貝淵 弘三

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 11:16
 
アバター
研究者氏名
貝淵 弘三
所属
名古屋大学
部署
大学院医学系研究科
職名
教授
学位
医学博士

プロフィール

成長因子やホルモン、神経伝達物質などの細胞外シグナルは、G蛋白質や蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)などの細胞内シグナル分子を介して種々の細胞活動や生理機能、高次脳機能を制御する。また、これらのシグナルネットワークは、癌や循環器疾患、内分泌疾患、精神・神経疾患等の病態に密接に関与していると考えられている。貝淵教授は、低分子量G蛋白質Rhoの標的蛋白質であるRho-キナーゼを発見し、細胞骨格、収縮、運動、接着、極性を制御するシグナル伝達機構の解明に貢献してきた。また、Rho-キナーゼが狭心症や肺高血圧症、脳血管攣縮などの病態に関与することを見出し、これら平滑筋の異常収縮を伴う疾患の新たな治療法開発への道を開いた(ファスジル:商品名エリル)。近年、Rho-キナーゼ阻害薬(リパスジル:商品名グラナテック)が緑内障の治療薬として上梓された。一方、Rho-キナーゼの脳内基質としてCRMP-2 を同定し、CRMP-2が神経細胞の軸索伸長と極性形成を制御することを明らかにし、神経細胞の極性形成機構の分野でブレークスルーを果たした。近年、Rho-キナーゼを含む任意のリン酸化酵素(キナーゼ)の基質を同定するために、新たなリン酸化プロテオミクス法を開発した。この方法を駆使して、ドーパミンやアセチルコリンなどの神経伝達物質の下流で惹起されるリン酸化反応を包括的に解析し、ドーパミンが低分子量G蛋白質Rap1を活性化して快情動行動を促進する仕組みを明らかにした。

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院・医学系研究科 大学院・教授
 
1994年4月
 - 
2000年3月
奈良先端科学技術大学院大学 国立奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・バイオサンエンス研究科 教授
 
1992年
 - 
1993年
神戸大学 医学部 助教授
 
1991年
   
 
神戸大学 医学部・生化学第一 助教授
 
1990年
   
 
神戸大学 医学部・生化学第一 助教授・講師
 

受賞

 
2017年11月
紫綬褒章
 
2015年3月
日本薬理学会 江橋節郎賞
 
2011年5月
中日新聞社 中日文化賞
 
2009年7月
日本神経科学会 時實利彦記念賞
 

論文

 
Zhang X, Nagai T, Ahammad RU, Kuroda K, Nakamuta S, Nakano T, Yukinawa N, Funahashi Y, Yamahashi Y, Amano M, Yoshimoto J, Yamada K, Kaibuchi K
Neurochemistry international   122 8-18   2019年1月   [査読有り]
Bin Saifullah MA, Nagai T, Kuroda K, Wulaer B, Nabeshima T, Kaibuchi K, Yamada K
Scientific reports   8(1) 14413   2018年9月   [査読有り]
Owa T, Taya S, Miyashita S, Yamashita M, Adachi T, Yamada K, Yokoyama M, Aida S, Nishioka T, Inoue YU, Goitsuka R, Nakamura T, Inoue T, Kaibuchi K, Hoshino M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(5) 1277-1294   2018年1月   [査読有り]
Fujita K, Chen X, Homma H, Tagawa K, Amano M, Saito A, Imoto S, Akatsu H, Hashizume Y, Kaibuchi K, Miyano S, Okazawa H
Nature communications   9(1) 433   2018年1月   [査読有り]
Itoh N, Nagai T, Watanabe T, Taki K, Nabeshima T, Kaibuchi K, Yamada K
Biochemical and biophysical research communications   493(4) 1384-1389   2017年12月   [査読有り]
Takagishi M, Sawada M, Ohata S, Asai N, Enomoto A, Takahashi K, Weng L, Ushida K, Ara H, Matsui S, Kaibuchi K, Sawamoto K, Takahashi M
Cell reports   20(4) 960-972   2017年7月   [査読有り]
Takano T, Wu M, Nakamuta S, Naoki H, Ishizawa N, Namba T, Watanabe T, Xu C, Hamaguchi T, Yura Y, Amano M, Hahn KM, Kaibuchi K
Nature communications   8(1) 33   2017年6月   [査読有り]
Tokizane K, Konishi H, Makide K, Kawana H, Nakamuta S, Kaibuchi K, Ohwada T, Aoki J, Kiyama H
Glia   65(5) 740-755   2017年5月   [査読有り]
Morosawa S, Iritani S, Fujishiro H, Sekiguchi H, Torii Y, Habuchi C, Kuroda K, Kaibuchi K, Ozaki N
Neuropeptides   62 27-35   2017年4月   [査読有り]
Reward signals downstream of dopamine D1 receptors.
Nagai T, Yamada K, Kaibuchi K
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   51(6) 371-381   2016年12月   [査読有り]
Matsumoto S, Fumoto K, Okamoto T, Kaibuchi K, Kikuchi A
The EMBO journal   29(7) 1192-1204   2010年3月   [査読有り]
Itoh N, Nakayama M, Nishimura T, Fujisue S, Nishioka T, Watanabe T, Kaibuchi K
Cytoskeleton (Hoboken, N.J.)      2010年2月   [査読有り]
Nagai T, Kitahara Y, Shiraki A, Hikita T, Taya S, Kaibuchi K, Yamada K
Neuroscience letters   470(2) 134-138   2010年2月   [査読有り]
Takefuji M, Asano H, Mori K, Amano M, Kato K, Watanabe T, Morita Y, Katsumi A, Itoh T, Takenawa T, Hirashiki A, Izawa H, Nagata K, Hirayama H, Takatsu F, Naoe T, Yokota M, Kaibuchi K
Journal of human genetics   55 42-49   2010年1月   [査読有り]
Terawaki S, Kitano K, Mori T, Zhai Y, Higuchi Y, Itoh N, Watanabe T, Kaibuchi K, Hakoshima T
The EMBO journal   29(1) 236-250   2010年1月   [査読有り]
Amano M, Tsumura Y, Taki K, Harada H, Mori K, Nishioka T, Kato K, Suzuki T, Nishioka Y, Iwamatsu A, Kaibuchi K
PloS one   5 e8704   2010年1月   [査読有り]
Hou ST, Jiang SX, Aylsworth A, Ferguson G, Slinn J, Hu H, Leung T, Kappler J, Kaibuchi K
Journal of neurochemistry   111(3) 870-881   2009年11月   [査読有り]
Arimura N, Hattori A, Kimura T, Nakamuta S, Funahashi Y, Hirotsune S, Furuta K, Urano T, Toyoshima YY, Kaibuchi K
Journal of neurochemistry   111(2) 380-390   2009年10月   [査読有り]
Hashimoto R, Ohi K, Okada T, Yasuda Y, Yamamori H, Hori H, Hikita T, Taya S, Saitoh O, Kosuga A, Tatsumi M, Kamijima K, Kaibuchi K, Takeda M, Kunugi H
Neuroscience research   65(1) 113-115   2009年9月   [査読有り]
Hikita T, Taya S, Fujino Y, Taneichi-Kuroda S, Ohta K, Tsuboi D, Shinoda T, Kuroda K, Funahashi Y, Uraguchi-Asaki J, Hashimoto R, Kaibuchi K
Journal of neurochemistry   110(5) 1567-1574   2009年9月   [査読有り]

Misc

 
天野睦紀, 貝淵弘三
脈管学   47(3) 337-341   2007年6月
天野睦紀, 貝淵弘三
日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA   129(4) 308-310   2007年4月
杉本昌之, 山之内大, 新美清章, 児玉章朗, 服部圭祐, 成田裕司, 上遠野由紀, 小林昌義, 山本清人, 貝淵弘三, 古森公浩
日本外科学会雑誌   108(2)    2007年3月
貝淵弘三
神戸大学医学部神緑会学術誌   21 59-60   2005年8月