吉田 久美

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
吉田 久美
eメール
yoshidakis.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www.info.human.nagoya-u.ac.jp/complex/index.html
所属
名古屋大学
部署
大学院情報学研究科  複雑系科学専攻 生命情報論
職名
教授
学位
博士(農学)

経歴

 
2000年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻 助教授
 
2003年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科
 
2007年4月
 - 
2010年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻 准教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻 教授
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院情報学研究科  複雑系科学専攻 生命情報論 教授
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
第27回国際ポリフェノール会議  組織委員長
 
2010年9月
 - 
現在
グループポリフェノール  理事
 
2008年1月
 - 
2009年12月
第5回国際アントシアニンワークショップ開催実行委員会  委員長
 

受賞

 
2016年7月
Groupe Polyphenols グループポリフェノール サイエンティフィックプライズ 花色素アントシアニンを中心とするポリフェノール研究に対して
 
1998年7月
ソルト・サイエンス研究財団 ソルト・サイエンス研究財団財団賞 梅干し漬けの色の安定化に及ぼす食塩の効果
 
1995年3月
日本農芸化学会 日本農芸化学奨励賞 花色発現における分子会合機構の解明に関する研究
 

論文

 
Teppabut Y, Oyama KI, Kondo T, Yoshida K
Molecules (Basel, Switzerland)   23(7)    2018年7月   [査読有り]
Moloney Micheal, Robbins Rebecca J., Collins Tom M., Kondo Tadao, Yoshida Kumi, Dangles Olivier
DYES AND PIGMENTS   158 342-352   2018年11月   [査読有り]
Ito T, Oyama KI, Yoshida K
Molecules (Basel, Switzerland)   23(6)    2018年6月   [査読有り]
Mendoza J, Basílio N, Pina F, Kondo T, Yoshida K
The journal of physical chemistry. B   122(19) 4982-4992   2018年5月   [査読有り]
Oyama K, Yamada T, Ito D, Kondo T, Yoshida K
Journal of agricultural and food chemistry   63(35) 7630-7635   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
Determination of inorganic eleent distribution in the freeze-fixed stem of Al2(SO4)3-treated Hydrangea macrophylla by TOF-SIMS and ICP-AES.
Zheng, P., Ito, T., Aoki, D., Sato, S., Yoshida, M., Sano, Y., Matsushita, Y., Fukushima, K., Yoshida, K.
Holzforschung   71 471-480   2017年   [査読有り]
Unveiling the 6,8-rearrangement in 8-phenyl-5,7-dihydroxyflavylium and 8-methyl-5,7-dihydroxyflavylium through host-guest complexation.
Basílio, N., Lima, C. J., Cruz L., de Freitas, V., Pina, F., Ando, H., Kimura, Y., Oyama, K-I., Yoshida, K.
Eur. J. Chem.   2017(44) 5617-5626   2017年   [査読有り]
Structure of muscariflavone A-C isolated from purplish blue spicate flower petals of . Muscari armeniacum
Yoshida, K., Azuma, K., Kondo, T.
Nat. Prod. Comm.   12 1245-1248   2017年   [査読有り]
Kimura, Y., Oyama, K-I., Kondo, T., Yoshida, K.
Tetrahedron Lett.   58(10) 919-922   2017年3月   [査読有り]
Kimura, Y., Maeda, T., Iuchi, S., Koga, N., Murata Y., Wakamiya, A., Yoshida, K.
Journal of Photochemistry and Photobiology A   335 230-238   2017年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Structure of Polyacylated Anthocyanins and Their UV Protective Effect.
Yoshida, K., Oyama, K.and Kondo, T. (担当:共著)
Wiley-Blackwell Publishing   2017年1月   ISBN:978-1-118-88326-6
「生物学辞典」色素
巌佐庸、倉谷滋、斎藤成也、塚谷裕一編
岩波書店   2013年2月   ISBN:978-4-00-080314-4 C3
上村大輔編 (担当:分担執筆, 範囲:花色素アントシアニンによる青色発色)
東京化学同人   2018年7月   ISBN:978-4807915053
Recent Advances in Polyphenol Research, Volume 3, Chemistry of Flavonoids in Color Development
Yoshida, K., Oyama, K.and Kondo, T. (担当:共著)
Wiley-Blackwell Publishing   2012年5月   ISBN:1444337467
植物の分子育種学
鈴木正彦編 (担当:共著)
講談社   2011年12月   ISBN:4061537350

講演・口頭発表等

 
アントシアニンと助色素を共吸着させた色素増感太陽電池の研究
酒井勇輔, 尾山公一, 若宮淳志, 村田靖次郎, 近藤忠雄, 吉田久美
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
芳香族有機酸を有するアシル化アントシアニンの合成研究
柴康太, 尾山公一, 近藤忠雄, 吉田久美
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
赤アズキ種皮に含まれる2種類の紫色色素の構造
永井伸和, 数馬恒平, 尾山公一, 古賀和司, 橋本勝, 近藤忠雄, 吉田久美
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
アミロイド線維形成阻害を有するアシル化キナ酸類の合成-2
石原健広,尾山公一, 重光佳基, 天野名都子, 廣明秀一, 近藤忠雄, 吉田久美
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
Synthesis of 3-O-methylcyanidin and the stability of 3-O-substition of cyanidins
Asmaa B. El-Meligy,Takehiro Ishihara,Kin-ichi Oyama,Ahmed M. El-Nahas, Kumi Yoshida
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   

競争的資金等の研究課題

 
食用豆の登熟に伴う種皮の着色過程の生物有機化学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 吉田久美
酸性土壌耐性新戦略の創成を目指したアジサイの内部アルミニウム抵抗性の解明研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
高効率色素増感太陽電池を目指した天然色素の特性解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
アジサイのアルミニウム輸送体の機能解明と花色変異
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 吉田久美
アントシアニンの合成化学を基盤とした花色発現機構のケミカルバイオロジー     
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年       代表者: 吉田 久美

特許

 
5713310 : 植物の液胞におけるアルミニウム集積に関わる遺伝子及び当該遺伝子がコードするタンパク質
吉田久美、根岸孝至、服部正平、大島健志朗
5382676 : アントシアニジン類の製造方法及びフラベノール誘導体
吉田久美、近藤忠雄、尾山公一