高橋圭

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 10:38
 
アバター
研究者氏名
高橋圭
 
タカハシ ケイ
eメール
kei.takahashiriken.jp
URL
https://www.cems.riken.jp/jp/laboratory/scirg
所属
(独)理化学研究所
職名
上級研究員
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
科学技術振興事業団戦略的創造研究事業さきがけ
科研費研究者番号
90469932

プロフィール

茨城県出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科超伝導工学専攻 博士(工学)。
専門は酸化物エレクトロニクス。強相関電子の量子効果。遷移金属酸化物薄膜成長。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
科学技術振興事業団戦略的創造研究事業さきがけ 研究員兼任
 
2013年4月
 - 
現在
国立研究開発法人理化学研究所 強相関界面研究グループ 上級研究員
 
2010年6月
 - 
2013年3月
独立行政法人理化学研究所 交差相関超構造研究チーム 副チームリーダー
 
2007年10月
 - 
2010年5月
独立行政法人理化学研究所 交差相関超構造研究チーム 基幹研研究員
 
2007年4月
 - 
2007年10月
東京大学大学院新領域創成科学科 Hwang研究室 日本学術振興会特別研究員
 
2006年5月
 - 
2007年3月
東京大学大学院新領域創成科学科 Hwang研究室 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2006年4月
ジュネーブ大学物理学科固体物理部門 トリスコン研究室 ジュネーブ大学博士研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
東京大学 工学系研究科 超伝導工学専攻 博士課程
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 工学系研究科 超伝導工学専攻 修士課程
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京大学 工学部 応用化学科
 
1989年4月
 - 
1992年3月
茨城県立土浦第一高等学校  
 

受賞

 
2015年5月
Nature publishing group Nature Physics Poster Prize
 
2014年10月
International workshop of oxide electronics IWOE-21 Best Speaker Award
 

論文

 
Yoshimi R., Yasuda K., Tsukazaki A., Takahashi K. S., Kawasaki M., Tokura Y.
SCIENCE ADVANCES   4(12)    2018年12月   [査読有り]
Watanabe R., Yoshimi R., Shirai M., Tanigaki T., Kawamura M., Tsukazaki A., Takahashi K. S., Arita R., Kawasaki M., Tokura Y.
APPLIED PHYSICS LETTERS   113(18)    2018年10月   [査読有り]
Kawamura Minoru, Mogi Masataka, Yoshimi Ryutaro, Tsukazaki Atsushi, Kozuka Yusuke, Takahashi Kei S., Kawasaki Masashi, Tokura Yoshinori
PHYSICAL REVIEW B   98(14)    2018年10月   [査読有り]
Mogi M., Tsukazaki A., Kaneko Y., Yoshimi R., Takahashi K. S., Kawasaki M., Tokura Y.
APL MATERIALS   6(9)    2018年9月   [査読有り]
Takahashi Kei S., Ishizuka Hiroaki, Murata Tomoki, Wang Qing Y., Tokura Yoshinori, Nagaosa Naoto, Kawasaki Masashi
SCIENCE ADVANCES   4(7)    2018年7月   [査読有り]
Yasuda K., Mogi M., Yoshimi R., Tsukazaki A., Takahashi K. S., Kawasaki M., Kagawa F., Tokura Y.
SCIENCE   358(6368) 1311-1314   2017年12月   [査読有り]
K. S. Takahashi, K. S. Takahashi, Y. Matsubara, Y. Matsubara, M. S. Bahramy, M. S. Bahramy, N. Ogawa, D. Hashizume, Y. Tokura, Y. Tokura, M. Kawasaki, M. Kawasaki
Scientific Reports   7    2017年12月
© The Author(s) 2017. Ferroelectric polarization and metallic conduction are two seemingly irreconcilable properties that cannot normally coexist in a single system, as the latter tends to screen the former. Polar metals, however, defy this rule a...
M. Uchida, M. Ide, H. Watanabe, K. S. Takahashi, K. S. Takahashi, Y. Tokura, Y. Tokura, M. Kawasaki, M. Kawasaki
APL Materials   5    2017年10月
© 2017 Author(s). We report the growth of superconducting Sr 2 RuO 4 films by oxide molecular beam epitaxy (MBE). Careful tuning of the Ru flux with an electron beam evaporator enables us to optimize growth conditions including the Ru/Sr flux rati...
K. Yasuda, A. Tsukazaki, R. Yoshimi, K. Kondou, K. S. Takahashi, K. S. Takahashi, Y. Otani, Y. Otani, M. Kawasaki, M. Kawasaki, Y. Tokura, Y. Tokura
Physical Review Letters   119    2017年9月
© 2017 American Physical Society. The current-nonlinear Hall effect or second harmonic Hall voltage is widely used as one of the methods for estimating charge-spin conversion efficiency, which is attributed to the magnetization oscillation by spin...
Minoru Kawamura, Ryutaro Yoshimi, Atsushi Tsukazaki, Kei S. Takahashi, Kei S. Takahashi, Masashi Kawasaki, Masashi Kawasaki, Yoshinori Tokura, Yoshinori Tokura
Physical Review Letters   119    2017年7月
© 2017 American Physical Society. The instability of the quantum anomalous Hall (QAH) effect has been studied as a function of the electric current and temperature in ferromagnetic topological insulator thin films. We find that a characteristic cu...
M. Mogi, M. Kawamura, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, Y. Kozuka, N. Shirakawa, K. S. Takahashi, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, M. Kawasaki, Y. Tokura, Y. Tokura
Nature Materials   16 516-521   2017年5月
© 2017 Macmillan Publishers Limited, part of Springer Nature. All rights reserved. The axion insulator which may exhibit an exotic quantized magnetoelectric effect is one of the most interesting quantum phases predicted for the three-dimensional t...
Masataka Mogi, Minoru Kawamura, Atsushi Tsukazaki, Ryutaro Yoshimi, Kei S. Takahashi, Kei S. Takahashi, Masashi Kawasaki, Masashi Kawasaki, Yoshinori Tokura, Yoshinori Tokura
Science Advances   3    2017年1月
Copyright © 2017 The Authors, some rights reserved; exclusive licensee American Association for the Advancement of Science. Exploration of novel electromagnetic phenomena is a subject of great interest in topological quantum materials. One of the ...
K. Kondou, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, Y. Fukuma, Y. Fukuma, J. Matsuno, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, M. Kawasaki, Y. Tokura, Y. Tokura, Y. Otani, Y. Otani
Nature Physics   12 1027-1031   2016年11月
© 2016 Macmillan Publishers Limited. All rights reserved. Spin-momentum locking in the Dirac surface state of a topological insulator (TI) offers a distinct possibility for highly efficient charge-to-spin current (C-S) conversion compared with spi...
K. Yasuda, A. Tsukazaki, R. Yoshimi, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, M. Kawasaki, Y. Tokura, Y. Tokura
Physical Review Letters   117    2016年9月
© 2016 American Physical Society. We report current-direction dependent or unidirectional magnetoresistance (UMR) in magnetic or nonmagnetic topological insulator (TI) heterostructures, Crx(Bi1-ySby)2-xTe3/(Bi1-ySby)2Te3, that is several orders of...
Okada KN, Takahashi Y, Mogi M, Yoshimi R, Tsukazaki A, Takahashi KS, Ogawa N, Kawasaki M, Tokura Y
Nature communications   7 12245   2016年7月   [査読有り]
Shinichi Itoh, Shinichi Itoh, Yasuo Endoh, Yasuo Endoh, Tetsuya Yokoo, Tetsuya Yokoo, Soshi Ibuka, Je Geun Park, Je Geun Park, Yoshio Kaneko, Kei S. Takahashi, Yoshinori Tokura, Yoshinori Tokura, Naoto Nagaosa, Naoto Nagaosa
Nature Communications   7    2016年6月
Weyl fermions that emerge at band crossings in momentum space caused by the spin-orbit interaction act as magnetic monopoles of the Berry curvature and contribute to a variety of novel transport phenomena such as anomalous Hall effect and magnetor...
Matsubara Y, Takahashi KS, Bahramy MS, Kozuka Y, Maryenko D, Falson J, Tsukazaki A, Tokura Y, Kawasaki M
Nature communications   7 11631   2016年5月   [査読有り]
K. Yasuda, R. Wakatsuki, T. Morimoto, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, M. Ezawa, M. Kawasaki, N. Nagaosa, Y. Tokura
Nature Physics      2016年2月
© 2016 Nature Publishing Group Geometry, both in momentum and in real space, plays an important role in the electronic dynamics of condensed matter systems. Among them, the Berry phase associated with nontrivial geometry can be an origin of the tr...
Yoshimi R, Yasuda K, Tsukazaki A, Takahashi KS, Nagaosa N, Kawasaki M, Tokura Y
Nature communications   6 8530   2015年10月   [査読有り]
M. Mogi, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, A. Tsukazaki, K. Yasuda, Y. Kozuka, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, M. Kawasaki, Y. Tokura, Y. Tokura
Applied Physics Letters   107 -keitakahashi26   2015年11月   [査読有り]
© 2015 AIP Publishing LLC. Quantum anomalous Hall effect (QAHE), which generates dissipation-less edge current without external magnetic field, is observed in magnetic-ion doped topological insulators (TIs) such as Cr- and V-doped (Bi,Sb)2Te3. The...

講演・口頭発表等

 
ガスソースMBE高品質酸化物薄膜で拓く酸化物エレクトロニクス [招待有り]
高橋圭
第63回応用物理学会春季学術講演会シンポジウム   2016年3月20日   
Quantum Hall effect in delta-doped SrTiO3 by high temperature gas source MBE growth [招待有り]
高橋圭
European-MRS fall meeting 2015   2015年9月15日   
Growth and physical properties of 4d and 5d transition metal oxide films [招待有り]
高橋圭
International Conference on Superconductivity and Magnetism   2012年4月29日   
Control of physical properties of low carrier density superconductor by local field effect [招待有り]
高橋圭
International Workshop on Superconductivity in Diamond and Related Materials 2008   2008年7月7日   
強誘電体ゲートによる超伝導体の局所的物性制御 [招待有り]
高橋圭
応用物理学会・応用電子物性分科会研究例会「強誘電体応用デバイスの新展開」   2006年12月19日   

競争的資金等の研究課題

 
高移動度二次元酸化物構造による非散逸電流デバイスの創成
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
研究期間: 2015年10月 - 2019年3月    代表者: 高橋圭
デルタドープ型SrTiO3二次元電子によるd電子系量子ホール効果の研究
池谷科学技術振興財団研究助成: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋圭
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高橋 圭
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高橋 圭
強磁性トポロジカル絶縁体を合成し量子異常ホール効果の発現とその特性を詳細に調べた。量子異常ホール効果が発現するためには、1.まずフェルミエネルギーが表面状態のディラック状態の質量ゼロの中性点にきていること、2.系が強磁性転移してスピン偏極していること、が必要である。これまでの研究でBi2Te3薄膜はフェルミエネルギーが中性点より高い電子ドープ型、Sb2Te3はフェルミエネルギーの低いホールドープ型ということが分かっている。(Bi1-ySby)2Te3薄膜を製膜しホール効果からy=0.22で...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 高橋 圭
基板歪みによる電荷軌道秩序の制御を目的として、Nd_<0.25>Sr_<1.75>MnO_4の電荷軌道秩序が発現するMnO_2面に異方的に基板歪みを与えるために、格子定数の異なるLaSrGaO_4とLaSrAlO_4の(100)面にNd_<0.25>Sr_<1.75>MnO_4薄膜を成長させた。二つの基板による異なる歪みで軌道秩序のパターンが90度回転することを光学スペクトルから見いだした。今後、圧電結晶などによる電界による軌道スイッチの実現につながると考えている。