(Unregistered) (Unregistered)

J-GLOBAL         Last updated: Aug 23, 2019 at 12:50
 
Avatar
Name
(Unregistered) (Unregistered)
E-mail
kumagai4917tohoku-mpu.ac.jp
Affiliation
Tohoku Medical and Pharmaceutical University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kumagai K, Minami K, Sugai Y, Sumiyoshi T, Komaru T
Journal of cardiovascular electrophysiology      Jul 2019   [Refereed]
Hasebe Y, Fukuda K, Nakano M, Kumagai K, Karibe A, Fujishima F, Satake H, Kondo M, Wakayama Y, Shimokawa H
Journal of cardiology      May 2019   [Refereed]
Nakamura K, Naito S, Sasaki T, Take Y, Minami K, Kitagawa Y, Motoda H, Inoue M, Otsuka Y, Niijima K, Yamashita E, Sugai Y, Kumagai K, Koyama K, Funabashi N, Oshima S
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   21(2) 259-267   Feb 2019   [Refereed]
Talib AK, Takagi M, Shimane A, Nakano M, Hayashi T, Okajima K, Kentaro M, Fukada K, Kowase S, Kurosaki K, Nitta J, Nishizaki M, Yui Y, Talib A, Sato N, Kawamura Y, Hasebe N, Aita S, Sai E, Komatsu Y, Kuroki K, Kaneshiro T, Dongzu X, Tajiri K, Igarashi M, Yamasaki H, Murakoshi N, Kumagai K, Sekiguchi Y, Nogami A, Aonuma K
Circulation. Arrhythmia and electrophysiology   11(8) e005631   Aug 2018   [Refereed]
Minami K, Kumagai K, Sugai Y, Nakamura K, Naito S, Oshima S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(14) 2025-2028   Jul 2018   [Refereed]
Kumagai K, Shirakura T, Minami K, Oshima S
European heart journal. Case reports   2(2) yty065   Jun 2018   [Refereed]
Kumagai K, Minami K, Sugai Y, Oshima S
Journal of arrhythmia   34(3) 230-238   Jun 2018   [Refereed]
Minami K, Kumagai K, Sugai Y, Nakamura K, Naito S, Oshima S
Indian pacing and electrophysiology journal   18(3) 115-119   May 2018   [Refereed]
Minami K, Kumagai K, Sugai Y, Nakamura K, Naito S, Oshima S
Journal of arrhythmia   34(2) 207-209   Apr 2018   [Refereed]
Yamashita E, Murata T, Goto E, Fujiwara T, Sasaki T, Minami K, Nakamura K, Kumagai K, Naito S, Kario K, Oshima S
Journal of the American Society of Echocardiography : official publication of the American Society of Echocardiography   30(3) 292-299   Mar 2017   [Refereed]
Kumagai K, Minami K, Kutsuzawa D, Oshima S
Journal of arrhythmia   33(1) 49-55   Feb 2017   [Refereed]
Nakamura K, Naito S, Kaseno K, Nakatani Y, Sasaki T, Anjo N, Yamashita E, Kumagai K, Funabashi N, Kobayashi Y, Oshima S
International journal of cardiology   228 677-686   Feb 2017   [Refereed]
Nakatani Y, Kumagai K, Naito S, Nakamura K, Minami K, Nakano M, Sasaki T, Kinugawa K, Oshima S
Journal of interventional cardiac electrophysiology : an international journal of arrhythmias and pacing   48(1) 81-88   Jan 2017   [Refereed]
Nakamura K, Naito S, Sasaki T, Minami K, Take Y, Shimizu S, Yamaguchi Y, Yano T, Senga M, Yamashita E, Sugai Y, Kumagai K, Funabashi N, Oshima S
Journal of interventional cardiac electrophysiology : an international journal of arrhythmias and pacing   47(3) 321-331   Dec 2016   [Refereed]
Sasaki T, Nakamura K, Naito S, Minami K, Koyama K, Yamashita E, Kumagai K, Oshima S
Pacing and clinical electrophysiology : PACE   39(11) 1181-1190   Nov 2016   [Refereed]
アミオダロン継続内服によりHigh-DFTに陥り、心室細動に対してICD作動も除細動不成功にて心肺停止となった一例
南 健太郎, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 大島 茂
日本救急医学会雑誌   27(9) 537-537   Sep 2016
[Post cardiac injury syndrome (Dressler syndrome)].
Minami K, Kumagai K, Sugai Y, Sasaki T, Nakamura K, Naito S, Oshima S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74 Suppl 6 150-154   Aug 2016   [Refereed]
【最新冠動脈疾患学(下)-冠動脈疾患の最新治療戦略-】 心筋梗塞の臨床 急性心筋梗塞の治療 急性心筋梗塞の主な合併症 心筋梗塞後症候群
南 健太郎, 熊谷 浩司, 菅井 義尚, 佐々木 健人, 中村 紘規, 内藤 滋人, 大島 茂
日本臨床   74(増刊6 最新冠動脈疾患学(下)) 150-154   Aug 2016
Kumagai K, Minami K, Kutsuzawa D, Oshima S
Journal of arrhythmia   32(3) 212-217   Jun 2016   [Refereed]
Kumagai K, Nakano M, Kutsuzawa D, Yamaguchi Y, Minami K, Oshima S
Journal of cardiology   67(6) 545-550   Jun 2016   [Refereed]
【これで先生も安心 日常診療よろづ相談!(不整脈編)】 治す どんなときに心房細動アブレーションを勧めるか 発作性心房細動と持続性心房細動
熊谷 浩司
Heart View   20(5) 457-462   May 2016
順行性遅伝導路アブレーションにより順行性速伝導路が顕在化したPR時間延長を伴う通常型房室結節リエントリー性頻拍の1例
鈴木 菜穂子, 松橋 論宜, 堀中 繁夫, 石光 俊彦, 内藤 滋人, 佐々木 健人, 中村 紘規, 熊谷 浩司
臨床心臓電気生理   39 39-47   May 2016
症例は61歳、男性。通常型房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)に対し、2回のカテーテルアブレーションを施行したが、頻拍が再発したため3回目のアブレーション目的に入院となった。入院後も頻拍周期460msecのnarrow QRS tachycardiaがincessantに出現していた。入院時よりPR時間は延長しており、心臓電気生理学的検査にて洞調律時からAV時間は365msecと延長を認め、頻拍開始時にjump up現象を伴わなかったが、電気生理学的検討から通常型AVNRTと診断した。...
アミオダロン継続内服によりHigh-DFTとなり、心室細動に対してICD作動も除細動が不成功となり体外式除細動器による除細動で蘇生された肥大型心筋症の1例
南 健太郎, 熊谷 浩司, 大塚 義満, 沓澤 大輔, 清水 学, 山口 由明, 矢野 利明, 佐々木 健人, 中村 紘規, 菅井 義尚, 内藤 滋人, 大島 茂
Progress in Medicine   36(Suppl.1) 424-427   Apr 2016
症例は80歳女性で、心室細動(VF)蘇生後に対して植え込み型除細動器(ICD)植え込み術を施行された。VF予防目的にアミオダロン内服を開始し、退院した。階段昇降後に倒れ、救急要請された。心室頻拍(VT)であった。体外式除細動器(200J)にて除細動に成功した。右室心尖部からの期外刺激で容易にVFが誘発され、VTは全く誘発できなかった。造影CT検査所見では高度な左室肥大を呈し、血行動態は不安定で、心室期外収縮なども出現しないため、カテーテルアブレーション治療は困難であると判断した。また、起立...
熊谷 浩司
医学のあゆみ   256(6) 767-772   Feb 2016
【不整脈を科学する】 心房細動を識る・治す 長期持続性心房細動の治療戦略 DFアブレーション 周波数解析による心房細動基質の同定とアブレーション治療への応用
熊谷 浩司
医学のあゆみ   256(6) 767-772   Feb 2016
現在主流となっている同側広範囲肺静脈電気的隔離術は、持続性、慢性心房細動に対してはその効果にも限界がある。非発作性心房細動など、心房全体に変性の進んだ心房細動の基質の修飾目的としておもに線状アブレーション、CFAEアブレーションが使われているが、成績も施設によって異なる。また、心房細動における心外膜側心房自律神経節の関与や心房細動の周波数解析、rotorマッピングなど心房細動維持の機序に対する新しい概念も報告され、さまざまなアプローチの組合せが施行されている。Dominant freque...
卵円孔開存の診断における下大静脈圧迫法の有用性 経食道心エコー図法による検討(Inferior Vena Cava Compression Maneuver as a Novel Technique to Detect Patent Foramen Ovale: Transesophageal Echocardiographic Study)
山下 英治, 後藤 依里, 村田 智行, 岡庭 裕貴, 戸出 浩之, 佐々木 健人, 中村 紘規, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 大島 茂
日本成人先天性心疾患学会雑誌   5(1) 92-92   Jan 2016
Nakamura K, Naito S, Sasaki T, Minami K, Take Y, Goto E, Shimizu S, Yamaguchi Y, Suzuki N, Yano T, Senga M, Kumagai K, Kaseno K, Funabashi N, Oshima S
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(8) 1878   2016   [Refereed]
Nakamura K, Naito S, Sasaki T, Minami K, Take Y, Goto E, Shimizu S, Yamaguchi Y, Suzuki N, Yano T, Senga M, Kumagai K, Kaseno K, Funabashi N, Oshima S
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(4) 870-877   2016   [Refereed]
Nakamura K, Naito S, Sasaki T, Nakano M, Minami K, Nakatani Y, Ikeda K, Yamashita E, Kumagai K, Funabashi N, Oshima S
Journal of interventional cardiac electrophysiology : an international journal of arrhythmias and pacing   44(3) 235-245   Dec 2015   [Refereed]
Nishiuchi S, Kaseno K, Naito S, Tsukada N, Sasaki T, Hayano M, Nakamura K, Sato C, Ikeda E, Miki Y, Nakamura K, Kumagai K, Kimura T, Oshima S, Tada H
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   17(12) 1840-1847   Dec 2015   [Refereed]
Yano Toshiaki, Kumagai Koji, Oshima Shigeru, Naito Shigeto, Shimizu Satoru, Kutsuzawa Daisuke, Yamaguchi Yoshiaki, Minami Kentaro, Nakano Masahiro, Sasaki Takehito, Nakamura Kohki
Shinzo   47(2) S2_185-S2_193   Dec 2015
<p> 症例1 : 57歳男性. 失神の原因検索でホルター心電図検査を施行し, 17連の非持続性心室頻拍を認めた. 冠動脈に異常なく, 左室は中隔基部が一部菲薄化し, びまん性壁運動低下を認めた. 心臓電気生理学的検査にて下方軸, 左脚ブロックタイプの心室頻拍が誘発され失神の原因と考えられたためカテーテルアブレーションを行った. 右室流出路に広範囲にlow voltage areaを認め, その一部にdelayed potentialを認めた. pace mapはdelayed poten...
Talib AK, Nogami A, Nishiuchi S, Kowase S, Kurosaki K, Matsui Y, Kawada S, Watanabe A, Nozoe M, Uno K, Yagishita A, Yamauchi Y, Takahashi Y, Kuwahara T, Takahashi A, Kumagai K, Naito S, Asakawa T, Sekiguchi Y, Aonuma K
JACC. Clinical electrophysiology   1(5) 369-380   Oct 2015   [Refereed]
Nakano M, Yamaguchi Y, Kutsuzawa D, Kumagai K
HeartRhythm case reports   1(5) 384-385   Sep 2015   [Refereed]
【冠動脈疾患における心房細動】 冠動脈疾患患者における心房細動に対するアブレーション治療について
熊谷 浩司
日本冠疾患学会雑誌   21(3) 224-229   Sep 2015
心房細動患者の中で、冠動脈疾患の頻度は高く、死亡のリスクを増やし、予後に影響を及ぼす。近年、心房細動に対するカテーテルアブレーション治療は確立されてきており、冠動脈疾患など心房筋のリモデリングが進行し、基質を認める心房細動に対しても様々な基質の修飾方法が考案されている。心房細動と冠動脈疾患、カテーテルアブレーションの現況、心房細動基質とアブレーション、心房細動治療のデバイスの進歩、冠動脈疾患と電気生理学的特性、冠動脈疾患とアブレーション後再発について述べた。
群馬県における小児アブレーションの現状
池田 健太郎, 中野 正博, 佐々木 健人, 南 健太郎, 中村 紘規, 熊谷 浩司, 内藤 滋人
日本小児科学会雑誌   119(8) 1287-1287   Aug 2015
Nakatani Y, Kumagai K, Minami K, Nakano M, Inoue H, Oshima S
Heart rhythm   12(2) 257-265   Feb 2015   [Refereed]
Kumagai Koji
Journal of the Japanese Coronary Association   21(3) 224-229   2015
Nakamura Kohki, Naito Shigeto, Sasaki Takehito, Minami Kentaro, Nakano Masahiro, Nakatani Yosuke, Ikeda Kentaro, Kumagai Koji, Oshima Shigeru
Shinzo   46(3) S3_172-S3_181   Dec 2014
流出路起源心室性不整脈では, focusとexitが異なる例にしばしば遭遇する. また左冠尖からのコンタクトフォース (CF) ガイド下通電により流出路のいかなる解剖学的領域が焼灼可能であるかは明らかでない.  症例1は53歳男性. Clinical PVCsと大心静脈のペーシング波形のtemplate-matching score (TMS) は96%, 局所電位はQRS onsetに26ms先行. 一方, 左冠尖ではTMS 79%, 局所電位の先行度は10msであったが, 平均CF 2...
大動脈弁下からの通電で消失した下方軸、左脚ブロックパターン心室頻拍の1例
池田 健太郎, 中村 紘規, 佐々木 健人, 中野 正博, 南 健太郎, 中谷 洋介, 熊谷 浩司, 内藤 滋人
日本小児科学会雑誌   118(6) 983-983   Jun 2014
Hayashi T, Naito S, Kumagai K, Ohshima S, Hachiya H, Hirao K, Isobe M
Journal of the American College of Cardiology   62(24) 2341   Dec 2013   [Refereed]
【抗凝固療法のNew Trend】 心房細動のカテーテルアブレーション 適応と手技
熊谷 浩司
クリニシアン   60(12) 1153-1158   Dec 2013
Hayano Mamoru, Kumagaki Koji, Oshima Shigeru, Naito Shigeto, Sasaki Takehito, Tsukada Naofumi, Nakatani Yosuke, Nishiuchi Suguru, Nakamura Keijiro, Nakamura Kohki, Kaseno Kenichi
Shinzo   45(3) S3_17-S3_22   Dec 2013
症例は43歳, 男性. 2008年10月, 僧帽弁腱索断裂による僧帽弁閉鎖不全症を生じ, 心房細動も伴っていたため, 他院で僧帽弁形成術およびmaze手術を行った.  2009年, 動悸発作にて, 当院受診. 心房頻拍 (atrial tachycardia ; AT) を認め, 2月に入院. 頻拍中のCARTO でのactivation mapでは右房切開線を旋回するincisional ATであり, incisionからIVCにかけて線状焼灼を行い, ATは停止. 通常型心房粗動も誘発...
Nakamura K, Naito S, Kaseno K, Tsukada N, Sasaki T, Hayano M, Nishiuchi S, Fuke E, Miki Y, Sakamoto T, Nakamura K, Kumagai K, Kataoka A, Takaoka H, Kobayashi Y, Funabashi N, Oshima S
International journal of cardiology   168(6) 5300-5310   Oct 2013   [Refereed]
Nakamura K, Funabashi N, Naito S, Uehara M, Takaoka H, Kaseno K, Kumagai K, Oshima S, Kobayashi Y
International journal of cardiology   168(6) 5174-5181   Oct 2013   [Refereed]
Kumagai K, Sakamoto T, Nakamura K, Nishiuchi S, Hayano M, Hayashi T, Sasaki T, Aonuma K, Oshima S
Journal of cardiovascular electrophysiology   24(9) 975-983   Sep 2013   [Refereed]
Sakamoto T, Kumagai K, Nishiuchi S, Fuke E, Miki Y, Nakamura K, Kaseno K, Koyama K, Naito S, Inoue H, Oshima S
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   15(3) 332-338   Mar 2013   [Refereed]
Kumagai K, Sakamoto T, Nakamura K, Hayano M, Yamashita E, Oshima S
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77(6) 1416-1423   2013   [Refereed]
Hayashi T, Kumagai K, Naito S, Goto K, Kaseno K, Ohshima S, Hachiya H, Hirao K, Isobe M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77(2) 338-344   2013   [Refereed]
Nakamura Keijiro, Sakamoto Tamotsu, Nakamura Kohki, Kaseno Kenichi, Kumagai Koji, Ohshima Shigeru, Naito Shigeto, Hayashi Tatsuya, Sasaki Takehito, Tsukada Naofumi, Hayano Mamoru, Nishiuchi Suguru, Fuke Etsuko, Miki Yuko
Shinzo   44(3) S3_163-S3_172   Dec 2012
器質的心疾患を認めない持続性心室頻拍(SVT)に対して心外膜アプローチによる高周波カテーテルアブレーション(RF)が奏功した2例を経験した.<BR>症例1は21歳,男性,心室頻拍(VT)に対して心内膜側より初回のRFを施行した.中心臓静脈(MCV)に留置した電極カテーテルの遠位側がVTの最早期興奮部位であり,その対側の内膜側より明らかに先行していた.心内膜からの焼灼が無効であるため,心外膜側アプローチによるRF(2nd session)を行った.CARTOでの左室心外...
心臓交感神経活性の評価は心室性致死性不整脈の予測因子となるか
塚田 直史, 外山 卓二, 佐々木 健人, 中谷 洋介, 早野 護, 西内 英, 中村 啓二郎, 中村 紘規, かせ野 健一, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 大島 茂
群馬県核医学研究会会誌   27(1) 11-12   Nov 2012
ICD植え込み患者49例(男36例、女13例、平均63歳)を対象に、心臓交感神経活性をMIBGシンチグラフィーで評価し、致死的不整脈の発生予測の可能性について検討した。評価はH/M比を用い、1.5以上の35例(H群)と1.5未満の14例(L群)でVentricular Tachyarrhythmaias(VT)の発生状況を比較した。VT陽性は評価期間平均11ヵ月において、ICDに記録されたAnti Tachycardia Pacingまたは除細動で停止した心室性不整脈が認められたものとした...
3Dイメージングが開く新たなカテーテルアブレーションの世界 周波数解析による心房細動基質の同定とアブレーション治療への応用
熊谷 浩司
循環器専門医   20(2) 301-308   Sep 2012
心房細動50例を対象に、広範囲同側肺静脈隔離後に左房、右房、冠静脈洞のhigh dominant frequency(DF)とcontinuous CFE部位の心房細動基質を周波数解析を用いて検討し、肺時隔離後、DFとcontinuous CFEを標的とするカテーテルアブレーションの効果を検討した。対象の内訳は、発作性心房細動23例、持続性心房細動(持続時間9.1±3.6ヵ月)9例、1年以上持続する持続性心房細動18例であった。その結果、肺静脈隔離により心房細動基質は半減し、rotorアブ...
三尖弁輪から離れた右房側壁に心房端を有し、同部位の通電によりKent束の離断に成功したC型WPW症候群の1例
坂本 有, 内藤 滋人, 熊谷 浩司, 松橋 論宜, 西内 英, 福家 悦子, 林 達哉, 三樹 祐子, 佐藤 千鶴, 深澤 利恵, 後藤 貢士, かせ野 健一, 大島 茂
臨床心臓電気生理   35 147-155   May 2012
症例は58歳、男性。WPW症候群による房室リエントリー性頻拍に対し3回目のカテーテルアブレーションを行った。12誘導心電図からは右室後中隔のKent束が疑われたが、頻拍中はHRAの心房興奮がCSの心房興奮よりも先行していた。そこで三尖弁輪を詳細にマッピングしたところ、順伝導では三尖弁輪9時方向で心室波がδ波と同着であったが、心室ペーシング中のVA時間は90msecと長く、同部位での通電では一過性にもδ波は消失しなかった。そこでHaloカテーテルを挿入し詳細にマッピングしたところ、三尖弁輪か...
【決定版 病棟必携!カラーで診る 不整脈のアブレーション・デバイス治療マニュアル ベーシックからプロフェッショナルスキルまで】 (第III章)カテーテルアブレーションの実際 応用編 イリゲーションカテーテルの活用
熊谷 浩司
CIRCULATION Up-to-Date   7(増刊) 196-204   Mar 2012
持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション後の抗不整脈薬治療
西内 英, 中村 紘規, 内藤 滋人, 佐々木 健人, 塚田 直史, 早野 護, 福家 悦子, 三樹 祐子, 坂本 有, 中村 啓二郎, かせ野 健一, 熊谷 浩司, 大島 茂, 谷口 興一
Progress in Medicine   32(Suppl.1) 476-479   Mar 2012
持続性心房細動(AF)に対するカテーテルアブレーション後の抗不整脈薬治療について検討した。カテーテルアブレーションを実施し、その前後に抗不整脈薬による薬物治療を併用していた持続性AF、あるいは1年以上のlong-standing持続性AFの連続149例について後ろ向きに検討した。全症例をアミオダロン群、ベプリジル群、I群抗不整脈薬群の3群に分類した。器質的心疾患はアミオダロン群で有意に多く、AF罹患期間も有意に長く、また左房径も他の2群と比較して有意に拡張していた。左室駆出率は他の2群と比...
Kaseno K, Naito S, Nakamura K, Sakamoto T, Sasaki T, Tsukada N, Hayano M, Nishiuchi S, Fuke E, Miki Y, Nakamura K, Yamashita E, Kumagai K, Oshima S, Tada H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(10) 2337-2342   2012   [Refereed]
Hayashi Tatsuya, Nakamura Keijiro, Fukazawa Rie, Goto Koshi, Kaseno Kenichi, Ohshima Shigeru, Taniguchi Koichi, Kumagai Koji, Naito Shigeto, Matsuhashi Noritaka, Nishiuchi Suguru, Fuke Etsuko, Sato Chizuru, Miki Yuko, Sakamoto Tamotsu
Shinzo   43(3) S3_142-S3_149   Dec 2011
症例は24歳, 男性. 心房細動による動悸を認め当科紹介受診. 心エコー上, 右房と交通する左室基部~中位の横隔膜面の&middot;胞用構造物を認め, 右房憩室の存在が指摘された. 内服にて経過観察中, 再度, 動悸発作を認め当科受診. 上方軸型を示す心拍数250bpmの心室頻拍を認め, 後日カテーテルアブレーションを施行した. Clinicalな心室頻拍は誘発が困難であったため, 両心室内において詳細にpacemapを行ったところ, 左室後壁中隔領域において, おおむね極性の一致を認め...
心房中隔穿刺孔開存期間とその影響因子
山下 英治, 佐々木 健人, 塚田 直史, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 星崎 洋, 大島 茂
日本臨床生理学会雑誌   41(5) 65-65   Oct 2011
Kumagai K, Ohnaka H, Okamoto F, Yasuda M, Kamegai H, Ohmichi M
The journal of obstetrics and gynaecology research   37(10) 1484-1488   Oct 2011   [Refereed]
Fukuda K, Watanabe J, Yagi T, Wakayama Y, Nakano M, Kondo M, Kumagai K, Miura M, Shirato K, Shimokawa H
The Tohoku journal of experimental medicine   225(1) 35-42   Sep 2011   [Refereed]
心房細動に対するカテーテルアブレーションの新たな展開
熊谷 浩司
CIRCULATION Up-to-Date   6(4) 437-445   Aug 2011
心房細動に対するカテーテルアブレーション治療の進歩は目覚しく、発作性心房細動に対する根治術は90%を超える施設もある。以下について概説した。1)発作性心房細動から慢性心房細動へ、2)術後心房頻拍、3)マクロエントリー型心房頻拍、4)Focal型心房頻拍、5)心房自律神経節アブレーション、6)心房細動の周波数解析、7)マッピングシステムの進歩、8)イリゲーションカテーテル、9)慢性心房細動に対するハイブリッド治療。
Tanaka Y, Tada H, Ito S, Naito S, Higuchi K, Kumagai K, Hachiya H, Hirao K, Oshima S, Taniguchi K, Aonuma K, Isobe M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   75(7) 1585-1591   2011   [Refereed]
Hayashi Tatsuya, Kumagai Koji, Naito Shigeto, Takemura Naoki, Fuke Etsuko, Sato Chizuru, Nakamura Kohki, Miki Yuko, Goto Koshi, Sakamoto Tamotsu, Fukazawa Rie, Kaseno Kenichi, Oshima Shigeru, Taniguchi Koichi
Shinzo   42(16) 20-29   Dec 2010
症例は60歳, 女性. 発作性心房細動に伴う動悸発作を認め, カテーテルアブレーションが施行された. 頻拍時の12誘導心電図は心房細動様であったが, 心内心電図では頻拍周期は300~340msec程度の変化を認めながらも同波形の頻拍が規則性を伴って, incessantに繰り返し出現していた. 同頻拍は冠静脈洞カテーテルで僧帽弁輪6時方向において早期性を示し, 左房起源心房頻拍と考えられた. CARTO mappingを行ったところ, 右下肺静脈後下方の, 僧帽弁輪付近左房後壁下部を中心と...
【カテーテルアブレーションの現状と将来】 治す 確立されたアブレーション 流出路心室性不整脈のカテーテルアブレーション 流出路を起源とする特発性心室頻拍・心室性期外収縮に対するアブレーション
熊谷 浩司
Heart View   14(11) 1273-1282   Nov 2010
心房細動アブレーション症例における経胸壁組織ドップラー法を用いた左心耳機能評価
山下 英治, 高松 寛人, 佐々木 健人, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 大島 茂
日本臨床生理学会雑誌   40(5) 73-73   Oct 2010
Yamashita E, Takamatsu H, Tada H, Toide H, Okaniwa H, Takemura N, Sasaki T, Miki Y, Fuke E, Hayashi T, Sakamoto T, Nakamura K, Fukazawa R, Sato C, Goto K, Kaseno K, Kumagai K, Naito S, Hoshizaki H, Oshima S
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(6) 1081-1086   Jun 2010   [Refereed]
Kumagai K, Naito S, Nakamura K, Hayashi T, Fukazawa R, Sato C, Takemura N, Miki Y, Fuke E, Tanaka Y, Hori Y, Goto K, Iwamoto J, Aonuma K, Oshima S, Taniguchi K
Journal of cardiovascular electrophysiology   21(5) 494-500   May 2010   [Refereed]
【最新のカテーテルアブレーション治療と将来の方向性】 右室流出路を起源とする特発性心室頻拍・心室性期外収縮に対するアブレーション
熊谷 浩司
循環器内科   67(1) 8-14   Jan 2010
Hayashi Tatsuya, Kumagai Koji, Naito Shigeto, Takemura Naoki, Fuke Etsuko, Sato Chizuru, Nakamura Kohki, Miki Yuko, Goto Koshi, Sakamoto Tamotsu, Fukazawa Rie, Kaseno Kenichi, Oshima Shigeru, Taniguchi Koichi
Shinzo   42(16) 20-29   2010
症例は60歳, 女性. 発作性心房細動に伴う動悸発作を認め, カテーテルアブレーションが施行された. 頻拍時の12誘導心電図は心房細動様であったが, 心内心電図では頻拍周期は300~340msec程度の変化を認めながらも同波形の頻拍が規則性を伴って, incessantに繰り返し出現していた. 同頻拍は冠静脈洞カテーテルで僧帽弁輪6時方向において早期性を示し, 左房起源心房頻拍と考えられた. CARTO mappingを行ったところ, 右下肺静脈後下方の, 僧帽弁輪付近左房後壁下部を中心と...
熊谷 浩司
医学のあゆみ   228(12) 1175-1178   Mar 2009
Yamaguchi N, Kumagai K, Fukuda K, Wakayama Y, Sugai Y, Hirose M, Shimokawa H
The Tohoku journal of experimental medicine   215(1) 13-22   May 2008   [Refereed]
Kumagai K, Fukuda K, Wakayama Y, Sugai Y, Hirose M, Yamaguchi N, Takase K, Yamauchi Y, Takahashi A, Aonuma K, Shimokawa H
Journal of cardiovascular electrophysiology   19(5) 495-501   May 2008   [Refereed]
Fukuda Koji, Kumagai Koji, Wakayama Yuji, Sugai Yoshinao, Hirose Masanori, Yamaguchi Nobuhiro, Namiuchi Shigeto, Shimokawa Hiroaki
Japanese Journal of Electrocardiology   28(4) 37-40   2008
症例は57歳男性.2006年11月, 夜8時頃自宅でテレビ視聴中意識消失.家人が異変に気づき救急要請, 救急隊到着時, 心室細動 (VF) を認め除細動施行後, 近隣の病院に搬送, 入院となる.入院初日の夜間に再びVF発作あり, 除細動施行, その直後の12誘導心電図で下壁から側壁にわたるST上昇を認め, 緊急冠動脈造影を施行されたが有意狭窄なし.神経学的後遺症なく回復.後日, 冠攣縮誘発試験で冠動脈攣縮が誘発された.経過中, 前胸部誘導にてsaddleback型ST上昇の日差変動を認め,...
Fukuda Koji, Shimokawa Hiroaki, Kumagai Koji, Wakayama Yuji, Sugai Yoshinao, Hirose Masanori, Sugai Yoshinao, Hirose Masanori, Yamaguchi Nobuhiro, Shinozaki Tsuyoshi
Shinzo   39(3) 81-86   2007
症例は32歳,男性.生来健康.2006年7月末,夕食後テレビ視聴中に失神.数分で自然回復.8月初旬夕食後,風呂掃除中再び失神.救急隊到着時モニターで心室細動(VF)確認.自動体外式除細動器(AED)にて除細動後,地元基幹病院に搬送.神経学的後遺症なし.植込み型除細動器(ICD)植え込み目的に当院紹介.サンリズム負荷試験陰性.プログラム心尖部2連期外刺激で容易にVFが誘発された.8月中旬ICD植え込み施行.入院後より夕食後に増加する左脚ブロック下方軸の心室性期外収縮を認めた.この心室性期外収...
Fukuda Koji, Kumagai Koji, Wakayama Yuji, Sugai Yoshinao, Hirose Masanori, Yamaguchi Nobuhiro, Shimokawa Hiroaki
Japanese Journal of Electrocardiology   27(4) 21-21   2007
Kumagai K, Suzuki F, Aonuma K, Shimokawa H
Journal of cardiovascular electrophysiology   17(8) 907-911   Aug 2006   [Refereed]
Kumagai K, Takahashi A, Yamauchi Y, Aonuma K
Journal of cardiovascular electrophysiology   17(6) 670-673   Jun 2006   [Refereed]
Fukuda Koji, Kumagai Koji, Wakayama Yuji, Sugai Yoshinao, Endo Hideaki, Shimokawa Hiroaki
Japanese Journal of Electrocardiology   26(4) 68-72   2006
症例は51歳女性.特発性右室流出路由来の心室性期外収縮, 前胸部誘導の軽度ST上昇で当科紹介.生来健康, 失神の既往・突然死の家族歴なし.各種画像診断で異常所見なし.ピルジカイニド負荷でcoved型ST上昇を認め, Brugada型心電図と診断.また加算平均心電図における遅延電位は陽性.Electroanatomical mapping下に電気生理検査を施行, 洞調律時のsubstrate mappingにて右室流出路興奮伝播遅延を認めた, その一部のpre-potential様の電位が認...
Sugai Yoshinao, Kumagai Koji, Fukuda Koji, Wakayama Yuji, Shinozaki Tsuyoshi, Iguchi Atsushi, Tabayashi Kohichi, Shimokawa Hiroaki
Shinzo   38(3) 92-97   2006
肥大型心筋症,右胸心の68歳,男性.非持続性心室頻拍あり,2002年11月心臓電気生理学的検査(EPS)にて心室細動が誘発され翌月,右鎖骨下よりDDD型植込み型除細動器(ICD)植込みを施行した.2004年10月よりICD挿入部の切開線に膿皮症を認め,2005年4月に入院し感染ICD摘出術を施行,ジェネレータと心房リードは除去できたが,機能的右室心尖部に留置されていたデュアルコイル心室リードは癒着があり除去できなかった.その後,左鎖骨下よりICD再植込み術を施行した.まず新規シングルコイル...
Kumagai Koji, Wakayama Yuji, Fukuda Koji, Sugai Yoshinao, Shimokawa Hiroaki
Shinzo   38(4) 159-165   2006
電気的除細動抵抗性の発作性心房細動に対し,左房後壁を含む広範囲同側肺静脈電気的隔離術の施行により心房細動が停止した症例を経験したので報告する.症例は52歳,男性.2年前より発作性心房細動にて近医に通院中であった.3カ月前より症状が強く,抗不整脈薬の多剤併用でも無効のため,当科でカテーテルアブレーションを施行した.除細動が無効であり,心房細動中に広範囲同側肺静脈電気的隔離術を施行した.左房後壁を線状焼灼中,細動周期が延長しオーガナイズされ,左上肺静脈前壁の1回の焼灼で左上肺静脈から左房への伝...
Yamauchi Y, Aonuma K, Sekiguchi Y, Obayashi T, Kumagai K, Isobe M
Pacing and clinical electrophysiology : PACE   28(11) 1250-1252   Nov 2005   [Refereed]
Yamauchi Y, Aonuma K, Takahashi A, Sekiguchi Y, Hachiya H, Yokoyama Y, Kumagai K, Nogami A, Iesaka Y, Isobe M
Journal of cardiovascular electrophysiology   16(10) 1041-1048   Oct 2005   [Refereed]
Kumagai K, Yamauchi Y, Takahashi A, Yokoyama Y, Sekiguchi Y, Watanabe J, Iesaka Y, Shirato K, Aonuma K
Journal of cardiovascular electrophysiology   16(10) 1029-1036   Oct 2005   [Refereed]
Fukuchi M, Kumagai K, Sakuma M, Kagaya Y, Watanabe J, Tabayashi K, Shirato K
The Tohoku journal of experimental medicine   203(1) 59-63   May 2004   [Refereed]
Kumagai K, Fukuchi M, Ohta J, Baba S, Oda K, Akimoto H, Kagaya Y, Watanabe J, Tabayashi K, Shirato K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(4) 321-327   Apr 2004   [Refereed]
Normal and oxidized low density lipoproteins accumulate deep in physiologically thickened intima of human coronary arteries.
Fukuchi M, Watanabe J, Kumagai K, Baba S, Shinozaki T, Miura M, Kagaya Y, Shirato K
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   82(10) 1437-1447   Oct 2002   [Refereed]
Ueda M, Yamashita Y, Takehara M, Terai Y, Kumagai K, Ueki K, Kanda K, Yamaguchi H, Akise D, Hung YC, Ueki M
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   87(7) 3452-3459   Jul 2002   [Refereed]

Misc

 
心房細動のカテーテルアブレーション治療におけるAdaptive-Servo Ventilationの急性効果
中村 啓二郎, 熊谷 浩司, 中谷 洋介, 佐々木 健人, 塚田 直史, 早野 護, 西内 英, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
日本心臓病学会誌   7(Suppl.I) 334-334   Aug 2012
僧帽弁輪峡部に対する線状アブレーションの検討
早野 護, 熊谷 浩司, 塚田 直史, 佐々木 健人, 中谷 洋介, 西内 英, 中村 啓二郎, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
日本心臓病学会誌   7(Suppl.I) 467-467   Aug 2012
特発性左室流出路起源心室性不整脈variantの心電図学的特徴の検討
熊谷 浩司, 坂本 有, 西内 英, 中村 啓次郎, 塚田 武文, 佐々木 健人, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   28(Suppl.) 269-269   May 2012
心房細動のカテーテルアブレーション治療におけるAdaptive-Servo Ventilationの急性効果
中村 啓二郎, 熊谷 浩司, 佐々木 健人, 塚田 直史, 早野 護, 西内 英, 福家 悦子, 三樹 祐子, 坂本 有, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
Journal of Arrhythmia   28(Suppl.) 294-294   May 2012
僧帽弁輪峡部に対する線状アブレーションの検討
早野 護, 熊谷 浩司, 坂本 有, 佐々木 健人, 塚田 直史, 西内 英, 中村 啓二郎, 福家 悦子, 三樹 祐子, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
Journal of Arrhythmia   28(Suppl.) 304-304   May 2012
壊死性筋膜炎に伴う発熱にてCoved型のBrugada心電図が顕在化して失神を繰り返した1例
松橋 論宜, 熊谷 浩司, 西内 英, 林 達哉, 福家 悦子, 佐藤 千鶴, 三樹 祐子, 坂本 有, 中村 啓二郎, 深澤 利恵, 後藤 貢士, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
心電図   30(Suppl.4) S-4   Sep 2010
麻酔覚醒後に電気的除細動抵抗性の心室細動を発症した冠攣縮性狭心症の一例
坂本 有, 熊谷 浩司, 三樹 祐子, 佐藤 千鶴, 深澤 利恵, 中村 啓二郎, 内藤 滋人, 大島 茂
日本心臓病学会誌   5(Suppl.I) 427-427   Aug 2010
右室心尖部ペーシングと右室中隔ペーシングにおける慢性期の心臓交感神経活性の比較
佐藤 千鶴, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 中村 紘規, 林 達哉, 福家 悦子, 後藤 貢士, 三樹 祐子, 坂本 有, 深澤 利恵, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 207-207   Apr 2010
心外膜側副伝導路を有するWPW症候群のカテーテル・アブレーションにおける心内膜側および心外膜側アプローチ
中村 紘規, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 福家 悦子, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 三樹 祐子, 後藤 貢士, 坂本 有, 深澤 利恵, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 210-210   Apr 2010
デルタ波の開始点を用いた新しいアルゴリズムによる、後中隔房室副伝導路のアブレーション成功部位予測
林 達哉, 熊谷 浩司, 内藤 滋人, 武村 直樹, 福家 悦子, 佐藤 千鶴, 中村 紘規, 三樹 祐子, 後藤 貢士, 坂本 有, 深澤 利恵, かせ野 健一, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 211-211   Apr 2010
心房細動アブレーション後の冠攣縮発生についての検討
三樹 祐子, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 福家 悦子, 林 達哉, 坂本 有, 深澤 利恵, 佐藤 千鶴, 中村 紘規, 後藤 貢士, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 238-238   Apr 2010
イリゲーションカテーテルを用いた心房細動アブレーションにおける無症候性脳梗塞の予測因子
坂本 有, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 福家 悦子, 三樹 祐子, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 中村 紘規, 深澤 利恵, 後藤 貢士, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 240-240   Apr 2010
Brugada症候群におけるICD治療の長期的経過
松橋 論宜, 熊谷 浩司, 中村 紘規, 武村 直樹, 林 達哉, 福家 悦子, 佐藤 千鶴, 三樹 祐子, 坂本 有, 深澤 利恵, 後藤 貢士, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 304-304   Apr 2010
左房ablationによるsubstrateへの影響についての検討 P-SAECGの有用性
福家 悦子, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 中村 紘規, 三樹 祐子, 坂本 有, 後藤 貢士, 深澤 利恵, かせ野 健一, 内藤 滋人, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 322-322   Apr 2010
虚血性心疾患症例における適切ICD作動の予後予測因子の検討
武村 直樹, 熊谷 浩司, 福家 悦子, 三樹 祐子, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 中村 紘規, 坂本 有, 深澤 利恵, 後藤 貢士, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 331-331   Apr 2010
耐糖能異常がある患者の心房細動アブレーションのリスクと長期成績
後藤 貢士, 熊谷 浩司, 松橋 論宜, 武村 直樹, 佐藤 千鶴, 林 達哉, 福家 悦子, 中村 紘規, 三樹 祐子, 坂本 有, かせ野 健一, 深澤 利恵, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 357-357   Apr 2010
ペースメーカー・ICD植込み後の心サルコイドーシス患者における心不全発症の予測因子
中村 紘規, 熊谷 浩司, 武村 直樹, 福家 悦子, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 三樹 祐子, 後藤 貢士, 坂本 有, 深澤 利恵, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂
Journal of Arrhythmia   26(Suppl.) 372-372   Apr 2010

Conference Activities & Talks

 
心房細動患者の内皮細胞機能不全の予測因子(Predictors of Endothelial Dysfunction in the Patients with Atrial Fibrillation)
熊谷 浩司, 南 健太郎, 菅井 義尚, 元田 博之, 武 寛, 佐々木 健人, 中村 紘規, 内藤 滋人, 大島 茂
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2018   
3Dマッピング・イメージングを用いた不整脈の診断と治療 心房細動アブレーション後の心房頻拍の治療
熊谷 浩司
心電図   Sep 2013   
周波数解析とfractionation解析を用いた広範囲肺静脈隔離術前後の心房細動基質の変化の検討
熊谷 浩司, 坂本 有, 西内 英, 中村 啓二郎, 早野 護, 塚田 直史, 佐々木 健人, 中村 紘規, かせ野 健一, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   May 2012   
慢性心房細動におけるアブレーションによる停止効果の予測因子
熊谷 浩司, かせ野 健一, 中村 紘規, 林 達哉, 佐藤 千鶴, 深澤 利恵, 三樹 裕子, 福家 悦子, 後藤 貢士, 坂本 有, 武村 直樹, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   Apr 2010   
不整脈非薬物治療の新しい治療法 展望と可能性 心房細動アブレーションにおけるCARTO Mergeシステムとイリゲーションカテーテルの効果の検討
熊谷 浩司, かせ野 健一, 林 達也, 中村 紘規, 佐藤 千鶴, 深澤 利恵, 坂本 有, 三樹 裕子, 福家 悦子, 後藤 貢士, 武村 直樹, 内藤 滋人, 大島 茂, 谷口 興一
Journal of Arrhythmia   Apr 2010   
Kumagai Koji, Otomo Jun, Wakayama Yuji, Baba Shigeo, Fukuda Koji, Sugai Yoshinao, Watanabe Jun, Shirato Kunio, Aonuma Kazutaka
Shinzo   2005   
症例は71歳,女性.2004年6月より動悸を認め近医を受診.一日中incessantに続く160/分のlong RP型上室性頻拍を認め当科に紹介された.頻拍は心室連続刺激にて捕捉されず,心房連続刺激にてoverdrive suppressionを示した.ATP 10mg投与で房室ブロックとなるも頻拍は停止せず心房頻拍と診断した.CARTOシステムによる右房マッピングでは,最早期興奮部位は心房中隔前方部でありヒス束部より1cm上方であった.同部位は,心房波より10msec先行し単極誘導にてQ...
KUMAGAI Koji, TAKAHASHI Atsushi, YAMAUCHI Yasuteru, YOKOYAMA Yasuhiro, KURIHARA Ken, TANAKA Yasuaki, AONUMA Kazutaka, IESAKA Yoshito
不整脈 = Journal of arrhythmia   25 Oct 2004   
Kumagai Koji, Watanabe Jun, Kato Hiroshi, Baba Shigeo, Konno Yuji, Fukuda Koji, Miura Masahito, Fukuchi Mitsumasa, Shirato Kunio
Shinzo   2000   
心室頻拍を伴う心サルコイドーシス3症例へのアミオダロンの投与について検討した.心サルコイドーシスはUCGにて中隔基部の菲薄化や左室駆出率低下,ガリウムシンチでの取り込み所見および,前斜角筋リンパ節生検で診断した.心室頻拍は多剤耐性で,停止にはカーディオバージョンを要したためアミオダロンを400mg/日で開始し,2週間後に200mg/日へ減量した.全例で心室性不整脈の減少を認め,有効と思われた.心サルコイドーシスに対してプレドニゾロン(PSL)40-60mg/日を開始した.PSLの減量中にD...