木村 邦博

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 12:45
 
アバター
研究者氏名
木村 邦博
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/64126f032918ba5bce2ffe8c8353bc48.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 人間科学専攻 行動科学講座 行動科学分野
職名
教授

プロフィール

社会学的社会心理学を中心に、学際的な視点から、社会的態度の計量分析、社会的意思決定の数理解析、社会調査法の改善などに関する研究を行っています。
なお、私は Twitter(ツイッター)を利用していません。同姓同名の方が本名(?)でアカウントをお持ちのようですが、別人ですので、ご注意いただければ幸いに存じます。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
東北大学 大学院・文学研究科 教授
 

書籍等出版物

 
木村邦博 (担当:編者)
Melbourne: Trans Pacific Press   2011年4月   ISBN:9781920901646
木村邦博
河出書房新社   2006年8月   ISBN:4309243908
木村邦博
ミネルヴァ書房   2002年5月   ISBN:4623035166
小林淳一, 木村邦博 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   1997年4月   ISBN:4888483604
小林淳一, 木村邦博 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   1991年10月   ISBN:9784623021260

論文

 
木村邦博, 山田一成, 石阪督規, 田崎勝也, 浮谷秀一, 谷口淳一
応用心理学研究   43(2) 158-184   2017年11月   [招待有り]
Gender-Based Discrimination, Inequality and Marriage
Kunihiro Kimura
Minorities and Diversity, edited by Kunihiro Kimura. Melbourne: Trans Pacific Press.   1-14   2011年4月
Kunihiro Kimura
Discrimination in an Unequal World, edited by Miguel Angel Centeno and Katherine S. Newman. New York: Oxford University Press      2010年9月   [査読有り][招待有り]
環境汚染問題の3つのモデル-社会的ジレンマと集団規模-
木村邦博
土場学・篠木幹子(編)、個人と社会の相克-社会的ジレンマ・アプローチの可能性-(ミネルヴァ書房)   53-75   2008年3月   [招待有り]

Misc

 
木村邦博, 上原俊介
日本社会心理学会大会発表論文集   59 264-264   2018年8月
社会的分化とジニ係数
木村 邦博
社会学理論応用事典   454-455   2017年7月   [依頼有り]
木村邦博, 余田翔平
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   40 121-124   2012年9月
大山美幸, 木村邦博
日本社会心理学会大会発表論文集   47 490-491   2006年9月
長谷川聡美, 木村邦博
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   34 178-181   2006年8月

講演・口頭発表等

 
大会準備委員会企画シンポジウム4「ベイズ理論の展開」指定討論 [招待有り]
木村 邦博
日本心理学会第82回大会   2018年9月26日   日本心理学会
選択肢レイアウトはいかに回答に影響するか-階層帰属意識の測定における言語および数値ラベルの効果-
木村邦博・上原俊介
日本行動計量学会第46回大会   2018年9月6日   日本行動計量学会
予備調査の新たな形-無作為配分実験と統計的モデリング-
木村 邦博
日本行動計量学会第46回大会   2018年9月6日   日本行動計量学会
考え方の筋道の異質性を探る-数量化理論、潜在構造分析、ベイズモデリング-
木村 邦博
日本行動計量学会第46回大会   2018年9月4日   日本行動計量学会
質問紙への回答における文脈効果のメカニズム-プライミングの影響の抑制による印象操作検出の試み-
木村邦博・上原俊介
第59回日本社会心理学会大会   2018年8月29日   日本社会心理学会

その他

 
1995年
1995年社会階層と社会移動全国調査(研究会メンバー)
1985年
1985年社会階層と社会移動全国調査(研究会メンバー)