、竪穴住居に関わる儀礼行為の研究は中部地方を中心に行われていたが、関東全域を検討することで、共通性とともに地域差・時期差を確認できた。

リンク情報
論文
縄文時代後期後半の北日本における竪穴床面出土土器
論文
縄文時代廃屋墓における追葬・改葬行為
URL
https://researchmap.jp/kousaku-n/chuki-girei