國枝武和

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 03:38
 
アバター
研究者氏名
國枝武和
eメール
kuniedabs.s.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~saibou/kuma/
所属
東京大学
部署
理学系研究科 (研究院)
職名
准教授
学位
博士(薬学)(東京大学)
Twitter ID
kuniedat
ORCID ID
0000-0002-6256-1335

研究分野

 
 

経歴

 
2018年5月
 - 
現在
東京大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2007年8月
 - 
2018年5月
東京大学 理学(系)研究科(研究院) 助教
 

受賞

 
2010年11月
極限環境生物学会 研究奨励賞
 

論文

 
Tsujioka H, Kunieda T, Katou Y, Shirahige K, Fukazawa T, Kubo T
Nature communications   8(1) 495   2017年9月   [査読有り]
Yoshida Y, Koutsovoulos G, Laetsch DR, Stevens L, Kumar S, Horikawa DD, Ishino K, Komine S, Kunieda T, Tomita M, Blaxter M, Arakawa K
PLoS biology   15(7) e2002266   2017年7月   [査読有り]
Takuma Hashimoto, Takekazu Kunieda
Life   7(2) 26   2017年6月   [査読有り]
Yamane A, Kohno H, Ikeda T, Kaneko K, Ugajin A, Fujita T, Kunieda T, Kubo T
PloS one   12(5) e0176809   2017年5月   [査読有り]
Takayanagi-Kiya S, Kiya T, Kunieda T, Kubo T
International journal of molecular sciences   18(2) 246   2017年1月   [査読有り]
Yamane A, Kohno H, Ikeda T, Kaneko K, Ugajin A, Fujita T, Kunieda T, Kubo T.
PLoS ONE   12(5)    2017年   [査読有り]
Takayanagi-Kiya S, Kiya T, Kunieda T, Kubo T.
International Journal of Molecular Sciences   18(2)    2017年   [査読有り]
Hashimoto T, Horikawa DD, Saito Y, Kuwahara H, Kozuka-Hata H, Shin-I T, Minakuchi Y, Ohishi K, Motoyama A, Aizu T, Enomoto A, Kondo K, Tanaka S, Hara Y, Koshikawa S, Sagara H, Miura T, Yokobori S, Miyagawa K, Suzuki Y, Kubo T, Oyama M, Kohara Y, Fujiyama A, Arakawa K, Katayama T, Toyoda A, Kunieda T
Nature communications   7 12808   2016年9月   [査読有り]
Hatta-Kobayashi Y, Toyama-Shirai M, Yamanaka T, Takamori M, Wakabayashi Y, Naora Y, Kunieda T, Fukazawa T, Kubo T.
Development Growth and Differentiation   58(9) 688-701   2016年   [査読有り]
Ito M, Saigo T, Abe W, Kubo T, Kunieda T.
Zoological Journal of the Linnean Society   178(4) 863-870   2016年   [査読有り]
Tsujioka H, Kunieda T, Katou Y, Shirahige K, Kubo T
PloS one   10(3) e0111655   2015年3月   [査読有り]
Tanaka S, Tanaka J, Miwa Y, Horikawa DD, Katayama T, Arakawa K, Toyoda A, Kubo T, Kunieda T
PloS one   10(2) e0118272   2015年2月   [査読有り]
Takayanagi-Kiya S, Misawa-Hojo K, Kiya T, Kunieda T, Kubo T
Zoological science   31(11) 735-740   2014年11月   [査読有り]
Ugajin A, Kunieda T, Kubo T
FEBS letters   587(19) 3224-3230   2013年10月   [査読有り]
Kaneko K, Ikeda T, Nagai M, Hori S, Umatani C, Tadano H, Ugajin A, Nakaoka T, Paul RK, Fujiyuki T, Shirai K, Kunieda T, Takeuchi H, Kubo T
PloS one   8(8) e71732   2013年8月   [査読有り]
Horikawa DD, Cumbers J, Sakakibara I, Rogoff D, Leuko S, Harnoto R, Arakawa K, Katayama T, Kunieda T, Toyoda A, Fujiyama A, Rothschild LJ
PloS one   8(6) e64793   2013年6月   [査読有り]
Naora Y, Hishida Y, Fukazawa T, Kunieda T, Kubo T
Biochemical and biophysical research communications   431(2) 152-157   2013年2月   [査読有り]
Fujita T, Kozuka-Hata H, Ao-Kondo H, Kunieda T, Oyama M, Kubo T
Journal of proteome research   12(1) 404-411   2013年1月   [査読有り]
Kiya T, Ugajin A, Kunieda T, Kubo T
International journal of molecular sciences   13(12) 15496-15509   2012年11月   [査読有り]
Yamaguchi A, Tanaka S, Yamaguchi S, Kuwahara H, Takamura C, Imajoh-Ohmi S, Horikawa DD, Toyoda A, Katayama T, Arakawa K, Fujiyama A, Kubo T, Kunieda T
PloS one   7(8) e44209   2012年8月   [査読有り]
Horikawa DD, Yamaguchi A, Sakashita T, Tanaka D, Hamada N, Yukuhiro F, Kuwahara H, Kunieda T, Watanabe M, Nakahara Y, Wada S, Funayama T, Katagiri C, Higashi S, Yokobori S, Kuwabara M, Rothschild LJ, Okuda T, Hashimoto H, Kobayashi Y
Astrobiology   12(4) 283-289   2012年4月   [査読有り]
Ugajin A, Kiya T, Kunieda T, Ono M, Yoshida T, Kubo T
PloS one   7(3) e32902   2012年3月   [査読有り]
Kuwahara H, Takaki Y, Shimamura S, Yoshida T, Maeda T, Kunieda T, Maruyama T
BMC evolutionary biology   11(1) 285   2011年10月   [査読有り]
Naora Yuko, Kaneko Kota, Hishida Yuko, Fukazawa Taro, Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
DEVELOPMENTAL BIOLOGY   344(1) 519   2010年8月   [査読有り]
Fukazawa T, Naora Y, Kunieda T, Kubo T
Development (Cambridge, England)   136(14) 2323-2327   2009年7月   [査読有り]
Kiya T, Kunieda T, Kubo T
Insect molecular biology   17(5) 531-536   2008年9月   [査読有り]
Horikawa DD, Kunieda T, Abe W, Watanabe M, Nakahara Y, Yukuhiro F, Sakashita T, Hamada N, Wada S, Funayama T, Katagiri C, Kobayashi Y, Higashi S, Okuda T
Astrobiology   8(3) 549-556   2008年6月   [査読有り]
Iijima R, Kunieda T, Yamaguchi S, Kamigaki H, Fujii-Taira I, Sekimizu K, Kubo T, Natori S, Homma KJ
The Journal of biological chemistry   283(4) 2255-2264   2008年1月   [査読有り]
Kiya T, Kunieda T, Kubo T
PloS one   2(4) e371   2007年4月   [査読有り]
Ishino T, Kunieda T, Natori S, Sekimizu K, Kubo T
Journal of biochemistry   141(4) 479-488   2007年4月   [査読有り]
Analysis of trehalose metabolism genes during anhydrobiosis in tardigrades, Milnesium tardigradum
Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   23(12) 1197   2006年12月   [査読有り]
Identification of factors that interact with Mlr1 and Mlr2: Mouse homologues of Mblk-1, a transcription factor expressed in the honeybee brain
Misawa Kayo, Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   23(12) 1191   2006年12月   [査読有り]
Weinstock G.M, Robinson G.E, Gibbs R.A, Worley K.C, Evans J.D, Maleszka R, Robertson H.M, Weaver D.B, Beye M, Bork P, Elsik C.G, Hartfelder K, Hunt G.J, Zdobnov E.M, Amdam G.V, Bitondi M.M.G, Collins A.M, Cristino A.S, Lattorff H.M.G, Lobo C.H, Moritz R.F.A, Nunes F.M.F, Page Jr. R.E, Sim{õ}es Z.L.P, Wheeler D, Carninci P, Fukuda S, Hayashizaki Y, Kai C, Kawai J, Sakazume N, Sasaki D, Tagami M, Albert S, Baggerman G, Beggs K.T, Bloch G, Cazzamali G, Cohen M, Drapeau M.D, Eisenhardt D, Emore C, Ewing M.A, Fahrbach S.E, For{ê}t S, Grimmelikhuijzen C.J.P, Hauser F, Hummon A.B, Huybrechts J, Jones A.K, Kadowaki T, Kaplan N, Kucharski R, Leboulle G, Linial M, Littleton J.T, Mercer A.R, Richmond T.A, Rodriguez-Zas S.L, Rubin E.B, Sattelle D.B, Schlipalius D, Schoofs L, Shemesh Y, Sweedler J.V, Velarde R, Verleyen P, Vierstraete E, Williamson M.R, Ament S.A, Brown S.J, Corona M, Dearden P.K, Dunn W.A, Elekonich M.M, Fujiyuki T, Gattermeier I, Gempe T, Hasselmann M, Kadowaki T, Kage E, Kamikouchi A, Kubo T, Kucharski R, Kunieda T, Lorenzen M, Milshina N.V, Morioka M, Ohashi K, Overbeek R, Ross C.A, Schioett M, Shippy T, Takeuchi H, Toth A.L, Willis J.H, Wilson M.J, Gordon K.H.J, Letunic I, Hackett K, Peterson J, Felsenfeld A, Guyer M, Solignac M, Agarwala R, Cornuet J.M, Monnerot M, Mougel F, Reese J.T, Schlipalius D, Vautrin D, Gillespie J.J, Cannone J.J, Gutell R.R, Johnston J.S, Eisen M.B, Iyer V.N, Iyer V, Kosarev P, Mackey A.J, Solovyev V, Souvorov A, Aronstein K.A, Bilikova K, Chen Y.P, Clark A.G, Decanini L.I, Gelbart W.M, Hetru C, Hultmark D, Imler J.-L, Jiang H, Kanost M, Kimura K, Lazzaro B.P, Lopez D.L, Simuth J, Thompson G.J, Zou Z, De Jong P, Sodergren E, Csur{ö}s M, Milosavljevic A, Osoegawa K, Richards S, Shu C.-L, Duret L, Elhaik E, Graur D, Anzola J.M, Campbell K.S, Childs K.L, Collinge D, Crosby M.A, Dickens C.M, Grametes L.S, Grozinger C.M, Jones P.L, Jorda M, Ling X, Matthews B.B, Miller J, Mizzen C, Peinado M.A, Reid J.G, Russo S.M, Schroeder A.J, St. Pierre S.E, Wang Y, Zhou P, Jiang H, Kitts P, Ruef B, Venkatraman A, Zhang L, Aquino-Perez G, Whitfield C.W, Behura S.K, Berlocher S.H, Sheppard W.S, Smith D.R, Suarez A.V, Tsutsui N.D, Wei X, Wheeler D, Havlak P, Li B, Liu Y, Jovilet A, Lee S, Nazareth L.V, Pu L.-L, Thorn R, Stolc V, Newman T, Samanta M, Tongprasit W.A, Claudianos C, Berenbaum M.R, Biswas S, De Graaf D.C, Feyereisen R, Johnson R.M, Oakeshott J.G, Ranson H, Schuler M.A, Muzny D, Chacko J, Davis C, Dinh H, Gill R, Hernandez J, Hines S, Hume J, Jackson L, Kovar C, Lewis L, Miner G, Morgan M, Nguyen N, Okwuonu G, Paul H, Santibanez J, Savery G, Svatek A, Villasana D, Wright R.
Nature   443(7114) 931-949   2006年10月   [査読有り]
Analysis of the brain regions associated with the dance language of the honeybees
Kiya Taketoshi, Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
NEUROSCIENCE RESEARCH   55 S95   2006年   [査読有り]
Kunieda T, Fujiyuki T, Kucharski R, Foret S, Ament S.A, Toth A.L, Ohashi K, Takeuchi H, Kamikouchi A, Kage E, Morioka M, Beye M, Kubo T, Robinson G.E, Maleszka R.
Insect Molecular Biology   15(5) 563-576   2006年   [査読有り]
Identification and analysis of trehalase from tardigrades, Milnesium tardigradum
Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   22(12) 1493   2005年12月   [査読有り]
Functional analysis of MbLK-1, a transcription factor preferentially expressed in the mushroom body of the honeybee brain
Nakamura Korefumi, Kunieda Takekazu, Takeuchi Hideaki, Wakamoto Akiko, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   22(12) 1482   2005年12月   [査読有り]
Analysis of the molecular mechanism of proliferating cell induction in regenerating Xenopus laevis tadpole tails
Fukazawa Taro, Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   22(12) 1470   2005年12月   [査読有り]
The small-type Kenyon cells are active in the brain of dancer honeybees
Kiya Taketoshi, Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   22(12) 1488   2005年12月   [査読有り]
[Molecular ethology using the honeybee as a model animal]
Takeuchi H, Kunieda T, Tokuhiro-Sawata M, Park JM, Fujiyuki T, Kubo T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49 2542-2548   2004年12月   [査読有り]
Signaling in the mushroom body of the honeybee brain
Kunieda Takekazu, Kubo Takeo
ZOOLOGICAL SCIENCE   21(12) 1253   2004年12月   [査読有り]
Kunieda T, Kubo T
Biochemical and biophysical research communications   318(1) 25-31   2004年5月   [査読有り]
Takeuchi H, Kunieda T, Tokuhiro-Sawata M, Park J.M, Fujiyuki T, Kubo T.
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49(16) 2542-2548   2004年   [査読有り]
Park JM, Kunieda T, Kubo T
The Journal of biological chemistry   278(20) 18689-18694   2003年5月   [査読有り]
Ishino T, Shirai M, Kunieda T, Sekimizu K, Natori S, Kubo T
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   226(2) 317-325   2003年2月   [査読有り]
Kunieda T, Park JM, Takeuchi H, Kubo T
FEBS letters   535(1/3) 61-65   2003年1月   [査読有り]
Park JM, Kunieda T, Takeuchi H, Kubo T
Biochemical and biophysical research communications   291(1) 23-28   2002年2月   [査読有り]
Takeuchi H, Kage E, Sawata M, Kamikouchi A, Ohashi K, Ohara M, Fujiyuki T, Kunieda T, Sekimizu K, Natori S, Kubo T
Insect Mol. Biol   10(5) 487-494   2001年10月   [査読有り]
Kunieda T, Kurata S, Natori S
Developmental Biology   183(1) 86-94   1997年3月   [査読有り]

Misc

 
橋本拓磨, 橋本拓磨, 國枝武和
化学と生物   56(8) 520‐522   2018年7月
國枝武和
生物工学会誌   96(2) 92‐95   2018年2月
橋本拓磨, 橋本拓磨, 堀川大樹, 國枝武和
放射線生物研究   52(1) 1‐13-13   2017年3月
橋本拓磨, 國枝武和
バイオサイエンスとインダストリー   75(2) 102‐103   2017年3月
橋本拓磨, 國枝武和
バイオサイエンスとインダストリー   75(2) 131‐133-133   2017年3月
須山 輝明, 橋本 拓磨, 國枝 武和, 清水 貴美子, 深田 吉孝
東京大学理学系研究科・理学部ニュース   48(5) 4-6   2017年1月
原始ブラックホールが見つかったか?/放射線からDNAを守る新規タンパク質の発見/記憶効率が一日の時刻によって変化する仕組み
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 榎本敦, 宮川清, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 荒川和晴, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本放射線影響学会大会講演要旨集   57th 121   2014年9月
辻岡洋, 國枝武和, 加藤由起, 白髭克彦, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   85th 94   2014年8月
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 榎本敦, 宮川清, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   85th 158   2014年8月
辻岡洋, 國枝武和, 加藤由起, 白髭克彦, 久保健雄
日本細胞生物学会大会要旨集   66th 125   2014年5月
宇賀神篤, 國枝武和, 久保健雄
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   58th 58   2014年3月
近藤小雪, 久保健雄, 國枝武和
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2014 4C02A14 (WEB ONLY)   2014年3月
國枝武和, 伊藤麻紀子, 近藤小雪, 水口洋平, 野口英樹, 片山俊明, 荒川和晴, 豊田敦, 久保健雄, 藤山秋佐夫
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0030 (WEB ONLY)   2014年
石野響子, 荒川和晴, 國枝武和, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 冨田勝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0129 (WEB ONLY)   2014年
辻岡洋, 國枝武和, 加藤由起, 白髭克彦, 久保健雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 1P-0574 (WEB ONLY)   2014年
島津拓真, 橋本拓磨, 阿部耕太, 田中冴, 片山俊明, 荒川和晴, 豊田敦, 久保健雄, 國枝武和
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 1LBA-08 (WEB ONLY)   2014年
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 榎本敦, 宮川清, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 荒川和晴, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 3P-0001 (WEB ONLY)   2014年
近藤小雪, 久保健雄, 國枝武和
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 3P-0102 (WEB ONLY)   2014年
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 荒川和晴, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本放射線影響学会大会講演要旨集   56th 164   2013年10月
末次翔太, 竹内秀明, 國枝武和, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   84th 158   2013年8月
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   84th 168   2013年8月
辻岡洋, 加藤由起, 國枝武和, 白髭克彦, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   84th 115   2013年8月
宇賀神篤, 國枝武和, 小野正人, 久保健雄
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   57th 115   2013年3月
辻岡洋, 加藤由起, 國枝武和, 白髭克彦, 久保健雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th 2P-0635 (WEB ONLY)   2013年
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 荒川和晴, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th 2P-0147 (WEB ONLY)   2013年
直良悠子, 深澤太郎, 國枝武和, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   83rd 170   2012年8月
田中冴, 桑原宏和, 久保健雄, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   83rd 153   2012年8月
國枝 武和, クニエダ タケカズ
生物科学   63(4) 205-213,図巻頭1p   2012年4月
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   56th 153   2012年3月
藤田俊之, 近藤裕子, 秦裕子, 國枝武和, 尾山大明, 久保健雄
日本生化学会大会(Web)   85th 2P-661 (WEB ONLY)   2012年
荒川和晴, 伊藤卓朗, 國枝武和, 堀川大樹, 曽我朋義, 冨田勝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 3W2II-9 (WEB ONLY)   2012年
石黒宗, 荒川和晴, 國枝武和, 桑原宏和, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 藤山秋佐夫, 冨田勝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 4P-0210 (WEB ONLY)   2012年
小峰栞, 荒川和晴, 國枝武和, 片山俊明, 豊田敦, 冨田勝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 3P-0062 (WEB ONLY)   2012年
田中冴, 桑原宏和, 久保健雄, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   82nd 135   2011年8月
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   82nd 101   2011年8月
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   55th 202   2011年3月
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th 1P-0537 (WEB ONLY)   2011年
片山 俊明, 國枝 武和
極限環境微生物学会誌   9(2) 98-105   2010年12月
片山 俊明, 國枝 武和
極限環境生物学会誌 = Journal of Japanese Society for Extremophiles   9(2) 98-105   2010年12月
山口理美, 桑原宏和, 大海忍, 堀川大樹, 豊田敦, 片山俊明, 荒川和晴, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   81st 130   2010年8月
直良悠子, 深澤太郎, 國枝武和, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   81st 97   2010年8月
桑原宏和, 阿部渉, 鳴海一成, 國枝武和
日本動物学会大会予稿集   81st 88   2010年8月
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
日本動物学会大会予稿集   81st 155   2010年8月
片山俊明, 荒川和晴, 長谷部百合子, 木戸信博, 國枝武和, 豊田敦, 新井理, 堀川大樹, 桑原宏和, 大石加寿子, 松崎(許山) 肖子, 会津智幸, 金久實, 小原雄治, 藤山秋佐夫
極限環境生物学会誌   9(1) 39-40   2010年7月
田中冴, 桑原宏和, 久保健雄, 國枝武和
生化学   ROMBUNNO.3P-0548   2010年
宇賀神篤, 木矢剛智, 國枝武和, 小野正人, 吉田忠晴, 久保健雄
生化学   ROMBUNNO.1P-0843   2010年

書籍等出版物

 
伊藤 政博, 鳴海 一成, 佐藤 孝子, 中村 聡, 東端 啓貴, 國技 武和, 為我井 秀行, 道久 則之, 伊藤 隆
コロナ社   2014年10月   ISBN:4339067474

講演・口頭発表等

 
柴原礼良, 日詰光治, 橋本拓磨, 荒木弘之, 久保健雄, 國枝武和
日本生化学会大会(Web)   2017年   
國枝武和, 橋本拓磨, 堀川大樹, 近藤小雪, 田中冴, 柴原礼良, 桑原宏和, 桑原宏和, 秦裕子, 尾山大明, 榎本敦, 宮川清, 原雄一郎, 横堀伸一, 小原雄治, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 荒川和晴, 片山俊明, 豊田敦
日本生化学会大会(Web)   2017年   
吉田祐貴, 吉田祐貴, GEORGIOS Koutsovoulos, LAETSCH Dominik, LAETSCH Dominik, STEVENS Lewis, KUMAR Sujai, 堀川大樹, 堀川大樹, 石野響子, 小峰栞, 國枝武和, 冨田勝, 冨田勝, BLAXTER Mark, 荒川和晴, 荒川和晴
日本生化学会大会(Web)   2017年   
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 秦裕子, 榎本敦, 堀川大樹, 堀川大樹, 荒川和晴, 片山俊明, 豊田敦, 尾山大明, 宮川清, 久保健雄, 國枝武和
日本放射線影響学会大会抄録(Web)   2016年   
橋本拓磨, 斎藤裕樹, 尾山大明, 秦裕子, 榎本敦, 宮川清, 桑原宏和, 堀川大樹, 片山俊明, 荒川和晴, 豊田敦, 豊田敦, 藤山秋佐夫, 藤山秋佐夫, 久保健雄, 國枝武和
日本細胞生物学会大会要旨集   2015年6月5日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 國枝 武和
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 國枝 武和
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 國枝 武和
クマムシは外界の乾燥に応じてほぼ完全に脱水し様々な極限環境に耐性を示すが、その分子メカニズムはほとんどわかっていない。最近行われたゲノム・トランスクリプトーム解析の結果、クマムシでは乾燥時の遺伝子の発現変動は極めて少なく、耐性に関わる遺伝子群は常に発現していることが示唆された。一方で、クマムシ固有の新規遺伝子群が常時大量に発現していることも明らかとなり、これらの遺伝子産物群がクマムシ固有の耐性メカニズムに寄与している可能性が考えられた。本年度は、まず最も発現量が多いA1の遺伝子産物について...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究課題提案型))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 國枝 武和
クマムシは外界の乾燥に応じて脱水し、無代謝の乾眠状態となって様々な極限環境に耐性を示すが、その分子機構はほとんどわかっていない。本研究ではクマムシ類で初めての変異体としてヨコヅナクマムシの色素欠損変異体を単離し、同変異体で放射線耐性能が低下していることを明らかにした。さらに、網羅的な配列解析と野生型との配列比較により変異遺伝子を明らかにするとともに、野生型に含まれる色素類の性状を明らかにした。クマムシの耐性能力について変異体解析を行った初めての成果である。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 國枝 武和
ヨコヅナクマムシの持つ高い乾燥耐性・極限環境耐性を支えるタンパク質の候補として、加熱しても凝集しないクマムシ固有のタンパク質群を初めて同定しこれらのタンパク質群が乾燥前から大量に発現していることを明らかにした。また、同様の性質を持つタンパク質が乾燥耐性の弱いクマムシにおいても存在することを見出し、その凝集温度と乾燥耐性との間に一部相関関係が見られることを明らかにした。また、放射線耐性に関わるタンパク質の候補として、クマムシのクロマチン分画を分離し、中に含まれるタンパク質群を同定した。

委員歴

 
2018年
 - 
現在
Scientific Reports  Editorial Board Member
 
2008年
 - 
現在
極限環境生物学会  学術幹事