ご案内

PKC2014を勉強する会


【開催趣旨】

  暗号の研究、とりわけ公開鍵暗号の研究は、2000年代になって急速に進展しており、方
式設計のみならず、証明可能安全性、数論仮定、効率、実装、機能、応用など、さまざま
な観点からの議論が欠かせない状況になっています。
  国際暗号学会 IACR (International Association for Cryptology Research) は、暗号
の全般的な話題を扱う3つの国際会議 (CRYPTO, EUROCRYPT, ASIACRYPT) に加え、
 - PKC (International Conference on Practice and Theory of Public-Key Cryptography) 
      http://www.iacr.org/workshops/index.html#pkc
という公開鍵暗号に関連した話題にフォーカスした国際会議を主催することで、研究開発
を促進させています。


「PKC 2014 を勉強する会」は、このような公開鍵暗号研究の最先端に触れることを目的
として企画されました。講演者として、2014年3月に開催された PKC 2014 における
日本からの採録論文の著者をお招きし、研究成果を紹介頂きます。
本ワークショップへのみなさまの参加をお待ちしています。

【開催情報】 ・日時:2014年06月23日(月) 10時00分~17時00分 (9時30分開場) ・場所:インターネットイニシアティブ (IIJ) 本社 17階 大会議室1 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング http://www.iij.ad.jp/company/about/map/head-office.html ・参加費:無料
・定員:100名 (事前申込は不要ですが、満席の場合には先着順とさせていただきます)

・備考:講演は日本語または英語で行われます。当日は論文・発表スライドの

配布予定はありませんので、必要に応じて PKC 2014 予稿集を持参下さい。

【主催】 主催:神保町暗号ワークシップ実行委員会


【招待講演者】 発表順

  • 松田 隆宏(産総研
  • 西巻 陵(NTT)
  • Mehdi Tibouchi (NTT)
  • 山田 翔太(産総研)
  • 藤堂洋介(NTT)
  • 石黒司(KDDI研究所)
  • 黒澤馨(茨城大)

 【プログラム】 09:55-10:00 開会のあいさつ Session 1 10:00-10:45 Chosen Ciphertext Security via UCE Takahiro Matsuda (RISEC, AIST, Japan) 10:45-11:30 Re-encryption, functional re-encryption, and multi-hop re-encryption: A framework for achieving obfuscation-based security and instantiations from Lattices Ryo Nishimaki (NTT Secure Platform Laboratories) 11:30-12:15 Scale-Invariant Fully Homomorphic Encryption over the Integers Mehdi Tibouchi (NTT Secure Platform Laboratories) Session 2 13:45-14:30 A Framework and Compact Constructions for Non-monotonic Attribute-Based Encryption Shota Yamada (RISEC, AIST, Japan) 14:30-15:15 Practical Cryptanalysis of a Public-Key Encryption Scheme Based on New Multivariate Quadratic Assumptions Yosuke Todo (NTT Secure Platform Laboratories) Session 3 15:30-16:15 Parallel Gauss Sieve Algorithm: Solving the SVP Challenge over a 128-Dimensional Ideal Lattice Tsukasa Ishiguro (KDDI R&D Laboratories Inc., Japan) 16:15-17:00 (from CT-RSA2014) 2-Pass Key Exchange Protocols from CPA-Secure KEM Kaoru Kurosawa (Ibaraki University)

【神保町暗号ワークショップ実行委員会】

國廣 昇 (東京大学) 実行委員長
須賀 祐治 (IIJ)
伊豆 哲也 (欧州富士通研究所)

【過去の関連するワークショップ】
 

カウンタ

COUNTER2510