Minamizawa, Kouta

J-GLOBAL         Last updated: Jun 5, 2019 at 02:48
 
Avatar
Name
Minamizawa, Kouta
E-mail
koutakmd.keio.ac.jp
URL
http://embodiedmedia.org
Affiliation
Keio University
Section
Graduate School of Media Design
Job title
Professor
Degree
学士(工学)(The University of Tokyo), 修士(情報理工学)(The University of Tokyo), 博士(情報理工学)(The University of Tokyo)
Research funding number
10585623

Profile

Graduated from the Department of Mathematical Engineering and Information Physics at The University of Tokyo in 2005,
received his PhD in Information Science and Technology from the University of Tokyo in 2010.
He directs the KMD Embodied Media Project, where conduct researches on technology, design and social deployment of haptics and embodied interaction
to transfer, enhance and create the human bodily experiences, and organizes research projects on Haptic Design, Superhuman Sports, and Sports Co-creation.
He also serve as JST ACCEL Associate Program Manager, IEEE Technical Committee on Haptics Vice Chair in Conference,
Executive Director of the Superhuman Sports Society, and Technical Advisor at Telexistence Inc.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
特別研究員(DC1), 日本学術振興会
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
特別研究助教, 大学院 メディアデザイン研究科, 慶應義塾大学
 
Apr 2011
 - 
Aug 2013
特任講師, 大学院 メディアデザイン研究科, 慶應義塾大学
 
Jul 2012
 - 
Today
理事, 一般社団法人リアリティメディア研究機構
 
Sep 2013
 - 
Mar 2019
准教授, 大学院 メディアデザイン研究科, 慶應義塾大学
 

Education

 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
Department of Mathematical Engineering and Information Physics, School of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 2005
 - 
Mar 2010
Department of Information Physics and Computing, Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Oct 2017
「人機一体」の新スポーツ創造プロジェクト [超人スポーツプロジェクト], GOOD DESIGN AWARD, 公益財団法人日本デザイン振興会
Winner: Superhuman Suport Society
 
ポップカルチャーや人間拡張工学により、身体・年齢・障碍などのさまざまな壁を超えた「超人 (Superhuman) 」同士が競い合う、「人機一体」の新たなスポーツを創造するプロジェクト。技術開発やスポーツのルールデザインのみならず、プレイヤーやコミュニティを育成し、スポーツ分野そのものを新しい時代に即した形へと拡張することが目標である。 本プロジェクトは、「超人スポーツハッカソン」等を通じて、趣旨に共感した一般の人が作り上げた様々な超人スポーツ競技の集合から成り、超人スポーツ協会は上記競技開...
Sep 2016
東京国立博物館・特集展示「伊能忠敬の日本図」とミュージアムシアターを活用したサービスデザインプラクティス, 日本バーチャルリアリティ学会 第18回論文賞, 日本バーチャルリアリティ学会
Winner: 徳久悟,吉野弘一,小幡光一,遠藤志津子,岩崎花梨,武田港,柴崎美奈,神山洋一,南澤孝太
 
Jun 2016
Rez Infinite - Synesthesia Suit, VR Creative award 2016, 一般社団法人VRコンソーシアム
Winner: Enhance Games + Rhizomatiks Architecture + Keio Media Design
 
Sep 2015
触感表現の一般普及に向けた方法論とテクタイルワークショップを通したその実践, 日本バーチャルリアリティ学会 第17回論文賞, 日本バーチャルリアリティ学会
Winner: 仲谷正史,筧康明,南澤孝太,三原聡一郎,舘 暲
 
Dec 2014
触感表現技術の普及展開活動「TECHTILE(テクタイル)」, 計測自動制御学会(SICE)システム・インテグレーション(SI)部門技術業績賞
Winner: 筧康明,仲谷正史,南澤孝太
 

Published Papers

 
Hatakeyama K., Saraiji M., Minamizawa K.
ACM International Conference Proceeding Series      Mar 2019
©2019 Copyright held by the owner/author(s). The emergence of prosthetic limbs where solely focused on substituting the missing limb with an artificial one, in order for the handicap people to manage their daily life independently. Past research o...
Nabeshima J., Saraiji M., Minamizawa K.
ACM International Conference Proceeding Series      Mar 2019
©2019 Copyright held by the owner/author,. For most mammals and vertebrate animals, tail plays an important role for their body providing variant functions to expand their mobility, or as a limb that allows manipulation and gripping. In this paper...
K Shirota, M Uju, R Peiris, K Minamizawa
International AsiaHaptics conference, 252-255   535 252-255   2019
© 2019, Springer Nature Singapore Pte Ltd. We propose Liquid-VR, a system that simulates wetness and liquid sensations for the whole body by providing a combination of thermal and vibrotactile stimuli from the user’s face and across the upper body...
MusiArm: Extending Prosthesis to Musical Expression
K Hatakeyama, MHD Saraiji, K Minamizawa
Proceedings of the 10th Augmented Human International Conference 2019, 29      2019
Prosthetic Tail: Artificial Anthropomorphic Tail for Extending Innate Body Functions
J Nabeshima, MHD Saraiji, K Minamizawa
Proceedings of the 10th Augmented Human International Conference 2019, 36      2019

Misc

 
鎌本優, 中村開, 眞保ありあ, 加藤大弥, 南澤孝太, 渡邊淳司
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1‐1‐4   Aug 2018
金箱淳一, 柳原一也, 小原和也, 南澤孝太
シミュレーション   37(1) 13‐20   Mar 2018
畠山海人, 中村開, 金箱淳一, 南澤孝太
電子情報通信学会技術研究報告   117(502(WIT2017 66-91)) 133‐137   Mar 2018
Kondo Ryota, Sugimoto Maki, Minamizawa Kouta, Inami Masahiko, Kitazaki Michiteru, Tani Yamato
IEEE Conference Proceedings   2018(VR) 611‐612   2018
石田隆也, 田中由浩, 田中由浩, YAMEN Saraijji, 南澤孝太, DOMENICO Prattichizzo
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   18th ROMBUNNO.1B5‐06   Dec 2017

Books etc

 
仲谷 正史, 筧 康明, 三原 聡一郎, 南澤 孝太 (Part:Joint Work)
朝日出版社   Jan 2016   
つねにネットに接続し、皮膚感覚を失ってゆく私たち。さわってないのにわかったつもり?「触覚の錯覚」は50種類超!さわり心地が思考をつくる?握手をするとき、握っている?握られている?私が感じる「この感覚」のふしぎに、目をひらく―触感テクノロジーの最前線!

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
身体共役系に基づく身体像拡張の機序解明とモデル化
The University of Tokyo: 
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 稲見 昌彦
今年度は、新たな身体に全身を投射する実験条件だけでなく,局所に操作対象を投射している場面においても同様の身体像の学習が可能かを,視触覚提示を用いて検証した.具体的には,ロボットアームを身体に装着し,下肢で操作するシステムを構築した.ロボットアームからの感覚情報によるフィードバックを下肢で確認しながら,能動的に操作対象を動かすことにより,新たな身体像を学習させることに成功した.
また,視覚的に透明な身体に対し,身体像を投射可能か実験を行い,その効果を検証した.
昨年度に構築した実験フレームワ...
Design Principles for Embodied Interaction based on Measurement and Reproduction of Haptic Sense
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 南澤 孝太

Patents

 
2006-185765 : 自立制御機能を備えたユニットからなる照明システム、電飾システムおよび表示システム,
水野善郎, 南澤孝太
2009-285737, : 入力インタフェース
2009-288033 : 光学式触覚センサ
2010-287221 : 力覚提示装置
2013-091114 : インタラクション操作システム