吉本 英高

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/22 22:30
 
アバター
研究者氏名
吉本 英高
 
ヨシモト ヒデタカ
通称等の別名
TAKA
eメール
157r5171st.kumamoto-u.ac.jp
所属
熊本大学
部署
生命資源研究・支援センター(CARD) 資源開発分野
学位
学士(創薬科学)(熊本大学), 修士(医科学)(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年8月
 - 
2016年10月
(米) Taconic Biosciences, Inc. 訪問研究員
 
2016年2月
   
 
(仏) Institut Pasteur - Unite de Genetique Fonctionnelle de la Souris & Animalerie Centrale 訪問研究員
 
2015年9月
 - 
2015年10月
(英) Medical Research Council Harwell - Mary Lyon Centre 訪問研究員
 
2012年8月
   
 
(米) University of California Davis - Mouse Biology Program 訪問研究員
 

学歴

 
2015年4月
 - 
現在
熊本大学 博士課程教育リーディングプログラム グローカルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO  
 
2015年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院医学教育部 医学専攻 博士課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
熊本大学 大学院医学教育部 医科学専攻 修士課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
熊本大学 薬学部 創薬・生命薬科学科
 

論文

 
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, and Naomi Nakagata
Biology of Reproduction      2017年   [査読有り]
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, Tetsumi Irie, and Naomi Nakagata
Biology of Reproduction   96(2) 446-455   2017年   [査読有り]
Yuta Ishizuka, Toru Takeo, Satohiro Nakao, Hidetaka Yoshimoto, Yumiko Hirose, Yuki Sakai, Yuka Horikoshi, Shiori Takeuji, Shuuji Tsuchiyama, and Naomi Nakagata
Journal of Reproduction and Development   60(6) 454-459   2014年   [査読有り]
Toru Takeo, Kiyoko Fukumoto, Tomoko Kondo, Yukie Haruguchi, Yumi Takeshita, Yuko Nakamuta, Shuuji Tsuchiyama, Hidetaka Yoshimoto, Norihiko Shimizu, Ming-Wen Li, Kristy Kinchen, Jadine Vallelunga, K C Kent Lloyd, Naomi Nakagata
Cryobiology   68(1) 12-17   2013年   [査読有り]
Toru Takeo, Aki Tsutsumi, Taichi Omaru, Kiyoko Fukumoto, Yukie Haruguchi, Tomoko Kondo, Yuko Nakamuta, Yumi Takeshita, Hiroko Matsunaga, Shuuji Tsuchiyama, Kazuhito Sakoh, Satohiro Nakao, Hidetaka Yoshimoto, Norihiko Shimizu, and Naomi Nakagata
Cryobiology   65(3) 163-168    2012年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Shipping mice, refrigerated and frozen material
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, Naomi Nakagata
CARD-Texas Mouse Reproductive Technology Workshop   2017年11月   
Quercetin improves the survival of cold-stored sperms for seven days in a cold-storage medium by maintaining mitochondrial activity
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, Naomi Nakagata
Fourth World Congress of Reproductive Biology   2017年9月   
Cold transport of mouse sperm
Koharu Kirikihira, Hidetaka Yoshimoto, Tetsumi Irie, Toru Takeo, Naomi Nakagata
The 2017 AMMRA & AMPC Meeting   2017年8月   
環状オリゴ糖による受精能獲得誘導効果を利用した新規不妊治療法の開発
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
熊本大学GTCアクティブボード2017   2017年7月   
パスツール研究所における国際マウス生殖工学技術研修会
中牟田裕子、山下紀代子、春口幸恵、近藤朋子、竹下由美、梅野智子、石田恵理、 岩本まり、高橋 郁、土山修治、椋木 歩、吉本英高、竹尾 透、Kristy Williams、Jorge Sztein、Lluis Montoliu、Jean Jaubert、Franck Bourgade、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月   
メチル-β-シクロデキストリンによる生体膜脂質環境の変化がマウス冷蔵精子の超活性化を誘起する
吉本英高、竹尾 透、桐木平小春、入江徹美、中潟直己
第64回日本実験動物学会   2017年5月   
受精促進作用を示す環状オリゴ糖を用いた新規不妊治療法の開発
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
日本薬学会第137年会   2017年3月   
シクロデキストリン誘導性受精能獲得効果を利用した新規不妊治療の開発
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
第39回日本分子生物学会   2016年12月   
最新の生殖工学技術を用いたマウス研究の迅速化
竹尾 透、吉本英高、椋木 歩、竹本賢司、白角一樹、田村香菜、野田雅史、須賀原千明、桐木平小春、山下紀代子、近藤朋子、春口幸恵、中牟田裕子、竹下由美、梅野智子、石田恵理、高橋郁、岩本まり、土山修治、坂本 亘、中川佳子、中潟直己
第39回日本分子生物学会   2016年12月   
Simple diagnosis of sperm fertility by determining the level of protein thiols using Ellman’s reagent
Kazuki Shiarakado, Satohiro Nakao, Kana Tamura, Hidetaka Yoshimoto, Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Toru Takeo, Naomi Nakagata
7th AFLAS Congress   2016年11月   
Shipping mice vs. frozen or refrigerated embryos/sperm
Hidetaka Yoshimoto, Toru Takeo, Naomi Nakagata
CARD-IP Mouse Embryo and Sperm Cryopreservation Workshop   2016年10月   
精子におけるシクロデキストリン誘導性受精能獲得効果の解明
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、入江徹美、竹尾 透、中潟直己
第7回シクロデキストリンワークショップ   2016年9月   
マウス冷蔵精子の超活性化がメチル-β-シクロデキストリンによって誘起される
吉本英高、桐木平小春、竹尾 透、入江徹美、中潟直己
第7回シクロデキストリンワークショップ   2016年9月   
シクロデキストリンによる受精能獲得過程における生体膜脂質環境の変化
竹本賢司、中尾聡宏、吉本英高、竹尾 透、中潟直己
第109回日本繁殖生物学会   2016年9月   
Effect of cholesterol loss from cell membrane on the fertilizing ability of cold-stored mouse sperm
Hidetaka Yoshimoto, Shiori Takeuji, Yumiko Hirose, Toru Takeo and Naomi Nakagata
熊本大学GTCアクティブボード2016   2016年6月   
Effect of cholesterol efflux from plasma membrane on the fertility of cold-stored mouse sperm
Hidetaka Yoshimoto, Shiori Takeuji, Yumiko Hirose, Toru Takeo and Naomi Nakagata
The 2016 AMMRA & AMPC meeting   2016年5月   
マウス冷蔵精子における生体膜中コレステロール量の変化が受精能に及ぼす影響
吉本英高、武氏志保里、廣瀬優美子、竹尾 透、中潟直己
第63回日本実験動物学会   2016年5月   
メチル-β-シクロデキストリンがマウス冷蔵精子の受精能および精子生体膜中コレステロール量に及ぼす影響
吉本英高、武氏志保里、廣瀬優美子、竹尾 透、中潟直己
第32回動物生殖工学研究会   2015年12月   
環状オリゴ糖による生体膜脂質環境の変化と精子受精能の向上
中尾聡宏、酒匂一仁、竹本賢司、吉本英高、堀越裕佳、石束祐太、竹尾 透、中潟直己、笹岡俊邦
第32回動物生殖工学研究会   2015年12月   
環状オリゴ糖による生体膜脂質環境の変化が精子の受精能を向上させる
中尾聡宏、酒匂一仁、竹本賢司、吉本英高、堀越裕佳、石束祐太、竹尾 透、中潟直己
第38回日本分子生物学会   2015年12月   

Works

 
Texas A&M Institute for Genomic Medicine   教材   2017年11月
漫画研究者が提唱するプレゼンテーション・デザイン
第13回次世代創薬研究者養成塾   教材   2017年9月
漫画作成要領が、プレゼン・スライド・ポスター等のデザインに応用できるか
熊本大学薬学部助教会   教材   2017年3月
HIGOプログラムインターンシップ・研究活動報告会   教材   2017年2月
Institut Pasteur - Unite de Genetique Fonctionnelle de la Souris & Animalerie Centrale   教材   2016年10月
公益財団法人 実験動物中央研究所   教材   2016年2月
Medical Research Council Harwell - Mary Lyon Centre   教材   2015年9月

競争的資金等の研究課題

 
パスツール研究所におけるマウス生殖工学技術の提供
熊本大学 リーディングプログラム推進チーム: HIGOプログラム研究等旅費支援
研究期間: 2016年10月       代表者: 吉本英高