Kazuyo Tsuzuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 11:12
 
Avatar
Name
Kazuyo Tsuzuki
E-mail
ktsuzukiace.tut.ac.jp
Affiliation
Toyohashi University of Technology
Research funding number
70222221
ORCID ID
0000-0002-6983-9192

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Development of the ASHRAE Global Thermal Comfort Database II
Veronika Földváry, Cheung Chin, Hui Zhang Hui, et al
Building and Environment   142    Jun 2018   [Refereed]
Tsuzuki Kazuyo, Okamoto-Mizuno Kazue, Mizuno Koh
BUILDINGS   8(6)    Jun 2018   [Refereed]
MOCHIZUKI Yosuke, MAEDA Kazuki, TSUZUKI Kazuyo, NABESHIMA Yuki
J. Environ. Eng.   83(747) 465-472   May 2018   [Refereed]
 The aim of this study was to investigate sleep in evacuation shelter-analogue settings in winter using disaster relief blankets and ordinary futons. Subject experiments were conducted to examine the sleep variables using actigraphy and the e...
鍋島 佑基, 長野 克則, 外川 純也, 都築 和代
日本冷凍空調学会論文集 = Transactions of the Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers   35(1) 11-23   2018
鍋島 佑基, 長野 克則, 外川 純也, 都築 和代
日本冷凍空調学会論文集 = Transactions of the Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers   35(1) 49-60   2018
Morito Naomi, Tsuzuki Kazuyo, Mori Ikue, Nishimiya Hajime
ENERGY AND BUILDINGS   138 490-498   Mar 2017   [Refereed]
Lan L., Tsuzuki K., Liu Y.F., Lian Z.W.
Energy and Buildings   149 101-113   2017   [Refereed]
Mochizuki Yosuke, Maeda Kazuki, Nabeshima Yuki, Tsuzuki Kazuyo
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017   [Refereed]
Santy, Matsumoto Hiroshi, Tsuzuki Kazuyo, Susanti Lusi
BUILDINGS   7(1)    Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
YASUOKA Ayako, TSUZUKI Kazuyo
Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics   69(0)    2017
目的 温熱環境の変化が、疲労や作業効率の影響因子になることが定性的にわかりつつあり、適切な温熱環境の調整が疲労軽減や作業効率向上といった執務者の便益向上に寄与すると考えられる。しかし、温熱環境、疲労、作業効率の相互影響は十分に解明されていないことから、異なる温熱環境における疲労時の生理心理量と作業効率の関係を検討する被験者実験を行った。<br> 方法 人工気候室で統制した22、25、28、32℃(RH50%一定)の各条件において、生理心理量(皮膚温、心拍数、温冷...
YASUOKA Ayako, TSUZUKI Kazuyo
Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics   69(0)    2017
目的 温熱環境の変化が、疲労や作業効率の影響因子になることが定性的にわかりつつあり、適切な温熱環境の調整が疲労軽減や作業効率向上といった執務者の便益向上に寄与すると考えられる。しかし、温熱環境、疲労、作業効率の相互影響は十分に解明されていないことから、異なる温熱環境における疲労時の生理心理量と作業効率の関係を検討する被験者実験を行った。<br> 方法 人工気候室で統制した22、25、28、32℃(RH50%一定)の各条件において、生理心理量(皮膚温、心拍数、温冷...
秋山 雄一, 松崎 里穂, 瀧本 晃裕, 都築 和代, 田辺 新一
Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan   2016(0) 233-236   2016
<p>本研究では温熱環境が睡眠に及ぼす影響を明らかにすることを目的として、睡眠段階を考慮するために脳波計を用いた自宅寝室における睡眠実測調査を行った。睡眠段階によって中途覚醒が発生しやすい温度は異なり、気流の乱れが睡眠に及ぼす影響は空気温度に依存していることが分かった。空気温度が低い場合には気流の乱れが睡眠を阻害する一方で、空気温度が高い場合に及ぼす影響は小さい。さらにプロビット回帰分析を行い、寝室内における夏季の適切な温熱環境範囲を提案した。</p>
山品 太輝, 秋元 孝之, 三浦 博史, 千葉 陽輔, 柏原 誠一, 大石 匡, 川島 麻起子, 都築 和代
Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan   2016(0) 61-64   2016
<p>現在、住宅の省エネルギー化が求められている中で、自然の恵みを活用したパッシブ手法もエネルギー削減手法のひとつとして注目されている。 本研究では環境住宅において実測調査及び被験者実験を行い、夏期の開口部及び上下階通風装置の効果的な活用方法を検討する。また、自然室温と空調使用時の受容域の相違について検討する。 結果、上下階通風装置は在室状況に応じて開口パターンを変えることによって、通風効果の向上させた。また、自然通風時において、空調使用時より受容域の拡張が見られた。</p>
MIYANAGA Takumo, OGAWA Madoka, OKAJIMA Keiji, TAKAHASHI Ryutaro, NAGAI Toshihiko, YOSHIDA Takuo, SAKAMOTO Yuzo, MIYAUCHI Toru, NAGANO Hiroko, TSUZUKI Kazuyo, NUNOI Yoji, SAITO Hiroaki, TANAKA Yuzo
Summaries of technical papers of annual meeting   (2015) 353-354   Sep 2015

Conference Activities & Talks

 
髙橋 星耀, 都築 和代, 鍋島 佑基, 村江 行忠, 大島 佳保里, 森 一紘, 羽田 正沖, 大串 直輝, 山下 剛史
日本建築学会東海支部研究報告集 Proceedings of Tokai Chapter Architectural Research Meeting   Feb 2019   
市川 翔大, 都築 和代, 鍋島 佑基, 尼子 智久, 小島 順也
日本建築学会東海支部研究報告集 Proceedings of Tokai Chapter Architectural Research Meeting   Feb 2019   
米満 友祐, 都築 和代, 鍋島 佑基, 近藤 真由
日本建築学会東海支部研究報告集 Proceedings of Tokai Chapter Architectural Research Meeting   Feb 2019   
避難所模擬環境が冬季の睡眠時の人体に及ぼす影響に関する研究
都築和代
日本生気象学会大会   Oct 2018   
作業運動時の暑熱環境が人体に及ぼす影響に関する研究 その2 生理反応と主観申告の関係
高橋 星耀 , 森 一紘 , 大島 佳保里 , 羽田 正沖 , 都築 和代 , 鍋島 佑基 , 村江 行忠 , 大串 直輝 , 山下 剛史
日本建築学会大会   Sep 2018   
作業運動時の暑熱環境が人体に及ぼす影響に関する研究 その1 人工気候室を用いた被験者実験の概要と主観申告結果
村江 行忠 , 森 一紘 , 大島 佳保里 , 羽田 正沖 , 都築 和代 , 鍋島 佑基 , 高橋 星耀 , 大串 直輝 , 山下 剛史
日本建築学会大会   Sep 2018   
寝具の素材が睡眠中の寝床内気候と熱的快適性に及ぼす影響に関する研究
森 郁惠 , 都築 和代
日本建築学会大会   Sep 2018   
実生活場面におけるアクティブトラッカーを用いた睡眠判定に関する研究
大畑 瑛悠 , 都築 和代 , 河原 ゆう子
日本建築学会大会   Sep 2018   
冬季の避難所模擬環境が睡眠時の人体に及ぼす影響に関する研究
都築 和代 , 鍋島 祐基 , 望月 要佑 , 前田 和毅
日本建築学会大会   Sep 2018   
エアコン使用による睡眠環境が人体に及ぼす影響
市川 翔大 , 大畑 瑛悠 , 都築 和代 , 鍋島 佑基 , 山田 邦之
日本建築学会大会   Sep 2018   
寝室における温熱環境が睡眠に及ぼす影響 その15 温熱環境が中年と青年の睡眠に及ぼす影響
尾方 壮行 , 秋山 雄一 , 井上 莉沙 , 竹内 悠香 , 田辺 新一 , 都築 和代
日本建築学会大会   Sep 2018   
寝室における温熱環境が睡眠に及ぼす影響 その14 体動の影響を考慮した睡眠時の温熱環境評価法
秋山 雄一 , 尾方 壮行 , 井上 莉沙 , 竹内 悠香 , 田辺 新一 , 都築 和代
日本建築学会大会   Sep 2018   
寝室における温熱環境が睡眠に及ぼす影響 その13 寝室内空気質が睡眠に及ぼす影響
井上 莉沙 , 竹内 悠香 , 秋山 雄一 , 尾方 壮行 , 田辺 新一 , 都築 和代
日本建築学会大会   Sep 2018   
寝室における温熱環境が睡眠に及ぼす影響 その12 自宅寝室における脳波計を用いた睡眠実測調査
竹内 悠香 , 尾方 壮行 , 秋山 雄一 , 井上 莉沙 , 田邊 新一 , 都築 和代
日本建築学会大会   Sep 2018   
Effects of the thermal environment in bedrooms on sleep considering the change in clothing insulation
Risa Inoue, Yuka Takeuchi, Yuichi Akiyama, Mika Saito, Junichi Asaka,Riho Matsuzaki, Masayuki Ogata, Kazuyo Tsuzuki, Shin-ichi Tanabe
15th conference of the international society of indoor air quality and climate   Jul 2018   
Adaptive Environmental Comfort in Mixed Dormitories During Summer in Japan. Field Study.
Vanya Draganova1, Hiroki Yokose, Kazuyo Tsuzuki, Yuki Nabeshima
15th conference of the international society of indoor air quality and climate   Jul 2018   
Sleep and Physiological Responses in Shelter-Analogue Settings during Winter
Kazuyo Tsuzuki
15th conference of the international society of indoor air quality and climate   Jul 2018   
Sleep quality and Thermal environment in Bedrooms in Malaysia
Kazuyo Tsuzuki
Jul 2018   
BGTと運動強度が運動時の人体に及ぼす影響
高橋星耀(豊橋技術科学大学),都築和代,鍋島佑基,村江行忠,大島佳保里
空気調和・衛生工学会中部支部学術研究発表会   Mar 2018   
エアコン使用による睡眠環境が人体に及ぼす影響
市川翔大,都築和代,鍋島祐基,大畑瑛悠,山田邦之
空気調和・衛生工学会中部支部学術研究発表会   Mar 2018