鈴木 一史

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/28 18:24
 
アバター
研究者氏名
鈴木 一史
 
スズキ カズフミ
所属
群馬工業高等専門学校
部署
環境都市工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2015年3月
国土交通省国土技術政策総合研究所 高度道路交通システム研究室 研究官
 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
名古屋大学大学院 工学研究科 地圏環境工学専攻
 
 
 - 
2003年3月
名古屋大学 工学部 社会環境工学科
 

受賞

 
2016年6月
(一社)交通工学研究会 第30回交通工学研究会論文賞
 
2014年8月
(一社)交通工学研究会 第34回交通工学研究発表会研究奨励賞
 
2013年3月
アジア・オーストラレイシア道路技術協会(REAAA) 第14回REAAA道路会議 Katahira Award for Best Technical Paper
 

論文

 
Chantal Timmermans, Wael Alhajyaseen, Nora Reinolsmann, Hideki Nakamura, Kazufumi Suzuki
IATSS Research   1-11   2019年4月   [査読有り]
交通違反・危険運転に対する許容度の国際比較
鈴木一史,中村英樹
第38回交通工学研究発表会論文集   7-11   2018年8月   [査読有り]
牧野浩志,鈴木一史,鹿野島秀行,山田康右,堀口良太
土木学会論文集D3(土木計画学)   71(5) 1001-1010   2015年12月   [査読有り]
ソフト的渋滞対策の段階的導入による高速道路サグ部渋滞の削減可能性
鈴木一史,山田康右,堀口良太,鹿野島秀行,牧野浩志
第35回交通工学研究発表会論文集   323-330   2015年9月   [査読有り]
高速道路上のACC使用がドライバのキープレフト走行の受容性に及ぼす影響
鈴木一史,山田康右,加納英明,栗栖嵩,鹿野島秀行,牧野浩志
第35回交通工学研究発表会論文集   315-322   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
ACCを活用した高速道路サグ部の交通円滑化走行実験
鈴木一史,岩武宏一,鹿野島秀行,牧野浩志
土木技術資料   57(3) 10-13   2015年3月
高速道路交通円滑化に資する渋滞対策の受容性検討〜政策評価モデルを用いたアンケート調査結果分析〜
岩武宏一,鈴木一史,鹿野島秀行,牧野浩志
土木技術資料   57(3) 14-17   2015年3月
ITSスポットサービスのモニタ調査による有効性評価
金澤文彦,鈴木一史,中村悟
土木技術資料   55(9) 22-25   2013年9月
ITS技術の海外展開に向けたシステム要件に関するヒアリング調査結果
金澤文彦,鈴木彰一,鈴木一史,岩﨑健
土木技術資料   55(7) 36-39   2013年7月
歩行者の安全横断支援のための横断歩行者感知式注意喚起システムの検証
鈴木一史,金澤文彦
土木技術資料   55(3) 18-21   2013年3月

講演・口頭発表等

 
バーチャルリアリティ実験による単路部二段階横断方式の評価
中村礼,鈴木一史
第46回土木学会関東支部技術研究発表会,2ページ   2019年3月14日   
右折専用現示切り替わり時の交錯車両挙動に及ぼす影響要因の分析
黒澤祐哉,鈴木一史
第46回土木学会関東支部技術研究発表会,2ページ   2019年3月14日   
交通違反・危険運転に対するドライバー意識に基づく交通安全施策の受容性評価
秋山萌香,鈴木一史
第46回土木学会関東支部技術研究発表会,2ページ   2019年3月13日   
日本の自動車運転者の交通安全に対する意識構造に関する分析
加古陽子,柿元祐史,鈴木一史,中村英樹
平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集,2ページ,CD-ROM   2019年3月1日   
コミュニティサイクルの活用性や自転車の交通安全を考える [招待有り]
鈴木一史
第3回前橋市タウンミーティング   2018年12月12日   

担当経験のある科目