MISC

1997年9月

アクティブ中性子法によるTRU核種測定技術開発; マトリクス補正

動燃技報
  • 黒木 亮一郎
  • ,
  • 鈴木 敏*
  • ,
  • 田所 秀明*
  • ,
  • 薄井 和也
  • ,
  • 入之内 重徳
  • ,
  • 安 隆己

103
開始ページ
55
終了ページ
63
記述言語
日本語
掲載種別

TRU廃棄物を区分管理するために、TRU核種を極低濃度領域まで測定できる非破壊測定技術として、アクティブ中性子法が有効とされている。プルトニウム廃棄物処理開発施設(PWTF)では、1990年度よりアクティブ中性子測定装置による測定技術の開発・実証を行っている。この試験で、廃棄物マトリクスによる検出感度への影響があることが実証されている。この影響を補正するため、廃棄物マトリクスの吸収能(中性子吸収断面積)および減速能(水素密度)を用いた補正手法を考案し、その適用性を評価した。この手法により、最大90\%あった誤差を、$\pm$20\%まで補正することが可能となった。ここではその補正手法について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4047782
ID情報
  • ISSN : 0289-6605

エクスポート
BibTeX RIS