久保田 静香

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/17 16:08
 
アバター
研究者氏名
久保田 静香
 
クボタ シズカ
ハンドル
Kubota Shizuka
所属
大阪大学
部署
文学研究科
職名
招へい研究員
学位
博士(フランス文学文明)(パリ第4ソルボンヌ大学)
科研費研究者番号
60774362

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪大学 文学研究科 招へい研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員PD(大阪大学)
 
2016年4月
 - 
現在
明治学院大学 文学部 フランス文学科 非常勤講師
 
2013年9月
 - 
現在
法政大学 社会学部 非常勤講師
 
2013年5月
 - 
2018年3月
早稲田大学 ヨーロッパ中世ルネサンス研究所 招聘研究員
 

学歴

 
2005年10月
 - 
2008年3月
パリ第4・ソルボンヌ大学 フランス文学文明 博士課程
 
2003年9月
 - 
2008年3月
フランス政府給費留学生  
 
2002年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学大学院 文学研究科 フランス文学専攻 博士課程
 
2005年3月
 - 
2005年9月
パリ第3・新ソルボンヌ大学 フランス文学比較文学研究科 博士課程
 
2004年10月
 - 
2005年2月
パリ第3・新ソルボンヌ大学  演劇学研究科 博士課程
 

論文

 
久保田 静香
フランス語フランス文学研究   112(0) 50-50   2018年   [査読有り]
久保田 静香
フランス語フランス文学研究   112(0) 35-49   2018年   [査読有り]
久保田 静香
明學佛文論叢   (50) 1-40   2017年3月   [査読有り]
16世紀フランスにおける起源神話と雄弁の表象―ラムスとボダンを中心に
久保田静香
ロンサール研究   (29) 1-28   2016年6月   [査読有り]
久保田 静香
エクフラシス = Εκφρασισ : ヨーロッパ文化研究   (5) 90-111   2015年   [査読有り]

Misc

 
パガニーニ ジャンニ, 久保田 静香
エクフラシス = Εκφρασισ : ヨーロッパ文化研究   (6) 145-166   2016年
【書評論文】ラムス、教えることと考えることの狭間で―M.-D.Couzinet, Pierre Ramus et la critique du pédantisme(2015)を読む―
久保田静香
ロンサール研究   (30) 109-133   2017年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
16-17世紀フランスにおける「発想(inventio)」部門の見直し―ラムスからデカルトへ―
久保田 静香
フランス近世の〈知脈〉第4回研究会   2018年8月4日   
モンテーニュはラムスを読んだか?
久保田静香
フランス近世の〈知脈〉第3回研究会   2017年7月   
ラムスとモンテーニュ―カエサル『ガリア戦記』の引用から出発して―
久保田静香
日本フランス語フランス文学会2017年度春季大会   2017年6月   
モンテーニュの母語と国語―16世紀ナショナリズムの文脈において―
久保田静香
フランス近世の〈知脈〉第2回研究会   2016年7月   
ペトルス・ラムス研究の動向と射程―ラブレーやモンテーニュを経由して― [招待有り]
久保田静香
第52回ラブレー・モンテーニュ・フォーラム   2016年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 久保田静香
日本学術振興会: 科学研究費基盤C(研究協力者)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 武田 裕紀
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC2)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 久保田静香