論文

査読有り
2019年11月

海外の日本庭園に対する違和感にみる日本庭園らしさの認識構造

環境情報科学論文集
  • 劉銘
  • ,
  • 下村彰男
  • ,
  • 中村和彦
  • ,
  • 山本清龍

33
開始ページ
19
終了ページ
24
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.11492/ceispapers.ceis33.0_19

本研究では,海外に整備された日本庭園に対して日本人が抱く違和感の分析を通して,その違和感の要因と「日本庭園らしさ」の認識構造について考察した。その結果,単体要素の素材感や形状が日本庭園らしさの認識に重要であることが明らかになった。コレスポンデンス分析の結果からは,日本庭園らしさの認識の着目点として,《自然物・人工物》《景観特徴・要素特徴》《境界部の明瞭―不明瞭》の3点が見出された。日本庭園の認識に際しては,主要な要素が目につき易く,その形態の伝統性や奥行き,隣接要素との納まりが重要である一方で、色彩やテクスチャーなどの景観要素の周辺とのコントラストにも留意が必要であることが考察された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11492/ceispapers.ceis33.0_19
URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ceispapers/ceis33/0/ceis33_19/_article/-char/ja

エクスポート
BibTeX RIS