基本情報

所属
東京大学 大学院情報学環 特任研究員
専修大学 ネットワーク情報学部 兼任講師
学位
博士(学際情報学)(2022年3月 東京大学)

連絡先
khsugiyamag.ecc.u-tokyo.ac.jp
研究者番号
40951752
J-GLOBAL ID
201801020959600979
researchmap会員ID
B000345925

興味発展・趣味学習論(学習科学+余暇研究+メディア研究)

学習科学の観点から見ると、興味が発展することは個人が社会との接点を見つけることだと言えます。そのような興味が喚起され、発展していく過程に興味を持っています。また、興味が表現される活動として趣味や課外活動に注目しています。

こうした現象を質的に研究することを通して、「やりたいこと」を下支えする生涯学習環境としての地域社会やメディア文化のあり方を明らかにしたいと考えています。

論文のテーマ

これまで、趣味における興味を支える社会文化的環境とは何か、それはどのような概念装置で研究することができるのか、という問題を扱ってきました。具体的には、

  • 興味の深まりを可能にする趣味縁に関する実証研究(オーケストラ楽団、写真家SNS)
  • 趣味の性質を表す「シリアスレジャー」概念に関する研究レビュー
  • 趣味学習を媒介するメディアについて研究する必要性と方法の理論的検討

に関する論文を、『日本教育工学会論文誌』『余暇ツーリズム学会誌』『マス・コミュニケーション研究』に発表しています。

出版物

書籍としては『「趣味に生きる」の文化論:シリアスレジャーから考える』(ナカニシヤ出版)の共編者を務めたほか、遊びの居場所を耕す雑誌『Tired Of』(遊と暇発行、渡辺龍彦編集長)の一部編集・執筆を担当しました。

「趣味に生きる」の文化論 宮入 恭平(編集) - ナカニシヤ出版 Tired Of No.1 特集 ちゃんとしなくていい路上。  - 遊と暇

また、WEBメディア「遅いインターネット」に「シリアスレジャーとは何か?:「好き」を仕事にしない道をつくる」という記事を寄稿しました。オープンアクセスですので概説として読んでいただけます。


教育分野を中心とした産学連携・質的調査・ワークショップデザイン

趣味学習・興味駆動学習論で得た知見やインタビューを始めとする質的調査スキル、ワークショップデザインスキルを活かして様々なプロジェクトに携わっています。 

初等・中等教育分野

  • 小中学校におけるSTEAM教育に関する研究(Makeblock Co., Ltd. からの助成研究)
  • 学校外での小学生向けオンラインワークショップのデザイン(SCSK株式会社との共同研究)
  • 高校生の探究学習に対する助言(都立三田高校、文京区青少年プラザへの協力)

高等教育分野

  • 理工学系研究室での学びの実態に関するインタビュー調査(東京工業大学リサーチアシスタントとして)
  • ラーニングコモンズの学生参加型リニューアルワークショップのデザインおよびその後の利用実態に関するインタビュー調査(コクヨ株式会社との共同研究)

社会教育・生涯学習分野

  • 大学主催のサイエンスカフェ「UTalk」の運営
  • IT業界でのビジネスエスノグラフィーに関する発表(Sansan株式会社主催イベントへの登壇)

研究内容に関するご質問や執筆のご依頼、共同研究へのお誘い等はいつでも上記のメールアドレスにお願いします。


主要な論文

  9

MISC

  1

書籍等出版物

  2

主要な講演・口頭発表等

  19

所属学協会

  5

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

主要なメディア報道

  9

社会貢献活動

  3

その他

  2