論文

2013年6月

実践看護学演習による学生の思考過程形成の有用性(第1報)

鹿児島純心女子大学看護栄養学部紀要
  • 竹生 真規
  • ,
  • 徳永 龍子
  • ,
  • 園田 和子

17
開始ページ
25
終了ページ
33
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
鹿児島純心女子大学看護栄養学部

臨地実習前の前期に模擬患者に対して実践看護学演習でクリティカルシンキング(論理的思考)と看護過程(看護診断過程・看護実践過程)を実践的に展開することは,学生の問題解決思考過程形成に有用である。学生自身は,段階的に思考過程を実践学習し,看護者としての基本的態度・社会人基礎力・看護実践能力の視点から自己の課題を明確にできる。教員は,技術演習のあるべき内容並びに体制を明確にすることで実践看護学の質の向上を目指す資料にできる。(著者抄録)

ID情報
  • ISSN : 1348-4303
  • 医中誌Web ID : 2014098375

エクスポート
BibTeX RIS