互 健二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/30 14:17
 
アバター
研究者氏名
互 健二

論文

 
Inamura K, Shinagawa S, Tsuneizumi Y, Nagata T, Tagai K, Nukariya K, Shigeta M
Aging & mental health   1-8   2018年12月   [査読有り]
Shinotoh H, Shimada H, Kokubo Y, Tagai K, Niwa F, Kitamura S, Endo H, Ono M, Kimura Y, Hirano S, Mimuro M, Ichise M, Sahara N, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M
Neurology      2018年12月   [査読有り]
Tagai K, Shinagawa S, Kada H, Inamura K, Nagata T, Nakayama K
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society      2018年2月   [査読有り]
Shinagawa S, Shigenobu K, Tagai K, Fukuhara R, Kamimura N, Mori T, Yoshiyama K, Kazui H, Nakayama K, Ikeda M
Journal of Alzheimer's disease : JAD   57(4) 1221-1227   2017年   [査読有り]
Inamura K, Shinagawa S, Nagata T, Tagai K, Nukariya K, Nakayama K
Psychosomatics      2016年2月   [査読有り]

Misc

 
Alzheimer病における側頭葉内側タウ蓄積は後部帯状回を含む投射先脳領域の糖代謝低下と関連する
島田 斉, 互 健二, 高畑 圭輔, 久保田 学, 山本 保天, 佐野 康徳, 高堂 裕平, 平野 成樹, 篠遠 仁, 須原 哲也, 樋口 真人
脳循環代謝   30(1) 131-131   2018年10月
18F-PM-PBB3 PETは多様なタウオパチー疾患を視覚評価で弁別可能である
互 健二, 島田 斉, 北村 聡一郎, 久保田 学, 高畑 圭輔, 佐野 康徳, 山本 保天, 篠遠 仁, 高堂 裕平, 仲野 義和, 小野 麻衣子, 木村 泰之, 市瀬 正則, 繁田 雅弘, 須原 哲也, 樋口 真人
Dementia Japan   32(3) 469-469   2018年9月
18F-PM-PBB3 PETにて脳幹・小脳にタウ蓄積が示唆されたprogressive ataxia and palatal tremorの一例
関 守信, 高橋 愼一, 大山 宗徳, 島田 斉, 高畑 圭輔, 互 健二, 樋口 真人, 武田 英孝, 鈴木 則宏
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   12回 93-93   2018年7月
軽度認知障害および軽度アルツハイマー病患者におけるBPSDと関連因子の検討 性差比較を通じて
常泉 百合, 稲村 圭亮, 品川 俊一郎, 永田 智行, 互 健二, 忽滑谷 和孝, 繁田 雅弘
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 208-208   2018年6月
【精神疾患発症・重症化の予防はどこまでできるのか】 認知症
互 健二, 繁田 雅弘
精神科   32(4) 328-332   2018年4月

講演・口頭発表等

 
18F-PM-PBB3 PETは多様なタウオパチー疾患を視覚評価で弁別可能である
互 健二
第37回日本認知症学会学術集会   2018年10月13日   
タウ蓄積は早期アルツハイマー病の進行を予測する:11C-PBB3-PETを用いた検討
互 健二
アルツハイマー病協会国際会議   2018年7月21日   
発症前Alzheimer病スペクトラム患者 におけるタウ病変の縦断的PET評価
互 健二
第 36回 日本認知症学会 学術集会   2017年11月24日   
幻視を呈した老年期精神疾患とレビー小体型認知症との 鑑別におけるパレイドリア・テストの有用性
互 健二
第32回日本老年精神医学会   2017年6月15日   
認知症患者の病識と受療行動との関連
互 健二
第31回日本老年精神医学会   2016年6月16日