窪薗晴夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/16 11:55
 
アバター
研究者氏名
窪薗晴夫
eメール
kubozononinjal.ac.jp
所属
人間文化研究機構
部署
国立国語研究所 理論・対照研究領域
職名
教授
学位
Ph.D.(エジンバラ大学, 1988)
科研費研究者番号
80153328

プロフィール

鹿児島県川内市(現薩摩川内市)生まれ、母語は鹿児島方言。標準語は第2言語で、18才になって初めて話す。第3言語は英語。大学院(名古屋大学)までは英語音韻史を専攻していたが、イギリス留学中に母語に対する無知を悟り、日本語の音声研究を始める。研究対象は英語から日本語へ、標準語から鹿児島方言へと、経歴とは逆方向に推移している。好きな言葉は、「真理は単純である」、「真理は人を自由にする」。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 理論・構造研究系 研究系長・教授
 
2007年4月
 - 
2010年9月
神戸大学 人文学研究科 教授
 
1996年4月
 - 
2010年9月
Kobe University Dept. of Linguistics Associate professor
 
2002年1月
 - 
2007年3月
神戸大学 文学部 教授
 
1996年4月
 - 
2001年12月
神戸大学 文学部 助教授
 
1992年4月
 - 
1996年3月
Osaka University of Foreign Studies Dept. of Japanese Associate professor
 
1995年7月
 - 
1995年9月
マックスプランク心理言語学研究所 客員研究員
 
1995年7月
 - 
1995年8月
Max Planck Institute for Psycholinguistics Visiting scholar
 
1994年8月
 - 
1995年6月
カリフォルニア大学サンタクルズ校 客員研究員(フルブライト若手研究員)
 
1992年4月
 - 
1996年3月
大阪外国語大学 外国語学部 助教授
 
1994年8月
 - 
1995年6月
University of California, Santa Cruz Dept. of Linguistics Visiting scholar
 
1990年4月
 - 
1992年3月
南山大学 外国語学部 助教授
 
1982年4月
 - 
1992年3月
Nanzan University, Japan Dept. of English Studies Lecturer, Associate professor
 
1984年4月
 - 
1990年3月
南山大学 外国語学部 講師
 
1982年4月
 - 
1984年3月
南山大学外国語学部 助手
 

受賞

 
2018年2月
早稲田大学 早稲田大学ティーチングアワード総長賞
 
1997年11月
Kindaichi Award
 
1997年11月
金田一京助博士記念賞(金田一賞)
 
1995年11月
Ichikawa Sanki Award
 
1995年11月
市河三喜賞
 

書籍等出版物

 
鹿児島県甑島方言からみる文法の諸相
窪薗晴夫、木部暢子、高木千恵 (担当:共編者)
くろしお出版   2019年2月   
Prosody and Prosodic Interface in Japanese and Korean (The Linguistic Review 36-1 Special Issue)
窪薗晴夫 (担当:編者)
De Gruyter Mouton   2019年2月   
英語学を英語授業に活かす
窪薗晴夫 (担当:編者)
開拓社   2018年9月   
Tonal Change and Neutralization
窪薗晴夫、儀利古幹雄 (担当:共編者, 範囲:全部)
デ グロイター ムートン   2018年3月   
通じない日本語―世代差・地域差から見る言葉の不思議
窪薗晴夫
平凡社   2017年12月   

論文

 
The phonological structure of Japanese mimetics and motherese
窪薗晴夫
Ideophones, Mimetics and Expressives   35-56   2019年5月
The linguistic structure of Japanese baseball chants
伊藤順子、窪薗晴夫、アーミン・メスター、田中真一
Proceedings of Annual Meeting of Phonology (AMP) 2018      2019年2月   [査読有り][招待有り]
Secondary high tones in Koshikijima Japanese
窪薗晴夫
The Linguistic Review   36(1) 25-50   2019年2月   [査読有り]
Mora sensitivity in Kagoshima Japanese: Evidence from no contraction
窪薗晴夫
Hana-bana: A Festschrift for Junko Ito and Armin Mester      2018年12月   [査読有り]
Loanword accent of Kyungsang Korean: A moraic analysis
窪薗晴夫
Topics in Theoretical Asian Linguistics.   303-329   2018年12月   [査読有り]
Focus prosody in Kagoshima Japanese
窪薗晴夫
The Study of Word Stress and Accent: Theories, Methods and Data   323-345   2018年12月   [査読有り]
英語と日本語のアクセント
窪薗晴夫
英語学を英語授業に活かす   250-267   2018年9月   [査読有り][招待有り]
Prosodic evidence for syllable structure in Japanese
窪薗晴夫
MIT Working Papers in Linguistics   88 35-50   2018年4月   [査読有り][招待有り]
Pitch accent
窪薗晴夫
The Cambridge Handbook of Japanese Handbook   154-180   2018年5月   [査読有り][招待有り]
Bilingualism and accent changes in Kagoshima Japanese
窪薗晴夫
Tonal Change and Neutralization   279-329   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
日本語と英語の音節量
窪薗晴夫
不思議に満ちたことばの世界   352-256   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
「むっつ」と「みっつ」の関係とは?
窪薗晴夫
ことばのおもしろ事典   119-125   2016年4月   [査読有り][依頼有り]
ママは昔パパだったのか?―五十音図の秘密―
窪薗晴夫
ことばのおもしろ事典   112-118   2016年4月   [査読有り][依頼有り]
日本語の方言と一般言語学―「音節量」による一般化―
窪薗晴夫
文化情報学   11(2) 112-116   2016年3月   [依頼有り]
研究の歩み
窪薗晴夫
日本語学   31(14) 38-38   2012年11月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
オノマトペの謎 [招待有り]
窪薗晴夫
東北大学言語学講演会   2019年3月11日   
Effects of mora, lexical pitch accent, and focus on Japanese preboundary lengthening
22. Seo, J., S. Kim, H. Kubozono, and T. Cho
26th Japanese/Korean Linguistics Conference   2018年11月29日   
Vocative and question intonation in Japanese [招待有り]
窪薗晴夫
UCSC Phonology Colloquium   2018年12月3日   
Default word prosody and its effects on morphology [招待有り]
窪薗晴夫
26th Japanese/Korean Linguistics Conference   2018年11月29日   
鹿児島方言と甑島方言の呼びかけイントネーション
窪薗晴夫
日本言語学会第157回大会   2018年11月18日   

競争的資金等の研究課題

 
消滅危機方言のプロソディーに関する実証的・理論的研究と音声データベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 窪薗晴夫
乳児音声発達の起源に迫る:アジアの言語から見た発達メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 馬塚れい子
促音(重子音)に関する学際的・国際的共同研究のためのネットワーク形成
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 窪薗晴夫
日本語諸方言のプロソディーとプロソディーの類型
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年3月 - 2019年3月    代表者: 窪薗晴夫
「呼びかけイントネーション」に関する萌芽的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 窪薗晴夫

学歴

 
1983年9月
 - 
1986年8月
University of Edinburgh Dept. of Linguistics Ph.D. in Linguistics
 
1979年4月
 - 
1982年3月
Nagoya University, Japan Dept. of English Linguistics MA and PhD in English Linguistics
 
1975年4月
 - 
1979年3月
Osaka University of Foreign Studies Dept. of English BA in English
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
現在
Organization of International Conference on Phonetic Sociences  Permanent Council Member
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本言語学会  会長(現在、顧問)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本音声学会  評議員、理事、企画委員長
 
2012年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2012年7月
 - 
現在
The Association for Laboratory Phonology  Editorial Board Member
 
2012年
 - 
現在
Oxford Studies in Phonology and Phonetics Series  Advisory Editor
 
2010年4月
 - 
2017年3月
市河三喜賞選考委員会  選考委員(幹事)
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本言語学会  常任委員、評議員
 
2011年11月
 - 
2014年10月
Natural Language and Linguistic Theory  Editorial Board member