MISC

2008年1月

放射性廃棄物に含まれる有害物質等に関する検討

JAEA-Research 2007-082
  • 黒木 亮一郎
  • ,
  • 高橋 邦明

開始ページ
215
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-research-2007-082

日本原子力研究開発機構が保有する放射性廃棄物の処理処分方策を今後さらに合理的かつ具体的に進めるためには、廃棄体技術基準が制定される必要がある。そのため、現行の法規制で未整備であるTRU廃棄物の廃棄体技術基準案を構築するにあたり、廃棄体中に含まれる可能性のある環境に影響を与える有害物質とTRU廃棄物に含まれる核分裂性核種による臨界の影響について検討し、以下の成果を得た。(1)TRU廃棄物に含まれる有害物質にかかわる関係法令を整理した。(2)英国,米国及び仏国における有害物質の影響評価事例を調査し、その知見を整理した。(3)各処分区分別に、主要な有害物質について物質移行評価を実施し、有害物質の制限量を算出した。(4)核種の濃集及び蓄積による臨界評価を実施し、処分の実態を考慮すれば臨界の可能性はほとんどないことが判明した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-research-2007-082
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5010093
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-research-2007-082

エクスポート
BibTeX RIS