黒田寛

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/25 15:22
 
アバター
研究者氏名
黒田寛
 
クロダ ヒロシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30531107.ja.html
所属
国立研究開発法人水産研究・教育機構北海道区水産研究所
部署
生産環境部
職名
主任研究員
学位
博士(工学)(愛媛大学)
科研費研究者番号
30531107
ORCID ID
0000-0002-9659-2551

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
国立研究開発法人水産研究・教育機構
 
2006年
 - 
2015年
独立行政法人水産総合研究センター
 
2003年
 - 
2005年
愛媛大学沿岸環境科学研究センター 日本学術振興会特別研究員DC1
 

受賞

 
2018年3月
水産海洋学会 2018年度水産海洋学会論文賞
 
2010年10月
北太平洋海洋科学機構 (PICES) ベストプレゼンテーション賞(POC)
 
2009年6月
日仏海洋学会 日仏海洋学会論文賞
 

論文

 
Kuroda Hiroshi, Toya Yuko, Watanabe Tsuyoshi, Nishioka Jun, Hasegawa Daisuke, Taniuchi Yukiko, Kuwata Akira
PROGRESS IN OCEANOGRAPHY   175 328-344   2019年7月   [査読有り]
Aoki Kazuhiro, Kuroda Hiroshi, Setou Takashi, Okazaki Makoto, Yamatogi Toshifumi, Hirae Sou, Ishida Naoya, Yoshida Kenji, Mitoya Yuuki
ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE   219 14-23   2019年4月   [査読有り]
Sildever Sirje, Jerney Jacqueline, Kremp Anke, Oikawa Hiroshi, Sakamoto Setsuko, Yamaguchi Mineo, Baba Katsuhisa, Mori Akihiro, Fukui Toshinori, Nonomura Takumi, Shinada Akiyoshi, Kuroda Hiroshi, Kanno Nanako, Mackenzie Lincoln, Anderson Donald M., Nagai Satoshi
HARMFUL ALGAE   84 64-74   2019年4月   [査読有り]
Kaneko Hitoshi, Okunishi Takeshi, Seto Takashi, Kuroda Hiroshi, Itoh Sachihiko, Kouketsu Shinya, Hasegawa Daisuke
FISHERIES OCEANOGRAPHY   28(2) 212-227   2019年3月   [査読有り]
Takasuka Akinori, Nyuji Mitsuo, Kuroda Hiroshi, Oozeki Yoshioki
FISHERIES RESEARCH   210 175-180   2019年2月   [査読有り]
Oozeki Yoshioki, Niquen Carranza Miguel, Takasuka Akinori, Ayon Dejo Patricia, Kuroda Hiroshi, Tam Malagas Jorge, Okunishi Takeshi, Vasquez Espinoza Luis, Gutierrez Aguilar Dimitri, Okamura Hiroshi, Guevara Carrasco Renato
DEEP-SEA RESEARCH PART II-TOPICAL STUDIES IN OCEANOGRAPHY   159 11-21   2019年1月   [査読有り]
Aoki Kazuhiro, Yamamoto Toshihiro, Fukuda Nobuto, Yokouchi Kazuki, Kurogi Hiroaki, Setou Takashi, Kuroda Hiroshi, Kameda Takahiko, Takafuji Kazuhiro, Tokeshi Tsutomu
FISHERIES SCIENCE   84(5) 787-788   2018年9月   [査読有り]
Karaki Tatsuro, Mitsudera Humio, Kuroda Hiroshi
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   74(4) 339-350   2018年8月   [査読有り]
Kakehi Shigeho, Naiki Kimiaki, Kodama Takuya, Wagawa Taku, Kuroda Hiroshi, Ito Shin-Ichi
FISHERIES OCEANOGRAPHY   27(4) 323-335   2018年7月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Yokouchi Katsumi
FISHERIES OCEANOGRAPHY   26(4) 439-454   2017年7月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Wagawa Taku, Kakehi Shigeho, Shimizu Yugo, Kusaka Akira, Okunishi Takeshi, Hasegawa Daisuke, Ito Shin-ichi
DEEP-SEA RESEARCH PART I-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS   121 95-109   2017年3月   [査読有り]
Takasuka Akinori, Tadokoro Kazuaki, Okazaki Yuji, Ichikawa Tadafumi, Sugisaki Hiroya, Kuroda Hiroshi, Oozeki Yoshioki
DEEP-SEA RESEARCH PART I-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS   120 132-137   2017年2月   [査読有り]
Recent advances in Japanese fisheries science in the Kuroshio-Oyashio region through development of the FRA-ROMS ocean forecast system: Overview of the reproducibility of reanalysis products
黒田寛
Open Journal of Marine Science   7 62-90   2017年1月   [査読有り]
藤井 陽介, 五十嵐 弘道, 宮澤 泰正, 豊田 隆寛, 干場 康博, 増田 周平, 石川 洋一, 碓氷 典久, 黒田 寛, 高山 勝巳, 蒲地 政文, 広瀬 直毅, 望月 崇, 瀬藤 聡, 美山 透, 広瀬 成章, 長船 哲史, 韓 修妍
海の研究   26(2) 15-43   2017年
<p>第2 回世界気象機関(WMO)大気・海洋データ同化シンポジウムが東京で開催され,それをきっかけにデータ同化夏の学校が開始されたのは1995年のことである。それから20年あまりの間に,日本における海洋データ同化の研究は,黒潮大蛇行の予測の成功や4次元変分法大気海洋結合データ同化システムの開発など,世界に伍する成果を上げてきた。そして現在では,海況予測等を目的とした海洋データ同化システムが現業的に運用され,そのプロダクト(あるいは,海洋再解析データ)が,海洋・気候研究の他,漁業や防災,沿...
Wagawa Taku, Tamate Tsuyoshi, Kuroda Hiroshi, Ito Shin-Ichi, Kakehi Shigeho, Yamanome Takeshi, Kodama Takuya
FISHERIES OCEANOGRAPHY   25(6) 598-609   2016年11月   [査読有り]
Aoki Kazuhiro, Shimizu Manabu, Kuroda Hiroshi, Yamatogi Toshifumi, Ishida Naoya, Kitahara Shigeru, Hirano Keiji
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   72(5) 811-816   2016年10月   [査読有り]
Takasuka Akinori, Nishikawa Kirara, Kuroda Hiroshi, Okunishi Takeshi, Shimizu Yugo, Sakaji Hideo, Ito Shin-Ichi, Tokai Tadashi, Oozeki Yoshioki
FISHERIES OCEANOGRAPHY   25(4) 390-406   2016年7月   [査読有り]
Spatial distribution of Sargassum siliquastrum and S. boreale on Rebun and Rishiri Island, Hokkaido, Japan.
黒田寛
Algal Resources   9 77-86   2016年5月   [査読有り]
水中グライダーによる沿岸海洋観測の可能性
伊藤進一・有馬正和・市川雅明・青木 茂・奥西 武・筧 茂穂・長谷川大介・和川 拓・安田一郎・田中雄大・黒田 寛・清水勇吾
沿岸海洋研究   53 125-133   2016年   [査読有り]
Wagawa Taku, Kuroda Hiroshi, Ito Shin-ichi, Kakehi Shigeho, Yamanome Takeshi, Tanaka Kazushi, Endoh Yuki, Kaga Shinnosuke
CONTINENTAL SHELF RESEARCH   103 12-22   2015年7月   [査読有り]
Aoki Kazuhiro, Onitsuka Goh, Shimizu Manabu, Kuroda Hiroshi, Matsuo Hitoshi, Kitadai Yuuki
FISHERIES SCIENCE   81(3) 525-532   2015年5月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Wagawa Taku, Shimizu Yugo, Ito Shin-ichi, Kakehi Shigeho, Okunishi Takashi, Ohno Sosuke, Kusaka Akira
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   120(4) 2504-2522   2015年4月   [査読有り]
黒潮内側域における冬季混合層の変動特性と栄養塩供給過程
黒田 寛・高須賀明典・広田 祐一・青木一弘・瀬藤 聡
沿岸海洋研究   53 3-9   2015年   [査読有り]
八代海におけるChattonella赤潮の時空間変動
青木一弘・鬼塚 剛・清水 学・黒田 寛(
沿岸海洋研究   53 39-45   2015年   [査読有り]
青木 一弘・杉松 宏一・黒田 寛・瀬藤 聡・八木 宏・筧 茂穂・長谷川大介・伊藤進一
土木学会論文集B2(海岸工学)   71(421) 426   2015年   [査読有り]
Takasuka Akinori, Kuroda Hiroshi, Okunishi Takeshi, Shimizu Yugo, Hirota Yuichi, Kubota Hiroshi, Sakaji Hideo, Kimura Ryo, Ito Shin-Ichi, Oozeki Yoshioki
FISHERIES OCEANOGRAPHY   23(4) 304-321   2014年7月   [査読有り]
赤羽 敬子, 黒田 寛, 高橋 大介, Hiroko Akabane, Hiroshi Kuroda, Daisuke Takahashi, 千葉県水産総合研究センター:(現)独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所, 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所, 東北大学大学院農学研究科, Chiba Prefectural Fisheries Research Center, Hokkaido National Fisheries Research Institute Fisheries Research Agency, Graduate School of Agricultural Science Faculty Tohoku University
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   23(3) 73-86   2014年5月
房総半島東岸沖で発生する急潮の特性を理解するために,2010年3月からの約1年間,房総半島東岸沖の陸棚上(水深60m)において係留流速観測(設置水深10mと35m)を実施した。流速記録では,岸に沿う北東-南西成分が卓越し,50cm/s以上の強流が9回観測された。このうち8回の強流は,沖を流れる黒潮とは逆向きの南西向流であった。南西向きの強流のうち,3回の強流発生時には,低気圧の通過にともなう北風の連吹と沿岸水位の上昇および水位極大の伝播がみられ,これらの強流が既往の研究で指摘されている風励...
Aoki Kazuhiro, Onitsuka Goh, Shimizu Manabu, Kuroda Hiroshi, Matsuo Hitoshi, Kitadai Yuuki, Sakurada Kiyonari, Ando Hidenori, Nishi Hiromi, Tahara Yoshio
MARINE POLLUTION BULLETIN   81(1) 131-139   2014年4月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Takahashi Daisuke, Mitsudera Humio, Azumaya Tomonori, Setou Takashi
FISHERIES SCIENCE   80(2) 127-138   2014年3月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Hirota Yuichi, Setou Takashi, Aoki Kazuhiro, Takahashi Daisuke, Watanabe Tomowo
OCEAN DYNAMICS   64(1) 47-60   2014年1月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Setou Takashi, Aoki Kazuhiro, Takahashi Daisuke, Shimizu Manabu, Watanabe Tomowo
CONTINENTAL SHELF RESEARCH   53 50-62   2013年2月   [査読有り]
Aoki Kazuhiro, Onitsuka Goh, Shimizu Manabu, Kuroda Hiroshi, Matsuyama Yukihiko, Kimoto Katsunori, Matsuo Hitoshi, Kitadai Yuuki, Sakurada Kiyonari, Nishi Hiromi, Tahara Yoshio
ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE   114 148-155   2012年12月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Isoda Yutaka, Takeoka Hidetaka, Kuma Kenshi, Honda Satoshi, Matsuura Hiromi, Saitoh Yukiyo, Takata Hyoe, Iwade Shoei, Wagawa Taku, Kobayashi Naoto
CONTINENTAL SHELF RESEARCH   32 36-46   2012年1月   [査読有り]
三河湾におけるミズクラゲの輸送過程に関する数値的研究
青木一弘・清水 学・黒田 寛・豊川雅哉・山田 智
水産海洋研究   76 9-17   2012年   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Shimizu Manabu, Setou Takashi
CONTINENTAL SHELF RESEARCH   30(2) 152-162   2010年2月   [査読有り]
FVCOMを用いた沿岸海洋モデリング
青木一弘・清水 学・黒田 寛・瀬藤 聡
沿岸海洋研究   47(107) 112   2010年   [査読有り]
Saitoh Yukiyo, Kuma Kenshi, Isoda Yutaka, Kuroda Hiroshi, Matsuura Hiromi, Wagawa Taku, Takata Hyoe, Kobayashi Naoto, Nagao Seiya, Nakatsuka Takeshi
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   64(6) 815-830   2008年12月   [査読有り]
赤羽 敬子, 磯田 豊, 三宅 秀男, 高橋 大介, 木戸 和男, 黒田 寛, 東屋 知範, Hiroko Akabane, Yutaka Isoda, Hideo Miyake, Daisuke Takahashi, Kazuo Kido, Hiroshi Kuroda, Tomonori Azumaya, 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所, 北海道大学大学院水産科学研究院, 北海道大学大学院水産科学研究院, 名古屋大学地域水循環研究センター, 北海道立地質研究所, 独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所, 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所, Hokkaido National Fisheries Research Institute, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University, Hydrospheric Atmospheric Research Center Nagoya University, Geological Survey of Hokkaido, National Research Institute of Fisheries Science, Hokkaido National Fisheries Research Institute
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   17(4) 265-279   2008年7月
2001年の夏季,噴火湾湾口近くの水深85mの地点に海底設置型ADCPを設置し,計測された約4か月間の流速記録を解析した。流速のスペクトル解析において,慣性周期帯のエネルギーは,全層で半日潮流と同程度であった。狭い周期帯の変動成分を抽出可能なバンドパスフィルター(HAB法)を適用し,慣性振動流(慣性周波数;f=2π/18時間)を抽出した結果,観測期間中に流速振幅の顕著な増大(以下,イベント)が4回確認された。Pollard and Millard(1970)の単純な風強制モデルがこれらイベ...
黒田 寛, 磯田 豊, 本田 聡, 武岡 英隆, 清水 学
うみ   46(1) 37-47   2008年5月
Kuroda Hiroshi, Shimizu Manabu, Hirota Yuuichi, Akiyama Hideki
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   63(5) 849-862   2007年10月   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Shimizu Manabu, Hirota Yuuichi, Ambe Daisuke, Akiyama Hideki
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   64(1) 81-91   2008年2月   [査読有り]
相木 智一, 磯田 豊, 矢部 いつか, 黒田 寛, Tomokazu Aiki, Yutaka Isoda, Itsuka Yabe, Hiroshi Kuroda, 北海道大学大学院水産科学研究院, 北海道大学大学院水産科学研究院, 北海道大学大学院水産科学研究院, (独)水産総合研究センター中央水産研究所海洋生産部, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University, National Research Institute of Fisheries Science
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   16(4) 291-304   2007年7月
対馬暖流の沿岸分枝流の形成には陸棚地形が重要な役割を果たしているが,この分枝流の流路にある陸棚域は富山湾周辺で一端途切れている。過去の水温データ解析から,富山湾の東側における分枝流は沖合へ離岸した傾圧流と推測されているが,実際の流れのパターンとその季節変化については明らかにされていない。本研究では,長期間に蓄積されたGEK(Geomagnetic Electrokineto Graph)・ADCP(Acoustic Doppler Current Profiler)・沿岸水位のデータを用い...
津軽海峡通過流の海水変質過程
松浦宏美・磯田 豊・黒田 寛・久万健志・斉藤雪美・小林直人・相木智一・和川 拓・矢部いつか・干場康博
海と空   83 2135   2007年   [査読有り]
Kuroda Hiroshi, Isoda Yutaka, Takeoka Hidetaka, Honda Satoshi
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   62(5) 731-744   2006年10月   [査読有り]
北海道亀田半島沖における流れ場及び水塊の季節変化
小林直人・磯田 豊・黒田 寛・木村 修・山口秀一・大西光代・アナ ルイザ ロザ
沿岸海洋研究   44 59-67   2006年   [査読有り]
回転系における線形渦度方程式の適用範囲
磯田 豊・矢部いつか・黒田 寛
沿岸海洋研究   43 61-67   2005年   [査読有り]
黒田 寛, 磯田 豊, 大西 光代, 岩橋 雅行, 佐藤 千鶴, 中山 智治, 伊藤 集通, 伊勢田 賢一, 西澤 慶介, 島 茂樹, 外川 織彦, Hiroshi Kuroda, Yutaka Isoda, Mitsuyo Ohnishi, Masayuki Iwahashi, Chizuru Satoh, Tomoharu Nakayama, Toshimichi Ito, Ken-ichi Iseda, Keisuke Nishizawa, Shigeki Shima, Orihiko Togawa, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)愛媛大学沿岸環境科学研究センター, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学大学院水産科学研究科, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)遠洋水産研究所, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)(株)東京久栄, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本原子力研究所むつ事業所海洋調査研究室, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所, (財)日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本原子力研究所むつ事業所海洋調査研究室, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(Present address)Center for Marine Environmental Studies Ehime University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Marine Research Laboratory Japan Atomic Energy Research Institute, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Marine Research Laboratory Japan Atomic Energy Research Institute
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   13(6) 553-564   2004年11月
津軽海峡東口周辺における実際の定期船ADCP流速データを用いて,黒田・磯田(2004)が提案した年周斯変動成分に関する調和解析上の注意点に基づき,どれだけ確からしい潮流と残差流(季節変動)が見積もれるかを検討した。日単位のデータサンプリングに依存した調和解析上の最大の問題点は,K_1とP_1分潮からSa分潮と同じ周期のエイリアシングが生じるため, K_1,P_1,Saの3分潮を同時に分離することが不可能なことである。ここにおいて, Sa,K_1の2分潮を選択し, O_1,M_2,Q_1,N...
黒田 寛, 磯田 豊, Hiroshi Kuroda, Yutaka Isoda, 愛媛大学大学院理工学研究科, 北海道大学大学院水産科学研究科, Graduate School of Science and Engineering Ehime University, Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   13(2) 151-161   2004年3月
定期船ADCP流速データの太陽時に同期した時間的に粗いsemi-regularサンプリングデータを用いて,K_1,P_1分潮流に関する調和解析を行う際の問題点を研究した。K_1,P_1分潮からは位相の異なる二つの疑似波動(エイリアシング)が生じ,それらの周期は,ともに365.24dで,Sa分潮と同じ周期となる。等間隔時系列の場合,このような複数の同じ周期をもつ彼の分離は不可能であるが,時系列がsemi-regular間隔の場合,上記3分潮のうちの任意の2分潮を分離することが可能となる。ただ...
黒田 寛, 磯田 豊, 大西 光代, 岩橋 雅行, 佐藤 千鶴, 中山 智治, 伊藤 集通, 伊勢田 賢一, 西沢 慶介, 島 茂樹, 外川 織彦, Hiroshi Kuroda, Yutaka Isoda, Mitsuyo Onishi, Masayuki Iwahashi, Chizuru Satoh, Tomoharu Nakayama, Toshimichi Ito, Ken-ichi Iseda, Keisuke Nishizawa, shigeki Shima, Orihiko Yogawa, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学院水産科学科, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学院水産科学科, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学院水産科学科, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学院水産科学科, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所:(現)北海道大学院水産科学科, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本原子力研究所むつ事業所, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本海洋科学財団むつ海洋研究所, 日本原子力研究所むつ事業所, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(present address)Graduate School of Fishcries Science Hokkaido University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(present address)Graduate School of Fishcries Science Hokkaido University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(present address)Graduate School of Fishcries Science Hokkaido University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(present address)Graduate School of Fishcries Science Hokkaido University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation:(present address)Graduate School of Fishcries Science Hokkaido University, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Marine resarch Laboratory Japan Atomic Energy Research Institute, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Mutsu Marine Laboratory Japan Marine Science Foundation, Marine resarch Laboratory Japan Atomic Energy Research Institute
海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)   12(2) 195-214   2003年3月
青森室蘭間を運航する定期旅客船に搭載されたADCPによる2000年4月~2001年4月までの流速データを用いて,日高湾西部陸棚上こおける数十日(10日~60日)周期の流速変動を調べた。主要10分潮の潮流成分をADCP流速データから除去した後,2種類のスペクトル解析法を適用した。その結果,西部陸棚上において10日,25日,60日の三つの周期帯の流速変動が卓越していることが分った。本研究では,不等間隔データに適用可能な新しいバンドバス法(HAB法:Harmonic Analysis Bawl-...
沿岸親潮の海洋構造とその季節変化
磯田 豊・黒田 寛・明正達也・本田 聡
沿岸海洋研究   41 5-12   2003年   [査読有り]
Variation of velocity and volume transport of the Tsugaru Warm Current in the winter of 1999-2000.
黒田寛
Geophsical Research Letter   30 1678   2003年   [査読有り]
黒田寛
AGU-Wiley Geophysical Monograph Series "Kuroshio Current: Physical, Biogeochemical, and Ecosystem Dynamics"   chapter 8    2019年4月   [査読有り]