渋谷和彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 05:52
 
アバター
研究者氏名
渋谷和彦
 
シブヤ カズヒコ
所属
東京都立大学
職名
准教授待遇(非常勤)
学位
博士(システムズ・マネジメント)(筑波大学), 修士(社会情報学)(中央大学)
その他の所属
統計数理研究所

プロフィール

よろしくお願いします。
産総研でユビキタス研究、理研で科学技術政策研究を行ってきました。
統計数理研究所では、それらを踏まえつつ、新しい研究分野を探究しています。

【研究分野】
Computational Social Science
コンピュータ技術を用いて研究する社会(科)学です。
コンピュータ・サイエンスやマネジメント、ネットワーク、バイオ、物理、複雑系などの知見も交えて、社会科学の問題群を解き明かしたり、現実の問題解決のための基礎研究を進めています。
私は、これまで、ISA RC33(国際社会学会 方法論関係の分科会)、IEEE、AAMAS Workshop、ESSA、国際連合等の国際会議、研究報告書、査読付き洋書、英文ジャーナルのそれぞれにおいて、単著の実績があります。この分野については、海外の国際機関や学会等から各種の委員や査読などの依頼、国際共同研究を受けています。

【研究手法】
以下の手法により、研究を進めてきました。
実験法、調査法、社会シミュレーション、参加型コラボレーション、ゲーミング、計量分析、ソフトウェア&システム設計開発。
設計開発の主要言語は、Java, C/C++など。

【これまでの査読付き採択論文と科研費採択研究のテーマ】
・認知システムと意思決定の実験研究
・ユビキタス技術やネットワークを介したコラボレーション
・災害や疫学分野などにおける人間行動とネットワーキング
・自然-社会システムのネットワークと自己組織化
・科学技術政策における合理的意思決定
・システミックリスクなどのリスクマネジメント
・風評被害に関わる社会経済シミュレーション
・集合行動とLegitimation crisis
・国際協調を巡る諸課題(国際共同プロジェクト)

研究分野

 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2011年3月
筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 企業科学専攻システムズ・マネジメントコース博士課程 修了 (社会人入学・早期修了プログラム合格)
 
1995年4月
 - 
1997年3月
中央大学大学院 文学研究科 社会情報学専攻修士課程 修了
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
首都大学東京 非常勤講師 (准教授待遇) (システムデザイン学部)
 
2012年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構 特任助教 (新領域融合研究センター)
 
2013年4月
 - 
現在
統計数理研究所 共同研究員(研究申請・代表者)
 
2011年
 - 
2012年
統計数理研究所 研究員 (リスク解析戦略研究センター)
 
2008年
 - 
2009年
製品評価技術基盤機構 専門職員 (化学物質管理センター)
 
2007年
 - 
2008年
統計数理研究所 共同研究員(研究申請・代表者)
 
2005年
 - 
2008年
理化学研究所 研究政策企画員 (研究プライオリティー会議)
 
2005年
 - 
2008年
東海大学 非常勤講師 (総合情報センター、教養学部芸術学科 他)
 
2003年
 - 
2008年
武蔵野大学 非常勤講師 (通信教育部)
 
2002年
 - 
2004年
産業技術総合研究所 研究員 (サイバーアシスト研究センター)
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
A Member of the International Board of Reviewers for the International General Online Research Conference 2019 (Koln, Germany)
 
2018年7月
 - 
2018年12月
Technical Program Committee Member, IEEE 5th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM)
 
2017年10月
 - 
2018年
A Member of the International Board of Reviewers for the International General Online Research Conference 2018 (Koln, Germany)
 
2017年5月
 - 
現在
The International Journal of Web-Based Learning and Teaching Technologies (IJWLTT)  Reviewer
 
2016年10月
 - 
2017年3月
A member of the International Board of Reviewers (IRB), The International General Online Research conference 2017(Berlin, Germany)
 
2016年
 - 
現在
Computers in Human Behavior, Elsevier  Reviewer
 
2015年1月
 - 
現在
Integrated Research on Disaster Risk (IRDR); United Nations  国際連合の災害対策専門家データベースに登録されています
 
2013年10月
   
 
筑波大学  早期修了プログラム外部評価専門委員会
 
2012年
 - 
現在
Editorial Board Member of the International Journal On Advances in Internet Technology
 
2010年12月
 - 
現在
UbiComm (International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies)  Committee Member
 
2009年
 - 
2009年
IEEE The 3rd International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering (iCBBE 2009)  Reviewer
 
2006年10月
   
 
独立行政法人 理化学研究所  行幸啓対応
 
2006年6月
   
 
独立行政法人 理化学研究所RAC (Riken Advisory Council)  参加メンバ (計算機科学分野)
 
2006年1月
 - 
2008年3月
独立行政法人 理化学研究所  戦略的研究展開事業推進委員会 委員
 
2005年6月
 - 
2005年6月
The 3rd US-JAPAN Joint Conference on Mathematical Sociology(日米数理社会学会合同国際会議)  Session 9(Game Modeling)の座長
 
2004年
 - 
現在
International/Euro Working Group Complex Societal Problems, European Society on Operational Research  Working Group Member
 
2003年4月
   
 
日本社会心理学会  2003年度:日本社会心理学会大会準備委員会 委員
 

受賞

 
2018年5月
Elsevier Award for Outstanding Reviewer (Computers in Human Behavior)
 
Elsevier Award for Outstanding Reviewer(Computers in Human Behavior誌)を授与された。過去2年間で査読を完了した人間の内、トップ10%以内に入るほど、査読の質が高いと評価されたことによる。
2016年8月
Elsevier Award for Recognized Reviewer(Computers in Human Behavior)
 
エルゼビア社刊行のComputers in Human Behavior誌のRecognized Reviewer。書籍のディスカウントなどの特典も付与。Thank you!
2015年11月
International Union of Psychological Science (IUPsyS) 参加費用全額補助のグラント
 
4th International Workshop on Psychological Intervention After Disasters(台湾)で発表参加の際、旅費などの参加費全額補助をして頂きました。国連などが参画。
2011年3月
筑波大学 筑波大学大学院学位授与式 総代
 
2007年2月
Marquis Who's Who in the World (2008)にノミネート
 
2004年公刊のSimulation誌英文論文等が評価されたことによるものです。2007年に正式にノミネートされました。でも、個人情報は提出しませんでしたので、書誌に掲載はされていません。

論文

 
結論,提言および実績報告
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 168-183   2017年3月
ヒアリング
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 155-167   2017年3月
心理的要因に配慮したSTEM 教育実践の試み
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 143-154   2017年3月
統合シミュレーションへ向けた構想
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 137-142   2017年3月
被災者と地域コミュニティの復興に向けて
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 122-136   2017年3月
風評被害を受けている地域・物産に対する環境評価と消費者のWTP
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 110-121   2017年3月
リスクを巡る民主的討議と合意形成
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 104-109   2017年3月
取引関係や市場における影響力
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 91-103   2017年3月
都市間のつながりと最適輸送経路の探索
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 75-90   2017年3月
情報の非対称性=レモン市場における風評被害による取引停止をシミュレーションする
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 64-74   2017年3月
風評の情報伝播と拡散
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 57-62   2017年3月
システムとしての風評被害
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 47-56   2017年3月
基礎分析
渋谷和彦
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」   1(1) 17-46   2017年3月
科研費研究成果報告書「風評被害による販売網の崩壊予防とレジリエンス」
渋谷和彦
科研費研究成果報告書   1(1) 1-200   2017年3月
2014年度採択「風評被害による販売ネットワークの崩壊予防とレジリエンス」
研究申請代表者:渋谷和彦
挑戦的萌芽研究(課題番号:26590105)
申請分野:社会学
------------------------------------------------
本研究計画では,東日本大震災で顕著に発生している風評被害に関して,経済社会学(富永,1997)やComputational Social Science等,社会(科)学的な観点に基づく探究を行い,風評被害の改善や予防につながる研究...
A Simulation Study on Collective Opinion Dynamics in Percolation Network
SHIBUYA Kazuhiko
International Journal of Psychology   51 1094-1094   2016年7月   [査読有り]
Why is such criterion in Democracy? : Thinking about the Majority Rule and Legitimacy
SHIBUYA Kazuhiko
Proceedings of the German-Japanese Society for Social Science      2016年3月   [査読有り]
Why does winner of the poll get all by majority rule? Are there any methodologies to determine the majority criterion by rational standard and measure its dynamic progress? The author discusses the majority rule and legitimacy, and simulates model...
SHIBUYA Kazuhiko
The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience Towards a new science and technology to consolidate disaster risk reduction and sustainable development      2015年1月   [査読有り]
国連防災世界会議での発表参加。
東日本大震災に関わる風評被害とその社会経済的シミュレーションについて。
An Exploring Study on Networked Market Disruption and Resilience
SHIBUYA Kazuhiko
XVIII ISA World Congress of Sociology      2014年7月   [査読有り]
渋谷和彦
横幹 (横断型基幹科学技術研究団体連合ジャーナル)   7(2) 125-128   2013年10月   [査読有り]
本稿は,農商工連携を巡るテーマから,遺伝子組み換え食品(GMO: Genetically Modified Organisms)に焦点を当て,そのリスクについて,大学での討議事例を紹介し,市民参加のリスク評価へ向けた方法論などを議論する.
STEM Education for Critical Thinking: Two Case Studies on Risk Communication and the Prophecy Fail
SHIBUYA Kazuhiko
ISAGA International Conference      2013年6月   [査読有り]
STEM教育に関連して、クリティカルシンキングのゲーミングの問題を議論。

書籍等出版物

 
Advanced Methodologies and Technologies in Government and Society
SHIBUYA Kazuhiko (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 14)
IGI Global   2019年   ISBN:978-1522576617
2017年に出版された百科事典からセレクションされて、私の英文論文が洋書(選書のような形式)に改めて転載所収されて公刊。
Shibuya,K 2019 Bridging between Cyber Politics and Collective Dynamics of Social Movement, in Mehdi Khosrow-Pour(Ed.) (2019) Advanced Methodologies and Technologies in government and Soc...
Encyclopedia of Information Science and Technology (4th Edition)
SHIBUYA Kazuhiko (担当:分担執筆, 範囲:Bridging between Cyber Politics and Collective Dynamics of Social Movement)
IGI Global   2017年7月   ISBN:9781522522553
専門百科事典掲載項目(Chapter 307(Vol.Ⅴ). pp.3538-3548; 5000 words)
Mehdi Khosrow-Pour (Ed.)
IGI Global
DOI: 10.4018/978-1-5225-2255-3

This era of social media extends the bounds of traditional politics to ‘Cyber-Politics’. The advent of social media summon...
Electronic Proceedings of ISAGA 2013
SHIBUYA Kazuhiko (担当:分担執筆, 範囲:STEM Education for Critical Thinking: Two Case Studies on Risk Communication and the Prophecy Fail)
KTH Transport Science publication   2013年   ISBN:978-91-87353-22-2
S.A. Meijer, R.Smeds (eds), Electronic proceedings of ISAGA 2013, KTH Transport Science publication series, Stockholm, June 24 -28, 2013
Intelligent Learning Infrastructures for Knowledge Intensive Organizations: A semantic web perspective
SHIBUYA Kazuhiko (担当:分担執筆, 範囲:Collaboration and Pervasiveness:Enhancing Collaborative Learning Based on Ubiquitous Computational Services (15章(PP.369-390)))
IDEA   2006年   ISBN:1-59140-503-3
Lytras, M&Naeve,A (Eds.)
Intelligent Learning Infrastructures for Knowledge Intensive Organizations: A semantic web perspective

This chapter contributes toward exploring fundamental conceptualization on
collaboration and pervasiveness in educatio...
Recent Developments and Applications in Social Research Methodology
SHIBUYA Kazuhiko (担当:分担執筆, 範囲:Actualities of Social Representation: Simulation on Diffusion Processes of SARS Representation)
Budrich-verlag   2006年   ISBN:3-938094-44-3
Cor van Dijkum,Jorg Blasius&C. Durand (Eds.)
Recent Developments and Applications in Social Research Methodology, Proceedings of the RC33 Sixth International Conference on Social Science Methodology,Amsterdam 2004(2nd.Ed.), CD-ROM Format

講演・口頭発表等

 
A Future Design of Fukushima
SHIBUYA Kazuhiko
XIX ISA World Congress of Sociology,RC39 (Disaster), "Works of Emerging Disaster Social Science Researchers"   2018年7月15日   ISA
国際社会学会の災害研究分科会で採択されましたが、所用のため辞退。
ISA RC39(Disaster) "Works of Emerging Disaster Social Science Researchers"
A Design of Fukushima Simulation
渋谷和彦
The Society for Risk Analysis, Asia Conference 2018   2018年3月13日   The Society for Risk Analysis
リスク研究に関する国際会議での採択・発表。
科研費研究最終報告:風評被害による販売ネットワークの崩壊予防とレジリエンス
渋谷和彦
東日本大震災研究交流会   2017年3月10日   東日本大震災研究交流会
本研究は、東日本大震災後、顕著であった風評被害に関して、経済社会学(富永,1997)やComputational Social Science等、社会(科)学的観点に基づく探究を行い、風評被害の改善や予防につながる提言をまとめた。特に、風評被害に関わるデータの分析、シミュレーション(8つのモデル)、およびヒアリングによる現地調査の研究成果をあげることができた。今回は、3年間の研究成果の総括と最終報告を行いたい。
Legitimation Crisis:統治システム崩壊のシミュレーションは可能か
渋谷和彦
第1回計算社会科学ワークショップ   2017年2月27日   第1回計算社会科学ワークショップ実行委員会
2013年までに、我が国でもSNSやTwitterに代表されるソーシャル・メディアを介した選挙活動も解禁となり、市民が参加した討議や意思決定を行う機会が増えている。これらは民主的な制度を支えるものとして期待が高まっている。しかし、国内外において、ごく普通の「市民の声」から大規模デモや社会運動化した集合行為となりやすく、暴走する事例も、我々は目の当たりにしている。しかも、それらによって、実際、政権が覆る事例が中東諸国を中心に発生している。これ以降も、ソーシャル・メディアによる民主化を求める運...
風評被害シミュレーションから福島の未来をデザインする
渋谷和彦
第20回実験社会科学カンファレンス   2016年10月30日   実験社会科学カンファレンス委員会
2014年度から3年計画で実施してきた風評被害からの復興に関わる科研費研究をまとめる。特に、現地におけるヒアリングや統計分析の他、ABMによるシミュレーションを実施してきた。それらを包括的に今回は取りまとめつつ、福島県をはじめ、被災地における復興と地方創生がいかに可能であるかについて、次のステップとして構想したい。
重力モデルによる福島県の人口移動の検証
渋谷和彦
日本グループ・ダイナミックス学会大会   2016年10月9日   日本グループ・ダイナミックス学会
渋谷和彦
日本社会心理学会大会   2016年9月18日   日本社会心理学会
重力モデルによる社会シミュレーション。
渋谷和彦
XIV WORLD CONGRESS OF RURAL SOCIOLOGY 2016 Sustainable and Just Rural Transitions: Connections and Complexities   2016年8月   IRSA
A Simulation Study on Collective Opinion Dynamics in Percolation Network
渋谷和彦
the 31st International Congress of Psychology (ICP)   2016年7月   ICP
渋谷和彦
第2回東日本大震災研究交流会   2016年3月14日   東日本大震災研究交流会
科研費研究に関して、2015年度の報告です。
渋谷和彦
実験社会科学カンファレンス   2015年11月28日   実験社会科学カンファレンス委員会
社会経済面での東日本大震災からの復興の妨げとなっている風評被害に関して、シミュレーションの一部を報告する。
本研究は、経済社会学やComputational Social Science等、主に社会科学的観点からの基礎研究を企図している。特に、風評被害の問題を①レモン市場(Market for“Lemons”)としての情報の非対称性、②パーコレーションのモデルを元にした自己組織性とネットワーク、③討議型評価の各側面に大別し、エージェントベース・シミュレーションによる探究を行っている。個々の...
渋谷和彦
4th International Workshop on Psychological Intervention After Disasters   2015年11月9日   International Union of Psychological Science
International Union of Psychological Science (IUPsyS)
Integrated Research on Disaster Risk, International Centre of Excellence (IRDR-ICoE)
Center for Applied Developmental Science (CADS)
ICSU Regional Office for Asia and the Pacific (ICSU ROAP)
Ja...
渋谷和彦
日本社会心理学会大会   2015年10月31日   日本社会心理学会
民主的な合意形成、意見集約について、社会的影響過程や閾値モデル,特にパーコレーション原理から検討しています。
Why is such criterion in Democracy?
渋谷和彦
the 13th meeting of the German-Japanese Society for Social Science   2015年10月9日   the German-Japanese Society for Social Science
風評被害と社会経済の復興に向けて
渋谷和彦
統計数理研究所オープンハウス   2015年6月19日   統計数理研究所
パーコレーションから見た風評被害
渋谷和彦
ISSI-2014   2015年2月17日   
パーコレーションの原理から風評被害のメカニズムなどを検討する。
渋谷和彦
The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience Towards a new science and technology to consolidate disaster risk reduction and sustainable development   2015年1月15日   国連
国連防災世界会議での発表参加。東日本大震災に関わる風評被害とその社会経済的シミュレーションについて話しました。
☆資料ダウンロードのパスワードは、「fukushimasuki」(すべて小文字。「福島好き」)
生産から市場までの農作物流通ネットワークをどう考えるか
渋谷和彦
第5回横幹連合総合シンポジウム   2014年11月29日   横幹連合
風評被害の実態を探る上で,農協自体の組織構造としてのネットワークと,農協を媒介とする生産者から市場までのネットワークの2点について検討する必要がある.本稿では,経済社会学的視座をはじめ,これに関わる側面(パーコレーションなど)を中心に検討する.
東日本大震災に係る風評被害の現状調査 (1)
渋谷和彦
日本行動計量学会大会   2014年9月3日   
科学技術の評価を巡る「市民の声」と「大衆に訴える論証」
渋谷和彦
日本社会心理学会   2014年7月   

競争的資金等の研究課題

 
Computational Social Science in the Age of Big Data
the German Society for Online Research: 
研究期間: 2016年6月 - 2017年    代表者: Cathleen M. Stuetzer et al
Computational Social Science in the Age of Big Data

ドイツを中心とした国際的なComputational Social Science研究のプロジェクト。
とある国際会議に参加していた縁で、私も各報告の査読・研究などに参画させて頂くことに。
国際協調の社会数理
統計数理研究所: 共同利用登録
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 渋谷和彦
研究・申請代表者
28-共研-0017
2016年度新規採択課題

本研究計画では、多様な視点から可能な限り、実データの取得、分析、そして数理的なモデルとの照合を行いつつ、国際協調へ向けた過程を検証していく。特にシミュレーションによる検証、そして、理論的探究を包括的に行うことにより、それらの本質に迫るとともに、国内外の諸リスクに備えるべき知見を見出したい。
日本学術振興会: 科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 渋谷和彦
課題番号: 26590105
本研究計画では、東日本大震災で顕著に発生している風評被害に関して、経済社会学やComputational Social Science など、社会(科)学的な観点に基づく探究を行い、風評被害の改善や予防につながる提言をまとめる。既に基礎研究は着手しており、本研究計画により、実データも可能な限り取得して、更に研究を深めていく。
社会的表象とネットワーキングの基礎研究(2015年度)
統計数理研究所: 共同利用登録
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 渋谷和彦
2014年度からの継続。
平成27年度:27-共研-0017
研究申請・代表者
社会的表象とネットワーキングの基礎研究(2014年度)
統計数理研究所: 統計数理研究所 共同利用登録
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 渋谷和彦
平成26年度 26-共研-0011
研究申請・代表者

2013年度からの継続。
社会的表象とネットワーキングの基礎研究
統計数理研究所: 共同利用登録
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 渋谷和彦
平成25年度: 25-共研-0014
研究申請・代表者

東日本大震災で被災した方々のための研究を進めます。
科学技術研究評価と合理的政策意思決定手法の基礎研究
統計数理研究所: 共同利用登録
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 渋谷和彦
課題番号:19-共研-0008

担当経験のある科目

 
 

Works

 
SimMandelbrot 3D Sphere for Java
渋谷和彦   コンピュータソフト   2016年11月
マンデルブロート集合を球体状および平面上に描画する。
SimFateBreaker
渋谷和彦   コンピュータソフト   2014年7月
・ISA-2014国際会議や国際連合などで示したシミュレーションソフト。
・Java言語
・既存のPSI活用
STEM教育用数理・統計ソフトウェア
渋谷和彦   コンピュータソフト   2013年5月
STEM教育のためのクリティカルシンキングの教材
渋谷和彦   教材   2013年4月
渋谷和彦   芸術活動   2012年2月
2011年3月11日に発生した東日本大震災の犠牲者の方々の冥福を祈り、そして被災した全ての方のために、鎮魂歌を創作しました。研究と詩作以外に何もできない自分の無力さに忸怩たる思いを抱きながら、祈りを捧げます。
<公開した詞の概要>
1番:海原と大地
2番:天つ星影
SimDynamicPIF
渋谷和彦   コンピュータソフト   2011年
・2011年度の横幹連合カンファレンスなどで発表した論文で示したソフト。
・Java言語
・既存のPSI活用
ユビキタス・ジグソーによるゲーミング
渋谷和彦   教材   2010年
ユビキタス・ジグソー法の体系に基づくカード形式のゲーミング。
SWModeler
渋谷和彦   コンピュータソフト   2005年
Visual C++によって実装。
SmallWorldのネットワーキングを分析、検証する。
SimInfoGenesis
渋谷和彦   コンピュータソフト   2004年
Javaで実装。
2004年のISA国際会議で採択された英文論文などで示したシミュレーションソフト。
Sgx
渋谷和彦   コンピュータソフト   2004年
Java,C++で実装。
2004年の大会発表論文で示した、ネットワーク上のPDゲーム・シミュレーション。

その他

 
2018年11月   洋書英文論稿の査読
洋書英文論稿の査読を行った。
2018年11月   the International Board of Reviewers (IRB), The International General Online Research conference 2019の査読
英文5本分の査読を行った。
2018年10月   英文ジャーナルに投稿された英文論文の査読
英文ジャーナルに投稿された英文論文の査読を行った。心理・行動分析の実証実験。
2018年9月   英文百科事典の内容の査読・校閲
英文百科事典の内容の査読・校閲を行った。
2018年8月   国際会議の英文論文査読(ユビキタス技術・SDN)
国際会議の英文論文査読(ユビキタス技術・SDN)
2018年7月   IEEE国際会議の英文論文査読
5本分の英文論文の査読。
最適化、スケジューリング、数理シミュレーションなど。
2018年6月   洋書1冊分の査読(人工知能技術)
洋書1冊分の査読(人工知能技術関係)を依頼されたので、これを行った。
2018年3月   英文ジャーナルの論文査読
IoTのシステムデザインに関する英文論文。
2017年12月   Computers in Human Behavior誌の論文査読
Computers in Human Behavior誌の論文査読。
2017年11月   General Online Research 2018の査読
General Online Research 2018の投稿論文査読。ソーシャル・メディアに関わる研究事例。

社会貢献活動

 
Integrated Research on Disaster Risk (IRDR)
【情報提供, その他】  United Nations  2015年1月
世界規模の大災害について研究したり、提言したりします。
私は特に、システミックリスク、社会経済面での復興、人間行動のダイナミクス、ネットワークに関心と研究実績があり、貢献できると思います。
Java言語、コンパイラおよびJVMの安定化
【助言・指導, 情報提供, 報告書執筆, その他】  サン・マイクロシステムズ(当時)、IBM  1998年 - 2002年
Java言語とJVMの安定化への貢献。
・サン・マイクロシステムズの正規Javaコンパイラ、実行環境の不備などの指摘と報告。
・IBM社のJavaコンパイラJIKESの不備と欠陥の指摘と報告。

Misc

 
死刑制度の意識調査
渋谷和彦
調査報告書      1993年
大学における研究グループによる調査。