Kuniyuki Takahashi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2018 at 09:25
 
Avatar
Name
Kuniyuki Takahashi
E-mail
kuniyukimed.niigata-u.ac.jp
Affiliation
Niigata University
Section
Faculty of Medicine
Research funding number
40452057

Published Papers

 
Takahashi N, Mori K, Baba H, Sasaki T, Ohno M, Ikarashi F, Aizawa N, Sato K, Tsuchiya A, Hanazawa H, Tomita M, Kubota Y, Morita Y, Takahashi K, Horii A
Auris, nasus, larynx   45(5) 1041-1046   Oct 2018   [Refereed]
Yamagishi T, Yoshitake K, Kamatani D, Watanabe K, Tsukano H, Hishida R, Takahashi K, Takahashi S, Horii A, Yagi T, Shibuki K
Scientific reports   8(1) 9616   Jun 2018   [Refereed]
巨大外耳道真珠腫をきたした外耳道狭窄症に対する外耳道形成術の工夫
若杉 亮, 森田 由香, 大島 伸介, 高橋 邦行, 堀井 新
頭頸部外科   28(1) 115-120   Jun 2018
先天性外耳道狭窄症を伴う小耳症は、機能的、整容的な完治を目指すには複数回の手術が必要となる。また、外耳道狭窄症に対する外耳道形成術は、術後の再狭窄が問題となる。今回、生下時より高度精神発達遅滞があり、小耳症、外耳道狭窄症が長期にわたって放置され巨大外耳道真珠腫を形成した38歳男性例を経験した。頻回かつ長期にわたる治療は困難であったため、乳突削開術後、同部位を外瘻とし、乳突腔、外耳道を単洞化した。新規外耳道入口部の形成には再狭窄予防目的に浅側頭筋膜弁を用いた。術後2年で再狭窄は認めていない。...
Morita Y, Takahashi K, Izumi S, Kubota Y, Ohshima S, Yamamoto Y, Takahashi S, Horii A
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   38(10) 1463-1469   Dec 2017   [Refereed]
Takahashi K, Morita Y, Ohshima S, Izumi S, Kubota Y, Horii A
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   38(10) 1445-1449   Dec 2017   [Refereed]
Takahashi K, Morita Y, Ohshima S, Izumi S, Kubota Y, Yamamoto Y, Takahashi S, Horii A
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   126(7) 530-536   Jul 2017   [Refereed]
Tsukano H, Horie M, Takahashi K, Hishida R, Takebayashi H, Shibuki K
Neuroscience letters   637 26-30   Jan 2017   [Refereed]
Morita Y, Takahashi K, Izumi S, Kubota Y, Ohshima S, Horii A
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   38(1) 97-101   Jan 2017   [Refereed]
Horii A, Mitani K, Masumura C, Uno A, Imai T, Morita Y, Takahashi K, Kitahara T, Inohara H
Journal of vestibular research : equilibrium & orientation   27(4) 209-215   2017   [Refereed]
Tsukano H, Horie M, Ohga S, Takahashi K, Kubota Y, Hishida R, Takebayashi H, Shibuki K
Frontiers in neural circuits   11 39   2017   [Refereed]
Tsukano H, Horie M, Ohga S, Takahashi K, Kubota Y, Hishida R, Takebayashi H, Shibuki K
Frontiers in neural circuits   11 14   2017   [Refereed]
Baba H, Tsukano H, Hishida R, Takahashi K, Horii A, Takahashi S, Shibuki K
Scientific reports   6 34421   Sep 2016   [Refereed]
Horii A, Imai T, Kitahara T, Uno A, Morita Y, Takahashi K, Inohara H
Journal of vestibular research : equilibrium & orientation   26(3) 335-340   Jul 2016   [Refereed]
Morita Y, Yamamoto Y, Oshima S, Takahashi K, Takahashi S
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   273(5) 1155-1160   May 2016   [Refereed]
Tsukano H, Horie M, Hishida R, Takahashi K, Takebayashi H, Shibuki K
Scientific reports   6 22315   Feb 2016   [Refereed]
北澤 明子, 森田 由香, 高橋 邦行, 山本 裕, 堀井 新, 高橋 姿
耳鼻咽喉科臨床   109(2) 83-88   Feb 2016
症例は25歳女性で、初診1年前に家族から耳掃除を受けたことを契機に、両外耳道にそう痒感が出現し、両外耳道炎と診断された。点耳薬による治療で症状は速やかに軽快したが、耳掃除が癖となり頻回に行うようになった。初診3ヵ月前に、右耳痛が出現し、右外耳道腫脹と発赤を指摘され、右外耳道炎と診断された。耳掃除の禁止指示、点耳薬、抗菌薬内服による治療を受けたが右耳痛は改善せず、初診2ヵ月前に総合病院耳鼻咽喉科を紹介受診した。右外耳道下壁に肉芽腫様腫脹を指摘され、病理組織学的検査を行ったが非特異的な炎症所見...
Takahashi K, Yamamoto Y, Ogi M, Ohshima S, Morita Y, Takahashi S
Auris, nasus, larynx   42(6) 492-495   Dec 2015   [Refereed]
Tsukano H, Horie M, Bo T, Uchimura A, Hishida R, Kudoh M, Takahashi K, Takebayashi H, Shibuki K
Journal of neurophysiology   113(7) 2900-2920   Apr 2015   [Refereed]
[Clinical Study of Skull Base Osteomyelitis].
Ueki Y, Matsuyama H, Morita Y, Takahashi K, Yamamoto Y, Takahashi S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   118(1) 40-45   Jan 2015   [Refereed]
植木 雄志, 松山 洋, 森田 由香, 高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
日本耳鼻咽喉科学会会報   118(1) 40-45   Jan 2015
頭蓋底骨髄炎は、高齢糖尿病患者での緑膿菌を起炎菌とした悪性外耳道炎からの炎症波及が典型例とされてきたが、近年それらの特徴を持たない非典型例も報告されており、その病態は複雑化している。当科で治療した頭蓋底骨髄炎5症例について検討を行った。症例は全例男性で、年齢は平均75.2歳、4例で糖尿病の合併を認めた。3例は悪性外耳道炎から生じた典型例で、2例は側頭骨に異常を認めない非典型例と考えられた。起炎菌は、4例で緑膿菌が、1例でアスペルギルスが検出された。全例で強力な抗菌薬による治療を行い、2例を...
大島 伸介, 山本 裕, 森田 由香, 高橋 邦行, 高橋 姿
Otology Japan   24(5) 748-754   Dec 2014
鼓室形成術III型もしくはIV型を施行し、術後6ヵ月以上経過してから聴力評価が可能であった122名126耳を対象とし、術後聴力成績を検討した。また、過去の当科からの報告と比較検討し、30年間の推移を考案した。最近4年間のIII型、IV型の全体の聴力成績は成功率71.4%、III型75.9%、IV型62.8%であった。再建形式別ではIIIiが最も良好で、次いでIViであった。IVcがIIIi、III型全体のそれぞれに比し、有意に低かった。気骨導差15dB以内の基準では、IIIiがIIIcに比...
Morita Y, Yamamoto Y, Oshima S, Takahashi K, Takahashi S
Auris, nasus, larynx   41(5) 417-421   Oct 2014   [Refereed]
Yamamoto Y, Takahashi K, Morita Y, Ohshima S, Takahashi S
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   35(6) 961-965   Jul 2014   [Refereed]
森田 由香, 山本 裕, 大島 伸介, 高橋 邦行, 根本 美歌, 桑原 優子, 高橋 姿
Otology Japan   24(3) 181-187   Jul 2014
1991年1月から2009年12月までの11年間に当科で初回手術を施行した弛緩部型真珠腫は238耳、緊張部型真珠腫は60耳であった。術式選択について、弛緩部型、緊張部型ともに外耳道後壁削除型鼓室形成術・乳突腔充填術が最も多く、いずれも約70%を占めていた。またStage別では、Stage Iでは、経外耳道的上鼓室開放術や外耳道後壁保存型鼓室形成術の割合が多く、一方弛緩部型のStage IIIでは、約30%でopen法を選択していた。術後12ヵ月の聴力成績は、弛緩部型が77%に対し、緊張部型...
Yamamoto Y, Takahashi K, Morita Y, Ohshima S, Takahashi S
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   35(3) 449-453   Mar 2014   [Refereed]
Takahashi K, Yamamoto Y, Ohshima S, Morita Y, Takahashi S
Auris, nasus, larynx   41(1) 93-96   Feb 2014   [Refereed]
山本 裕, 森田 由香, 高橋 邦行, 大島 伸介, 高橋 姿
Otology Japan   23(5) 821-826   Dec 2013
耳硬化症に対するアブミ骨手術再手術症例12名12耳を対象とし、初回手術の術式、再手術までの経過、再手術時の術中所見、再手術後の経過を検討した。初回手術では全例で人工耳小骨が使用されており、再手術時の術中所見でピストンのループ部の拡大を2耳に、キヌタ骨長脚の変形を8耳に、アブミ骨底板開窓部の骨性閉鎖を4耳に認めた。キヌタ骨長脚の変形は長脚内側部分に多く認められた。初回手術では人工耳小骨の適切な選択と締結が必要となるが、特にキヌタ骨への粘膜血流が多いとされる長脚内側部分へループ部の過度な圧力が...
Yamamoto Y, Takahashi K, Morita Y, Takahashi S
Acta oto-laryngologica   133(10) 1035-1039   Oct 2013   [Refereed]
MORITA Yuka, YAMAMOTO Yutaka, OSHIMA Shinsuke, TAKAHASHI Kuniyuki, NEMOTO Mika, KUWABARA Yuko, TAKAHASHI Sugata
Otology Japan   23(3) 248-255   Jul 2013
In recent years there has been an increase in reports of patients with refractory otitis media due to ANCA associated vasculitis. We have studied the clinical analysis of ANCA associated vasculitis with otitis media which we have experienced rece...
MORITA Yuka, YAMAMOTO Yutaka, OSHIMA Shinsuke, TAKAHASHI Kuniyuki, NEMOTO Mika, KUWABARA Yuko, TAKAHASHI Sugata
Otology Japan   23(2) 113-117   May 2013
Patients with the pars flaccida cholesteatoma and the pars tensa cholesteatoma who underwent initial surgery in our institute were classified based on the Classification and Staging of Cholesteatoma proposed by the Japan Otological Society in 2010...
Honma Y, Tsukano H, Horie M, Ohshima S, Tohmi M, Kubota Y, Takahashi K, Hishida R, Takahashi S, Shibuki K
PloS one   8(7) e68113   2013   [Refereed]
YAMAMOTO Yutaka, MORITA Yuka, TAKAHASHI Kuniyuki, TAKAHASHI Sugata
Otology Japan   22(5) 878-885   Dec 2012
Clinical features of 59 ears of congenital cholesteatoma were evaluated and the surgical strategy for the disease was discussed. In cases of the tymapanic cavity type, lesion was observed mainly in upper part of the tympanic cavity, especially in...
MORITA Yuka, YAMAMOTO Yutaka, OSHIMA Shinsuke, TAKAHASHI Kuniyuki, NEMOTO Mika, KUWABARA Yuko, TAKAHASHI Sugata
Otology Japan   21(2) 126-131   May 2011
A 64-year-old man presented with bilateral hearing impairment and vertigo since he was 24 years of age. He was treated as Méniere's disease, but the treatment was not effective. Blue sclera was noted and the patient was also suffered from...
TAKAHASHI Kuniyuki, YAMAMOTO Yutaka, OHSHIMA Shinsuke, MORITA Yuka, NEMOTO Mika, KUWABARA Yuko, TAKAHASHI Sugata
Otology Japan   21(1) 23-28   Feb 2011
The shape of an audiogram provides highly useful informations for diagnosing patients with hearing loss. However, any specific audiometric patterns of acoustic neuromas have rarely been described. We investigated the audiometric patterns of 105 ...
Ohshima S, Tsukano H, Kubota Y, Takahashi K, Hishida R, Takahashi S, Shibuki K
Neuroscience research   67(1) 51-58   May 2010   [Refereed]
Hashimoto S, Takahashi K, Satoh H, Ishioka K, Ono M, Nomura T, Miyajima H, Takahashi S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   113(1) 15-19   Jan 2010   [Refereed]
橋本 茂久, 高橋 邦行, 佐藤 裕子, 石岡 孝二郎, 大野 雅昭, 野村 智幸, 宮島 宏美, 高橋 姿
日本耳鼻咽喉科学会会報   113(1) 15-19   Jan 2010
鼻副鼻腔内反性乳頭腫の2例において、CT、MRI画像および両者を重ね合わせたフュージョン画像をナビゲーションシステムで使用した。術前にワークステーション上で3種類の画像を作成し、手術操作の内容や部位に応じて必要な画像を即座に表示できるよう準備した。前頭骨削開ではCT画像が、腫瘍基部の推測とアプローチの決定にはMRI(またはMRI強調フュージョン)画像が、前頭蓋底骨欠損部位ではフュージョン画像が手術遂行の際に有用であった。この経験から、フュージョン画像を含めた3種類の画像を用意し、ナビゲーシ...
TAKAHASHI Kuniyuki, HASHIMOTO Shigehisa, SATO Hiroko, ISHIOKA Kojiro, ONO Masaaki, NOMURA Tomoyuki, OBATA Masafumi, MIYAJIMA Hiromi, TAKAHASHI Sugata
Practica Oto-Rhino-Laryngologica   102(7) 565-569   Jul 2009
Isolated sphenoid sinusitis is rare and difficult to diagnose. The difficulty arises because it is located in the deepest part of the nasal sinuses and the associated inflammation does not lead to typical symptoms of sinusitis. There are many impo...
Tohmi M, Takahashi K, Kubota Y, Hishida R, Shibuki K
Journal of neurochemistry   109 Suppl 1 3-9   May 2009   [Refereed]
Flavoprotein Fluorescence Imaging of Experience-Dependent Cortical Plasticity in Rodents
Shibuki K, Hishida R, Tohmi M, Takahashi K, Kitaura H, Kubota Y, Frostig RD
   2009   [Refereed]
Kubota Y, Kamatani D, Tsukano H, Ohshima S, Takahashi K, Hishida R, Kudoh M, Takahashi S, Shibuki K
Neuroscience research   60(4) 422-430   Apr 2008   [Refereed]
TAKAHASHI Kuniyuki, YAMAMOTO Yutaka, TAKAHASHI Sugata, SEKIHARA Yoshio, ABE Hiroshi
Practica Oto-Rhino-Laryngologica   100(12) 1027-1031   Dec 2007
A case of subarachnoid hemorrhage due to vertebral artery dissection after direct laryngoscopy is reported. The patient, a healthy 61-year-old man with hoarseness, was treated for vocal cord polyp with laryngomicrosurgery. After surgery, he compla...
橋本 茂久, 森田 由香, 高橋 邦行, 根本 美歌, 桑原 優子, 山本 裕, 高橋 姿
Otology Japan   17(5) 677-680   Dec 2007
35歳女。幼少時より右耳漏を反復し、8年前に癒着性中耳炎の診断で乳突充填型鼓室形成術を施行したが、以後2回右耳漏が出現した。深部外耳道後上方に肉芽組織を認め、生検で炎症細胞浸潤を伴った中枢神経組織がみられた。CTでは中頭蓋窩に円形の骨欠損と同部位から上鼓室、外耳道に至る軟部組織陰影を認め、MRIでは側頭葉底から骨欠損部位を経由して側頭骨内へ逸脱する脳実質を認めた。以上より側頭骨内髄膜脳瘤と診断した。感染コントロールは困難で、二期的手術を計画した。一次手術では側頭開頭後に頭蓋底の骨欠損と同部...
橋本 茂久, 山本 裕, 森田 由香, 高橋 邦行, 根本 美歌, 桑原 優子, 高橋 姿
Otology Japan   17(2) 124-127   May 2007
1999〜2003年の5年間に著者等が接着法により鼓膜形成術を施行し術後1年以上経過観察し得た116症例133耳(男性50例57耳・女性66例76耳、9〜79歳・平均45歳)を対象に治療成績について検討した。疾患の内訳は手術時耳漏がみられない慢性中耳炎82耳・手術時耳漏がみられた慢性中耳炎9耳・中耳炎術後症23耳・鼓膜換気チューブ脱落後の鼓膜穿孔13耳・外傷性鼓膜穿孔6耳であった。その結果、術後6ヵ月の穿孔閉鎖率は88%(117耳)、術後12ヵ月後の閉鎖率は77%(102耳)であり、術後に...
Takahashi K, Hishida R, Kubota Y, Kudoh M, Takahashi S, Shibuki K
The European journal of neuroscience   23(5) 1365-1376   Mar 2006   [Refereed]
IKEDA Kensuke, KITAMURA Hiroki, TAKAHASHI Kuniyuki, TOHMI Manavu, SHIBUKI Katsuei
Niigata medical journal   119(5) 303-311   May 2005
脳組織の緑色自家蛍光の多くはミトコンドリアのフラビン蛋白に由来し,活動依存的に変化する.またマウス頭蓋骨は透明度が高いので大脳皮質の経頭蓋的な自家蛍光イメージングが可能である.本研究はこの方法を用い,マウスの尾の切断に伴う一次体性感覚野の機能マップ可塑性の解析を行った.生後1-2日のC57BL/6マウスの尾をエーテル麻酔下に切断し,体性感覚野の脳活動の記録を8-13週齢の時点で行った.刺激は後肢,及び残存する尾の根元部分に綿棒を介して振動刺激を50ヘルツで1秒間加えた.冷却CCDカメラで青...
Takahashi K, Yamamoto Y, Sato K, Sato Y, Takahashi S
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   26(1) 105-108   Jan 2005   [Refereed]
WATANABE Jun, KAWASAKI Masaru, KABEYA Masayuki, TAKAHASI Kuniyuki
Practica oto-rhino-laryngologica   97(11) 1015-1020   Nov 2004
深頸部膿瘍から縦隔膿瘍を併発した2例を経験した.症例1(16歳男性).近医で左下顎臼歯の治療を受けたところ,翌日より左下顎部腫脹が生じたため受診となった.造影CT所見より左頬部蜂窩織炎,左深頸部膿瘍と診断し,抗生剤投与を行ったが左頸部腫脹が改善せず,切開排膿術を行ったところ炎症は遷延し,胸痛,呼吸苦の出現した.CTで深頸部膿瘍の増悪と縦隔への進展を認め,顎下部および縦隔ドレナージを施行し,その後,上頸部膿瘍の悪化で頸部ドレナージを行い,以後は順調に所見は改善した.症例2(57歳女性).急性...
高脂血症性めまいの2症例 フェノフィブラートと高脂血症
川崎 克, 高橋 邦行, 壁谷 雅之
新薬と臨牀   52(5) 687-690   May 2003
高脂血症が椎骨脳底動脈循環不全症(VBI)の修飾因子と考えられ,めまいを発症し,fenofibrateの長期投与により症状の改善した2症例(症例1:58歳女,症例2:34歳男)について報告した.2症例とも重大な副作用もなく,症例1は300mg/day,症例2は150mg/dayの投与でVBIの症状,血清脂質値ともに改善が認められた
【変わりつつある感染症】 齲歯が原因と考えられた頸部縦隔膿瘍の1例
川崎 克, 壁谷 雅之, 高橋 邦行, 小池 正, 大山 登喜男, 大西 真, 富樫 賢一, 佐藤 良智, 平原 浩幸
長岡赤十字病院医学雑誌   15(1) 13-18   Sep 2002
16歳男.歯性感染症から頸部縦隔膿瘍をきたした.膿瘍の起炎菌は溶連菌と嫌気性菌であるPrevotellaであった.本症例は頬隙,顎下隙から前頸隙を通り,前縦隔に炎症が及んだものと考えられた.カルバペネム系抗生物質とCLDM併用を行い,発症48時間以内に顎下部の切開排膿を行ったが,顎下部の切開排膿だけでは軽快せず,縦隔まで炎症が波及し,胸部外科の開胸による縦隔ドレナージの時に,頸部の広範囲なドレナージは行われず,頸部膿瘍が再燃した.膿瘍の全経路で広範囲なドレナージが重要であると考えられた
TAKAHASHI Kuniyuki, KAWASAKI Masaru
Practica Oto-Rhino-Laryngologica   95(6) 617-621   Jun 2002
otogenic and rhinogenic intracranial complications have been reported, but it is very rare that intracranial complications from acute suppurative parotitis develop. We report a case of a brain abscess secondary to acute suppurative parotitis. A 71...
高橋 邦行, 山本 裕, 橋本 茂久, 高橋 姿
耳鼻咽喉科臨床   94(5) 417-420   May 2001
3歳男児,8歳男児.鼓膜切開を契機に発見された先天性中耳真珠腫の2症例を報告した.2例とも当初先天性中耳真珠腫は疑われず,反復する急性中耳炎,長期化する滲出性中耳炎として耳鼻咽喉科で加療を受けていた.鼓膜切開時の詳細な局所観察,特に中耳腔内の観察は重要であると思われた

Misc

 
【側頭骨疾患の困難症例-診断と治療のコツと工夫】 外耳道病変 悪性外耳道炎
高橋 邦行
JOHNS   34(1) 23-29   Jan 2018
【"めまい"診断の落とし穴-落ちないための心得-】 聴神経腫瘍
高橋 邦行
ENTONI   (214) 42-47   Jan 2018
聴神経腫瘍は内耳道、小脳橋角部に発生する良性腫瘍であり、近年小腫瘍もみつかるようになってきている。90%の患者は難聴、耳鳴などの蝸牛症状で発症するが、めまいを主訴とするものも10%程度存在する。自験例では、既往も含めると34%の患者でめまいを自覚している。症状は緩徐な発症のものばかりではなく、39%が突発的に発症する。純音聴力検査では95%に難聴がみられ、特に谷型難聴には注意を要する。カロリックテストでは60〜70%程度、cVEMPでは80%程度の患者で異常がみられるが、前庭代償によりめま...
【手術に必要な画像診断-耳編】 中耳腫瘍手術
高橋 邦行, 堀井 新
JOHNS   33(6) 757-762   Jun 2017
【診断に苦慮した耳鼻咽喉科疾患-私が経験した症例を中心に-】 側頭骨錐体部の骨破壊病変
小泉 博美, 山本 裕, 高橋 邦行, 小島 博己
ENTONI   (205) 19-24   Apr 2017
錐体部は内耳骨包の内側の側頭骨最深部で位置する。錐体部の病変はある程度の大きさになるまで症状が出にくく、偶然発見される例も多い。病変が周辺臓器に波及すると感音難聴、顔面神経麻痺、めまいや平衡障害などが出現する。診断にはCT、MRIによる画像診断が重要である。今回、錐体部の骨破壊を呈する症例を経験した。鑑別を要する疾患としては、真珠腫、コレステリン肉芽腫、錐体尖炎、頭蓋底骨髄炎、錐体斜台部髄膜腫などが挙げられる。錐体部の正常変異も含めたCT、MRIの画像学的特徴を熟知し、臨床症状や検査所見も...
堀井 新, 森田 由香, 高橋 邦行
小児科   57(12) 1447-1452   Nov 2016
小児のめまいは、成人のそれに比べて症例数が圧倒的に少ないこと、めまいの診断には問診が重要であるが、低年齢の患児では十分に行えないことなど、診療に困難を伴うことも少なくない。小児めまいの原因疾患、良性発作性めまい、前庭片頭痛、年齢別の好発疾患、小児めまい症例における聴力検査・平衡機能検査、小児めまいの診断アルゴリズム、について解説した。
【私はこうしている-耳科手術編】 耳科手術全般 感染耳に対する工夫と注意
高橋 邦行, 堀井 新
JOHNS   32(9) 1135-1138   Sep 2016
【心へのアプローチ-心療耳鼻咽喉科外来】 心因性めまい Barany学会の新分類を中心に
堀井 新, 宮尾 益道, 森田 由香, 泉 修司, 窪田 和, 高橋 邦行, 大島 伸介
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87(11) 884-890   Oct 2015
<POINT>Barany学会が作成した精神疾患が関与するめまいの新分類を紹介した。このなかでは不安症とうつを中心に9つの病態が定義されているが,精神疾患が引き起こすめまいだけでなく,逆に前庭疾患により2次的に精神疾患を発症した病態も区別して明記された。これは,器質的前庭疾患を治療する際には,2次的に生じた精神疾患にも十分配慮すべきであることを示唆している。めまい患者ではうつや不安の程度とめまいの自覚症状には相関があり,抗うつ・抗不安両作用のあるSSRI投与は精神症状のみならずめまいの自覚...
【めまい】 前庭神経炎
堀井 新, 宮尾 益道, 森田 由香, 泉 修司, 窪田 和, 高橋 邦行, 大島 伸介
医学と薬学   72(8) 1343-1348   Jul 2015
山本 裕, 森田 由香, 高橋 邦行, 大島 伸介, 高橋 姿
Otology Japan   24(5) 811-815   Dec 2014
中耳真珠腫進展度分類を用いた多施設共同研究のデータから、二次性真珠腫の臨床像を分析し、取扱いの問題点について考察した。二次性真珠腫の手術症例は全真珠腫の約4%、後天性真珠腫の約5%の割合で存在していた。本症を他の真珠腫と比較すると、女性に多い、手術時年齢が高い、乳突蜂巣発育の高度抑制症例が少ない、アブミ骨の破壊度が高度である、複雑な進展経路を持つなどの特徴がみられた。二次性真珠腫は独立した真珠腫の病態として少なからず存在するため、他の真珠腫と明確に区別して取り扱うべきである。また独特の進展...
【鼓膜形成術-私はこうしている-】 鼓膜形成素材の特性
山本 裕, 高橋 邦行, 高橋 姿
ENTONI   (171) 16-18   Sep 2014
種々の鼓膜形成素材に関して、その特性や使用法を過去の報告から検討した。筋膜は再建素材として最も使用頻度が多い。採取が容易で高い穿孔閉鎖率が得られいずれの術式でも用いることが可能である。筋膜上の疎性結合組織は、筋膜に比し薄いが組成が鼓膜固有層に類似し吸収されにくいという特徴を持つ。軟骨膜は穿孔閉鎖率や術後の聴力成績は筋膜と同等である。採取操作はやや繁雑だが、他の再建用に採取した軟骨から、同時に確保することもできる。脂肪は小穿孔症例、小児症例への有用性が高い。また採取は容易で皮下のどの部分から...
【こんなときどうする】 耳科学・聴覚領域 MRSAによる耳漏が止まらない!
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
JOHNS   30(9) 1121-1123   Sep 2014
【治療アルゴリズムにそった小児滲出性中耳炎の取り扱い】 鼓膜換気チューブ留置術 チューブの選択と適応
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
JOHNS   30(1) 69-73   Jan 2014
山本 裕, 高橋 邦行, 森田 由香, 高橋 姿
Otology Japan   23(5) 893-897   Dec 2013
鼓室型先天性真珠腫に対する内視鏡下手術の適応について、顕微鏡下手術と比較検討しながら考察した。内視鏡下手術では広い視野と鮮明な画像を低侵襲に得ることが可能である。一方、両手操作が困難なこと、術野の追加拡大が困難なことなどが短所となる。鼓室型先天性真珠腫の約6割は中・下鼓室に限局しており、その部位は中鼓室上方が下方の3倍以上を占めていた。上鼓室、乳突腔への進展経路は、鼓膜張筋腱の前方経由、後方経由、そして鼓室洞経由の3種が考えられた。現状では中・下鼓室に限局した症例は内視鏡下手術の良い適応と...
【難治性外耳疾患の診断と治療】 外耳道真珠腫
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
ENTONI   (159) 46-50   Oct 2013
広義の外耳道真珠腫は、閉塞性角化症と、狭義の外耳道真珠腫に分けられ、両者は異なる疾患と考えられている。閉塞性角化症は、外耳道全周性に角化物が堆積、拡大する疾患であるが、一般に骨病変はみられない。一方、狭義の外耳道真珠腫は、限局性に角化物の堆積がみられ、限局性骨膜炎から骨破壊、腐骨の形成がみられる疾患である。いずれの成因も諸説があるが、外耳道皮膚のmigration障害が関連している可能性が高い。診断は外耳道局所所見とともに、側頭骨CTにより行う。特に外耳道真珠腫は、外耳道下壁に生じることが...
Takahashi Kuniyuki
新潟医学会雑誌   127(9) 476-481   Sep 2013
The central auditory pathway is more complicated than the visual and somatosensory pathways. First, sound information is received in the external and middle ear, and is transformed from an oscillating motion into electrical signals in the cochlea....
難聴治療への取組 聴覚中枢のメカニズムとその障害
高橋 邦行
新潟医学会雑誌   127(9) 476-481   Sep 2013
疾患と病態生理 コレステリン肉芽腫
森田 由香, 山本 裕, 大島 伸介, 高橋 邦行, 高橋 姿
JOHNS   29(8) 1351-1355   Aug 2013
症例をどうみるか 術前診断にMRIが有用であった先天性真珠腫症例
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
JOHNS   29(6) 1077-1081   Jun 2013
山本 裕, 森田 由香, 高橋 邦行, 高橋 姿
Otology Japan   22(5) 878-885   Dec 2012
先天性真珠腫初回手術症例59名59耳の臨床的特徴を発生部位別に検討し治療方針について考察した。鼓室型(54耳)の病変は鼓室上方、特に後上象限に多く認められた。乳突非削開で摘出した症例は28耳で、うち9耳は外耳道内切開で摘出し得た。鼓室内に限局した症例は外耳道内切開法のよい適応となると考えられた。乳突削開術を要した症例は26耳で、1耳を除き外耳道後壁を保存しつつ摘出可能であった。上鼓室、乳突腔進展がある症例は外耳道後壁保存型乳突削開術を適応すべきと思われた。錐体部真珠腫(3耳)は内耳障害を併...
【耳鼻咽喉科外用薬update】 慢性中耳炎の外用薬治療
山本 裕, 高橋 邦行, 高橋 姿
ENTONI   (140) 9-13   May 2012
中耳腔は鼓膜により外耳道と隔てられているため、通常は外耳道を経由しての感染は生じない。しかしこのバリア機能が鼓膜の穿孔、癒着などで破綻すると、外耳道を経由して中耳腔に感染が生じ慢性中耳炎は成立する。一方、本症では外耳道を経由して高濃度の外用薬を病巣である中耳腔に直接送達させることができる。点耳抗菌薬は、適切に使用すれば経口抗菌薬の100倍以上の耳漏中濃度を得ることができ、中耳粘膜への移行性も良好なため極めて高い効果を発揮する。点耳ステロイド薬は直接病巣に到達することにより強い抗炎症作用を発...
【手術適応の決定と術前検査】 手術適応と術前検査 慢性中耳炎、鼓膜穿孔
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
JOHNS   28(4) 603-606   Apr 2012
【私の処方箋】 耳科学領域 慢性中耳炎・急性増悪
高橋 邦行, 山本 裕, 高橋 姿
JOHNS   27(9) 1318-1320   Sep 2011
症例をどうみるか 後頭蓋窩に進展した巨大コレステリン肉芽腫症例
山本 裕, 宮尾 益道, 高橋 邦行, 森田 由香, 高橋 姿
JOHNS   26(12) 1993-1996   Dec 2010
58歳男。2ヵ月前より左難聴を自覚し、左低音障害型感音難聴の診断で加療を受けたが軽快せず、ふらつきも出現した。MRIで左乳突部から後頭蓋窩に進展し、小脳を硬膜外から圧迫するT1・T2強調像高信号の領域を認め、内部には低信号領域が存在した。右乳突部にはT1・T2強調像高信号、T1脂肪抑制低信号の脂肪髄所見を認めた。手術を施行し、左耳後部切開で乳突外側面を露出したところ、皮質骨の一部が欠損しており褐色の貯留液が排出された。乳突腔を開放したところ、隔壁を有する40mm大の嚢胞を末梢側に認め、嚢胞...
高橋 姿, 高橋 邦行, 窪田 和, 大島 伸介, 澁木 克栄
耳鼻咽喉科展望   51(2) 74-81   Apr 2008
フラビン蛋白蛍光イメージング法を応用してマウスの大脳聴覚野の音刺激に対する反応を観察した。本法は内因性信号反応よりも反応のピークが早く、強さが強く、反応領域の境界が明瞭であった。本法で得られた音の周波数マップは、従来の電気生理学的手法を多数回反復して得られた周波数マップと一致した。音の振幅変調パターンにより前聴覚野の反応が異なり、一次聴覚野では反応に変化は認めなかった。環境音曝露により周波数依存性の聴覚野の可塑的変化を認め、特に一次聴覚野では反応が強く、前聴覚野では変化を認めなかった。